2018. 6. 6 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


出発地点  北海道 紋別市 道の駅オホーツク紋別  

到着地点  北海道 出発点に帰還    

本日走行距離   255 km   累計走行距離    580 km

本日の旅の行程地図  Aは出発点  Bは到着点
20180606(0).png


何時か確認していないが、深夜に目を覚ましたのは、予期もしない騒音だった。

道の駅で車中泊していたので、騒音も有りえるが、かなり激しい騒音だった。

意識がめさめかけた時、何事かと思うほどの大きな音で驚いた。

騒音の主は雨で、大粒の雨が激しく車の屋根をはたいているのがわかった。

しかも近くに落ちたらしい大きな雷付きで、ゲリラ雨のようだったのだが・・・。

車中泊愛好家は、そんな騒音でいちいち目覚めてはいられないので・・・。

そのまま寝入ってしまい、雨が降ったのと雷があったことしか覚えていない。

その後もぐっすり寝行ってしまい、気が付いた時にはすでに明るかった。

目を覚ました朝5時半に車の外を覗くと、駐車場のアスファルトが所々濡れていた。

雨が降ったことは分かるほどしか濡れておらず、きっと短時間で終わったのだろう。

その時間にはすでに、車内は20.6度で、屋外も16.4度になっている。

20180606(1).jpg

今日も暑い日になりそうで、朝から窓は網戸にしてスライドドアは開けっぱなしだ。

雨の音だけで推察すると、結構激しい雨だが、降った時間の長さは分からない。

が、あの降り方で我が家の畑をぬらしてくれたのなら、雨ごい(心の中で)した成果か。

タブレットで地元の天気を確認したが、降ったことになっていない(残念)。



今回の釣れない釣りは、釣果も少なく無事に目的を果たした(笑)。

今日は自宅に帰る日で、朝食を簡単に(いつもの事)終わらせ、早速帰路に着いた。

帰り道から、滝上町の芝桜の山が見えたが、すでに遅しでピンクがちらほらだった。

買い物以外はほとんど真っ直ぐ自宅まで帰ってきたが、復路は255キロ走った。

時間にして、買い物(3か所)も含めて6時間ほどかかったが・・・。

なんだかスイスイと順調に自宅に着き、往路よりも短い時間で着いた気がした。

気になっていた野菜のポット苗は、日照りでだめになっていないか心配だったが・・・。

日陰に移動してきたので、全く異常なく、大きくなったのがわかりほっとした。

遊ばせてもらってきたので、明日はせっせと畑の草取りに励むことにしよう。

2日後には雨マークもあるが、雨量は少ないようで当てにしないでおこう。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.06.06 Wed l 車中泊 予行演習 l コメント (6) l top
2018. 6. 5 火曜日        出発   2 日目

