2017. 8.17 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今年の家庭菜園での最大のいたずらは、馬鈴薯とトマトの接ぎ木だ

5月29日のブログに、馬鈴薯から 一緒にトマトも取ろうと 記事をアップした。

トマトの苗が1本余っていたので、いたずらをしてしまった訳だが・・・・・。

父が若い頃、土の中には馬鈴薯を地上にはトマトを実らせたのを思いだしたのだ。
5月29日
20170529 (18)R

赤〇はトマトの残り苗で、黄色○は馬鈴薯の茎、馬鈴薯にトマトを接ぎ木したのだ。



残念ながら、6月4日にははしおれ気味だったので、次の手を考えた。

20170604 (7)R

うなだれているのは先に接ぎ木したトマトで、その左のは摘んだ脇芽トマトを接ぎ木。

6月11日になると、うなだれていた最初のトマト接ぎ木が復活して来た(赤〇)。

20170611 (1)R

結果的には先に接ぎ木したトマト苗は枯れてしまったのだが、脇芽は生き残った。

枯れたのは、根(馬鈴薯)が育たないと茎(トマト)も育たないからでなないか。

茎が何時までも元気が出ていないので、根が先に参ったのではと想像している。



そして今日のトマト芋のようすは、こんなになってしまっていた。

20170817 (1)R

トマト芋も色づき始めて、最初の収穫できるのかと期待していたのだが・・・。

20170817 (2)R

昨日から葉がしおれ始めていたので、どうしたのだろうと心配していたら・・・。

20170817 (3)R

トマト芋は、見事にカラス?に先を越されて、その時茎を傷めたのではないだろうか。

20170817 (4)R

根も茎も発育が良くないと、害虫がゾンビのように寄って来る(馬鈴薯の脇芽)。

20170817 (5)R

トマト芋の支柱を外して、茎を倒し、黒マルチを外すと・・・・。

20170817 (6)R

どうしてどうして、こんな馬鈴薯がなっていた(笑)。

20170817 (7)R

アップしているので大きく見える?が、収穫物を入れた普通の大きさの丼ぶり。

20170817 (8)R

右下の青っぽい丸いものは、馬鈴薯の花に着く実なので、ブドウの粒の大きさ(笑)。

結果的には、失敗だが、最初の接ぎ木が枯れたのと同じ原因ではないのか。

根(馬鈴薯)も茎(トマト)も一緒に成長させる方法が必要なのだろう。

今年は、馬鈴薯の芽は、接ぎ木後全てカットして来たので、根が生長しない?・・・。

来年は(もし同じ挑戦をするとしたら 笑 )、馬鈴薯の芽をカットしないでおこう。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.08.17 Thu l 自産自消の少農生活 l コメント (4) l top
2017. 8.16 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


ブログのカテゴリーの一つに、「自産自消の小農生活」を設けている。

地産地消をさらに絞って、自ら生産して自ら消費する自給自足の意味。

セミリタイアの身分だが、半農半勤まではいかずにさらに少ない「小農」としている。

80~90坪の家庭菜園を持っていて、けっこな量の野菜を収穫している。

これだけ採れれば、当然買う量は少なくなり、肉や野菜よりも多く食べている。

家庭菜園の良さは

1) 暇つぶしに持って来いで、いくらでも時間を過ごせる
2) 安上がりで多くの野菜を摂取できる
3) 体を動かすので、運動の代わりにもなり体にもいい
4) 育てる喜びは何にも代えがたく、精神衛生上最高
5) 買って食べる野菜よりも、明らかに農薬を使っていないので安全

などと、良いところばかりを並べるが・・・・反面・・・・

1) 暇がない時には収穫もままならず、もったいないが無駄にしている
2) 下手すると野菜しか口に入らず、タンパク質不足になる
3) 特定の体勢しかとらず、体の全体を使わないのでやはり運動不足
4) 野菜も育てるが、虫も育てることになり(笑)ストレスになることも
5) 農薬を使わない分、病気や虫が付き、立派なものが採れない

