2017. 1.24 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


先日町内会の総会があり、一応役員の末席の都合上出席せずにはいられない。

出来れば、欠席したい心境なのだが、そうも言えず(欠席しても事は変わらない)・・・。

なぜならば、事前の役員選出の根回しで、末席が重責に変わりそうだったからだ。

大きな役員の改選は、会長が高齢を理由に断固会長退任を主張したことにある。

新会長には、今まで最も多忙な役割だった総務部長の名が挙がっていた。

芋づる式?ではないが、今度は最も多忙な総務部長に、自分が推されていたのだ。

まだ仕事を持っているので(役員のほとんどは退職者)、影の立場で協力して来たが。



第1の職場での現役の時は、町内会活動どころではないくらい多忙だったので・・・・。

退職してセミリタイアになった時、母が町内会のお世話になる時もあるだろうと・・・。

事業部の末席を快く引き受けたのだが、翌改選期には総務部の末席に・・・。

その時は「狙われている」と直感したのだが、想像した通りになったと言うことだ。

結局、役員改選では最も仕事の多い、しかも全体をコントロースする役割となった。



役員会の開催、会報の発行、行事の組み立てなど、考えるだけで憂うつになる。

しかも、仕事を持ちながらの事なので気が重く、最後まで抵抗したのだが・・・。

今年の旅の事も話した(期間は言っていないが)が、その時はホローすると(笑)・・・。

まさか7カ月もの長旅とは思っていないだろうが・・・・。

そこまで言われると、結果的に引き受けざるを得なくなり、その役員になってしまった。

早速その作業が始まり、まずは会報の発行をしなければならない。



前任者は、会報を「一太郎」で書いていたが、自分は一太郎は全く経験がない。

従って、一太郎の会報レイアウトをWordに変換して利用することになるのだが・・・。

自分はExcelはそこそこ使えると思っているが、どちらかと言うとWordは苦手・・・。

しかも、会報なので、単なる文章だけではなく、イラストや図形、罫線なども必要だ。

今日、初めて会報を手掛けて見たが、Wordに達者でないと時間がかかる。

ボリュームによって行間や文字数を変えなければならないし、1枚に収めなければ・・。

今月中に記載して印刷し、配布を終えたいと思って、現在悪戦苦闘中だ(笑)。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.01.24 Tue l 普段の生活 l コメント (2) l top
2017. 1.23 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


「掛け金一カ月○○円で、85歳まで一日入院○○円。掛け金上がらず・・・」

今日、テレビを見ていると、保険のCMが流れていた。

そう言えば、今は保険ないっていないが、若い頃は入っていたな・・・と思い出した。

昔は金利が8%を超える運用も出来たので、割り戻しも大きく掛け金が安くなった。

自分も70歳に近づいてきたが、そんな高齢者に保険は必要なのかを考えてしまう。

高齢者の生命保険に関する考えは、各自それそれだと思う。



決して給料の良かったわけではない若い頃は、家族を持った責任を感じていた。

自分が若くして他界した時、残された家族の生活はどうなるのだろうかと(偉い)・・・・。

勤め先でも一部では保険を扱っていたこともあり、職場内でも勧められた。

丁度結婚することが分かっていたので、自分としては頑張って加入したつもりだ。

満期金額のある保険で、貯金も兼ねながら、万が一の時の保険だった。

40年以上前の話しで、満期金額200万円、死亡保証金額1000万円・・・。



保険料も結構なもので、崖から飛び降りるつもりで加入したがそんなものだった。

病気死亡のほか、災害死亡の場合は倍額、後遺障害時にも支給される。

給料が上がっていく時代で、その保証金額も段々と少なさを感じて1本、また1本。

高齢になって来るに連れて、加入時の掛け金も高くなった。

何時しかは総額の掛け金も大きくなり、それ以上は難しくなり入れなくなった。



結局退職頃には、無事満期を迎えて、満期金を手にして嬉しいのか・・・。

はたまた、保証が無くなったのが残念なのか・・・複雑な思いだった・・・。。

元々保険に入ったのは、万が一の時の家族が食べつないで行くのが目的。

そんな考えだったので、退職近くなった時には「保険はもう入らない」主義となった。

一方では自分が手にできない、お金はいらないなんて考えもあるのか(笑)・・・。

子どもたちも何とか巣立ってくれたし、遺族年金もあるし、愛妻も生きていけるだろう。

そんな考えで、愛妻が「保険要らないの」と言ったが、主張を通している。

愛妻としては、高額保険に入っているうちのポックリが良いのかもしれないが(笑)・・・。



この歳になっても、病気になると健康保険もあるし、入院しても治療費は困らない。

心臓移植とか高額なガンなどの手術は、あきらめれる年になったし・・・。

ただ、もう少し欲を言わせてもらうと・・・あと5年、死なないで頑張って(笑)。

一日5000円の入院給付金は無くても、治療費の個人負担くらいは出来るだろう。

出来なくなったら、適当なところで治療をやめてもらえば良い(笑)。



葬式も、何とか香典のはんちゅうでの規模で収まってくれればいいし。

そう考えて行きついた先が、「高齢者に保険はいらない」と言った結論。

ただ、火災保険と自動車保険は、自分が生きているうちには必要なものと解釈。

地震でも大丈夫な住宅の保険で、損害保険も入っているので・・・・。

あと考えなければならないのは、旅中の車アクシデント時のJAFの加入だ。

「全ての道はローマに通じる」ではないが、「全ての話題は車中泊に通じる」・・・。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.01.23 Mon l 普段の生活 l コメント (8) l top
2017. 1.22 日曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


