2017. 7.17 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


昨日紹介したが、車中泊での利用を目的に、初めてタブレットを購入した。

パソコンも積み込む考えなので、ネット環境はポケットWi-Fiを予定している。

従って、通信機能を持たないタブレットを選び、ポケットWi-Fiでネットにつなぐ予定だ。

音声入力とGoogle地図を利用するので、Androidのタブレットにした。

音声入力もGPSでの現在地表示も難なく出来るようになり、いよいよ利用に近づく。



数年前から、全国日本一周の車中泊の旅のために準備をしていたことがある。

もちろん車などの装備もそうだが、各地の観光地なども事前に調べた。

今までも紹介してきたが、全国の立ち寄り先調査と、その位置のGoogleマイマップ。

立ち寄り先一カ所ずつ、Excel表へのリンクとマイマップ地図の両方に記録してきた。

その数は、道の駅も含め1500箇所はかるく超えている。

マイマップには、都道府県別に、立ち寄り予定地と道の駅を記した。

そのデータは、大切にパソコンに保存しているが、タブレットでも共有したいのだ。



昨日の段階で、タブレットで利用できるようにと、Excelの表をタブレットに入れた。

20170717 (3)

そして今日は仕事にあふれたこともあり、マイマップに取り掛かった。

Web上にデータがあるので、単に見に行ければいいと思っていたのだが・・・。

何しろタブレットの操作方法や体系が分からないので、何度も四苦八苦・・・(笑)。

多分もっと簡単な方法があると思うのだが、知らないことは恐ろしい事だ(笑)。

府県別マイマップ47枚を、特定者(タブレット)と共有できるように1県づつ変更した。

20170717 (2)

そしてそのマイマップを開いて見ると…確かにマッピングした場所が見れる。

20170717 (1)

静岡県の立ち寄りたい場所と、道の駅が記されている。



その他のタブレット利用は、車中泊実行中でも調べることは山とある。

各地のB級グルメやおいしいもの、温泉場所や施設の休館日や料金。

いちいちパソコンを立ち上げて調べるのは、かなり無理がある。

かと言って、全ての事を事前に調べておくのも、不可能なことだ。

そんな時の検索には、音声入力は大きな戦力となってくれるはずだ。

そうなることを想定し、タブレットの操作に熟練しておきたいと思うのだが・・・。

果たしてこの年配者に、まだそんな意欲と知識を納める能力があるかは疑問だが・・・。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.07.17 Mon l 車中泊のその他装備 l コメント (6) l top
2017. 7.16 日曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