などのデメリットもある(悲)。



そうはいっても、孫と一緒に過ごしているような楽しさはある。

つまり、楽しみだけ頂いて、責任は持たないで済む(採れなければ買えばいい)。

買ってまではこんなにたくさんの量を食べることはできない(すごい量食べる)。

家庭菜園で一番大変なのは、何といっても草取りで、次から次と生えてくる。

やっと一通りきれいにしても、一雨でモサッと草が生えてくる(笑)。



そして、今日もお盆中なのだが、草取りで3時間ほど汗を流した。

畑の中は収穫時に草を見かけると、その時々で草を取るのでわりと少ない。

最も大変なのは花畑で、なるべく見ないようにしているのだが・・・。

盆前から気になっていたので、今日は本格的に草取りを行った。

特にいたるところで目立つのは、大きくなったスベリヒユ。

     20170816 (1)

この草は、おひたしなどにして食べることもできると聞いたが、かなり抵抗がある(笑)。

さらに厄介な草で、大量繁殖するのがイネ科のの雑草。

     20170816 (3)
     20170816 (2)

草取りをしばらくサボっていたこともあり、3時間でも一部しか終わっていないが・・・・。

取り除いた雑草を山にすると、高さが50センチほどの大きな山が2つも出来た。

今年は野菜も豊作のようだが、雑草も豊作だと言うことか・・・(笑)。



草取り作業中に、アリの巣?を見つけたのだが・・・本当に巣なのだろうか。

木材に枯れ葉がかぶさって、その上を雑草で覆い隠されていたのだが・・・。

20170816 (5)R

その木材の上に、びっしりと小さな蟻の卵がのっかっていた・・・・。

アリは地面に穴をを掘って巣をつくるものと思っていたのだが・・・手抜したか・・・。



そうそう、忘れていたが、昨日の夜は我が地域の花火大会だった。

20170816 (6)R

花火のきれいさを示す写真ではないのだが・・・我が家の窓越しに撮影した画像。

家から200mほどの川辺で花火を打ち上げて、窓から丸見えなのを証明した写真。

45年ほど前から、親戚も我が家に来て花火を見るほどの特等席なのだが・・・。

皆さん他界して、今では老夫婦2人で花火を鑑賞した。

カメラで動画も撮影したが、ブログアップの方法が分からず、動画は割愛した(笑)。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.08.16 Wed l 自産自消の少農生活 l コメント (8) l top
2017. 8.15 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今日はお盆の15日だが終戦日でもあり、報道などで72回目の終戦記念日とされる。

