2018. 4.24 火曜日        出発   86 日目

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


          

出発地点  秋田県 鹿角市 道の駅 かづの  

到着地点  青森県 鶴田町 道の駅 つるた  

本日走行距離   102 km   累計走行距離  10,484 km

本日の旅の行程地図  Aは出発点  Bは到着点
20180424(0)R.png


今朝は、秋田県 鹿角市 道の駅 かづの で目覚めた。

この道の駅は、他にも駐車場はあるが、駐車場が建物で囲まれている。

旅では強風で、緊急に建物の裏に移動して一夜を過ごしたこともあったが・・・。

ここの道の駅は、そんな心配もいらず安心していられる。

昨夜から雨が降っていたが、大した量ではなく、今朝は降ったりやんだり・・・。

20180424(2).jpg

それでも今日は一日中雨模様で、観光するには気が重いのだ。

しかも今日は弘前公園に行く予定をしていたので、天気予報をにらみつけていた。

どのテレビ局の天気予報もかんばしくなく、しばし考え弘前の桜はパスすることに。

4月中旬ころから九州からズーット桜前線を追いかけて来て、十分に見せてもらった。

車を入院させた時は桜前線に置いて行かれたが、その後は再び前線に追いついた。

弘前の桜は断念して、今日は弘前と五所川原の「ねぷた」をはしごすることにした。



まずは弘前に向かい「津軽藩ねぷた村」に立ち寄ったが・・・・。

雨にも関わらず随分と桜鑑賞をしている人も多く、道は混んでいた。

それでも車からも、見事な桜をチラ見させてもらって十分満足だった。

「津軽藩ねぷた村」の駐車場には、すんなりと入れたが駐車料は1000円。

ネットで調べると、普段は「1時間¥200以降30分毎¥100とあるのだが・・。

花見客を当てにして、便乗値上げをしているようで、なんだか割り切れない。

しかも「村施設利用すると金額にかかわらずレシート提示で1時間無料」とある。

貧乏性でしばし割り切れないものもあるが、施設を利用させてもらった。

会場には、大小のねぷたが展示され、津軽三味線の演奏も聞くことだ出来た。

20180424(6)R.jpg

20180424(7)R.jpg

20180424(8)R.jpg

弘前ねぷたの構造も展示してあり、津軽塗りなどの工芸品関係も勉強できる。

20180424(9)R.jpg

こうやって見ると、弘前のねぷたの特徴は、扇型のねぷたが多いようだ。

弘前の桜は満開で、相変わらず雨が降っているが見事なものだった。

20180424(13)R.jpg

20180424(14)R.jpg



弘前を後にして向かったのは、五所川原の「立佞武多の館」。

建物は4階ほどの高さで、建物は天井まで吹き抜け。

その吹き抜けの高さ一杯に、みごとな立佞武多3台がそびえている。

     20180424(17)R.jpg

     20180424(33)R.jpg

20180424(38)R.jpg

山車には、ハンドルが設置されていて、近代的に進化しているのがわかる。

20180424(18)R.jpg

建物の壁に、立佞武多を囲うようにらせんスロープがあって、四方八方から見れる。

20180424(21)R.gif

20180424(26)R.gif

展示されている立佞武多は、去年の祭りで実際に使用したもの。

大きさは、高さが約23メートルで、重さは発電機などを積んで19トンだという。

幾つかに分解出来て、クレーンで釣り上げて組み立てるという。

祭りの時は、館の地上から天井までの壁が開いて、館から立佞武多を出すのだとか。

20180424(30)R.jpg

立佞武多を取り巻いているらせん階段もたたんで外せるようになっていた。

20180424(41)R.jpg

立佞武多の館には、青森市のねぶたの模型(下の写真)も展示されている・・・。

20180424(32)R.jpg

今日立ち寄ってきた弘前のねぷたの模型(下の写真)もあり、3市の違いが分かる。

20180424(31)R.jpg

立佞武多の構造も分かり易く、作成概要も説明されていた。

20180424(43)R.jpg

係の人に聞くと、立佞武多3台は、毎年1台ずつ更新していくとか・・・。

今年もこれから制作が始まるようで、館に来る人は制作現場が見られるのだろう。

今日はは少し戻って、近くの温泉に浸かり、さらに戻り道の駅 つるたで宿泊する。




尚、旅中はみな様のブログにお邪魔できなかったり、コメントの返信
  が遅れたり出来なかったりすることが有ります事をご了承ください。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.04.24 Tue l 全国一周 2018年前半旅 l コメント (2) l top
2018. 4.23 月曜日        出発   85 日目

