2018. 6.18 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


数年前には、車中泊の情報誌「カーネル」を愛読していた。

サブバッテリーやソーラパネルの設置例を、勉強させてもらって役立てた。

娘から「カーネル」って car寝=車で寝る と知らされ、ショックを受けた(笑)。

全くそのような思いはしていなかったので、「なるほどうまいことを言う」と合点がいった。

でもそのような意味合いからいうと「カーネル」より「シャネル(車寝)」の方がぴったり。

「ホームポジション」とはキーボードの「F」と「J」の小さな突起付きキー位置を言うが・・・。

それ以外でも、仕事上で「定位置」とかの意味でも使っていたのだ・・・。

今回の「ホームポジション(HP)」は普段活動する「活動拠点」の意味で使ってみた。

つまりHP(ホームページではない)は、車中泊する人の普段の住まいの位置。



今日は昼から青空が顔を出し、幾分暖かくはなってきたのだが・・・。

北海道を訪れているシャネラー(車寝する人 笑)からは、寒い寒いが連発されている。

数日前は最高気温も最低気温も、10度前後で変わらない日もあり、やはり寒かろう。

自分が3月に九州で最低気温5度ほどでは、厚着もせずに夜も快適に寝れたのだが。

3月の九州と5度ほどしか違わないのだから、北海道は寒いに間違いはない。

これから少し気温が暖かくなるので、シャネラーの方たちは北海道を楽しんでほしい。



寒いか熱いかなどは、本人の感覚が重要で、普段生活するHPの位置にもよる。

自分が1月末に南下して車中泊を楽しんだのは、寒さに強いからだろう。

なんたって山梨県では、マイナス18度でも暖かく寝れたのだから(笑)。

それでも就寝前の暖房の無い車中では、防寒着を着込んでブログを書いていた。

手袋をしてキーボードを打つわけにもいかず、手に息を吹きかけながらだったが・・・。

日本の厳寒地域から、南の温暖な地域に行くので出来たことだろうとは思うが・・・。

北の地域をHPとするには、九州のはるか遠くに行くにもそれなりの決断がいた。



自分が北海道を車中泊する分には、HPは良い位置になる。

下道でも函館や稚内までは約6時間ほどで行け、根室にも7時間ほどだろうか。

20180618 (1)

道内のどちらに対しても、ほぼ中心部に居るとも言え、いいHPを持っている。

どちらかと言うとニセコ方面が好きで、圧倒的に西側に移動することが多い。

勤務があった時には、同じ3時間ほどの距離でも、北や東に移動することは少ない。

リタイアの今は縦横無尽に走り回れるので、これからが我が人生の始まりとなる。



この時期には、北海道に渡って車中泊するシャネラーは、かなりの人数になるはず。

自分のブロ友は、関東や静岡県、石川県が多いのだが、彼らのHPも良い位置にいる。

20180618 (2)

北海道ても九州でも、同じような位置関係にありシャネラーとしてはうらやましい。

しかも北海道以外は道路で結ばれていて、実にうらやましい限りだ。

北海道から遠方には必ずフェリーのお世話にならなければならず、気楽にいけない。

九州まで行くとなると、端から端まで移動するので、それなりに日数も費用もかかる。

シャネラーのホームポジションは、車中泊活動にとって大きな影響を受ける。

関東や静岡、石川のブロ友がうらやましい・・・。

エッ・・・北海道のいいHPの方がうらやましいって・・・そうでしょうそうでしょう・・・(笑)。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.06.18 Mon l 全国一周 関連その他 l コメント (12) l top
2018. 5.14 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


日本一周のために用意した車は、ハイエースのバンで早めに買って改造した。

セカンドシートを外して、2人乗りで車検をとったので荷室は300cmとなった。

車内に手作りベットを作り、自炊のためのシンクの設備も手作りした。

バックドア付近には棚も作り、衣装ケースを3個設置して物入れにもした。

20180514 (1)

ベットの下には荷物を入れるスペースも作り、半分に衣類を、残りは炊事品を格納。

20180514 (2)

