FC2ブログ
にほんブログ村 にほんブログ村へ2021. 2. 9 火曜日


      ← 古い記事へ      新しい記事へ →


■ 非接触型ツアー旅

今日の朝食後にテレビから・・・「人と接触しないツアー旅がある」と聞こえて来た。

興味があり、テレビを注視すると、なんと北海道清里町に会社があるようだ・・・。

清里町は、ブロ友のひでさんの従兄弟が営む菓子舗「モンブラン」もあるし・・・。

キャンピングカーを利用したツアー旅で、人と接触せずに旅が出来るらしい。

正確に言えば、案内してくれる運転手一人しか、接触しないツアーのようだ・・・。

映像ではキャンピングカーで移動していたので、宿泊もできるのでは・・・。

   20210209(2).jpeg
          (ネットより拝借)

短い放送時間で、料金などには触れていなかったのだが・・・。

近くの「神の子池」などへ、「スノーシュー」での観光案内をしてくれるとか・・・。

テレビの放送内容では、表面的な情報しか分からなかったのだが・・・。

記載した情報には、勝手に解釈した間違いもあるのかもしれないが・・・。



詳しい情報が知りたいと、ネット検索してみると見つけた・・・。

「ウエネウサルみどり」という会社で、ツアーは各種コースがそろえてある(リンク)。

短時間から半日、1泊のツアーまであり、予算もそれなりに選べそうだ・・・。

   20210209(1).jpeg
          (ネットより拝借)

ブロ友のレムさんのように、厳寒期の北海道を単独で挑戦しなくても・・・。

案内人付きの「スノーシュー」旅も出来て、雪景色が楽しめるようだ(笑)。

キャンピングカーの完全貸し切りもありそうで・・・旅の幅が広がると思う・・・。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2021.02.09 Tue l 全国一周 関連その他 l コメント (10) l top
にほんブログ村 にほんブログ村へ2020. 8.28 金曜日


      ← 古い記事へ      新しい記事へ →


■ 車中泊愛好家がふえている

我が家は子供の小さかった頃から、家族で車中泊を楽しんでいた。

末っ子の娘2号が40歳にもなるので、35年以上も前からだろうか・・・。

当初はシートをフラットにしただけだが、徐々に道具を積み込んで・・・。

     20200828(2).png

隠居生活になる前からは手作り車中泊車を準備して、時々出かけて楽しんでいる。

ここ5~10年ほど前からは、車中泊人気も広がり、愛好家が増えているらしい。

しかも、今年は特にコロナ禍での3密回避により、車中泊やキャンプが人気だと言う。


■ 大半は善良な車中泊愛好家

車中泊をする上でも、他の人たちに迷惑を掛けないルールが有る。

長時間駐車、洗面所の使い方、駐車の仕方、アイドリング等々・・・。

大半の車中泊愛好家は善良な人たちで、そのルールを守っているのだが・・・。

ルールを守らない極一部の人たちがいるのも事実で、肩身の狭い思いをしている。

同業車の車中泊車が少ない道の駅では、車中泊の了解を頂くようにしている。

車中泊禁止の道の駅もあるが、そんな駅は禁止の看板を掲げてほしい。

   20200828(3).png

ルール厳守の車中泊を歓迎する道の駅も、あるようなのだが・・・。

それはそれで、大いに看板を掲げてほしいものだ・・・。


■ 車中泊OKの施設を発信へ

今日の北海道新聞に、「車中泊OK施設発信へ」の記事が有った。

20200828(1).jpg

一般社団法人「ウエルカム北海道」が、車中泊出来る施設をHPで紹介すると言う。

9月開設予定のHPでは、写真付きで車中泊出来る施設の特徴などを紹介。

温泉やキャンプ場、農場、ワイナリー、レジャー施設などを紹介するようだ。

肩身の狭い思いで道の駅などで車中泊すること考えると、我々にとっては朗報だ。

もちろんどんな施設でも、利用するときのルールは有るはずなので・・・。

遠慮しながら施設を利用するよりも、気楽に利用で来る施設が良い・・・。

先日のチョイ旅では、キャンプ場を使用させてもらい快適だった。

今後も、道の駅以外の車中泊地を探して、短い残りの余生を楽しみたい(笑)。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2020.08.28 Fri l 全国一周 関連その他 l コメント (11) l top
にほんブログ村 にほんブログ村へ2020. 4. 4 土曜日


