2017. 8.18 金曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


あと1カ月半ほどで、完全リタイアとなり、隠居生活を心待ちにしているのだが・・・。

我が生産人生(生産年齢)が終了するからと言って、もう体がいらない訳では無い。

その後も体を大事にして、老後の人生を楽しんでいくのには変わりがない(嬉)。

と言うことで、完全リタイア1カ月半前となり、例年通り人間ドックに行って来た。

昨年のドックで指摘された尿酸値対策のため、1年間努力して水を飲んで来た。

そして今日、勇んで検査を受けて来たのだが、その結果にショックを受けてしまった。

尿酸値の男性基準値は 7㎎/dl までだが、今回の結果は、8㎎/dl を超えてしまった。

昨年の数値を 0.1㎎/dl 下回っただけで、あれだけ水を飲んで来たつもりなのに・・・。



昨年のドックの時の数値も、初めて8㎎/dl を超えてしまい、かなり落胆してしまった。

昨年はその結果を踏まえ、医者から毎日2ロリットルの水を飲むように指導された。

そして、200ミリリットルのコップに何杯の水を飲んだかグラフに記入した。

目標を10杯に定め、その水飲み結果は、過去のブログで紹介して来た。

2016. 9. 8 木曜日   どこまで続くか 新たな挑戦 酸の排出

1カ月間2リットルの水を飲み続けて、血圧の薬をもらう日に血液検査もしてみた。

結果はいくらか改善していたが7.2で、まだ基準値をオーバーしている。
  
今までの尿酸値の数値を並べて見ると・・・・
    基準値    H28.10.8    H28.9.8    H27.9.30    H26.11.20
   7.0以下      7.2         8.2        7.4         7.7

その後も水を飲み続け、延100日間でドラム缶1本分の水を飲んだと記事にした。

2016.12.16 金曜日   100日間でドラム缶1本分の水を飲んだ

そして2月の上旬に、、約半年間多くの水を飲み続けて、病院で血液検査した。

尿酸値の検査結果は 5.7 となっていて、聞いた瞬間驚いて、その後感激した。



この調子で行くと、次(今日)の人間ドックでは良い成績を残せると確信していた。

その結果が、先に書いた通り昨年とほとんど差のない結果となってしまった(悲)。

びっくりするような数値改善を報告できると確信していたのだが。

振り返えって見ると後半は、水を飲むのを忘れたり、グラフに書かなかったりで・・・。

結構、いい加減な水飲みをしてきたのだろうと反省した。

ドックの帰りに冷たいものがほしくなり、アイスモナカとあんパンを焼け食いした(笑)。

しかも、病院で昼食を食べてさほど経過していないのに・・・食べ過ぎだ・・・。



ドックの料金の中には、昼食代が含まれていて、5つの弁当メニューの中から選べる。

鮭弁当やトンカツ弁当、鶏照焼弁当など、5つの写真やカロリーデータから選ぶ。

孫3号が来ていたときに弁当を選んでいたので、どれが良いか孫3号の意見も伺った。

孫は資料を見てすかさず「脂質分が一番低い『鈴蘭弁当』が体に良い」と断言した。

       20170818.jpg

そこまで言われると、それを選ばなければならない羽目になってしまった(笑)。

ちなみにトンカツ弁当は846Kcalで、鈴蘭弁当は599Kcal・・・。

今日は、孫が祖父の体を思って選んでくれた(笑)弁当を、おいしくいただいて来た。

また明日から来年のドックに向かって、毎日2リットルの水を飲み続けることにしたい。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.08.18 Fri l 普段の生活 l コメント (10) l top
2017. 8.15 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今日はお盆の15日だが終戦日でもあり、報道などで72回目の終戦記念日とされる。