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


          

出発地点  岩手県 道の駅 石鳥谷  

到着地点  秋田県 鹿角市 道の駅 かづの  

本日走行距離   137 km   累計走行距離  10,382 km

本日の旅の行程地図  Aは出発点  Bは到着点
20180423(0).png


今朝は、岩手県 道の駅 石鳥谷 で目覚める。

二度寝してしまったので起床が遅くなり、曇り空だったがすでに気温は高かった。

20180423(2)R.jpg

今日は、早めに「道の駅にしね」でお世話になろうと予定を決めて出かけたが・・・。。



まず立寄ったのは、呼び出しが来たわけではないが、盛岡市の裁判所に・・・。

たまたますぐ向かいの市営駐車場に駐車でき、幸先良いスタートとなった。

駐車場の横には桜並木があって、遅い盛岡の桜も見ごたえがあった。

20180423(4)R.jpg

花を見ている限りでは、満開に見えるが、すでに散り始めている・・・・。

20180423(7)R.jpg

並木の脇にある池には、桜の花びらが水面に浮いていて、今しか見れない風景だ。

20180423(6)R.jpg

ここに立ち寄ったのは、このさくら並木を見に来たのではない・・・。

盛岡地方裁判所には、有名な石割桜があるというので、ぜひ見たかったのだ。

20180423(17)R.jpg

まるで石の上に桜の大木が乗っかっているように見えるのだが・・・。

さくらの裏側に回ってみたのだが、単に石に乗っかっているのでは無い。

20180423(14)R.jpg

大きな2つの石の間に、桜が根付いたのだろうか・・・。

20180423(13)R.jpg

根元を良く見てみると、桜の木(根)が石を真っ二つに割ったようにみえる。

20180423(16)R.jpg

仮に、大きな石の上に桜が根を出したとしても、果たしてこんなになるのだろうか。

その根がどうやったら石の中を通って、地面に根づくのだろうかと疑問だが。

Wikipediaによると「割れ目から育った直径約1.35m、樹齢360年を越える桜」とある。

にわかには信じられないことだが、現実にこんな桜がある自然界はすごい・・・。

先ほどの並木の「ソメイヨシノ」と石割桜の花を比べると、石割桜の方が小さいが。

20180423(12)R.jpg

種類の違いなのか、栄養供給のせいなのだろうか・・・。

裁判所を出発して、今夜お世話になる予定の「道の駅にしね」に到着したが・・・。

時間はお昼ころで、いくら早く切り上げるにしても、早すぎるではないか(笑)。

したがって、先に進むことにして、次の目的地とさらに先の道の駅に向かった。



今回の三カ月間の車中泊の旅のテーマは、桜前線の追っかけと「橋」としている。

長年かけて情報を集めたが、情報の中に八幡平に「森の大橋」なるものがあった。

どんな経過でその情報を、立ち寄り先リストに載せたかは覚えていないのだが。

割と近いし、「大橋」と聞いたら向かわないわけにはいかないのだ。

そして八幡平に向かって、たどり着いたのは、まさしく「もりのおおはし」。

20180423(24)R.jpg

そして、その橋は・・・・こんな橋だった・・・。

20180423(26)R.jpg

確かに小橋ではないが、いたって普通の橋で、どうとらえていいのか(笑)。

滞在は写真を写した約3分ほどで、さらに次の目的地へ車を進めた。



今日の就寝地を、次の立ち寄り先の最も近い鹿角市の「道の駅かづの」に設定。

そこに行くのに、カーナビは八幡平アスピーテラインを示した。

調べてみると、夜間は通行止めだが、日中は通れることがわかった。

ナビに従って走っていると、どんどん高度を上げ、ついには冬の世界へ・・・。

20180423(27)R.jpg

20180423(28)R.jpg

高度を稼ぐにしたがって、霧もも出てきたが、道の両端は4メートルほどの雪壁。

20180423(29)R.jpg

桜を追っかけて今日も春に浸ってきたが、ここで冬を体験することは思わなかった。

八幡平を抜けて高度を下げると、今度は雪壁から木の枝がニョキニョキと・・・。