数カ月にもわたる旅の計画だったので、荷物も多くなることを覚悟しての改造だ。

そのうえ、何度もお試し旅をしながら、必要なものを確認して来た。



冬の旅なので、暑さ対策のいらない分、寒さ対策には気を使った。

着るものは重ね着を基本として、出来るだけ持ち物を減らした。

上に着るものは少なくして、洗濯の回数を増やして対応した。

下着はポリ袋に1日分をセットししてそろえたが、多すぎたか・・・。

北海道で冬に着る外出着は持っていかず、秋春物を重ね着対応で十分だった。

日中はそれで良かったが、夜でもエンジンをかけないので夜が寒かった。

特に2月の山梨県は、外気温が-18度にもなり寒さも中途半端ではない。

日中は何の対策もいらないが、暗くなると車内温度ぐんぐん下がってくる。

朝や寝る頃の車内温度は5度を下回り、ブログを打つ手が冷たく入力できない(笑)。

カセットガスストーブも持ったが、旅に出てすぐは何となく恐ろしく使用していない。

車内のカセットガスコンロは使い慣れているし、一酸化炭素検知器も設置したが。

旅に慣れるとストーブも使うこともあったが、感知器は警報どころか反応もしない。

後半には暖かくなったので使うこともなくなり、慣れてくるころには不要となった。

寝る時には、1人当たり寝袋2枚、毛布2枚、夏布団1枚で十分すぎた。

最低温度が0度以下だとすべてが必要だが、0度以上だと寝袋を1枚省いた。

最低気温が5度以上だと、寝袋2枚を使用せず毛布と布団だけで十分。

最低温度が10度を上回るとさらに毛布の1枚はいらなくなった。



荷物の置き場のスペースも、お土産を入れるくらいのところは空いていた。

そのうえ、釣り道具を持って行ったが、全く触れることも無かった。

竿はデットスペースを利用したので、邪魔にはならないが、釣り用バックが邪魔だ。

ミカン箱ほどのスペースは無駄だったので、次回からは持って行かない。

衣類は少し多すぎたようで、洗濯回数を増やすと、もっと場所を節約できる。

しかも洗濯物を入れるスペースを、リンゴ箱1.5個ほど設けていたのが・・・・。

洗濯ものが増えるということは、着替え分が少なくなるので開いてくる(笑)。

洗濯用として突っ張りポールを2本(荷室側と運転席側)用意したが、役に立った。

バスタオルやタオル、上着などをエモンカケに掛け、就寝時は運転席側に掛ける。

運転時は荷室に掛けることで、邪魔にならずに、有効なスペース活用が出来た。



持って行った荷物で多すぎたのは、3個持って行ったフライパン(笑)。

20センチの小さいのと20センチの深いの、26センチを持って行った・・・。

用途によって使い分けもしたが、大は小を兼ねる方式が良い。

26センチにするか、20センチの深型が良いと思っていて、次回は1個にする。

1リットルのステンレス水筒も、邪魔かと思いながら持って行ったが・・・。

お湯をシンクに流すのも熱過ぎるのでためらい、水筒に入れて再利用した。

コッヘルも持ったが、コッヘルセットのなべ1個しか使わず、あとは不要だった。

食器類も多め過ぎで、使用しないものもあって再考が必要だ。

当初水出し茶用の2リットル容器を準備したが、最後は水が良くなって不要になった。



逆に足りないのはほとんどなく、強いて言えばおろし器具(笑)。

この時代だと何処でも購入できるので、足りないものは心配ないのだが。

多いものは捨ててくるわけにも、送料を払ってまでも少なくする事もなかった。

ただ、一部改造が必要と思ったところがある。

①水道は足踏みスイッチを付けたが、そばに荷物を置くとONになったことがあった。

②バックドア方面の床に置いた荷物が、ブレーキを掛けると前に滑ってくる(笑)。

③照明としてLEDランプを付けたが、端に付けすぎ、食事時の手元が明るくない。

④照明はサブバッテリーからだが、明るすぎることもあるので小さい照明もほしい。

そんなことを考えながら、後半旅への準備について考えをまとめてみようと思う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.05.14 Mon l 全国一周 関連その他 l コメント (8) l top
2018. 5. 4 金曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


