2017. 2.27 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


当初予定していた今年の9月末からの日本一周は、孫の誕生が絡んで一変した。

色々検討して、来年の春旅と秋旅の2回に分けて行くことにした。

最初の計画では3月2日の旅中に車検が切れるので、5月車検に変えようと考えた。

だが、2月に出発する春旅への変更では、車検を受けてからの出発が可能だ。

そんなことを考えて、半日掛けてハイエースに乗せてあった荷物を全て降ろした。

幸にして今日は仕事の予定も入っていなかったので、降ろすには都合がよかった。



車中泊している方のブログを拝見すると、荷物を下さなくても大丈夫と言う人もいる。

近所の自動車工場にお伺いを立てると、車検時は荷物を下すのが基本と言われた。

8ナンバーのキャンプングカー仕様にしている方は、当然荷物は下さないのだろう。

ネットで調べたり、陸運局に確認して見ると、荷物は下すと言われた。

物事には、聞かれると基本の考えしか返答できない事は多々あること。

車検までそんなに時間がないので、一通り荷物を降ろすことにしたのだ。



車内のベットや流し台は、工具を使わずに作組み立ててあるので時間さえあれば・・・。

サブバッテリーは、しっかり結線しているので、多少の工具は使って配線を解いた。

一番苦労したのが、スキーキャリア上に設置したソーラーパネルだ。

分解するには工具を多用しなければならないし、分解しないで降ろす方法を考えた。

分解せず1人で降ろせる状態ではないので、車庫の天井に吊るすこととした。



当初の吊り下げ方式は、1本のロープで引っ張り上げる方法を考えた。

4カ所にロープを付け、2カ所を1個の滑車で吊り下げ、計2個の滑車でと考えた。

1本のロープに集約して引っ張り上げたが、結構な重さで1人では引っ張れない。

それならばと、4カ所に滑車を付けて、1カ所ずつ吊り下げる方式にした。

20170227 (3)R

滑車は、ホームセンターで売っている最も小さくて安い258円の滑車を4個購入した。

20170227 (4)R

こうすることで、1カ所ずつ手で持ち上げながら吊るせるようになった。

同じように他の3カ所とも順番に作業していくと、全体を吊るすことが出来る。

20170227 (1)R

吊り下げるときの車の位置はアバウトで良いようで、うまくいったのだが・・・。

しかし、車の上に降ろすときは、車の位置の微妙な調整が必要になってきそうだ。

パネルの次に大変だったのは、サブバッテリーや100V、DC12Vの配線。

それさえ終われば、木造品は簡単に分解して車庫に収めた。



一昨年の冬は、ワゴンRを車庫に入れて、ハイエースは外に置いてあった。

去年は、ソーラーパネルを設置し雪下ろしが大変なので、ハイエースを車庫に入た。

だが、普段使うワゴンRを外に置いてあるので、ガラスに氷が張ったりしてしまう。

雪が降った後では、雪を降ろしてからでないと出発できない。

その作業は結構めんどうで、本当はワゴンRを車庫に入れたいのだが・・・

作業しながら気が付いたのだが、冬季は必要以外はソーラーパネルを外すと・・・。

ハイエースを外に出すことが出来るので、外に置くことも可能だ。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.02.27 Mon l 全国一周 関連その他 l コメント (6) l top
2017. 2.25 土曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