長期の車中泊に必要なものは、その人の価値観や旅のスタイルで違ってくる。

車中泊用の車と資金、着る物さえあれば、一応車中泊は出来るはずだ。

ただ、季節や場所、旅の期間、スタイルによって、さまざまな必需品が考えられる。

居住性のレベルの違いでも、持ち物は違ってくるのだろう。

自分の場合は、7カ月の予定が 3カ月×2回 の旅 に変更になったのだが・・・。

しかも夫婦2人旅の上、自炊も考えているので、結構な荷物を準備している。



旅の資料としては、道路地図とパソコン頼りで、立ち寄り先をExcel表にしている。

パソコンはブログを書くにも必要で、ネット環境をポケットWi-Fiでと考えている。

その日その日の立ち寄り先予定地を 用紙に印字して 活用したかったのだが。

そうなるとプリンターが必要になり、断念しざるを得ないとろろだ。

かと言って、パソコンをいちいち開いて運転席ででも確認するにはちょっと厄介だ。



そこで考えたのは、立ち寄り先予定地データを タブレットでも利用しようと考えた。

あいにくと言うかおかげでと言うか、携帯はガラケイで、Wi-Fi環境は準備する・・・。

かなり前からタブレットの利用を考え、何がいいのか何度も下見をしていたのだが・・・。

貧乏人ではあるが悩んだ揚げ句、昨日 電気店に行って、思い切って購入して来た。

20170716.jpg

購入したのはNEC製で、7インチ、価格も長期保証を付けて20,000円切りだ。



このタブレットにした理由は、Android版で持ち運び出来る大きさと価格が手ごろな事。

Windowsしか利用したことがないので、抵抗はあったが、皆が使っているはず。

みんなで渡れば怖くない方式で、リスク覚悟でAndroidにしたのには訳があるのだ。

① 音声入力が出来ること  キーボードがないので・・・。

② GPS機能が使えること   旅をするにはGPSが使えたら便利。

の、2大理由だが、その上Excelの立ち寄り先予定地の表も利用できるのがうれしい。



手には入れたものの、なにをどう操作していいのか全く分からず、全て婿殿の世話に。

最初の設定や、パソコンのPlalaメールを受信するようにと苦労してもらった。

結局メールは、Gmailへの転送方式にしかできなかったが、メールは受けれた。

立ち寄り先Excelデータも、見れるようにしてもらった。

基本操作の入口もご教授頂き、何とか必要な事だけはいじれる(笑)ようになった。



使って見ては、ネット検索が音声で入力できるのは大きな武器になるようだ。

地図も音声入力で目的地がマッピングでき、カーナビより目的地を探しやすい。

まずは馴れることが必要だと思うので、どんど触ることが必要なのだろう。

パソコンはYahoo!検索だが、Googleにして慣れた方が良いのではとも思う。

出発までまだ半年有るので、何とか操作できるまでに上達したいと思うのだが・・・。

皆さんのブログを見させていただいていると、タブレットでの更新も見受けられるが・・・。

だがやはり更新しずらいとの事で、自分はパソコンだけで交信しようと思うのだが・・・。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.07.16 Sun l 車中泊のその他装備 l コメント (10) l top
2017. 6.26 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


車中泊に出発するには、荷物を準備したり積んだりと結構大変な作業だ。

車内に手作りベットを乗せている人は、ベットの積み込みから始まるのだろう。

幸にして我が家は、車中泊の専用車があるので、荷物はほぼ積みっぱなしだ。

当初は1台のつもりだったが、仕事に小回りがきく軽自動車が必要だからだ。

昨年、不意の故障で車を入れ替えたので、しばらくは2台持ちになったのだ。



希望としては、手ぶらで車中泊に行けるのが良いが、なかなかそうはならない。

車中泊の専用車があるからと言って、全ての品を積みっぱなしにする訳にはいかない。

例えば、衣類は普段着ているものだし、帰ってきたら洗濯のため車から降ろす。

米や調味料も、変質するのは避けようと、やはり車から降ろしている。

そして、腰の悪い愛妻は煎餅布団では寝れないと、自分より敷布団が厚い。

長座布団1人2枚は車に積み込んでいるが、もう1枚分欲しいと家から積み込む。

蚊取り器も、家から積み込むが、長座布団もそうだが積み込みを忘れてしまう。

そうそう、パソコンも積み込まねばなるまい。



車中泊の準備としては、クーラーボックスと氷、各衣類、長座布団1枚、風呂用品。

米に調味料類、水、コーヒー、食料も積み込むがそんなところか・・・。

今日買い物に行って、長座布団(170×75cm)を購入して来た。

20170626 (12)

これで、長座布団の積み忘れもなくなった。

車載専用として携帯用「おそとでノーマット」と、無洗米2キロも用意した。

20170626 (15)R

今回は具入りのインスタントみそ汁と、具無し用にと「わけぎ」を手に入れた。

20170626 (16)R

普段は味噌だけの具無しインスタントみそ汁なので、やはりワカメやネギがほしくなる。



そしてもう一つ、秘密兵器としてこんなものを買って来た。

20170626 (40)