20180423(30)R.jpg

最終的に道の駅かづのに到着したのは、午後3時ころ。

今日はこの道の駅でお世話になることにして、夕食の準備に取り掛かった。




尚、旅中はみな様のブログにお邪魔できなかったり、コメントの返信
  が遅れたり出来なかったりすることが有ります事をご了承ください。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.04.23 Mon l 全国一周 2018年前半旅 l コメント (9) l top
2018. 4.22 日曜日        出発   84 日目

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


          

出発地点  山形県 尾花沢市 道の駅 尾花沢  

到着地点  岩手県 花巻市 道の駅 石鳥谷  

本日走行距離   197 km   累計走行距離  10,245 km

本日の旅の行程地図  Aは出発点  Bは到着点
20180422(0).png


今朝は、山形県 尾花沢市 道の駅 尾花沢 で目覚める。

今朝は少し寒かったのだが、天気が良いせいか、日が当たり寒くはなかった。

20180422(2)R.jpg



今日は、以前も立ち寄ったが、世界遺産となった中尊寺を目指して走った。

想像よりも人は多かったのだが、日曜日だったことを思い出して納得した。

20180422(3)R.jpg

やはり歴史のある中尊寺なので、杉の木が立派で太い木が多い。

20180422(4)R.jpg

20180422(6)R.jpg

20180422(7)R.jpg

20180422(13)R.jpg

20180422(9)R.jpg

20180422(10)R.jpg

桜は散り始めてはいるが、まだまだ目を楽しませてくれるには十分だろう。

20180422(11)R.jpg

20180422(15)R.jpg



次に訪れたのは、えさし藤原の郷で、こちらは初めて立寄った場所だ。

藤原氏の偉業や東北の歴史文化を体感できる、平安時代のテーマパークだ。

20180422(16)R.jpg

広場ではイベントも行われていて、にぎやかな太鼓も聞こえた。

20180422(17)R.jpg

人出は結構多かったのだが、施設が広いので、人影がなかなか見られない。

建物は見事に再現されていて、日本中でもなかなか見られない施設が。

20180422(19)R.jpg

20180422(21)R.jpg

20180422(22)R.jpg

20180422(23)R.jpg

20180422(24)R.jpg

20180422(25)R.jpg

20180422(26)R.jpg

桜も散り気味で、遅い八重桜はまだつぼみの状態だ。

20180422(20)R.jpg

このテーマパークではいくつもの映画やテレビのの舞台となっている。

20180422(27)R.jpg

今日はさらに1時間ほど北上し、花巻市の道の駅石鳥谷でお世話になることにした。



北海道へのフェリーの予約をしていて、それまでに大間まで確実に行かねば・・・。

そんな思いから、最近道も良い事もあり、結構距離を伸ばしてきた。

ここからだと大間までは300キロほどで、高速を使って5時間ほどのようだ。

下道主義なので、下道でも8時間ほどで行けそうな距離で、ほっとしている。

まだ数日残っているので、これからはのんびりと残りの日を楽しもうと思う。

朝はゆっくり出発し、数か所立寄りしながら、夕方早めに就寝場所を見つけたい。




尚、旅中はみな様のブログにお邪魔できなかったり、コメントの返信
  が遅れたり出来なかったりすることが有ります事をご了承ください。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.04.22 Sun l 全国一周 2018年前半旅 l コメント (4) l top
2018. 4.21 土曜日        出発   83 日目

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


          

