FC2ブログ
にほんブログ村 にほんブログ村へ2020. 4.14 火曜日


      ← 古い記事へ      新しい記事へ →


晴天が続いているので草取りに最適

先週末から天気のいい日が続いているが、今週いっぱい好天が続きそうだ。

雪解けとともに、あちこちに顔を出す草も元気で、放って置くと大変だ。

こんなに天気が良いと、家の周りや菜園の草取りにはもってこいだ。

気温は10度ほどしかないので風は涼しく、晴天でも汗をかかなくて良い。

あまり欲張らずに少しずつ草取りを進めるので、全部を終えるのには数日かかる 。

「悪の芽」も「雑草の芽」も、早いうちに摘み取るのが一番だ・・・(笑)。

今日も、長い時間ではないが、家の周りの一部を除草できて、きれいになった。


荷物は積んだが寝具を忘れていた

ハイエースは車検を受けるために、荷物を降ろした・・・。

車検が終わって、車が戻ってきたのは8日だが・・・。

昨日やっと車庫に降ろしてあった荷物を、積み終わりホッとしていたが・・・。

家の中に持ち込んだ寝具を、全く積んでいなかった・・・(笑)。

寝具の積み込みは5分だが、定位置にセットするのに10分ほど かかった。

長旅旅をするときは寒い時期なので、寝袋の他に掛け布団を使うが・・・。

こんな状況の為長旅はできないので、敷布団と寝袋だけを積み込んだ。

が・・・しばらく人混みは避けたいので、車中眠に出かけれない・・・。

今の時期なら、人けの少ないキャンプ場なら、行けるかもしれないが・・・。


過放電のバッテリーも12.9Vまで

3日ほど前から、過放電して5Vまで電圧が下がったサブバッテリーを観察している。

一昨日は負荷をかけて、どれだけの時間でどれほど電圧が下がるかを試験した。

約2.2Aの電流を流し、約3時間で0.1V電圧が下がり、最後は11.9Vに。

昨日は一日ソーラー充電し、夜9時で電圧が12.6V・・・これで最高か?。

さらに今日も朝から、ソーラー充電をしていたら・・・朝方は充電中で13.7V。

さらに11時ころには、ソーラー充電中で13.3Vになっていた。

20200414(1)R.jpg

夕方4時まで充電を続け、ソーラー充電を切って安定するまで5分待つ。

電圧は12.9Vで安定し・・・過放電のバッテリーでも12.9Vまで充電出来た。

20200414(5)R.jpg

これで満充電かは分からないが、昨日よりも電圧が上がった(嬉)。

20200414(6)R.jpg

過放電バッテリーなので、93%まで充電できたので良しとするか・・・。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2020.04.14 Tue l 車の改造 ソーラー設備 l コメント (8) l top
にほんブログ村 にほんブログ村へ2020. 4.12 日曜日