しかし、これはすでに使用していて、油として使うのではなく、醤油入れに・・・。

注ぎ口を見ればわかるが、液たれしないように蓋を閉めると口にも栓がしまるのだ。

この容器の油を抜いて、それに醤油を入れて持ち歩こうと思うのだ。



また一歩、手ぶら車中泊に近づいた気がする。

究極の車中泊旅は、体だけ持っていけば足りるようにしたいのだが・・・。

その為には、車中泊専用の衣類セットと風呂セットが必要だが、無理な話ではない。

まさか、車載専用のパソコンを用意するわけにはいくまいが・・・。

クーラーは積みっぱなしで氷は買えば良いし、米もちょくちょく使うなら乗せっぱなし。

その為には、早く完全リタイアして、度々車中泊に行けるようにならねば・・・・。

しばらくは、糸の切れたタコみたいな生活がしたいと思うのだが(笑)。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.06.26 Mon l 車中泊のその他装備 l コメント (4) l top
2017. 5.25 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


5月2日に、4月下旬にネット注文していたドライブレコーダーが届いた。

20170525.jpg

長期間知らない土地を旅するため、何かあった時の証拠を残すのが目的だ。

万が一の事故の時にでも、原因をはっきり(自分の過失も)させたいと考えている。

土地勘もないところで夫婦が事故死し、一方的な悪者にされるのが許せない(笑)。

子どもらも、両親がどんな事故で死んだのか知りたいと思うのだ(思わない? 悲)。

振動を感知して、撮影を開始する(駐車時の当て逃げを撮影)のも安心だ。



先日レコーダーの本体だけを取り付けて、試験していたが・・・・。

取り付けたと言っても、フロントガラスに吸盤で付けシガーソケットに差し込んだだけ。

その後は、バックレンジを取り付けるのに、配線などを自分で出来るか心配だった。

まず第1に、レンズの配線コードがハイエースには短く、足さなければならなかった。

以前に、マウスが断線で使えなくなった時、あの細い線を何とかつないだ(笑)。

ホームセンターで細いコードを購入してきて、継ぎ足すことにしたのだ。

配線コードは4芯線らしく、2芯線を2本使って4芯線に使おうと計画していたが・・・。

切断して見ると、5芯線だったので、まずは電源線らしい赤と黒の2線を延長。

残りの白と黄色の線を延長し、最後の緑も自宅に有ったコードでつないだ。

レンズを仮留めして接続して見ると、何とかバックカメラとして作動したので一安心。



本来このレコーダーは、バックシフトに入れた時だけ、ディスプレーに後方が映る。

バックランプの電源に接続して、バックにするとモニターに映る仕組みだ。

この機種を選んだ理由の一つに、ディスプレーが4インチと大きかったからだ。

ハイエースのバックドアの前には、棚を作ってあって後方が全く見えない。

今まではサイドミラーを頼りに運転していたが、後続車も常に確認しておきたい。

ACC電源を利用すると、キーを回している時はいつもバックが映ると考えた。

いわば、バックミラーとしても使えるのではと考えていたのだが、思い通りうまくいった。

走行中でも後方を映し出していて、バックミラーとしても使える。

ただ その状態でも、前方の録画をしているかはまだ確認できていない(笑)。



写真でも分かる通り、バックレンズにはLEDが付いていて、作動していると光る。

普段の走行で使うには、LEDが邪魔なので、テープででもふさごうと思っていた。

電源線と画像線だけでは4芯線で良いはずなのだが、5芯線を使っている・・・。

そんなことを思って、電源と思われる赤線と黒線以外を外してみようと考えた。

普段の行ないが良いようで、自宅に有った線を使って接続した緑線を外してみると・・・。

偶然にもLEDが消えて、思う通りになってくれた。

素人なのでそれらの配線は露出配線だが、その辺は気にしないことにしている(笑)。

あとは試験走行して、きちんと録画がされていることを確認するだけだ。

これから取扱説明書を読んで、再生する方法を確認することにする(笑)。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.05.25 Thu l 車中泊のその他装備 l コメント (14) l top
2017. 5. 2 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