自分は戦後っ子で、「終戦」の響きは歓迎する言葉だが、「記念日」には抵抗がある。

戦争は無い方が良いし終戦は嬉しい事だが、「戦争」も「終戦」も「負」の響きを感じる。

記念日とは歓迎すべき感覚があり、「終戦」も確かに歓迎するが、記念日とは?。

そんなふうに感じるのは、自分の感覚がおかしいのだろうか。



自分の兄は、昭和20年8月15日生まれ…つまり終戦日生まれで72歳になった日だ。

母が言っていたが、「終戦の発表を聞いた後ではきっと生む気力がなかった」と。

午前中に生まれたらしく、絶対忘れられない日に生まれて来たものだと驚いている。

そんなお盆の終戦日ではあるが、孫たちはすでに帰ったあとで墓参りも済ませた。

今日から17日までの3日間は何の予定も無く、今日からどうして過ごすか考えていた。

だが、いくら考えても思い浮かばないし、ならばリタイア後の模擬体験と致そうか・・・。

皆さんのブログを読ませていただくと、リタイア後と言っても暇ではないらしいのだが。

模擬体験のシニア新人リタイア人なので、まずは畑仕事とテレビ観戦することにした。



まずその前に、起きてすぐにブログのチェックやブログ徘徊をいつもの通り・・・。

その後 朝の定例作業を終え、朝食後一服して畑仕事に行くことにした。

作業着に着替えなどをしていると、窓ガラスに何やら停まっているのに気が付いた。

20170815 (1)R

ツルツル滑るガラスなのに昆虫さんは、上手に張り付くなと感心しながら写真を1枚。

ガラス越しにカメラを近づけても、逃げないのは、真下を見れないのかと想像してしまった。



畑仕事と言っても草取りをしなければとの思いだったが、雨後で畑が濡れていて・・・。

草取りがしずらく、エンドウの手(支柱)の片付けや大きな草抜、野菜の収穫に変更。

どの玉も L~2Lと思われる大玉のタマネギも、茎が倒れたので根切りした。

根切りと言っても農家は機械でするが、家庭菜園なのでタマネギを抜いただけ。

タマネギの大きさは、移植コテと比較してもらうと良く分かると思う(嬉)。

20170815 (4)R

根も葉もそのまま付いているが、このまましばらく乾燥させる。

この辺りでは、タマネギの葉を束にして縛り、軒先などに吊るすようなことはしない。



野菜の収穫をしていると、茶色い斑点のあるキュウリの葉に大きな蝶が停まっていた。

早速カメラをとりに行くが、カメラを持って来てもそのままそこに停まっていた。

20170815 (2)R

黒アゲハの一種だと思うが、蝶には詳しくないが・・・・新種発見なんてことはないか。

収穫した野菜は、買い物かごに1杯で、ミニトマトの自生(黄)や房ごと採った赤もある。

20170815 (3)R

昼ころ外の作業をやめて、シャワーを浴びて午後からは、テレビ鑑賞とした。

撮り溜めていた番組を見たり、見終わってからはブログを書いたり・・・が、時間を余す。

リタイア後の生活は何も考えていなかったが、何か考えなければならない。

まだ9月末の完全リタイアまで時間があるので、ゆっくり考えることにしよう。

16日と17日も予定はないのだが、一度事務所に顔を出しに行こうと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.08.15 Tue l 普段の生活 l コメント (6) l top
2017. 8.14 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


いつもの年だと、我が家の墓参りは13日にしていたが、雨が降っていたので延期に。

14日の今日は曇っていて涼しい日でもあり、墓参りには適した日となった。

昨日から、今日全ての墓参りを終わらせようと、午前中に準備をして出かけて来た。

我が家の父方親族の墓は市内の同じ墓地に、我が家の墓を挟んで3基並んでいる。
       20170814 (1) 20170814 (2)
まずは父母の眠る墓をお参りするが、右隣りの本家と左隣りの墓も一緒にお参りする。