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


出発地点  北海道 佐呂間町 道の駅 サロマ    

到着地点  北海道 紋別町 道の駅紋別

本日走行距離    62 km   累計走行距離    325 km

本日の旅の行程地図  Aは出発点  Bは到着点
20180605.png



就寝時は、掛け布団とし寝袋1枚を広げて掛けただけで快適だった。

足を寝袋から出して寝ていると、ちょっと涼しくなり、足をひっこめたが・・・。

今朝目を覚ますと、汗ばむほどで、温度計は屋外で24.3度、車内は28.9度。

20180605(1)R.jpg

朝ご飯を簡単に終え、昨日釣った防波堤に貸し切り状態で竿を降ろした。



今朝も数匹釣れたが外道はすべてリリースし、昨日と同じ本命のクロカレイをゲット。

20180605(2)R.jpg

28センチほどのカレイを釣って、今回の釣れない釣りはこの一匹で満足した(笑)。

イソメとホタテの耳を併用したが、やはりホタテの耳に食らいついた。



今回の釣りは紋別港での釣りも試してみたくて、昼に移動したのだが・・・。

まずは宿泊する紋別市の道の駅オホーツク紋別で、道の駅の状況を確認。

20180605(25)R.jpg

駐車場に面しているのはトイレだけで、物産館などのは流氷科学センター内。

流氷科学館の横にはこんな見晴らし台?のような構築物が目を引く。

20180605(24)R.jpg

斜面の階段を登っていくと、先端部分にベルが設置してあるので恋人の聖地なのか。

手すりにはホタテの貝殻に何かを書き込んだ(ほとんど消えている)絵馬?が・・・。

20180605(3)R.jpg

道の駅の横には、巨大なカニの爪のモニュメントがあり、見逃せないポイントだ。

20180605(5)R.jpg

2時間ほど紋別港で釣りをしたのだが、大きなウグイは良い引きするが他はさっぱり。

早めに切り上げて、市内にある日帰り温泉の施設で入浴して、体から魚臭さを消した。

道の駅に戻ったが、広い駐車場には数台の車だけが駐車してあり同業者は少ない。

夕食してブログを書いて、残った時間全局フルセグの映るテレビを見て就寝した。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.06.05 Tue l 車中泊 予行演習 l コメント (8) l top
2018. 6. 4 月曜日        出発   1 日目

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


出発地点  北海道 付近の道の駅 

到着地点  北海道 佐呂間町 道の駅 サロマ湖  

本日走行距離   263 km   累計走行距離    263 km

本日の旅の行程地図  Aは出発点  Bは到着点
20180604.png


期待していた雨も降らず(悲)、今日からしばらくいい天気が続きそうだ。

菜園の仕事も順調に進んでいて、少し休養しに遊びに行くことにした。

2泊3日でオホーツク方面までドライブに行くことにして、昨夜から準備した。

桜前線を追う3カ月の旅後、初めての車中泊で、随分と久しぶりな気がする(笑)。

今日から暑い日が続きそうなので、まずは涼しそうなサロマ湖を目指して車を走らせた。

トイレ休憩や中食のコンビニ弁当を買う以外は、ノンストップで目的地を目指した。



サロマ湖はホタテの産地で、今日の夕食用に生のホタテを探すため道の駅サロマ湖へ。

20180604(2)R.jpg

残念ながら道の駅には活ホタテを売っていなくて、駅の人に販売先を聞いた。

幸いにして近くに加工業者の直売店があるようで、その場所を教えてくれた。

残念ながら在庫は少なかったが、それでも1個80円で殻付きホタテを購入出来た。

殻は硬く閉ざしていたが、素人ながら包丁で開いて、今夜の夕食とした。

20180604(4)R.jpg

夕食の食材が手に入らないことも想定して別のものも買ってきたが・・・。

幸いにしてホタテが手に入り、その直売店でクロガシラの素揚げも購入した。

20180604(6)R.jpg

今日の夕食はご飯を炊いて、クロガシラノ素揚げとホタテ、味噌汁で簡単に済ませた。



今回の遠出は、ドライブも目的だったが、釣れない釣りもしたかったので・・・。

釣りに出かけたのはセミリタイアの時は軽自動車にしていたので、10年ぶりか。

実はホタテを探したのは、釣れない釣りのエサにホタテのミミを使いたかったから。

13年前の5月下旬に、ここに釣りをしに来たとき、地元の人に教えてもらった。

サラリーマン人が昼休みにホタテのミミで釣りをしていて、余ったミミをもらった。

そんな経験があったので、イソメも購入してきたが、ホタテもほしかったのだ。

きれいな夕日も見れて、夕食の準備をしながら糸もたらして、何匹か魚も釣れて。

20180604(11)R.jpg

今日は実質2時間ほどの釣りだったが、忘れたころに引きがあり、小さな魚も釣れた。

クロソイの小さいのやドンコなどは海に戻したが・・・クロガシらだけゲットした。

20180604(12).jpg

クロガシラと言っても、最も小さいのは孫の手のひら大で尾頭付きで15センチ?