遠方への旅中で、事故にあう確率は分からないが、無いことに越したことは無い。

しかし、絶対無い訳ではないので、自分らの旅中も有り得る話で・・・・心配していた。

軽微な事故ならいざ知らず、我が夫婦とも万が一の時や意識不明に陥ることも・・・。

テレビで紹介されたが、若者がバイク死亡して単独事故と判断された案件だが。

両親の現場通いや専門家への調査依頼するなどで、そうでなかったことが判明した。

他地方の人間の死亡事故なので?、徹底的な調査がなされていなかったのだろうか。

死人に口なしなので、その原因を覆せない案件は有り得るのではと思うのだが。



自分らの車中泊旅でも、万が一の事故のとき、はっきり主張できる証拠がほしかった。

仮に死亡しても、子どもたちに真実を知らせれればと思っていたのだが・・・。

ある一時停止の場所で警官に止められ、違反だと言われた人が・・・・。

いくら止まったと主張しても、警官2人に止まっていないと言われたら・・・。

その時に、ドライブレコーダーで助かったと聞いたことがあるのだ。

そんな警官は即刻首にして、浅見刑事局長(テレビの見過ぎ)に謝罪してもらいたい。



自分らの事故の時にでも、原因をはっきり(自分の過失も)させたいと考えていた。

そしてやはり、ドライブレコーダーの導入を決めたのだ。

去年から4月下旬発売商品を購入することにして、発売を心待ちにしていたのだ。

ネット注文していた商品が、昨日届いてたので、開封して違っていないことを確認した。

ソーラーパネル注文の時、何度も充電コントローラーを間違われた記憶がある。

20170502 (1)R

早速食卓テーブルのガラス面に吸盤をはりつけて見た。



このドライブレコーダーを選んだポイントは、次の6点だ。

 最も重要なのだが、本体についている液晶が最大の4インチ。
        この理由は大きく、後ほど紹介することにする。

 バックレンズが付いている(バック時にはカーナビがあるので使用しない)。

③ 後方の映像も残す(追突も撮影)。

④ 振動を感知して、撮影を開始する(駐車時の当て逃げを撮影)。

⑤ 電源供給方法によっては、人感センサーでも撮影をする(監視カメラ)。

⑥ 価格が手ごろで、本体価格は9,980円。



この商品は去年からネットでカーナビを探していると、4月の発売予定で乗っていた。

先方と年度かメールでやり取りして、性能の確認をして数カ月前に決めていた。

 の液晶の大きさのポイントだが・・・。

普段見ないのであれが小さくても良く、確認する時はパソコンで見ればいい。

我がハイエースのリアウインドの前には、荷物を積んでいて全く見えないのだ。

カーナビは旅をするのに必要で設置しているが、バック時のバックモニターは必須だ。

走行中は両サイドミラーが頼りだが、本当はルームミラーで後続車両を確認したい。

ドライブレコーダー選択では、後方を写すレンズが付いている  もポイント。

20170502 (7)R

普段はバックにシフトすると、液晶画面に後方の映像が映るのだが・・・。

AC電源を供給することで、キーONで後方を常に映し出すはずだ。

言わば、ルームミラー(バックミラー)代わりの使い方もする算段をしているのだ。

20170502 (4)R
      写真のモニターの映像は、バックレンズのものではありません

その為の、4インチ程度の大きなモニター画面がほしかったのだ。



実は問題はこれからの、設置なのだが・・・。

本体は吸盤でウインドガラスはりつけ、シガーソケットに差し込めば良い。

配線はコードをはわして金具などで止めればいいのだが・・・。

こちらは素人なので、バック用のレンズの取り付けが問題なのだ。

車体に穴を開けなければレンズは取り付けれないようだし、電源はACCからなのだ。

レコーダーを1万円ほどで購入して、設置してもらうのに1万円もかかるのなら・・・。

まずななんとは自分で挑戦して、手に負えなかったのなら工場にでも頼もうと思う。

設置を終えたら、また報告することにする。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.05.02 Tue l 車中泊のその他装備 l コメント (8) l top