      ← 古い記事へ      新しい記事へ →


謎めいた我がサブバッテリー

サブバッテリーは、115Ahが2台で合計230Ah、昨年11月に更新した。

ソーラーパネルは100Wが2枚の合計200Wで、曇りの天気でも13V以上発電。

走行充電器も設置し万全のつもりだったが・・・サブバッテリーは謎めいていて・・・。

このシステムで、いまだにどのくらいの電気が使えるか、よくわからない(笑)。

未熟な知識によると、合計230Ahのバッテリーは、自分には十分な電力だと思う。

仮に、230Ahの6割の能力が使えると、230×0.6=138Ah で・・・。

1Aの器具を1時間使っても138時間は、使えることになるはずだが・・・。

例えば、エンゲルの冷蔵庫は100Vで42Wなので、3.5Aとなり・・・。

39時間使えるが、コンプレッサーのOFF時が有るので、もっと長いのか・・・。

例えば、12インチほどの12Vテレビは2Aほどらしいので、69時間使えるはず。

冷蔵庫は24時間、時々電子レンジを使い、6時間使用のテレビは可能なはず・・・。

ところが実態は・・・そんなに使える自信がなく、冷蔵庫は積むことをあきらめた。


サブバッテリーの試験をしてみた

先日もブログ記事にしたが、冬の間にサブバッテリーが5Vほどに過放電していた。

原因はわかっていないが、その後に充電をして、見かけ上は復活したようだが。

満充電にはなっていない様で、そのまま使えるかが不安だ。

新たに信頼できる?電圧計を取り付けたので、バッテリーの試験をしてみた。

今日は朝から晴天で、ソーラー発電も十分で、電圧計は13.3Vを示していた。

発電しているとバッテリーの試験にならないので、ソーラの接続を外した。

ソーラーを外した直後は12.5Vで・・・・1~2分後の9時で12.4Vに。
20200412(3)R.jpg20200412(4)R.jpg

昨日の夕方の電圧は、12.1Vだったので・・・。

朝9時までのソーラー発電だけで、満充電にはなっていないと思うが・・・。

接続した負荷は、テレビ(チューナー付きDVDプレーヤー)とLED室内灯。

正確には分からないが、テレビを24W(2A)・・・LEDは21個で・・・。

1個0.08Wらしく0.68W、電流は約0.2Aとして合計約2.2Aになる。

それらを点けっぱなしで、夕方まで約1時間ごとに電圧計を確認した


長時間点灯した試験の結果は


丁度の「00分」ごとではないが、およそ1時間ごとに電圧を確認すると。

スタート時はまだ安定していなかったせいか・・・。

20200412(5)R.jpg

 10時には12.2V

 11時も 12.2V


20200412(7)R.jpg

  11時には12.1Vになり
  12時も 12.1V
  13時も 12.1V


20200412(10)R.jpg

  14時には12.0Vになり
  15時も 12.0V
  16時も 12.0V


20200412(11)R.jpg

  17時でさらに0.1V減って

  11.9Vになったところで

  試験終了した


試験から見えた物

正確ではないにしろ、おおよそ3時間で0.1V 電圧が低下していく格好だ。

過放電してしまったので、仮に満充電で12.2V?にしかならないとして・・・。

均一に低下すると仮定して、11.5Vまでの0.7Vでは・・・。

計算上では7×3時間で21時間、テレビと室内灯を使えることになるが・・・。

2.2Aで21時間使えるとすると、46Ahにしかならないが・・・。

満充電で13Vになるバッテリーでは、1.5V低下まで使え・・・。

約45時間使える(約99Ahのバッテリー換算)バッテリーとなるようだ・・・。

今までのようにテレビと室内灯だけの電気の使い方だと・・・。

過放電で劣化したバッテリーで、しばらくバッテリーの交換はなさそうだ。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2020.04.12 Sun l 車の改造 ソーラー設備 l コメント (12) l top
にほんブログ村 にほんブログ村へ2020. 4.10 金曜日


      ← 古い記事へ      新しい記事へ →


サブバッテリーに不安が

ハイエースを買った年には、サブバッテリー1個を車に乗せた。

3~4泊を超える車中眠旅に出かけると、車内照明とテレビで電気が足りなくなった。

走行充電だけでは心もとなくなったので、翌年にはソーラーパネルも注文した。

100W×2枚のパネルを乗せ、バッテリーを1個追加し、計230Ahになったが・・・。

時計と温度計、電圧計を表示する計器を取り付けて、電圧も監視した。

20200410(1).jpg

ところが、電圧計で電圧を測ると・・・負荷をかけるとすぐに電圧が下がる(記事にリンク)

