FC2ブログ
にほんブログ村 にほんブログ村へ2020. 1.28 火曜日


      ← 古い記事へ      新しい記事へ →



昨年11・12月の後半旅を振り返えり、印象に残った立ち寄り先の場所を整理した。


  ①  以前に行った事のある所はやはり初めてのところよりも感動が薄くなる。
  ②  同じ場所でも、天候や季節によって風景や居心地、印象が全く違う。
  ③  とりあえずは旅の足跡を数回に分けて、印象に残った場所を選んだ。
  ④  個人感によっても、選ぶ場所が違うので、あくまでも独断と偏見で選んだ。

   尚、記事に記した日付には、元記事をリンクしているので読んでほしい。



ダイジェストの第5弾として、2019年12月 8日~12月13日までを掲載する。


2019.12. 8 日曜日  石川県 加賀市 で 今旅で初の宿泊

前日の楽しい石川ミーティング(北陸ミッションとも言う)を終了して・・・。

ブロ友のひでさんに勧められた「8番らーめん」を食べた。

「8」の字を表した特徴のあるナルトが印象的で、忘れられないらーめんだ。

20191208(12)R.jpg

この日は、車中泊の旅に出て初の宿泊を予定していて・・・。

予約してあるのは、片山津温泉のホテル北陸古賀乃井で、好感の持てる宿だった。

20191208(14)R.jpg

窓からは、当初立山連峰かと思えた山々が見えたが、どうも位置的に違うようだ。

20191208(17)R.jpg


2019.12. 9 月曜日  石川県 加賀市  あやとり橋   

ちょっと変わった橋があるというので、「あやとり橋」に寄った。

20191209(10)R.jpg

下の写真が、一番あ「やとりの橋」の形が分かりやすいだろうか・・・。

20191209(16)R.jpg

次に寄ったのが、走行中に偶然見つけた「竹田のあげ 谷口屋」・・・。

20191209(25)R.jpg

旅中なので厚揚げは買わなかったが、豆乳で作ったというロールケーキを購入。

20191209(29)R.jpg

走行中に写真を撮る前に愛妻が半分食べて、すごいおいしいと感激して・・・。

「もっと買ってくればよかった」と、Uターンを検討したほどだった。

又、三方五湖の見下ろせる、福井県 若狭町のレインボーラインの山頂公園にも寄る。

20191209(38)R.gif

上の写真は海側だが、下の写真の五湖の方を見ても、本当に素晴らしい風景だ。

20191209(39)R.gif


2019.12.11 水曜日  兵庫県 豊岡市  玄武洞公園  

岡を上り始めて最初に見えたのは、「玄武洞」で、柱状節理が綺麗に見える。

20191211(17)R.jpg

いくつかの洞窟のがあるが、最後に見えるのは、「北朱雀洞」だ。

20191211(22)R.gif

次に立ち寄ったのは、鳥取県 若桜町 岩屋神社と不動院岩屋堂。

岩屋神社が、岩に飲み込まれるようにして建てられていたが・・・。

20191211(33)R.gif

不動院岩屋堂も、洞穴に飲み込まれるように建てられた、舞台造りの建造物。

20191211(49)R.gif


2019.12.12 木曜日   岡山県 美作市  宮本武蔵の里 

2018年の車中泊前半旅では、宮本武蔵の里を目指していて、車が故障して・・・。

津山市の修理工場に入院して、6日ほど足止めを食らった忘れられない記憶がある。

今回は、無事にたどり着き、宮本武蔵の墓や神社、駅を訪れた

武蔵の墓は鹿児島にあり、左の墓が分骨した武蔵の墓、右が武蔵の両親の墓。

20191212(28)R.jpg

宮本武蔵神社
20191212(32)R.jpg

20191212(30)R.jpg

珍しい個人名のついた宮本武蔵駅
20191212(36)R.jpg


岡山県に来た目的は、北陸が寒かったので、「カキオコ」を食べに来たのだ。

ネットで調べて、漁師の店でたっぷりカキが乗っているという「三笠」へ。

20191212(41)R.jpg

たんまりとカキが乗って、たっぷりソースがかかっていたが、少しソースが多すぎ(笑)。

20191212(45)R.jpg