このブログは、車中泊での日本一周200日の旅日記のために始めた。

2014.8.1 金曜日のブログ「車中泊の始まり」の通り長年の夢の旅だった。

そして旅の立ち寄り先情報を集めて来たし、車も準備して車内の改造も進めて来た。

仕事の後継者も決まっていて、今年完全リタイアし10月に出発する予定だった。

それが一瞬にして崩れ去り、出発できなくなってしまった。



昨日も、冬期間完全に留守にするので、トイレやボイラーの凍結防止方を調べた。

取扱説明書だけでは分からないこともあり、メーカーに問い合わせもして解決した。

準備は少しずつ進めて来たので、今にでも出発できるように心掛けて来た。

それが、予想もしないことが発生してしまって、日本一周の夢は断念した。

そんな結果になってしまったが、挫折感が無く、日本の将来のためと覚悟した。



その理由は、日本の人口が1人増えるからだが、もちろん自分の子ではない(笑)。

近所の娘2号夫婦に、第2子が授かったようで、秋には孫4号が誕生するそうだ。

男児か女児かは分からないが、日本の少子化に少しでも歯止めがかかった(笑)。

旅は9月下旬頃の出発予定だったが、丁度その頃の出産予定日となってしまった。

出産後は、我が愛妻の力が必要で、旅どころではなくなる。

娘2号は、医者から「出産後の世話をしてくる人は」と環境を問われたという。

まず頭に浮かんだのが「両親が楽しみにしていた長旅に・・・」と話したとか(笑)。

娘は、父親の自分が長年抱いて来た夢と知っていたので、複雑な心境だったのだ。



自分は「娘は一人っ子政策」だと思っていただけに、驚いたやら嬉しいやら・・・。

姉となる孫3号は8歳なので、チョット年の差の姉妹(姉弟)となってしまうが・・・。

確かに車中泊日本一周旅は、計画通りに行けなくなったのは間違いない・・・・。

最初に話を聞いた時、落ち着いている自分がいたのは意外だった・・・。

きっと、自分の体調が優れなくて出発できないほうが、落胆は大きかったのだと思う。

今後の事は今は考えられないが、まずは孫が増えることを楽しみにしよう。

物事を整理して状況を把握し、今後の対策を考えることとする。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.02.25 Sat l 全国一周 関連その他 l コメント (18) l top
2017. 2.10 金曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今日のラジオで「今日はセーターの日」と、言っていたのだが・・・。

その意味合いは、2月10日で「ニットの日」とのことで、なるほどと納得してしまった。

決して「日当の日」ではないので、特別収入にはならないのでご注意を・・・・。

さて、昨日のブログの「車内に作ったベットは荷物か 改造車か」の続きの話だ。

ハイエースを車検に出そうと、自動車工場に相談に行ったのだが担当がいなくて・・・。

木製ベットや流し台、ソーラーパネルとサブバッテリー、布団など一式を乗せている。

4ナンバーの車だが、荷物を積んだまま車検は取れないかとの相談だった。

夕方遅く電話があり、車検に出すときは荷物を降ろさなければならないとのこと・・・。

だが、以前にブログ仲間の話を聞くと、荷物を積んだままでOKと聞いたことがあった。



もし、荷物を積んだまま車検が受けれないとすると、秋に出発する旅にも影響する。

何しろ200日の車中泊の旅を計画しているので、来年の車検時期も旅中だからだ。

対策としては 昨日も示したが、以下の4つの選択しを掲げた(笑)。

①2月に一度フェリーで帰ってきて、車検後またフェリーで出発する。

②宿に荷物を入れさせてもらって車検期間保管し、2月に現地で車検を受ける。

③今回車検を中止して車検切れにし、6月頃再び車検を受ける(6月車検にする)。

④指定工場に鼻薬をかがせ、無視してもらう(もちろん冗談だが)。



ブログ仲間から、そのことに関してコメントを頂いているので紹介する。

車中泊の先輩の「肉丸家の遊び   東、西、南、北へ (肉丸さん)」さんから

我が家の キャラバンは 11月にユーザー車検を受けました
ルーフキャリヤが5本と りやにキャリヤが付いたままで通過できました、
指摘されたら 外す予定でした 何も指摘されませんでした
室内を覗かれ ベッドのままでも通過、 (3人乗りです)
ただし 運転席と 荷物スペースを分ける バーを取り付ける必要がありますよ


道東白糠町の「道の駅しらぬか恋問」を拠点に車中泊活動する「ずっと姫の母さん」は

車検には頭を悩ませますね。
我が家も4ナンバーで毎年車検ですが本当に面倒です。
現状復帰しなければ車検が通らないのでソーラーパネルからシンク等々全部
外し椅子を付けます。
毎年の事なので大変ですが幸いにも11月が車検月なので冬場は車中泊も
しないので春まではそのままで乗っています。
暖かくなってシーズンが近くなって来るとまた車中泊仕様に変身です。
何か良い方法はないのでしょうかね。




何だか降ろさなくてもいいのか降ろさないとダメなのか、良く分からない状態だ。

そこで、札幌陸運局に電話してみた。

係の人は「車検時荷物は降ろさなければならない」と言っていたのだが・・・。

話しのやり取りの中で、「サブバッテリーはケースに入っている?」と聞かれた。

まるでに入れていれば、下さなくてもいいような口ぶりだが・・・。

自分のサブバッテリーは木枠いれているだけで、壁もフタもないことを説明した。

「ユーザー車検では降ろさなくても良かったようだ」とも話したのだが・・・。

わかったような、納得できないような・・・まだ疑問が残ってしまった。



キャンピングカー仕様でナンバーを取っている方は、そのままの状態で良いようだ。

手作りの車中泊車の方も多いのだろうと思うが、他の方はどうしているのだろう。

可能であれば、情報をお寄せいただきたいと思っているのだが・・・。

出来るだけ詳細な車検対策を頂けると、今回の車検にも役立てれるのかも知れない。

色々な条件で、ダメになるか降ろさなくてもいいのか・・・。

自分はユーザー車検は知識もないので、工場任せとなる。

工場でも詳しく知らないところもあるので「降ろさなければだめ」と言っているのか・・・。

それなりに理論武装して、もう一で詳しい問い合わせをしてみようと思うが・・・。

その為にも、知識をお教え願いたいと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.02.10 Fri l 全国一周 関連その他 l コメント (12) l top
2017. 2. 9 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