自分は戦後っ子で、「終戦」の響きは歓迎する言葉だが、「記念日」には抵抗がある。

戦争は無い方が良いし終戦は嬉しい事だが、「戦争」も「終戦」も「負」の響きを感じる。

記念日とは歓迎すべき感覚があり、「終戦」も確かに歓迎するが、記念日とは?。

そんなふうに感じるのは、自分の感覚がおかしいのだろうか。



自分の兄は、昭和20年8月15日生まれ…つまり終戦日生まれで72歳になった日だ。

母が言っていたが、「終戦の発表を聞いた後ではきっと生む気力がなかった」と。

午前中に生まれたらしく、絶対忘れられない日に生まれて来たものだと驚いている。

そんなお盆の終戦日ではあるが、孫たちはすでに帰ったあとで墓参りも済ませた。

今日から17日までの3日間は何の予定も無く、今日からどうして過ごすか考えていた。

だが、いくら考えても思い浮かばないし、ならばリタイア後の模擬体験と致そうか・・・。

皆さんのブログを読ませていただくと、リタイア後と言っても暇ではないらしいのだが。

模擬体験のシニア新人リタイア人なので、まずは畑仕事とテレビ観戦することにした。



まずその前に、起きてすぐにブログのチェックやブログ徘徊をいつもの通り・・・。

その後 朝の定例作業を終え、朝食後一服して畑仕事に行くことにした。

作業着に着替えなどをしていると、窓ガラスに何やら停まっているのに気が付いた。

20170815 (1)R

ツルツル滑るガラスなのに昆虫さんは、上手に張り付くなと感心しながら写真を1枚。

ガラス越しにカメラを近づけても、逃げないのは、真下を見れないのかと想像してしまった。



畑仕事と言っても草取りをしなければとの思いだったが、雨後で畑が濡れていて・・・。

草取りがしずらく、エンドウの手(支柱)の片付けや大きな草抜、野菜の収穫に変更。

どの玉も L~2Lと思われる大玉のタマネギも、茎が倒れたので根切りした。

根切りと言っても農家は機械でするが、家庭菜園なのでタマネギを抜いただけ。

タマネギの大きさは、移植コテと比較してもらうと良く分かると思う(嬉)。

20170815 (4)R

根も葉もそのまま付いているが、このまましばらく乾燥させる。

この辺りでは、タマネギの葉を束にして縛り、軒先などに吊るすようなことはしない。



野菜の収穫をしていると、茶色い斑点のあるキュウリの葉に大きな蝶が停まっていた。

早速カメラをとりに行くが、カメラを持って来てもそのままそこに停まっていた。

20170815 (2)R

黒アゲハの一種だと思うが、蝶には詳しくないが・・・・新種発見なんてことはないか。

収穫した野菜は、買い物かごに1杯で、ミニトマトの自生(黄)や房ごと採った赤もある。

20170815 (3)R

昼ころ外の作業をやめて、シャワーを浴びて午後からは、テレビ鑑賞とした。

撮り溜めていた番組を見たり、見終わってからはブログを書いたり・・・が、時間を余す。

リタイア後の生活は何も考えていなかったが、何か考えなければならない。

まだ9月末の完全リタイアまで時間があるので、ゆっくり考えることにしよう。

16日と17日も予定はないのだが、一度事務所に顔を出しに行こうと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.08.15 Tue l 普段の生活 l コメント (6) l top
2017. 8.14 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


いつもの年だと、我が家の墓参りは13日にしていたが、雨が降っていたので延期に。

14日の今日は曇っていて涼しい日でもあり、墓参りには適した日となった。

昨日から、今日全ての墓参りを終わらせようと、午前中に準備をして出かけて来た。

我が家の父方親族の墓は市内の同じ墓地に、我が家の墓を挟んで3基並んでいる。
       20170814 (1) 20170814 (2)
まずは父母の眠る墓をお参りするが、右隣りの本家と左隣りの墓も一緒にお参りする。