      ← 古い記事へ      新しい記事へ →


テレビの番組「絶メシRood」

ブロ友「気旅さん」の3月21日の記事 「絶メシロード…似たような?」 ・・・。

テレビの番組「絶メシロード」の紹介記事だが、車中泊愛好家にはうってつけ・・・。

20200404(1).jpg

週末、キャンピングカーで1泊2日の旅に出て・・・。

食事は「絶滅してしまいそうな絶品メシ」を食べる番組だが・・・。

なんだか・・・自分の理想とするライフスタイルに似ていて、共感が持てる。


妙に納得できる番組納得

まだ2話の番組しか見ていないが、妙に納得できる番組で・・・(笑)。

先日の第11話は、星空を見たいと出かけて行ったが・・・。

20200404(3).jpg

自分と同じようにリサーチ不足のようで、現地に着くと急な雨で・・・・・・。

仕方がないので、家庭用プラネタリウムを車内で楽しもうとしたが・・・。

電気を消せば星座図が見えず、点けると星座が見えず・・・あるあるこんなこと・・・。


どこかの番組に似ている・・・

どこかの局の「サラメシ」に似た番組で、実在の食事処でロケをしているようだ。

違いは、キャンピングカーが登場するので、車中愛好家にはうってつけの番組だ。

テレビ東京「ドラマ25」で、北海道では土曜 0:52~1:23(金曜深夜)に放送中。

真夜中の放送なので、当然録画をして昼間にゆっくり見ている・・・。

11話では、奥多摩の「島勝」が舞台で、とろろ定食が実においしそうだった(笑)。

20200404(6).jpg

地図に記録しておいて、今度本州の旅が出来たら寄ってみたいくらいだ・・・。

その前に見た10話では、奥さんに内緒で買ったキャンピングカーで・・・。

内輪もめする内容だったが・・・2人旅するのなら内緒で買ってはいけない見本(笑)。

何話まで続くかわからないが・・・長続きしてほしいものだ・・・。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2020.04.04 Sat l 全国一周 関連その他 l コメント (2) l top
にほんブログ村 にほんブログ村へ2020. 2.17 月曜日