これだけでは食べ足らず、カキの焼うどんも平らげる・・・。

20191212(47)R.jpg


2019.12.13 金曜日  兵庫県 神戸市 JR新長田駅 鉄人28号

JR新長田駅前の、巨大な鉄人28号のモニュメントに立ち寄る。

20191213(20)R.jpg

大きさは18メートルで、われらの少年時代のヒーローは、忘れることはできない。

    2019年後半旅の思い出 ダイジェスト(6)  へと続く



   2019年後半旅の思い出 ダイジェスト(1)  2019.11. 6~11.10
   2019年後半旅の思い出 ダイジェスト(2)  2019.11.11~11.18
   2019年後半旅の思い出 ダイジェスト(3)  2019.11.19~11.27
   2019年後半旅の思い出 ダイジェスト(4)  2019.11.28~12. 7
   2019年後半旅の思い出 ダイジェスト(5)  2019.12. 8~12.13



最後まで読んで頂きありがとうございます。

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2020.01.28 Tue l 全国一周 2019年後半旅 l コメント (0) l top
にほんブログ村 にほんブログ村へ2020. 1.27 月曜日


      ← 古い記事へ      新しい記事へ →


寝ようと思って寝室に行くと

昨夜のこと・・・寝ようと思って2階の寝室に入ると・・・なんと寒いではないか・・・。

布団の上げ下ろしも、寝室を温めるのも自分の役割なので・・・。

間違いなく布団を敷きながら、ストーブに火を入れたつもりだったのだが・・・。

ストーブは点火しておらず冷たいままで・・・・・・・アッ、やってしまったと思った。

以前にもこんなことがあり、灯油は出したが点火スイッチを入れていなかったのだ。

20200127(2).jpg

これは灯油を出していない写真だが、点火スイッチの入れ忘れだった。


以前にもそんな失敗を・・・

灯油を出していながら、点火スイッチを入れないと、当然火は着火しない。

そうすると、ストーブの燃焼筒の中には灯油がたまり、そのまま火をつけれない。

以前(20~30年前)に、こんな状態で点火したことがあるが、恐ろしかった。

ストーブも煙突も真っ赤になるほど炎が大きくなって・・・でもどうすることも出来ない。

仕方なしに、他に引火なように、周りのものを遠ざけるしか方法がない。

幸い、数分で燃焼筒内の灯油は燃え尽き、事なきを得たのだが・・・。

今回は、そんな経験を生かして、別な処理をすることにした・・・。


燃焼筒内の灯油を抜く

そんな危険なことをしないように、燃焼筒内にたまった灯油を、抜くことにした・・・。

昔ストーブを分解したことがあり、火力調整は油量調整器で行うことを知っていた。

油量調整器の仕組みも古いものは理解していて、灯油を出しっぱなしでも・・・。

あふれることはなく、燃焼筒内ある程度たまればそれ以上は出ない仕組みだ。

せいぜい、燃焼筒内には1センチ程度しかたまらないのだろう・・・。

燃焼筒内にキッチンタオル3枚ほどを入れて、灯油を吸わせる・・・。

ビニール袋を用意しておいて、吸わせたキッチンタオルをビニール袋に。

そんなことを3~4回ほど繰り返すと、燃焼筒内の灯油は無くなった。

そこで初めて、点火スイッチを入れると、すぐに火がついた。


それから30分後に就寝

その後は後片付けをして、部屋を暖めるため、約30分ほど居間で待機・・・。

自分は部屋が完全に温まる必要はなく、途中で床に就いたが・・・。

20200127(6).jpg

寝室の寒さと布団の冷たさが苦手な愛妻は、部屋が暖まるまでゲーム中。

こんな時に限って、なかなかゲームオーバーにならなかったそうだ・・・(笑)。

自分はすっかりと寝入っていたので、愛妻が寝室に来たのを全く知らなかった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2020.01.27 Mon l 北国特有の暮らし l コメント (10) l top
にほんブログ村 にほんブログ村へ2020. 1.26 日曜日


