2017. 6.17 土曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


我が家の家庭菜園で、「豆」と言えば手(支柱)を立てるインゲン豆の事。

やわらかくて筋が少なく、おいしいインゲンで、近所でも人気だ。

品種の名前はハッキリわかわず、ウズラ豆に似ている豆なのだが・・・。

20170617 (31)

この豆は、サヤでも食べれるし、秋を過ぎるとサヤを外し豆でも食べれて重宝している。

毎年自家採種しているのと同じで、ご近所さんも種をもらえると期待して待っている。

親から受け継いだ在来インゲンで、もう60年以上は作り続けている豆だ。

我が家には無くてはならない野菜となっているが、手(支柱)が必要なので大変だ。



今日、そのインゲンが30センチほどの大きさになり、つるも出始めそうで手を立てた。

20170617 (35)

最後の写真は、それぞれの束をヒモで結んで倒れづらくしたもので、端は街路樹に(笑)。



豆は4列植え、それぞれの列に33本の手を立てたので、合計132本の手を立てた。

1カ所に3~4粒ほどの種をまいてあるので、不発芽があったとしても平均3本はある。

1カ所に1本の手を立てたので、結局132×3=396本 の豆が発芽したことになる。

向かい合わせの手同士6本の手を、ヒモでしばって結束した。

20170617 (30)

それぞれの株のインゲンは、約30cmほどになっているので、つるも出始めている。

20170617 (33)

これだけあれば、食べ応えは十分だと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.06.17 Sat l FC2との戦闘記 l コメント (4) l top
2017. 6.14 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今年の家庭菜園では、トマトとキュウリ、ナスの接ぎ木に挑戦している。

育苗は2月から進めてきたが、接ぎ木後の定植は畑を起こしてもらった5月上旬。

期待する作物には、毎年定植時トンネルで寒さ対策をしているのだが・・・。

6月6日に、トマトのトンネルを外して、手(支柱)を立てて誘引した(記事にリンク)。

20170606 (0)

1本のトンネルに、キュウリもナスも入れてあったので、それらはまだトンネルの中だ。

キュウリも花をつけ始めたし、ナスも思いのほか大きくなって来た。

本当は今日、午前中時間があったのでトンネルを外す予定だったのだが・・・。

昨日の13日、思いのほか時間があったので午後3時からトンネルを撤去した。

20170614 (1)

これでいよいよ、キュウリとナスの接ぎ木が、世間にデビューしたのだ。



定植後、雨が多かったし気温も低い日が多く、生長が遅い気がしていた。

なかなか大きくならないとイライラしていたが、トンネルをはがすと思ったよりも大きい。

いやいや、さほど大きくはないのだが、小さい小さいと思っていたので大きく見える(笑)・・・。

キュウリは脇目(子づる)も出て来ているし、ナスは想像よりも幹が太く葉も大きい。

接ぎ木だけではないのだが、今は接ぎ木もそうでないのも見分けがつかない。

最も今頃のキュウリもナスも、生長著しく葉が枯れることなどないので分からないはず。

キュウリは7月に入ると葉が茶色くなるし、そのころの茄子も下葉が枯れて来はじめる。

キュウリは病気になっても、頑張って花も付けるので、何とか収穫に結びつくのだが。

ナスは病気になると花はつけなくなるし、果実も大きくならず固くなり採れない。

今年ほど、家庭菜園の収穫がどんなになるか楽しみな年はない。

接ぎ木の他、定植時に根元に炭入れたので、なおのこと期待を裏切らないでほしい。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.06.14 Wed l FC2との戦闘記 l コメント (4) l top
2017. 6.10 土曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