      ← 古い記事へ      新しい記事へ →


テレビ番組「車中の人々」を見た

若い時から、せっせと口座振替でNHK受信料を支払いしていたのだが・・・。

考えてみると、現役時代はほとんど民放しか見ずに終わったが・・・。

大河ドラマも、朝ドラも見ることなく68歳まですごしてきた。

リタイアしたころから、やっと朝ドラを見る機会に恵まれたが・・・。

夫婦間の協定で、午前中はテレビ禁止としたので 、朝ドラはもっぱら録画している。

それをきっかけに 「やさわやか自然百景」 「ダーウインが来た」も録画して見ている。

最近は新聞のNHKテレビ欄も見るようになり、おかげ、ある番組が目に留まった。

NHKスペシャル「車中の人々 駐車場の片隅で」の番組を、当然のように録画した。

そして今日、その録画していた番組を、じっくりと見てみた。


興味は「車中泊」の実態だったが

放送日は2月15日(土曜日) の午後9時00分からの50分番組だった。

旅の車中泊ではなく、さまざまな事情で長期に渡る“車中生活者”が数多くいると・・・。

経済的な困窮、住む家を失った、家庭の問題、人間関係の挫折…などが理由だった。

想像していた車中泊生活の日常紹介とは違い、さすがNHKらしい社会派の番組だった。

全国の1160ケ所の道の駅を調べ、旅行者とは明らかに違う車中泊者の取材だ。

同じ道の駅に長期間停めている車や、もう数年間も続けて車中生活をしている内容だ。

中には幼子を連れた母親がいたり、夫婦と子供がいたり、年老いた親子がいたり。

車中でどんな具体的な生活をしているかは、あまり紹介はなかった。


車中泊者も肩身が狭い

道の駅では「宿泊目的はダメだけど、仮眠自体はOK」と言われている。

「夜中に到着し、一晩車内で睡眠、翌朝次の目的地に出発する」のは・・・。

ネットによると、国土交通省も「休憩・仮眠」と広い意味でとらえているとか。

あくまでもネットで調べた結果で、真実かどうかはわかりませんが・・・。

だが、何時間の仮眠は良いとの詳しい情報はなく、車中泊者としては肩身が狭い。

勿論ごみの無断廃棄やキャンプ行為、洗面所での洗い物行為などは論外だが・・・。

「車中泊禁止」を掲げている道の駅では、車中泊はしていないし・・・。

車中泊車の少ない道の駅では、事務所にお伺いして車中泊の許可を頂いている。


はっきりしてほしいものだ

道の駅の運営者や、他の利用者への迷惑行為は車中泊以前の問題として・・・。

仮眠とは・・・せいぜい長くて4~5時間と思うが・・・。

宿泊とは、どんな時間帯になるのだろうか・・・。

道の駅の車中泊が完全に禁止なら、「○時間以上の停車は禁止」とすればいい。

ならば、すっかり車中泊から足を洗うのだが、いつまでもグレー状態だ・・・。

車中泊のルールをはっきりさせて、ルールの周知も徹底することで・・・。

迷惑行為もなくなるとは思うが・・・それでも車中泊は蔑視されるのだろうか。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2020.02.17 Mon l 全国一周 関連その他 l コメント (14) l top
にほんブログ村 にほんブログ村へ2019.10. 8 火曜日
                                   ブログ村に加入  
                                   「CTRL」+

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →


車中泊旅は自炊が主流

車中泊の食事スタイルは人それぞれだが、自分は自炊派で流し台を取り付けた。

シンクの上に板を置いて、カセットコンロを置くように作り、上にはファンを付けた。

当然だが、炒め物や煮炊きをどんどん車中内でする訳にもいかない。

電子レンジを備えていないので、湯煎でごまかし、臭いの出る調理は出来ない。

せいぜいフライパンで出来る調理に頼っているが、何とかメニューを増やしたい。


汚れと臭い対策が最大

それでも魚をフライパンで焼いた事も有り、野菜炒めゴトキもしてはいるが・・・(笑)。

遠慮しながら肉も焼いたりしたこともあるが、臭いが気になるので回数は極少ない・・・。

調理台(流し台の上)の6面のうち、5面は壁で囲っていて、中にファンを付けている。

残りの1面も、ビニールの巻き上げ式カーテンを下げると、6面を覆えるが・・・。

愛妻が臭いを気にしてそれらの調理を敬遠するので、シェフとしても思い切れない(笑)。

鼻の良い愛妻でも、車内の臭いの事は話題にしないので、安心しているのだが・・・。

時々車内を消臭スプレー(車の常備品)するが、なれてしまったせいか気にならない。


メニューを増やすための秘策

本当は、魚や肉を調理したいのだが、車内でジュージューと焼く訳にはいかない。

しかも鍋はコッヘルを1個持っているだけで、やはりフライパンが頼りとなる・・・。

ブロ友や娘らから、クッキングシートやホイルを使った調理を提案されていた。

車内でいきな調理するのには勇気がいて、まずは自宅で試験してみることにした。

買い物に行ったとき、切り身の鮭(いつもは半身や1尾買い)を買ってもらった(笑)。

先日、チャンチャン焼きをイメージして、鮭のホイル焼き試験をすることにしたのだ。

もちろんシェフは自分で、フライパンを出して切り身を出して準備していた時・・・。


思いのほか美味しく

車内調理の試験なので、食材は鮭に玉ねぎの輪切りだけにしてみた。

アルミホイルを出したところで・・・。

電話で町内会の事で呼び出されたので、中断して出かけて来たのだが・・・。

帰って来ると、すでに愛妻シェフ代理が、鮭と玉ねぎをホイルで巻いてあった。

20191007(1)R.jpg

フライパンにクッキングシートを敷いて、水を少し入れて(ネット情報)。

ホイルで巻いた鮭の切り身と玉ねぎを置き・・・後は点火し7分(ネット情報)待つだけ。

ホイルを開くまでは蒸気しか出ず、最小限の匂いしか出さずに済む。

20191007(3)R.jpg

味付けは味噌だけと思ったが、ネット情報でシェフ代理がマヨネーズも加えてみた。

20191007(3)R.jpg

これがなんとも絶妙な味付けされていたので、簡単で美味しくい頂けた。

この方式を使えば、どんな魚でも肉でも、臭いは最小限に押さえることが出来る・・・。

野菜蒸しにも単なる加熱でも、レパートリーが一気に広がる試験となった(嬉)。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2019.10.08 Tue l 全国一周 関連その他 l コメント (6) l top