      ← 古い記事へ      新しい記事へ →


昨年11・12月の後半旅を振り返えり、印象に残った立ち寄り先の場所を整理した。


  ①  以前に行った事のある所はやはり初めてのところよりも感動が薄くなる。
  ②  同じ場所でも、天候や季節によって風景や居心地、印象が全く違う。
  ③  とりあえずは旅の足跡を数回に分けて、印象に残った場所を選んだ。
  ④  個人感によっても、選ぶ場所が違うので、あくまでも独断と偏見で選んだ。

   尚、記事に記した日付には、元記事をリンクしているので読んでほしい。



ダイジェストの第4弾として、2019年11月28日~12月 7日までを掲載する。


2019.11.28 木曜日  滋賀県 近江八幡市  近江兄弟のメンターム資料館

我が家の常備薬のナンバーワンは、なんといってもメンターム。

その資料館があるので、去年も近江兄弟のメンターム資料館に寄ったのだが・・・。

旅のあるあるで、昨年は丁度非営業日で、再チャレンジとなった。

20191128(3)R.jpg

歴史を学んで、復刻版も買わせてもらい・・・旅の良き思い出となった

続いて訪れたのは、彦根市の彦根城。

20191128(40)R.jpg

彦根城周辺の紅葉がきれいで、良い時期に訪れたと感謝している。


2019.11.30 土曜日  京都府 京都市  南禅寺

数年前から、この時期の南禅寺三門から見る紅葉を楽しみにしていた・・・。

20191130(6)R.jpg

だが、コマーシャルに写っていたような真っ赤なモミジは見られなかったのは残念だ。

時期や角度、時間を考えプロが写すから、あのすばらしい映像が見れるのだと知る。

20191130(30)R.jpg

それでも、南禅寺の紅葉と水路閣が見れたので・・・・いい日となったので良しとした。


2019.12. 1 日曜日  京都府 天橋立と 伊根の船宿

この日は、伊根の船宿を見に行くので、その前に有名な「天橋立」に寄った。

ロープウエーで、山の頂上まで行き・・・。

年を取ると体が硬くなって、またの下から覗けないので、禁じ手の写真を逆さまに。

20191201(16)R.jpg

遊園地などもあって、子どもと一緒に楽しめる施設となっている。

次に向かったのは、以前から行きたかった「伊根の舟屋」。

20191202(7)R.gif

その日は、舟屋が見れる高台の「道の駅 舟屋の里伊根」にお世話になったが・・・。

夜になると、道の駅の駐車場には一切街灯がなくなり、真っ暗な道の駅には驚いた。

おかげで、懐中電灯を壊してしまうが・・・・何とかそのまま使えるので実害はなかった。


2019.12. 3 火曜日  兵庫県 朝来市  竹田城跡  

あきらめていたが兵庫県まで足を延ばせたので、一度は見たかった竹田城跡へ・・・。

立雲峡から竹田城跡を眺める予定が・・・勘違いで城跡の石垣まで行ってしまった(笑)。

20191203(27)R.jpg

おかげで、タクシーと体力まで使ってしまった(笑)。

やはり遠方からも見たいと・・・立雲峡も・・・。

20191203(36)R.gif

実際に自分の目で見れてよかったのだが・・・。

プロが写すと、こんな雲海の竹田城跡が見れる…(笑)。

20191203(19)R.jpg

20191203(34)R.jpg

さすがに、プロは、旅をそそられる写真を撮るものだ。


2019.12. 5 木曜日   滋賀県 高島市 3度目のメタセコイア並木に

この旅で、初めてメタセコイヤという木を知った。

そのメタセコイヤの並木があると、ブロ友から教えられて数日前に行ったのだが。

紅葉には早かったので、結局この日は、3度目となるメタセコイヤ並木に行った。

20191205(16)R.jpg

まだ少し早いのかも知れなかったが、雨模様の日だったので・・・。

20191205(9)R.jpg

タイミングの良い、虹とメタセコイヤのコラボが見れた。


2019.12. 6 金曜日  福井県 永平寺町  永平寺

我が家は曹洞宗(禅宗)で、総本山は永平寺・・・(横浜市の総持寺も)。

一生に一度は総本山をお参りしたいと、この時を逃さないで行った。

20191206(15)R.jpg

このように、建物がすべて渡り廊下で連なっていて、案内に沿ってすべてを回れた。

20191206(31)R.jpg

歴史を感じさせる重厚な山門も間近で見れて、一生の思い出となった。

20191206(19)R.jpg


2019.12. 7 土曜日 石川県 白山市  石川ミーティング

正にオフ会を開く当日朝、道の駅のそばにお住いの「さかやんさん」にもお会いしたし。

かねての予定通り、この日はオフ会を開き、4組7人が集まり楽しい時間を過ごした。

① ひでさんご夫婦 「ひでのいつかは世界一周」(リンク)

② 気旅さん    「気ままな一人旅ライフ」〈リンク)

③ レムさんご夫婦 「レムの楽愁日誌」(リンク)

④ 我ら夫婦
20191207(25).png
いずれも車中泊を楽しんでいる方たちで、旅をすることで会う機会も増えている。

    2019年後半旅の思い出 ダイジェスト(5)  へと続く


   2019年後半旅の思い出 ダイジェスト(1)  2019.11. 6~11.10
   2019年後半旅の思い出 ダイジェスト(2)  2019.11.11~11.18
   2019年後半旅の思い出 ダイジェスト(3)  2019.11.19~11.27
   2019年後半旅の思い出 ダイジェスト(4)  2019.11.28~12. 7



最後まで読んで頂きありがとうございます。

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2020.01.26 Sun l 全国一周 2019年後半旅 l コメント (6) l top
にほんブログ村 にほんブログ村へ2020. 1.25 土曜日