6月の北海道は、運動会シーズン(違うところもある?)だが、週末は雨ばかりだ。

孫1号は中学生で体育会(体育祭?)なので、家族の応援は無かったようだが・・・。

孫3号の2週間前の土曜日の運動会は、雨で出来なくなり、日曜日も流れた。

翌週(先週の土曜日)に、雨模様の寒い中運動会を強硬したが、後半雨に当たった。

その日が出来なくなった時は運動会は中止、との学校からの連絡もあったとのこと。

小学生も先生も準備を一生懸命してきたのに、中止は無いだろうと思うのだが・・・。



孫2号の小学校は、北海道有数のマンモス校で、運動会は2度に分けて行う。

子どもの数が多いので、1・3・5年と2・4・6年(違うかも)の、学年で分けるのだ。

2人の子が分かれる家庭もいるので、午前と午後の1日2部制となるのだ。

孫1号と2号は2歳違いなので、昨年は同じグループになり半日で終了した。

午前も午後も 観戦の家庭もあるので、半日で終わるのは年寄りに優しい(笑)。

今日の土曜日は、孫2号の運動会だと娘1号からメールが入っていた。

残念ながら昨日のブログの通り、最近は本業が忙しくて、今日も午前中仕事だった。

孫2号は午後の部で、午前中仕事を終わらせ午後から応援に行く予定だったが・・・。

たまたま今日も雨で、時たま激しい雨となっている。

孫2号の運動会も延期となってしまったが、明日は行えるのか・・・。



ここのところ仕事が詰まっているので、考えながら時間を使わないといけない。

暇なときは、調査して、翌日の報告書書きも可能なのだが・・・・。

予定が立て込んでいると、当日に報告書を書かないと、あとが詰まって来る。

今日の調査報告書はすでに終了し、明日運動会があっても応援に駆け付けれる。

来週も仕事が立て込んでいるが、報告書を溜めずにおきたいものだ。



6月と言えば暖かくなる月で、雨も多いとなると、恐ろしいほど野菜が生長する。

在来インゲンの手(支柱)も立て、接ぎ木キュウリの支柱も立ててネットを張りたい。

接ぎ木したナスも大きくなり始め、ピーマンも手(支柱)を立ててしまいたい。

雨降りの外の畑を眺めていると、土が濡れているので、何やら緑色が目立つ。

大根や白菜を植える予定のところなので、今は何もう植えていないところだ・・・。

野菜以上に雑草が大きくなっているような気がして、腹立たしい限りだ(笑)。

当然、家庭菜園の畑の仕事もやりたいことだらけだが、雨で畑には入れない。

来週無事に終えると、少し時間に余裕が出てくると思うのだが・・・。

あと1週間、いらいらしながら(笑)暇になるのを待つことにする。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.06.10 Sat l FC2との戦闘記 l コメント (0) l top
2017. 6. 9 金曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


有り難いことに、第1の職場の退職後も 第2の仕事に有りつき 11年が過ぎた。

まだ60歳以前の時は、年金も未支給時期だったので、精力的に仕事した。

多少効率の悪い仕事も有ったと思うが、60歳近い新人(笑)として働いたつもりだ。

頑張っても所得の差は大きくないが、多少の差でも生活には重要で自己満足もある。

年数を重ねると段々ずるくなる(笑)のか、要領が良くなって来るのを自分でも感じた。

仕事の月日を重ねて行くうちに、年金受給の年齢にもなって心に余裕が出て来た。



そうなって来ると、仕事にも貪欲さがなくなり、目標達成への意欲も薄れた。

勤めは65歳頃までとなっていたが、70歳まで仕事が出来るようになったのだが。

体の動くうちに日本一周(二周?)の夢をかなえたいと、今年の9月でリタイアする。

リタイアを決めると、すでに死に体となっているのか、仕事も気楽になって来る。

愛妻にも、「最近意欲が無くなっている」と、心底を見過ごされていている。

無理をせずに(笑)、あと3カ月半を過ごそうと思っていたのだが・・・・。



こんな状況でも仕事は次々と舞い込んでくるので、嬉しいのやら悲しいのやら(笑)。

今月はさほど忙しくないと思っていたのだが、ここにきて結構仕事が舞い込んできた。

事前に予約が入っている仕事もあるが、当日電話がかかってくる仕事もある(笑)。

ここ1週間ほどのうちに、半月分の仕事量が予定されているので忙しいのだ。

置かれている環境にもよるが、この年齢でも仕事が出来ることは幸せだと思う。

反面、リタイアを待ち通しく思う自分もいて、ちょっと複雑な気持ちだ。

6月と言えば、北海道でも家庭菜園や花畑の草取りに忙しい時期でもあるが・・・。

あと3カ月と少ししか出来ない本来の仕事も、有り難くさせてもらおうと思っている。

あと1週間はブログを書く時間を惜しんで(嘘)、仕事にも頑張ろうと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.06.09 Fri l FC2との戦闘記 l コメント (4) l top
2017. 6. 1 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