中間は大人の手のひら大の20センチほどしかない。

大きいのでも22センチ程度だが、肉厚なので明日の食卓にあげれればいいのだが。

釣れない釣りをしに来たので、坊主でも仕方ないのだが、まずまず楽しめたのだが。

ご飯支度や後片付けをしながらなので、落ち着いてする釣りは明日の楽しみにする。

暗くなって道の駅サロマ湖に戻り、ブログをアップして余った時間はテレビ観戦した。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.06.04 Mon l 車中泊 予行演習 l コメント (10) l top
2017.11. 7 火曜日        出発   2 日目   

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

 ● 宿泊地   立ち寄り地  ■最新日行程   ■今回旅行程
      2017年 お試し旅地図(リンク)


出発地点  北海道 札幌市定山渓温泉 定山渓ホテル   

到着地点  北海道 洞爺湖町 洞爺湖温泉 ゆとりろ洞爺湖  

本日走行距離     180 km     累計走行距離     296 km

本日の旅の行程地図  Aは出発点  Bは到着点
20171107 (0)R

今日の出発は急ぐこともなく、朝食には9時近くになってから出向いた。

20171107 (1)R

定山渓から洞爺湖までは意外と近く、10時まで部屋でのんびりとしていていた。

それでも昼頃にはつきそうなので、小樽回りでちょっと遠回りすることにした。

定山渓からは山道を走り、朝里方面を目指していると定山渓ダムのダム湖に出た。

20171107 (2)R

さらに進むと、道路脇には雪が残っているようで、高度が高いのか雪が降ったらしい。

20171107 (3)R

ダムでは急激に高度を下げるので、道内初の朝里スカイループ(ループ橋)がある。

20171107 (4)R

ダムの中央部に白い帯があるのは、放水された水が泡立って白く見えているため。

20171107 (6)R

洞爺湖までの途中にきのこ王国の仁木店があり、トイレ休憩に立ち寄った。

20171107 (11)R

店内ではダチョウの卵の殻(1,000円)や中身入りの卵(2,500円)が売られていた。

20171107 (8)R20171107 (9)R

折角立ち寄ったので、キノコ汁(税込み108円)とチーズ入りコロッケを頂いた。

20171107 (10)R

愛妻曰く「チーズコロッケは毎年行く金山湖(南富良野町)のが一番おいしい」と。



洞爺湖に近づくと道の駅とうや湖があり、トイレ休憩による。

20171107 (12)R

そこからはすぐ洞爺湖の湖畔の道に出て、浮見堂公園に立ち寄った。

公園の立木のそばでは、アスファルトをつき破って力強く根を張り巡らせていた。

20171107 (14)R

洞爺湖にせり出した岩の先に浮見堂があり、その背景には湖に浮かぶ中島が見える。

20171107 (17)

浮見堂公園の一部には、まだ紅葉が残っていて、つい目が行ってしまう。

20171107 (19)R

20171107 (20)R

さらにナナカマドの木はすでに葉を落としているが、真っ赤な実が見事だ。

20171107 (22)R

今日のとまりは、洞爺湖温泉のゆとりろ洞爺湖で、玄関の前に手湯があった。

20171107 (26)R

夕食は「ほうば味噌焼き」を美味しく頂き、宿泊価格8,000円を考えると十分だ。

20171107 (23)R

濁り湯の風呂に浸かり、のんびりと過ごすことが出来、満足な旅をさせてもらっている。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

尚、旅中はみなさんのブログにお邪魔できなかったり、コメント
の返信が出来なかったり遅れたりすることが有る事をご了承ください。


2017.11.07 Tue l 車中泊 予行演習 l コメント (6) l top
2017.11. 6 月曜日    

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

 ● 宿泊地   立ち寄り地  ■最新日行程   ■今回旅行程
      2017年 お試しの旅(リンク)