13年前の九州までの旅は、2000ccジーゼルの日産ラルゴだったが・・・。

家庭菜園に間に合うように34日間で九州まで行ったので、結構急いだ旅だった。

その時の楽しさが、さらに車中泊への旅を計画させたのは間違いない。

34日間で、走った距離は 8,148キロで、消費した燃料は軽油855リットル

1日平均 239.6キロ 走ったことになり、1日 25.1リットル消費した。

1リットル当たり 9.5キロ 走行し、1リットル平均 95.6円だった。



当時は今と比べて燃料が安く、軽油1リットル90円ほどで出発したが・・・。

旅中に燃料が高くなって100円台になり、結果的に1リットル平均 95.6円だった。

前回の旅で、宮崎県の高千穂峡を目指していた時の事がトラウマに・・・。

時間はすでに午後5時を超えていて薄暗くなりかけ、燃料は底をつきそうだった。

しかし走っているのは山道で、いつ燃料が切れるか心配だった。

地方のスタンドは、閉店時間がが早いだろうし、内心気が気ではなかった。

地元の人に遅くまでやっているスタンドを聞き、閉店間際に滑り込んだことを思い出す。

ヒヤヒヤで生きた心地がしなかったので、今回の旅では早めに給油した。



今回の桜前線を追う旅は、バンのハイエースを改造した車での91日間の旅だ。

2500ccのジーゼルエンジンで、ガソリン車よりも音がうるさいが経済的。

全ての燃料給油を記録してあるので、ちょっと検証してみた。

91日間で、走った距離は11,098キロで、消費した燃料は軽油1,136リットル

燃料の総額は、128,087円で、1日平均 1,408円使ったことになる。

但し、車が入院した6日間は全く車を走らせていないので、多少誤差があるが・・・。

1日平均 122.0キロ 走ったことになり、1日 12.5リットル消費した。

1リットル当たり 9.8キロ 走行し、1リットル平均 112.8円だった。

給油回数は 33回で、平均2.8日に1回給油し、1回平均34.4リットルだった。



さて、今回の給油燃料単価だが、自分では安い燃料を選んで給油出来たと思う。

先ほども紹介したが、燃料切れになるのではとはらはらした経験があったので。

タンクは70リットル入るが、半分になったら燃料を入れることにした。

燃費は10キロ近いので、30リットル残っていても300キロは走れるはずだ。

高い燃料はパスすることにて、まずはその地域の燃料単価を見ながら走る。

燃料単価を表示していないところや、価格表に数字を入れていないスタンドはパス。

地域の燃料傾向を知り、このくらいの単価のスタンドがあれば入れようと決める。

意外と地域での価格差が大きく、いきなり10円も安いスタンドも出現する。

必ずしも大手のスタンドではなく、地域でも見かけない小さなスタンドもある。

ジーセルエンジンは、灯油入りでも走ると聞くので、怪しい燃料かも(笑)。

結局33回給油したが、最高値が130円(1回)で、山道を走るので仕方なしに・・・。

次の128円は、スタンドで世話になったので多くは入らないが義理で給油。

他は110円台で、2月28日ころ頃和歌山県付近の4回連続で108~9円だった。

北海道で出発前に入れた安いスタンドは、120.8円だったことを考えるとまずまずだ。

費用の15%ほどを占める燃料費なので、旅人としては安いに越したことはない。

後半の秋旅では燃料状況が安定し、もっと安い燃料で行けることを望む。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.05.04 Fri l 全国一周 関連その他 l コメント (11) l top
2018. 5. 1 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