自分の置かれている環境や、歩んできた人生は、このブログでも紹介して来た。

簡単にまとめて見ると、以下のような人生を歩んできたこととなる。

①東京で就職していたが、父が他界したため北海道に帰ってきて23歳で就職した。

②北海道で30年以上務めたが、考えることがあって早期退職して1年間休養充電。

③その後第2の人生を過ごすため再就職し、11年勤務し67歳の今日に至る。

④ブログを始めたのは、紅葉や桜の前線を追う全国一周の車中泊旅日記のため。

⑤65歳を過ぎて年金も貰える身となり、70歳まで勤めれるが退職することを決めた。

⑥当初の退職は今年の3月を予定していたが、後継者探しで9月まで6カ月延びた。

⑦旅の出発を今年の10月としていたが、孫の出産が9月で、旅も来年の2月に延長。

⑧いよいよ完全退職まであと4カ月と迫り、今は遅しと退職を首を長くして待っている。



30年以上勤めた以前の職場でも、仕事は嫌いではなかったし、それなりの成果も・・・。

仕事も頑張ったし、他人の評価は分からないが自分では足跡を残して来た自負もある。

退職も後ろ髪を引かれることは無く、晴れ晴れとした気持ちで退職辞令をもらった。

退職後は仙人のように、霞を食べて自由気ままに暮らして行きたかったのだが・・・。

描いていた田舎暮らしも現実にさえぎられ、結果的に自分の住む世界で生きる(笑)。



早期退職だったので、退職の数年は年金も当たらず、再雇用の道を探していた。

縁あって再就職し、所得は3分の一ほどだが、拘束時間は半分ほどだっただろうか・・・。

おかげで家庭菜園の時間や、ブログ書き、車中泊車の改造時間も充分と言えた(嬉)。

そんなゆるい生活をしている現在だが、この歳になるまで充分に働かせてもらった。

そして職にしがみつく気もないので、退職が9月末と決まるとそれが待ち遠しい。



いよいよ6月に入り、楽しみにしていた完全リタイアも、残すところ4カ月となった。

働く事がきらいな人もいると思うが、成人してから47年間もそんなこともなかった。

長い間働かせてもらったし、当初の予定の65歳も3年を過ぎようとしているので充分。

100日間休みなしで働いた経験も、月80時間超えのサービス残業も経験してきた。

特にブラック企業ではなく、自分が勝手にしていた仕事好きの人生だったのか。

そんなふうに生きて来たので、充分に働かせてもらい満足する人生となったのだ。



そんな生真面目な?人生を生きて来たので、退職は待ちに待ったと言うところか。

気取っていえば、後輩に道を譲ると言ったところだが・・・・決してそうではない(笑)。

「実際には体の動くうちに、日本中を走り回りたいし、海外にも行きたい」が本音だ。

長い間「退職したら・・・遊び回るぞ」との思いが根強く、待ちに待った4カ月後だ。

47年間の「生産年齢」だったが、今後何年の消費だけの人生が待っているのか。

今までは悔いのない人生を過ごさせてもらったが、あと何年満足した人生を送れるか。

それは誰にでも分からず、健康でどれだけ生きて行けるかにかかっていると思うが。

「お前百までわしゃ九十九まで 共に白髪の生えるまで」を実践したいと思っている。

おっと、自分は愛妻と5歳違い・・・と言うことは・・・愛妻は6年間一人で生きて行くのか。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.06.01 Thu l FC2との戦闘記 l コメント (6) l top