知識のない素人が設置したので、設置した当時からサブバッテリーに不安があり・・・。

電子レンジや冷蔵庫など、容量の大きい物は車に搭載しないことにしていた・・・。

が・・・4~5年経過した昨年11月の後半旅では、バッテリーが悲鳴を上げた・・・。


旅中にバッテリーを交換するも・・・

2019年後半旅の16日目である11月21日に、松本市でサブバッテリーを受け取り。

その場でバッテリー2個を交換することで、無事に旅を終わらせたのだが・・・。

数日前の車検準備で、荷物を降ろすとき、サブバッテリーの電圧が測れない・・・。

測れないほど低くなっていて、テスターを出して計測すると、5Vほどしかない・・・。

12Vも100Vも、出力スイッチは切ったはずなのだが・・・どこかでチョンボしたか。

過放電しすぎたバッテリーは、果たして使えるのかさらに不安が増える。

もともとバッテリーに負荷をかけると、電圧計がかなり低くなっていたが・・・。

電装屋に聞くと、電圧計の抱えている抵抗が小さいと、ぶれやすいとか・・・。

なので、別の電圧計を注文したが、前の電圧計と値段に大差はない・・・。

      20200410(3).jpg

昨日やっと新しい電圧計が届いたので・・・ちょっと試験してみた・・・。


2個の電圧計に大きな差が

試験した昨日は曇天で、ソーラーの発電は大した発電量ではないと思うが。

古い電圧計と、新しい電圧計の差を見てほしい・・・。

負荷を全くかけないで電圧を測ると・・・。

20200409(10)R.jpg
      20200409(21).jpg

やはり、もともとの電圧が低いのは、過放電したからなのだろうか・・・。

今度は、21個のLEDのついた室内灯を点灯すると・・・。

20200409(13)R.jpg
      20200409(22).jpg

室内灯を付けたまま、テレビの電源を入れると・・・。

20200409(17)R.jpg
      20200409(22).jpg

新たに設置した電圧計は、負荷をかけてもあまり電圧は変化しない。

もっと試験して、検証する時間が必要だと思うが・・・。

これほど電圧に違いがあるのかと驚くが、電圧計は信用できるのか(笑)。

それでもやはり、計器に頼らねばならないので、電流計も設置した方が良いのかも。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2020.04.10 Fri l 車の改造 ソーラー設備 l コメント (14) l top
2017. 9.10 日曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


我が家には、電気とガス、水道付き、トイレ無しの・・・動く別荘がある(笑)。

夢である車中泊での日本一周に行くために準備した、ハイエース車中泊車のことだ。

4ナンバーの車を2人乗りに変更し、手作りの水道設備とサブバッテリーを積んだ。

今までにも、何度かお試し旅の予行演習をして来て、電気・水道の具合を調べて来た。

水道については20リットルの清水タンクを積み、2~3日に一度水を追加すればいい。

電気の事情だが、一応完璧の体制を取ったつもりだが、思ったほどでもないようだ。

9月1日から5日までのお試し車中泊を実行して、感じた電気の有様を記してみる。



電気を使うのは、テレビに照明、パソコンや携帯などの充電、水道ポンプなどだ。

ハイエースを購入して間もなく、電気を使えるように考えたのだ。

メインバッテリーが上がってしまわないように、サブバッテリーセットを設置した。

20170910 (1)

サブバッテリー1台(115Ah)のほか、走行充電器もセットされている。

12Vを100Vに変換するための、1000Wインバーターも強い味方だ。

100Vからバッテリーへの充電器や、接続するためのコードもセットされている。

20170910 (4)

それらの機器を接続して、これらを素人ながら接続して木枠に固定した。


20170910 (5)

セットしたら当然試験しなければならないので、お試し車中泊に出かけたが・・・。



走行充電だけでは、3~4日分の電気しか使えず、最終日は11Vを下回った。

200日の旅予定(当初)だったので、このままでは電気が足りないのが分かった。

そこで次に考えたのは、太陽光を利用したソーラーシステの導入だった。

20170910 (6)

100W発電用のパネルを2枚並列にセットし200W発電できるようにした。

その太陽光発電をバッテリーに蓄電するための充電コントローラも必要だ。

       20170910 (3)

そして発電した電気を無駄なく充電できるように、同規格バッテリーも1個増設した。

       20170910 (2)