出発地点  福島県 湯川村 道の駅  あいづ 湯川・会津坂下  

到着地点  山形県 尾花沢市 道の駅 尾花沢  

本日走行距離   162 km   累計走行距離  10,048 km

本日の旅の行程地図  Aは出発点  Bは到着点
20180421(0).png


今朝は、福島県 湯川村 道の駅  あいづ 湯川・会津坂下 で目覚めた。

気温は少し下がったが、予報でわかっていたので、布団で対応できた。

20180421(2)R.jpg

ここの道の駅は駐車場も広ku、40台ほどが車中泊したようでかなり多かった。

今日で旅83日目を迎えて、70日ほどを道の駅でお世話になったが・・・。

その中でもベスト1と言ってもいいほど、新しく気持ちのいい道の駅だ。

トイレは半自動ドアで便器の数は十分だし、温水で手を洗える。

全てのテレビの地デジチャンネルが、アンテナ立てずにフルセグで映る。

ただ、残念なのは、どなたかが夜中に車から大きな音(ラジオ?)をあげていた。

車内で寝ていて、聞こえるくらいだから、結構な音量だったのだろう。

それでも、再び寝付くことができて、朝方には車はいなくなっていた。



北海道に渡る日のフェリーを予約しているので、それまでに大間町へ行かねば。

旅の残り日数も少ないが、このまま北上すると日数を余してしまいそうだ。

そんなこともあり、今日は2カ所の桜を見れる場所に寄ることにした。

最初は、南陽市の烏帽子山公園へと向かった。

公園の桜は、散り始めてはいるが、ほぼ満開状態で、桜の木の本数も多い。

20180421(10)R.jpg

20180421(4)R.jpg

20180421(20)R.jpg

20180421(7)R.jpg

写真では分かりづらいが、遠方の山は残雪があって、いいコントラストだ。

20180421(13)R.jpg

木の上には、花坂爺さんがいて、なかなかリアルな人形だった。

20180421(17)R.jpg

20180421(18)R.jpg

駐車場脇の枝垂桜は、まだつぼみもあって、もう少し楽しめそうだ。

20180421(25)R.jpg



次に向かったのは、山形市の霞城(かじょう)公園(山形城の別名)。

駐車場に車を入れて、駐車場係のお姉さんに「桜はどっちに?」と聞いたが・・・。

「桜は散っていますが、桜祭りのイベントをやってます」との返事。

そう言われて駐車場の回りを見てみると、葉ばかりの桜の木がたくさんあった(笑)。

イベント会場まで行きかけたが、あまり興味がなかったので引き返した。

先ほどのお姉さんが「この辺りでは山形が一番暖かいので」とすまなさそうに・・・。

葉桜を見ても仕方がないので、時間を逆算して、尾花沢市の道の駅尾花沢へ向かう。

道すがらでも結構桜の花が咲いていて、遠目からも楽しませてもらった。

旅に出て、今日のように長距離を制限速度60キロで走ったことはない。

しかも信号機が少なかったり、70キロ制限の道もあって早く着いた。

到着予定時間をかなり早く到着し、これほど夕方に時間に余裕をもったことはない。

おかげで、早く夕食しブログを書けて、7時にはテレビを見れる状態になった(笑)。

本州の残りの数日は多少余裕もあり、国道4号線を北上しようと思う。

立ち寄りたい個所も多く、果たして今後はどんな所に立ち寄るのやら・・・。




尚、旅中はみな様のブログにお邪魔できなかったり、コメントの返信
  が遅れたり出来なかったりすることが有ります事をご了承ください。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.04.21 Sat l 全国一周 2018年前半旅 l コメント (8) l top
2018. 4.20 金曜日        出発   82 日目

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


          