お供え物や花、線香、ローソクを捧げ、それぞれお供養をさせてもらった。



同じ墓地のわずか30メートルほど離れたところに、愛妻の実家の墓がある。

やはり3基が並んでいて、義父の入っている墓を真ん中に、両隣りは親族の墓だ。

義父が生前管理していた墓で、義父以外にも血縁者がお参りに来ていたらしい。

両隣のつながりは、義祖父の代でのことなので、何回聞いても良く覚えられずにいる。

お会いしたことのない人ばかりが眠っている墓で、人物像が分からないので・・・・。

この3基の墓も自分が墓掃除させてもらっているので、3基ともお参りさせてもらった。

まずはこの1カ所の墓地で、6基の墓をお参りさせてもらった。



我が町では、カラス対策の一環で、お供えしたものは持ち帰ることになっている。

お参りしている間だけしかお供え出来ないが、これもこちらのマナーとして致し方ない。

墓地の近隣住民に迷惑をかけないためで、花と線香、ローソク、酒などだけにする。

おかげで墓地には、あまりカラスは寄ってこないので、静かにお参りできる。

花などは、盆が終わると行政が片付けてくれるので、墓はいつもきれいになっている。

他市町村の墓地にお邪魔してお参りする時も、それが当然かのように行動してしまう。

他市の墓地では、盆になるとカラスもお参りに集まるのか、多くが寄って来ていた。

参拝者が帰ると同時にお供え物は略奪されてしまい、墓の前は荒らされていた。



次は同じ市内にある墓で、母の弟夫婦と最初に他界した従兄の眠る墓。

叔父と従兄は、昨年同じ年に亡くなり、1家で1年に2人が無くなった。

従兄は自分と同じ年で、従兄の中で最初に他界したのでショックも大きかった。

同じ町に住んでいた親戚で、特に親しくさせてもらい、去年も墓参りしていた。

新しい墓で、ローソクも風が当たらない工夫で火が消えないのはうらやましい。

霊園墓地だが、駐車場の脇にある分かりやすい場所の墓で、忘れることは無い。



その後は、車で1時間ばかり走り、母方の我が祖父らが眠る墓に行きお参りした。

母が生前時、毎年自分が運転して墓参りに来ていたので、引き続き墓参りをしている。

実家は農家で、愛媛県から我が祖父が16歳の時、単身北海道に入植したらしい。

その後落ち着いてから、祖父の父ら家族を呼び寄せたと聞いている。

その墓の隣りにも親族の墓があり、少し遠い血筋だが一緒にお参りさせてもらった。

毎年の事だが3カ所の墓地を回り、合計9基の墓参りをさせてもらった。



墓参りの帰りに、我が家からほど近い愛妻の実家に立ち寄って仏壇にお参りした。

今は80代年半ばの老いた母1人暮らしだが、そぐそばに義妹がいて安心している。

義母の体調はすぐれず横になる事が多いが、義妹のおかげでまだ1人で暮らしている。

義母自身が1人暮らしを望んでいるので、1人で居れる間は妹の世話になるしかない。

その義妹も実家に来て、11日に我が3人の孫を連れて祖母宅に来た時の話題に。

孫3号が「おばあちゃん気を使わないで横になっていていいよ」と言ったらしい。

そんな孫の大人びた話などで盛り上がり、今日の墓参りツアーが終了した。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.08.14 Mon l 普段の生活 l コメント (4) l top
2017. 8. 5 土曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今日はある地域のある農協の農業祭りと言うことで、出かけて来た。