出発地点  北海道 付近の道の駅 

到着地点  北海道 札幌市定山渓温泉 定山渓ホテル   

本日走行距離     116 km     累計走行距離     116 km

本日の旅の行程地図  Aは出発点  Bは到着点
20171106 (0)R


孫のお産扱いの終了と今年の家庭菜園の慰労旅を、10月末から考えていたが・・・・。

漬物も終わったし、都合も良かったので、今日から出発しようと昨日の夕方決めた。

今回は愛妻が、上げ膳据え膳で温泉三昧をしたいと、車中泊は拒否された(笑)。

短い期間だが、2泊3日の計画で、あまり遠くない温泉地に行こうとネットで検索した。

年金生活なのと、安宿が自分たちの歩んできた道なので、予算に合った宿を予約。

連泊も考えたが、日中寝てばかりとはいかないので、定山渓と洞爺湖とした。

車中泊でもないのに「お試し旅」なのは、タブレットを取り入れた旅を試験したからだ。



昼頃出発しようと考えていたが、娘1号の家によって行こうと午前中に出かけた。

その前に燃料を入れ、借りていたDVDを返却してからの出発となった。

20171106 (2)R

この辺りはすでに紅葉も過ぎ、こんな味気ない風景だが、仕方がない事とあきらめる。

愛妻が、先日支笏湖まで行った時食べたラーメンがおいしかったとリクエスト。

方向が同じなので、途中寄り道して長沼町の「我夢舎楽(がむしゃら)」に寄った。

20171106 (3)R

自分は前回は辛味噌だったが、塩で始まり塩で終わるといわれる塩味。

20171106 (5)R

愛妻はお気に入りで、前回と同じ辛味噌。

20171106 (4)R

昼食後、方向は多少違うが、娘の住む街へ車を走らせた。

娘は共稼ぎなので留守なのは分かっていたが、風除室に白菜や長ネギなどを置いた。



娘の家を出てから、札幌方面に向かい、定山渓を目指して走った。

千歳から少し離れたところで「旧島松駅逓所(国指定史跡)」の看板があり寄った。

20171106 (8)R

残念ながら、定休日だったのか、入り口はとざれていて入ることはかなわなかった。

島松駅逓所は明治6年、札幌本道(現在の国道36号)の開通に伴い設置された。

駅舎と人馬を備えた宿泊と運送に尽力し、開拓期の北海道で重要な役割を果たした。



千歳市から定山渓までは意外と距離が無く、思ったよりも早く到着した。

久しぶりの定山渓温泉街なので、普段めったにしない付近の散策をしてみた。

岩戸観音堂
20171106 (10)R


お堂の横には  長寿と健康の足ツボ
20171106 (14)R

この温泉地はカッパの生息地として知られ(笑)、こんなカッパの像もあった。

20171106 (15)R20171106 (18)R

黄桜でもあるまいが、カッパは飲んべえが多いのか、カッパ大王が飲んでいる。

20171106 (20)R

散策路もあり、その先には二見吊橋やカッパ淵まで足を延ばせる。

20171106 (16)R

定山渓温泉は、定山和尚が発見したと言われ、美泉定山の増もあった。

20171106 (25)R

宿は定山渓温泉の定山渓ホテル。

20171106 (28)R

夕食はバイキングで、種類は多かったが・・・・価格に合った夕食となった。

20171106 (30)R

朝食もバイキングだが、どんな食事になるか楽しみにしている。



今回の旅で初めて、手に入れたタブレットをもってきた。

地図はもちろんだが、ブログを書くのにも利用したいと考えている。

タイムラインを使うと、土地勘が無くても立ち寄り先をマイマップに落としやすい。

メモ機能を使って、音声入力でその場所その場所で正確な立ち寄り先名をメモする。

そのメモを、自分のパソコンのメールに送ることで、旅の記録を作る手助けになる。

届いたメールから、正しい立ち寄り先名を記録ファイルにコピペする。

その立ち寄り先名を、地図やブログで使用するので、いちいち名前の確認がいらない。

旅をしていて、リアルタイムでブログを仕上げるためには、いかに早く仕上げるか。

その為にもタブレットを、上手に使う工夫をして行きたいと考えている。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.11.06 Mon l 車中泊 予行演習 l コメント (8) l top