出発地点  福島県 天栄村 道の駅 季の里天栄  

到着地点  福島県 湯川村 道の駅 あいづ湯川・会津坂下  

本日走行距離   103 km   累計走行距離  9,886 km

本日の旅の行程地図  Aは出発点  Bは到着点
20180420(0).png

今朝は、福島県 天栄村 道の駅 季の里天栄 で目覚める。

昨夜は雨が車の屋根をたたく音を子守歌に眠ったが、今朝は晴れて気温も高い。

20180420(1)R.jpg

13年前の日本一周の旅とは別に、同じ年の晩夏に東北一周も実行している。

もちろん福島県も訪れていて、会津若松市内の鶴ヶ城などは見ているが・・・。

訪れていないところがあって、今日はそちらの方を回ることにした。



昨日、白河フラワーワールドに寄った際、花の鉢をいただいてきた。

以前車が入院する前に、購入した花が枯れたので・・・代わりに・・・。

9cmのポリバチに植えてあったので、ペットボトルを半分に切って植え替えた。

20180420(2)R.jpg

ペット鉢に穴をあけていないので、毎日コツコツと湿らせてあげることにする。




最初に立ち寄るのは「塔のへつり」で、東北一周の時は存在を知らなかった(笑)。

走行中には、お世話になった道の駅で買った「とちおとめ」をいただく。

20180420(3)R.jpg

美味しくいただきながら走行しているうちに、「塔のへつり」に到着した。

塔のへつりの名は、形状から見て「へつる(削る)」からつけられたのか・・・。

展望所から、まずは全体を眺める。

20180420(10)R.jpg

下の写真は吊り橋からのものだが、ちょっとイメージしていた規模と違うようだ。

以前ネットで検索したときは、結構な距離を歩けたと思ったのだが・・・。

20180420(13)R.jpg

地元の方に聞くと、数年前の災害で、崩れて進めなくなったようだ。

国の天然記念物に指定されていて、地方が勝手に復旧できないと嘆いていた。

昔は近くの集落同士をつなぐ生活道路として、河原も含めてつながっていたとか。

それでも一部を歩いてみると、自然の力の大きさと造形のすごさを実感。

20180420(14)R.jpg

この部分が崩れているようで、その先に見えるへつりには行けない。

20180420(15)R.jpg

天岩戸のように、石が積み重ねてあった。

20180420(16)R.jpg

20180420(19)R.jpg

こんな階段もつけられていて、上に登っていくと・・・。

20180420(23)R.jpg

塔のへつりの向かいの土産物屋などと、へつりまでの階段や吊り橋がわかる。

20180420(20)R.jpg

人間も「こんな場所にこんなものを作る」といつも感心するが・・・。

それと同様に、自然の造形にはいつも驚かされている。



塔のへつりを後にして、次はそばにある「湯野上温泉駅」へと向かう。

20180420(30)R.jpg

標高が高いせいもあって、駅の前に車を止めると鉄路の回りは桜が満開だ。

20180420(29)R.jpg

この駅は茅葺き屋根の駅舎で、観光スポットとして訪れる観光客も多かった。

20180420(36)R.jpg
20180420(40)R.jpg

駅舎内には、茅葺きの虫よけに囲炉裏が設置され、見事なテーブルもある。

20180420(37)R.jpg20180420(38)R.jpg

駅に到着したとき、随分人が多いとは思ったが・・・。

20180420(35)R.jpg

ちょうど運よく列車が来る時間だったので、撮り鉄さんも多かったのだ。



その後は、大内宿に向かったが、今までも色々な宿に寄ったが・・・。

着いて見ると、季節にもよるのかもしれないが、一番人出が多い気がした。

20180420(43)R.jpg

そしてそのほとんどの建物が、飲食店や土産店として利用されている。

20180420(63)R.jpg

20180420(53)R.jpg

13年前の東北一周の旅で、コンニャクのおいしさに目覚めたので今回もいただく。

20180420(45)R.jpg

毛糸や布で作られているそばの見本も見事な出来だ。

20180420(62)R.jpg

我が娘1号も、これらの物を作らせると、中々の腕を持っている事を思い出す。

茅葺き屋根の上に、こんな看板のようなものが掲げられているが・・・。

20180420(64)R.jpg

茅葺きが火に弱いので水の守り神と思われるが、左右のものはネズミ?(笑)。



次に向かったのは、ネコが駅長で有名な「芦ノ牧温泉駅」。

この駅前も桜がきれいで、この辺りは今が満開のようだ。

20180420(67)R.jpg

20180420(66)R.jpg

駅舎は小さいが、駅舎の前には、駅長などのスタッフの写真が掲げられている。

20180420(70)R.jpg

20180420(69)R.jpg

残念ながら駅長は出張なのか留守のようで、駅の雰囲気だけをいただいてきた。

その後は温泉にも浸かり、今日は「道の駅 あいづ湯川・会津坂下」でお世話になる。




尚、旅中はみな様のブログにお邪魔できなかったり、コメントの返信
  が遅れたり出来なかったりすることが有ります事をご了承ください。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.04.20 Fri l 全国一周 2018年前半旅 l コメント (4) l top