お供え物や花、線香、ローソクを捧げ、それぞれお供養をさせてもらった。



同じ墓地のわずか30メートルほど離れたところに、愛妻の実家の墓がある。

やはり3基が並んでいて、義父の入っている墓を真ん中に、両隣りは親族の墓だ。

義父が生前管理していた墓で、義父以外にも血縁者がお参りに来ていたらしい。

両隣のつながりは、義祖父の代でのことなので、何回聞いても良く覚えられずにいる。

お会いしたことのない人ばかりが眠っている墓で、人物像が分からないので・・・・。

この3基の墓も自分が墓掃除させてもらっているので、3基ともお参りさせてもらった。

まずはこの1カ所の墓地で、6基の墓をお参りさせてもらった。



我が町では、カラス対策の一環で、お供えしたものは持ち帰ることになっている。

お参りしている間だけしかお供え出来ないが、これもこちらのマナーとして致し方ない。

墓地の近隣住民に迷惑をかけないためで、花と線香、ローソク、酒などだけにする。

おかげで墓地には、あまりカラスは寄ってこないので、静かにお参りできる。

花などは、盆が終わると行政が片付けてくれるので、墓はいつもきれいになっている。

他市町村の墓地にお邪魔してお参りする時も、それが当然かのように行動してしまう。

他市の墓地では、盆になるとカラスもお参りに集まるのか、多くが寄って来ていた。

参拝者が帰ると同時にお供え物は略奪されてしまい、墓の前は荒らされていた。



次は同じ市内にある墓で、母の弟夫婦と最初に他界した従兄の眠る墓。

叔父と従兄は、昨年同じ年に亡くなり、1家で1年に2人が無くなった。

従兄は自分と同じ年で、従兄の中で最初に他界したのでショックも大きかった。

同じ町に住んでいた親戚で、特に親しくさせてもらい、去年も墓参りしていた。

新しい墓で、ローソクも風が当たらない工夫で火が消えないのはうらやましい。

霊園墓地だが、駐車場の脇にある分かりやすい場所の墓で、忘れることは無い。



その後は、車で1時間ばかり走り、母方の我が祖父らが眠る墓に行きお参りした。

母が生前時、毎年自分が運転して墓参りに来ていたので、引き続き墓参りをしている。

実家は農家で、愛媛県から我が祖父が16歳の時、単身北海道に入植したらしい。

その後落ち着いてから、祖父の父ら家族を呼び寄せたと聞いている。

その墓の隣りにも親族の墓があり、少し遠い血筋だが一緒にお参りさせてもらった。

毎年の事だが3カ所の墓地を回り、合計9基の墓参りをさせてもらった。



墓参りの帰りに、我が家からほど近い愛妻の実家に立ち寄って仏壇にお参りした。

今は80代年半ばの老いた母1人暮らしだが、そぐそばに義妹がいて安心している。

義母の体調はすぐれず横になる事が多いが、義妹のおかげでまだ1人で暮らしている。

義母自身が1人暮らしを望んでいるので、1人で居れる間は妹の世話になるしかない。

その義妹も実家に来て、11日に我が3人の孫を連れて祖母宅に来た時の話題に。

孫3号が「おばあちゃん気を使わないで横になっていていいよ」と言ったらしい。

そんな孫の大人びた話などで盛り上がり、今日の墓参りツアーが終了した。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.08.14 Mon l 普段の生活 l コメント (4) l top
2017. 8.13 日曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


我が家の墓には、父と母の2人が眠っていて、自分が墓と位牌を守らせてもらっている。

自分は、兄と姉がいる末子だが、母と同居していたので、いわば本家なのだ。

家を建築中だった父は54歳で急死し、自分は北海道に帰郷し母と同居した。

その母は4年前に93歳で他界し、我が家に近い墓に2人で眠っているのだ。

今日は、姉一族の大勢が我が家の墓参りに来て、その後仏壇もお参りしてくれた。

一族は18人だが、都合が付かなかった2人を除いた16人がお参りしてくれた。



姉一族は、今まで正月と盆の年に2度、みんなでお参りに来てくれていたのだが・・・・。

母が他界して、姉が「みんなで押し寄せるのは気の毒だ」と言うようになった。

「墓参りの時でも寄ってもらいたい」との愛妻の声で、盆には寄ってもらっている。

その日が今日なので、我が家には娘2号家族も入れて21人が集合した。

20170813 (1)

普段は狭いと思わなかった玄関も、隙間がないほどの靴が並んでいる。

子どもらが小さい時は靴も小さかったが、今となっては大人の靴と判別しずらい。

夏靴なのでまだ隙間もあるが、冬靴になると並びきらずに我が家の靴は引っ込める。



今となっては1年で最もにぎやかな日なのだが、人の発生熱も大きく窓は全開にする。

大勢なので会話が聞き取りにくく、話し声はさらに大きくなってしまう(笑)。

窓を開けているので、近所迷惑を気にするほどみんなの声が大きい(苦笑)。

それでも子どもが聞分けが良くなる年なので、叱る声も少なくて助かる(嬉)。

いつもの通り出来合いのものだが、みんなに昼食を食べてもらった。

これだけ集まるが、酒をたしなむ人は婿殿だけで、しかも小さい缶ビール2本だけ。

あとは大人も子供も、清涼飲料水で宴会を始めた。

正直全員がテーブルに着くだけの広さが無く、いつも数人は席に着けない。

いつもの事なのでみんな勝手を知っていて、最初は子どもたち優先。

空いた席に大人たちが座れるだけ座り、子どもが終わると残った大人が席に着く。

食べたり話したりしているうちに時間が経過し、台風一族が一斉に去っていく。

それぞれ我ら兄弟が一族を率いるの年齢になるとなかなか近くても会えない。

こんな時を利用した一族同士の交流は、大切にしたいものだと思っている。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.08.13 Sun l FC2との戦闘記 l コメント (10) l top