      ← 古い記事へ      新しい記事へ →


いつの間にかブルーベリーが

10年ほど前に、気が付くとブドウの木の脇にブルーベリーが植えてあった・・・。

亡き母が、どこからか苗木を手に入れて来て、植えていたのだ。

庭木囲いの係である自分は、たいして大切にもしていなくて、せいぜい添え木だけ。

それでも多少の実を付けるようになると、孫が喜んでつまんでいるので・・・。

ここ数年は冬囲いしていたのだが、だんだんと木が大きくなり収量が増えた

孫が喜んでつまんでいても、収量が増えてくると食べきれなくなってきて・・・。

3~4年ほど前には、実を収穫して冷凍にしていたのだが・・・。

その冷凍ブルーベリーも、大した量ではないが冷凍室を占領していて邪魔な存在に。

冷凍していても、利用方法が分からず、ず~っと冷凍のままだったのだが・・・。


ジャム加工を始める

ブロ友の記事だったと思うが、小果実をジャムに加工した記事を見て・・・。

数年前のある日、自分も思い立ったようにブルーベリーをジャムにした・・・。

ジャム作りをブログ記事にすると、ブロ友から「砂糖が多すぎる」と指導も受けた(笑)。

そんな 「 hana 」 さんの教えを受け、今年もブルーベリーのジャム?を作ってみた。

ジャムを作っては、パンに塗ったり・・・ヨーグルトにかけたり・・・。

ジャムの保存は、常に冷凍庫での保管としていたので・・・。

砂糖が入っているので、カンカラカンに凍ることもなく、少し硬いが利用していた。

だが、すぐには柔らかくならないので・・・今年はペースト状にすることにした。

ジャムとしても利用したいので、ジャムペーズト = 柔らかいジャム と言ったところだ。


1.5キロ以上のジャムに

去年のブルーベリーの収穫は、約1.4キロにもなっていていた。

手を掛けずに作ろうと思い、まず、冷凍庫から出し2時間ほど解凍する。

バラバラになる状態で鍋に入れ、加熱しながら、竹べらで半殺し状態に・・・。

砂糖を35%ほど加え、多少の塩を加え、食酢(発色が良くなると聞いた)も少々・・・。

出来上ってみると、24センチの鍋に、半分ほどの量になってしまった(笑)。

冷やしてから、いくつかのチャック袋に小分けして冷凍する。

20200125(1)R.jpg

1袋分くらいは瓶に入れ、冷蔵庫に保管しながら・・・パンに塗ったり。

20200125(4)R.jpg

今日は、昼食抜きの戒を破って、パン半分とヨーグルト少量にジャムペーストを・・・。

20200125(5)R.jpg

ジャムとしては少し柔らかすぎだが、ヨーグルトにかけるには丁度いい(笑)。

冷蔵のものがなくなったら、冷凍庫から1袋だして、冷蔵庫に入れて解凍する。


2人のhana さん

今日、自分のブログの足跡確認で、加工指導頂いた 「 hana 」 さんの名前を発見。

だが、いつもの雰囲気とは違って、ブログタイトルを変えたのかと思った・・・。

20200125(7)R.jpg

それだけではなく、内容も今までと違った雰囲気で・・・足跡から覗いてみると・・・。