ブログを始めてから、3年と半年ほど経過している。

開始に伴い、多くの方たちのブログにお邪魔して楽しませていただいている。

自分の興味のある話でも、必ず熟読させて頂いている訳ではないが、毎日が楽しい。

一時ブログ症候群にかかったのではと報告しているが、それは自分の記事での事。

記事を書かなければとの義務感や、たくさんの訪問者に来てほしいなどの症状。

だが、今はブログが楽しく、ブログ訪問感染症なる病気加茂しれない。

いつもお邪魔しているブログにお邪魔できないと、なんだか生きた心地がしない(笑)。

そんな訳で、今日のブログ記事の話題は、普段からお邪魔している2人のブログの話。



まずは、自分もブログ題材にしている家庭菜園を、娘さんも巻き込んでの楽しい話。

「市民農園で元を取れるか?」と、出資と収穫をこまめに計算しているのも面白い。

播種から成長過程など、写真を上手に利用し、自分のブログと違い分かりやすい(笑)。

    20170122 (1)

その「showycricket」さんは、ブログを開設して約4カ月弱だ。

そして、間もなくアクセスカウンターが10,000件になりそうなことを呼びかけていた。


 いつの間にか1万アクセスまで残り100を切っていました(◎。◎)!
 僕のカウンターはダブルカウントを外しているので
 のべ1万人の方に訪問して頂いたことになります。
 このブログを始めたのが去年の9月27日100日ちょっとで
 こんな多くの方と知り合えたなんてちょっと感動です。
 そこで記念に10,000の切り番をゲットした方には「ゲットしました」とか
 簡単でいいのでコメントを頂けると嬉しいです。
 よろしくお願いしますm(v_v)m    ブログにリンクしています


なんと、10,000件に達した人には、車中泊の日本一周が贈られるらしい(嘘)。

いやいや、単にその機会と実績だけの御褒美らしいのだが(笑)。

その権利は、自分がゲットしました。

          20170122 (2)

是非、彼のブログにも訪問しほしい。



自分には持っていない技術で、ぜひ欲しいと思う技術を持った方のブログを紹介する。

手先の器用さと言い、木工を扱う技術や知識と言い、いつ訪問しても感心させられる。

5mmの細い棒の中心に穴を開けて、タイヤにすると言う凄さだ。

手のサイズの戦艦や飛行機など、木製のミニチュアの精巧さに脱帽するのだ。

20170122 (3)

どんな材料を使い、どんな加工をして作るのか、実際に見てみたい気もするほどだ。

ブログは「木工と個別課題の部屋(リンク)」で、是非訪問を。

もちろん戦後っ子の自分だが、ミニチュアは、男心をくすぐりはしないだろうか(笑)・・・。

いつかはみなさんに紹介したいと考えていたことを実行した。

なお、御2人の写真やブログに勝手にリンスさせて頂いたことをお許しください。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.01.22 Sun l FC2との戦闘記 l コメント (2) l top
2017. 1.21 土曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