車中泊生活を、長く続けるとそれなりに車中生活パターンが出来上がってくる。

今までの家での家庭生活と違って、別な生活が構築され手順も決まってくる。

出発当初はまごつくことがあっても、3日、1週間と経過すると慣習化してくる。

起床時間や洗顔、朝食、出発時間などが、自然と車中泊生活で定例化する。

特に自分にとって旅中の食事作りは、普段していないだけに手順にまごついた。

それも順番が固定化して来て、段々と効率は上がって行ったのだと思う。

まずはご飯を炊く、お湯を沸かす、その間に主菜の準備やコーヒーの準備・・・。



ただ、なかなか標準化しなかったのが、道の駅の到着時間。

北海道では「あそこにはこのぐらいの時間で行ける」と移動時間が分かるが・・・。

他府県では都市間の距離も分からず、観光に必要な時間も分からない。

今日はここまで進みたいと勝手に計画しても 時間が足りなくなってくる。

午後4時には就寝地に着きたいと思うが、道の駅が遠い時もある。

そんなときは、食事は中食や外食に頼らざるを得なくなってくる。

食事の準備から後片づけまで入れると、約2時間弱かかってしまう。

旅の情報の整理や写真の整理、行程地図作成、ブログ書きで約3時間・・・。

計5時間ほどが必要になり、旅の時間の使い方が課題だった。

Wi-Fiが使えない場所(2カ所)や、テレビが入らない(6カ所?)場所だったり。

そのたびに夕食前後に、道の駅を移動したことがあり、中々ゆっくりさせてくれない。

旅が終わる数日間にやっと、早めに道の駅に入れて、テレビも楽しめた状況だ。



91日間の旅生活を終えて、我が家に帰ってきたが、家の場所は覚えていた(笑)。

盗人に入られた形跡もないし、異常な個所も無くてほっとしたのは束の間・・・。

なんだか借りた家のようで、自分の家とは思えない事に気が付く。

例えば、照明をつけようと壁のスイッチを入れようとする・・・。

壁の照明スイッチはいつもONで、リモコン操作なのに・・・。

例えば、テレビを点けようとして、どのリモコンがテレビなのか一瞬迷った。

例えば、録画した番組を確認しようとしたが・・・。

なんだか初めて使うリモコンのようで、しばらく考えないと使えない。

例えば、歯磨きしようとしたのだが、どれが自分のかを考えてしまった。

例えば、毎朝の仏壇や神棚のお参りを忘れて、慌ててお参りしたり・・・。

例えば、風呂に入ろうと足マットを探すが、どこに置いてあったか迷ってしまう。

これらはもちろん、加齢によるものもあるかもしれないが、そればかりではあるまい。

いかに普段、生活をするにあたってパターン化していることがわかる。

いちいち考えて行動するのではなく、無意識に行動しているのも多々あるのだろう。

その無意識の行動は、普段行っているからできるもの・・・。

しばらく遠ざかると、その無意識の行動や実生活のパターンを見失う。

今回の旅を通して、つくづくくそんなことを思い知らされた(笑)。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.05.01 Tue l 全国一周 関連その他 l コメント (12) l top
2018. 1.28 日曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


一昨日、365日連続でブログ更新を達成し、それを祝して昨日はブログを休んだ(笑)。

ちょうど、全国一周の旅に出る直前でもあり、いいタイミングで休めたと思っている。

旅ではリアルタイムの更新のため、ブログの更新に追われるが簡単な日記にする・・・。

旅日記というよりも、旅行記録のブログで、中身の薄い内容になるのは許してもらおう。

若いころから夢に見てきた長期の車中泊による全国一周は、明日やっと始まる。



当初予定していた紅葉前線と桜前線を追う200日の旅は、孫の誕生で変更した。

今回の前半3カ月の旅は、主に太平洋側を南下し桜前線を追う旅としたのだが・・・。

桜前線は、地域や標高、気候によって咲く時期が違うので、きっと追いきれない。

吉野の桜など、日本を代表する桜を数か所見て、あとは道すがら出会った桜を楽しむ。

そして今までも紹介してきたが、旅のスタイルやモットーをもう一度おさらいする。

○ パソコンを積み込み、旅日記は毎日ブログで更新する(予定)。
○ 食事は、基本的に自炊だが、地方の名物やうまいものをいただく旅でもある。
○ 無洗米を文化鍋で炊飯し、夕食は1汁1菜1香(漬物)+α だけの疎植に(笑)。
○ 宿泊場所は道の駅中心で、必要によってキャンプ場、数日に1回は宿泊も。
○ 洗濯は雨の日などを中心に、数日おきにコインランドリーを利用。
○ 下道をひたすら走り、高速や長距離フェリーにはなるべく乗らない。
     (旅計画を変更したため、今回の前半旅は、苫小牧→大洗はフェリーを利用)
○ あてずっぽうだが、約11,000キロの走行を予定、1日125キロほどになるのか。
○ 観光地や名所に立ち寄るが、道の駅も積極的に寄るつもり。
○ 温泉は温泉博士なども利用して1日1回を予定するが、時間や場所的で断念も。
○ 人に迷惑を掛けずに、無事故無違反を目指す。



長く家を留守にするので、その準備は万全(?)で、食品の処分も徐々に実施してきた。

今日は前半旅の出発前夜で、残っていた牛乳で乾杯(下戸)し、旅の無事を祈った。

冷凍品以外の冷蔵庫の中の残り物を使った料理で、2人で壮行会を行った(笑)。

まずは健康で無事に帰ってくることを祈って、明日の出発を待つ。

後の準備はパソコンや食事関係の水(シバレル)など、少しの物だけを予定している。

明日は月命日の日で、出発は午後からにしてゆっくり出発することにした。

サ~~テ、いよいよ出発の時期がやってきたゾ~~~(嬉)。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.01.28 Sun l 全国一周 関連その他 l コメント (42) l top