全く「同名の別人」の様で…さらに足跡をチェックしていると・・・。

直前に、ジャム加工指導を頂いた 「 hana 」 さんが訪問してくれていた・・・。

20200125(6)R.jpg

FC2の人に限っての話だが、 「 hana 」 さんが2人続けて訪問してくれていた。

偶然だろうが、狙ってできることではないので、とても珍しいことだと思う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2020.01.25 Sat l 自産自消の少農生活 l コメント (10) l top
にほんブログ村 にほんブログ村へ2020. 1.23 木曜日


      ← 古い記事へ      新しい記事へ →


全ての鉢や花を処分

殺風景は我が家の中にも、2年前までは切り花や鉢物が有ったのだが・・・。

花畑の花が咲くころになると、一輪ざしが活躍するし、母の日にも花が送られてくる。

ハイビスカスやシクラメンも好きで、時々小さい鉢物も買ってくる。

アザリヤも好きで手に入れて来るが、花が咲かなくなってもなかなか処分できない。

冬でも、全く鉢物が無くなることはなかったのだが・・・。

2018年1月末には、我が家の鉢物も全て処分した。

3ケ月にもなる長旅に出かけるためで、その間は完全な留守宅になるからだ。

常に備えて置きたい仏花、水が氷るので、造花で我慢をしてもらった。


現在唯一の花が元気

2019年の秋にも、2カ月の後半旅に出る予定だったので、鉢物も仕入れていない。

現在唯一、我が家にある花は、一対の仏花だけだ。

その仏花がたくましく、お供えしてすでに一か月を過ぎているのだが元気だ。

20200123(2)R.jpg

元気な理由は、室温が低いからに他ならない・・・。

朝方の室温は1~2度で、かなり冷えたとしても「0度」にしかならない。

そのくらいだと、花もシバレないし、水も凍らないので、元気でいてくれる。


天然の冷蔵庫

仏間は日当たりがよく、日が差すと室温も上がるがせいぜい10度ほどまで。

今日は晴天で、仏間に陽がさすが、室温は8度ほどだ。

20200123(1)R.jpg

陽が差さないと、5度にもならず、天然冷蔵庫状態だ。

仏間は、よっぽど冷えない限りストーブに火を入れることもなく、常に涼しいので。

供えている花も、一カ月以上も持ってくれて、年金生活者にとってはありがたい。


定位置の確保が必要

だが、そろそろ室内にも、花か鉢物も欲しくなってきた。

もう冬季に、一か月以上の長期で出かけることもないだろう。

せいぜい秋頃に2~3週間の旅はしたいものだが・・・。

そのくらいだと、給水対策さえできれば、花や鉢物がダメになることはない・・・。

2年前まで鉢物などの定位置だった場所は、空席のままになってはいない。

まずは、定位置を侵略して置いてある物の、処遇を考えなければ・・・。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2020.01.23 Thu l 北国特有の暮らし l コメント (12) l top