こんなタイトルにしたが、別に世界の政治の話ではないので、そのつもりで・・・(笑)。

今年の冬は、地域によっていつもの降雪量に違いがあり、当地は雪が少ない。

いや、今となっては「いつもの降雪量」そのものが当てにならないと思う。

各地に局地的な雨や風、雪の被害が出ていて、例年の数値は基準にならないのだ。

当地域は古くから、豪雪地帯と言われていたが、昔から比べると少ない気がする。

それでも数年前は、降雪量が8メートルを超えた年もあり、それに比べ今年は・・・。

まだ2メートル程の降雪量しかなく、除雪機の出動も本当に少ないので天国のようだ。

現役時代は早朝出勤のため、暗いうちから除雪していたが、今となっては・・・。

早出する必要もなく、朝からパソコンの前に座り、信じられない世界だ。

反面、札幌市や娘1号の住む千歳市では雪が多く、航空機の欠航も多いさうだ。

娘1号から今朝、「この家に住んで雪の排雪は初めて」との写メがきていた。

20170121 (20)R

家の前の宅地は、空き地になっていて、多くの雪があるようで排雪が入ったようだ。



我が地方はと言うと本当に雪が少なく、除雪や排雪業者はつらい年の初まりだ。

1週間前に、普段だとまだまだ我慢の道路の排雪だが、業者救済のためか排雪した。

20170114 (6)R

そして今だに雪は降らず、家の前は道路が広く開いていて走りやすい。

20170114 (7)R

もう今年の冬の半分を過ぎようとしているが、これからその反動がくるだろうか・・・。

屋根の雪が落ちる軒下の雪も、こんな状態で、まだ窓ガラスにまで達していない。

20170121 (5)R

まだ基礎の少し上までしか落雪が到達しておらず、まだまだ余裕がある。

いつもの年だと すでに上の線のところまで達していて、雪を除く作業をしているはず。



我が家は、2010年にリフォームしていて、外壁と屋根の張替をして見かけは新しい(笑)。

雪の無い地域では珍しいトタンの三角屋根だが、北海道でも陸屋根は多い・・・。

屋根のトタンを新しくしたので、雪が降っても間もなく自然と落下し雪は乗っていない。

現在の西側の屋根の状況は、きれいに雪が落ちていて、まだまだ滑りが良さそうだ。

20170121 (6)R

反面、東側の屋根には、好天にも関わらず雪が乗っていて、それだけ滑りが悪いのか。

20170121 (4)R

西側には隣家があって、あまり溜まって急に大量の雪が落ちるとベランダを埋める。

まだ雪の載っている東屋根側は我が家の畑で、いくら多くの雪が落ちてもいいのだが。

例年では西側と東側で、これほど大きな明確な違いはない無いのだが・・・。



今年の秋から一冬全てを、旅で留守にするので室内に暖房は入らなくなる。

屋根の雪が落下するのは、外気温や直射日光にも影響するが・・・。

やはり家の中から温めると屋根の雪を早く落とすので、暖房が入らないと・・・。。

屋根に多くの雪が乗っていると、家に負担がかかり、敷居の戸が開きにくくなる。

トタンを張り替えて7年しかたっていないが・・・・。

そんなことを考えると、今年の夏には屋根の塗装も考えた方が良いのかとも思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.01.21 Sat l 北国の冬の暮らし l コメント (6) l top
2017. 1.20 金曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


我ら夫婦も娘らもコーヒー好きで、数十年前にインスタントコーヒーを卒業した。

インスタントからレギュラーコーヒーに替えたので、コーヒーメーカー1号が鎮座した。

実はその数年前に、コーヒーサイフォンを買ってみたのだが、使い方が分からない。

単なるディスプレーとして、戸棚の片隅に鎮座したまま、月日が経って行った。

ある時、思い立ったように、アルコールを買い求め、コーヒーを入れて見た。

その時のコーヒーの味は忘れたが、なんだかリッチな気分を味わったのを覚えている。

ところが、付いていたフィルターは永久的に使えるものだと思っていたのが間違い。

洗って使えるかもしれないが、そんなことも思い立たず、入れたのは1度だけ(笑)。

フィルターの買う場所を調べもせず、再びインテリアと化してしまった(笑)。



しばらくしてやはりレギュラーコーヒーが飲みたいと、一念発起して電気屋に向かった。

初めてコーヒーメーカー1号を購入したが、コーヒーが落ちるまでの時間がかかった。

それが普通なのだと思っていたが、、10年ほどして従兄の家に行った時驚いた。

コーヒーの落ちるスピードが我が家の半分以下で、短い時間でにコーヒーが出て来た。

今度買うときの条件は、「仕上がりが早い機械」にしようと誓った日となった。

しばらくしてその機会が来たので(理由は忘れた)、コーヒーメーカー2号を購入した。



その機械を今だに大事に使用しているが、こんなに古いコーヒーメーカーだ。

20170120 (2)R

製造が1998年とあるがその年に購入したかは不明だが、間もなく20年選手。

          20170120.png

実は、第1の職場を退職する際、仲間が退職記念にコーヒーメーカーを贈ってくれた。

ステンレス製の真空ポットで冷めないが、我が家の置き場所は高さが合わなくて・・・。

しばらく押し入れ?に仕舞っていたのだが、娘1号の家に嫁いで行って活躍している。



我が家のコーヒーメーカー1号、2号にも、歴史があって、多くの失敗もしてきた。

水の入れ忘れ、豆の入れ忘れ、受けるポットの置き忘れ、スイッチの入れ忘れ・・・(笑)。

そんな経験をしてきて、ちょっと変わった今の置き方に定着している。

20170120 (1)R

コーヒーメーカーは、菓子の缶の中にキッチンペーパーを敷いて置いているのだ。

コーヒーを受けるポット部分を乗せ忘れた時、悲惨なコーヒー水害になったからだ(笑)。



最近コーヒーを落とす途中にポットを抜くと、コーヒーがしたたり保温プレートに落ちる。

普通はポットを抜くと、コーヒーが落ちなくなっているのだが、古くなっているので・・・。

熱せられたプレートの上に落ちるので、すぐに蒸発してこびりついてしまう。

以前もそうなったが、新しいのを買うのがもったいなくて、修理したことがある。

パッキンを交換するだけで、コーヒー漏れはとまる。

機種によっても違うかもしれないが、我が家の機械のパッキンはリングを使う。

ホームセンターで売っているゴムの5本入りのリングで、すでに2本を使っている。。

20170120 (3)R

リングを交換するだけで、液漏れはピタッと止まった。

ただ、古くなって素材がもろくなっり、熱で劣化してしまい、ゴムが止まらなくなっている。

パッキンを変えるのは、これが最後かもしれない。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.01.20 Fri l 普段の生活 l コメント (8) l top