車中泊専用の車としてハイエースを購入したのは、一昨年の2月末だった。

全国一周の車中泊を実行するに当たり、少し早いが購入してベットなどを作ってきた。

4ナンバーなので当然1年車検で、間もなく2回目の車検となる。
    20170209 (1)
1回目の車検では、、セカンドベットを撤去し定員5人を定員2人に減らした。

定員が変わるため陸運局持込で、乗せていたベットなどの全てを降ろしての車検だ。

だが今度の場合は事情が違い、ベットもシンクもサブバッテリーも積み込んだままだ。

果たして、ソーラパネルや荷物を降ろさないままで車検が取れるのかが心配だ。



今日、近所の修理工場に車を持ち込んで、このままで車検が取れるか確認してみた。

担当者は「詳しい人は出かけているので分からないが、改造車になるのでは」と・・・。

ブロ友さんやどなたかのブログでは「固定していなければ単なる荷物」とのことだった。

スキーキャリアなどの突起物も、道具を使わず手で外せるものは車検OKなはず。

我がハイエースの車内も、工具を使わずに分解できるように色々工夫しているのだ・・・。

工場の人は「こんなに改造しているいる車は初めて」と言っていたが・・・・。

こちらは単なる荷物だと強調したが、工場では調べて見るとの事で、車は置いて来た。

荷物を降ろさねばならないかは、その工場の調査待ちとなるのだが・・・。



単なる荷物として、ベットや寝具、鍋釜類を降ろさなくていいのなら、非常に助かる。

荷物を降ろすのが面倒なのではなく、来年の車検は200日の旅中で受ける。

荷物の出し入れは半日あれば足りるが、荷物を保管する場所がないから困るのだ。

荷物を載せたまま車検が受けれるのが一番で、もしだめだとなったら・・・考えた。

①2月に一度フェリーで帰ってきて、車検後また出発する。

       20170209 (2)

②宿に荷物を入れさせてもらって保管し、現地で車検を受ける。

③今回車検を中止して車検切れにし、6月頃再び車検を受ける(6月車検にする)。

④指定工場に鼻薬をかがせ、無視してもらう(もちろん冗談だが)。
          20170209.png

などの選択肢を考えたが、まずは結果を待つことにする。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.02.09 Thu l 全国一周 関連その他 l コメント (4) l top
2017. 1.18 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


全国一周の車中泊を夢見て、このブログを開設し、3年半が経過した。

1年前から、旅の実行を平成29年10月と想定し、仕事の後継者探しをしていた。

推薦を依頼していた前の職場から昨年末、推薦者が確認できたとして連絡をもらった。

年末だったので、年を越してからその亀井(仮名)氏と連絡を取って会う事にしていた。

そして今日亀井氏と会って面談し、仕事の後継意思などを確認し、いい感触を持った。



亀井氏は元の職場の後輩で、同じ部で働いたことは無いが、顔も名前も知っていた。

亀井氏の父親も以前から存じ上げていて、先週末に簡単に連絡が取れていた。

その間、本当に仕事を引き継いでくれるかが心配で、何だか落ち付かなかった・・・。

だが、先方はそれ以上に不安を持っていて、具体的な不安をぶつけてくれた。

初めての一人仕事なので、自分の時も周りの先輩仲間も知らず、心配だった。

道内を6地区に分け、それぞれの地区に仕事仲間がいるが、会うのは年に2回だけ。

所得はどれほどか、仕事のノルマは達成できるか、どう仕事を進めたらいいのかなど。

勤務時間は、年金や健康保険は、確定申告は、何年勤めれるかも知りたいところだ。



自分の新人(56歳だったが)の時と全く同じ不安を抱えていて、それぞれ説明した。

仕事の内容は実際に経験して見ないと分からぬが、環境や条件は理解できたはず。

自分の時は、こんなに説明してくれなかったと記憶しているが・・・・。

自分の時知りたかった事は一通り説明し、納得してくれて安心した様子だった。

自分も亀井氏が引き受けてくれる態度が垣間見れて、リタイアの実行を確信した。

彼は8月退職なので、自分の当初の3月退職は出来なかったが、8月にはリタイアだ。

それが出来ないと、10月から紅葉を追っかけて南下することはかなわぬところだ。

亀井氏もほっとしただろうが、自分もそれ以上にほっとして、なんだか心が軽くなった。

「これで今年は、本当に車中泊200日の日本一周が出来るぞ」と心で叫んだ(笑)。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.01.18 Wed l 全国一周 関連その他 l コメント (12) l top