結果200Wのソーラーパネルに2個のサブバッテリーを車に搭載したのだ。



これだけ装備を充実させたのだから、タケルくんを購入し炊飯することにした。

が、タケルくんを使うと、バッテリーの電圧が下がり、電圧計から警報が鳴った。

従ってタケルくんは保留にしておいて、先日の車中泊ではガスで炊飯した。

サブバッテリーの電圧は、満充電では13Vほどだが、どうも心もとない。

照明を使っただけで、電圧はすぐに12.5Vほどに低下する。

そしてテレビでも見ようものなら、さらに電圧が低下してしまうのだ。

そんな状況の中で今回の車中泊を行ったのだが、5日間 何とか電気は間に合った。



1日の平均走行距離が約170キロで、天気は5日間 好天が続いた好条件だった。

電圧は13Vほどから11.8Vほどの間で推移していた。

夕方からはパソコンを使い、照明も使いテレビも6時間ほど見ていたが・・・。

13Vほどだった電圧は間もなく12.2Vに下がるが、それから粘りが良いようだ。

上記の通り電気を使って11.8Vほどに下がってもそれ以下になならなかった。

朝方太陽が出るとともに、電圧は12.5Vほどになり、1日走ると13Vほどに回復。

使うと13.0Vからすぐに電圧が下がっても、12.2V~11.8Vを行き来した。

詳しい先輩に話を聞くと、この状態は「バッテリーが弱っているのでは」と助言をくれた。

サブバッテリーを設置して2年半ほどだが、素人の設置で安いバッテリーだからなのか。




本番の日本一周では、当初の予定を変更し、春の前半100日、秋の後半100日だ。

その間1日平均120キロほどの走行だと推察しているが、それで走行充電間に合うか。

しかも雨の日もあれば曇りの日もあり、しかも夏ではないので太陽光は弱くなる。

今の段階では本番の旅で、バッテリーがどのような状態になるかは分からないが・・・。

出来る限り今のバッテリーで我慢し、電気が足りなくなった分は使い方を調整する。

もしバッテリーを買い替えなければならない時は、どこにいても購入で来るだろう。

願わくば、そんなに高い電圧は無理にしても、12V前後で安定していて欲しいものだ。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.09.10 Sun l 車の改造 ソーラー設備 l コメント (12) l top
2017. 3. 4 土曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


車検に出すため、2月27日にハイエースに積んでいた荷物を降ろした。

一番大変だったのは、車の天井に取り付けていたソーラーパネルを外すことだった。

車庫の天井に滑車を取り付け、ソーラーパネルを吊るして1人で降ろせるようにした。

そして翌日の2月28日に車検に出した車が、その日のうちに出来上がって来た。

3月2日に、下した荷物を積み始め、ややに積み終わっていたのだが・・・。

今日、残りの荷物を積み込み、ソーラーパネルも1人で設置してみた。



ソーラーパネルは、4本の足をそれぞれ4個の滑車で吊り上げてある。

まずはハイエースをおおよそのソーラーパネルの下に止めた。

20170304 (3)R

パネルを吊り上げた時も、滑車の真下に車を止めていたわけではないので・・・・。

まず、助手席側の後ろの1本目の足を(黄色い丸の右奥の足)を車の上に置いた。

20170304 (4)R

多少の位置の違いは修正しながら車の屋根の上に降ろし、ロープを外した。

今度は、バランスが取れるように運転席側の後方の足を降ろし、車の上に乗せた。

上の写真の黄色の丸の左側の足でもバランスは取れるが・・・・。

その後は運転席側の前方の足を降ろすことが出来た。

20170304 (5)R

最後には助手席側の前方の足を降ろし、全ての足を降ろせた。

20170304 (6)R

ソーラーパネルを乗せた後は車を車庫から出して、ソーラーパネルの位置を微調整。

20170304 (7)R

最後に、スキーキャリアのネジを締めて、車に固定して終了。

その間、作業服に着替え始めてから、約20分ほどで終了したと思う。

ソーラーパネルと発電コントローラーを先につなぐのだが・・・・。

コントローラーとサブバッテリーはすでに接続してしまっているので・・・・。

安全のため、暗くり発電しなくなってから、コントローラーとパネルをつないだ。



最後に、先日車載用アンテナが、電波チェッカに接続しても無反応だったので・・・。

もう一度アンテナを、チェッカーに接続したが、やはり無反応。

アンテナをばらして確認したが、プリント基盤は分からないが断線はなさそうだ。

フィーダー線も家庭のアンテナで確認すると、電波チェッカは作動し赤いランプがつく。

やはりアンテナ自身の、プリント版の故障としか思えない。

アンテナの基本構造も知らないが、家庭用アンテナにも電子基板が付いているのか。

素人ではもう対処できなさそうで、安いアンテナを探すことにしようと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.03.04 Sat l 車の改造 ソーラー設備 l コメント (4) l top