20170805 (5)R

我が地域の周辺では、夏になると農協主催の農業祭がいたるところで行われる。

過去には、牛の丸焼きなどが登場した農業祭も有ったと記憶している。

神社祭と違ってビール祭りの要素が強く、農業者もこの時期にはビールで暑さをしのぐ。

他の地域の事は分からないが、この手の祭りでは、事前にビール券が販売される。

20170805 (3)R

前売価格1,200円(当日1,500円)でジンギスカン肉とビール2杯に抽選券付。

抽選券では、米やメロンなどと言った農産物の景品が多いようだ

この券が手に入ったので、飲めないのだが義理と人情で出かけて来た。



農協の祭りとあって、飲み食いだけでなく、野菜の即売会や子ども縁日もあった。

おもしろかったのは、農協の青年部が協賛した「じゃがいも・たまねぎ」詰め放題。

500円でビニール袋をもらい、それにジャガイモやタマネギを詰める。

馬鈴薯は「とうや」「きたあかり」の2種類で、馬鈴薯も玉ネギも収穫仕立てのようだ。

20170805 (1)R

20170805 (2)R

軽トラックに山積みさえた野菜は、しばらく見ていると瞬く間に平らになった。



祭り会場には地元のアマチュアバンドも来ていてにぎやかだ。

20170805 (6)R

会場内では七輪が用意されていて、係が炭火を運んでくれる。

スタッフはお揃いの黒のTシャツやハッピを着込んで、せっせと来場者にサービス。

ミニコンに長尺の厚い踏み板を渡した椅子が用意されていて、七輪の下にはブロック。

アスファルトが解けない工夫もしていて、農協職員や青年部員らが忙しい。

会場はバンドの大音響でにぎやかで、飲まない食べない者には永い時間は不要。

さっさと、ビール券で肉とジュースを引き換えして、自宅に持ち帰った。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.08.05 Sat l 普段の生活 l コメント (2) l top
2017. 8. 3 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


最も暑い8月に入ったが、北海道は朝夕は涼しくて長袖がほしいくらいだ。

日中では、さすが外の畑作業は汗だくになるが、蒸すことはなく過ごしやすい。

7月の方が暑かったくらいで、窓を開けていると部屋の中は25度くらいだ。

8月に入り、9月のリタイアまであと2カ月となり、待ちに待ったリタイア生活に近づく。

リタイア後は全く働く気は無く、あとは印籠や権力は無いが隠居生活をするだけだ。



今の仕事は、1カ月に1~2件の課題のある仕事もあり、自分は「宿題」と呼んでいる。

その「宿題」は月によっては件数に波があり、多い時も少ない時も色々だ。

リタイアまで2カ月に迫ったそんな月だが、今月は今までになく「宿題」が多い月だ。

決してリタイアするから宿題が多く出された訳では無いが、幾つか「宿題」が重なった。

全く別々な課題の5件が「宿題」となり、しかも全てが盆前の期日で重荷を感じていた。



普段の仕事と違い、1件ずつ期日が切れられていて、その処理に神経を使った。

忘れては大変なので、課題に有った案件を探したり、相手と連絡を取ったり追われた。

おかげさまで期日に間に合うように、「宿題」を進めることが出来ていた。

1件処理するごとに、少しずつ心の重荷が解かれて行く感じがして行く。

そして今日、最期の「宿題」を終わらせ、報告書を提出した(嬉)。

セミリタイア最終月の来月は「宿題」は1件も無く、もう重荷を感じることは無い。

あとは日々予定してある仕事を進めて処理するだけで、1日ずつリタイアに近づく。



先日依頼主との電話で、仕事の後継者との引き継ぎについて伺いを立てた。

自分が前任者から受け継いだ時は、仕事の引継ぎは全て前任者からだった。

ところが、後輩の話を聞くと、前任者からの引き継ぎは全く無かった人もいるとの事。

全てを依頼主から教えられた人が多く、自分が引く継いでもらうときの伺いを立てた。

自分としてはどちらでも良く、指示に従うことにしようと思うのだが。

ただ心配なのは、10月の仕事を引き渡した直後に、いわゆる「宿題」があるのだ。

その「宿題」は当然、後継者の担当と思うが、事前準備がいるので間に合うか。

そのあたりもお伺いを立てているので、その指示に従うつもりだ。

いずれにしても、あとは粛々と役割をこなすだけなので、心軽やかに過ごせると思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.08.03 Thu l 普段の生活 l コメント (4) l top