2014.10.31 金曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



先日のカナダ・アメリカ旅行の帰りに、旅行カバンが破損しているのを見つけた。

カナダのトロント空港発のエア・カナダ 0001便の成田空港行の荷物として預けていた。

20141004 (1)

こんな感じで、トランクに15センチほどの亀裂が入っていた。

添乗員が手配してくれて、エア・カナダの担当者が ケースの修理を約束してくれた。

娘からの借り物だったので(我が家にずーっと置いてあったのだが)一安心した。

自宅に帰ってきて数日して、エア・カナダから指定された電話番号に電話して修理を依頼。

電話後、5分もしないうちに、地元を走っている宅急便の車が取りに来て渡した。



昨日、そのトランクケースが、修理を終えて帰ってきた。

IMG_0001.jpg

修理個所を探したが、どこが破損していたか分からなかったので写真と見比べた。

多少カメラのアングルが違うが、皆さんにも修理個所がわからないくらいきれいだ。

どのような方法で修理したかは全く分からないが、我が国の物作りや、修復技術は素晴らしいと改めて感じた。

まるで「和風総本家」を見ているようで、その技術に敬服する。




上の修理後の写真は、最初は普段仕事でも使っているこの Canon 一眼レフ EOS X4 で写した。

20141031 (2)

しかし、接写が出来ずに元の写真のように写せない。

一番上の写真を写した時の別なカメラを持ってきて、写真を撮った。

カナダ・アメリカの旅には、同じ Canon の パワーショット のカメラを携帯した。

20141031 (3)

軽くて小型なので携帯には便利で、旅には欠かせず小型の三脚と一緒に車に積んでいる。

小型なのでモニターは小さいが、数センチ位置まで接写できるし広角や高い光学倍率のズームも魅力だ。




コンパクトカメラも一眼レフも、ましてや車も日本の技術の高さを象徴する。

最近家電業界が不振だが、日本の高い独自の技術で挽回してくれると信じている。

少し飛躍しすぎだが、日本の高い技術を感じたトランクケースのの破損修復だった。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」「ブログ初心者」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

2014.10.31 Fri l 2014年カナダ・アメリカ旅 l コメント (3) l top
2014.10.14 火曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


春から計画していた カナダ・アメリカの旅 は終わった。

今回は結婚40年の節目でもあり、海外の旅を選んだ。

自分はバンフやグランドキャニオンには行ったことがあるが、2度目でも感動が薄れることはなかった。

今回の旅は、5つの絶景がポイント。

カナダ到着日の夜は雨で、翌日の朝は曇天だったが、それ以外の日は快晴。

絶景を楽しむ旅としては、これ以上ないほど天気に恵まれた。


〇 カナディアンロッキー

20140928 (29)


〇 アンテロープキャニオン

20140929 (85)


〇 モニュメントバレー

20140930 (22)


〇 グランドキャニオン

20140930 (69)


〇 ナイアガラの滝

20141002 (84)




どの風景も見飽きることのない、まさに「絶景」だった。

小さな我が国と違って、大きな国のしかもピンポイントで観光するのは、移動距離が長い。

往復の飛行機のほか、2度の移動を飛行機を利用した。

その上、バスで400~500キロの移動日もあり、さすが「 アメリカやカナダの国は大きい」と痛感した。

したがって移動時間にもかなりの時間をついやし、早朝 6:30集合 や 23:30解散 もあった。

ガイドがモーニングコールを依頼してくれたがその時間では遅いため、朝 5:00 に目覚まし時計をセットした日もある。

部屋に着くのが遅いため、風呂に入らずに  バタンキュー(こんな表現使わないのか?)の日も・・・。

旅行中は充実していたため、さほど苦にはならなかったが・・・。

我が国にもあるが、両国で観光に使ったバスはトイレ付がほとんど。

だが「物を背負ったまま移動する」ことを避けようと誰も使用しない(現地ガイドの助言もあり)。



旅をしていて気が付いたことだが・・・。

〇 ホテルの部屋にはガラスコップがなく、紙コップやプラコップばかり。

〇 石鹸、シャンプーなどはあるが、歯ブラシは置いてない。

〇 部屋にスリッパがなく、必要な人は持参が必要。

〇 ベットが高くお尻のところまであり(短足だから?)、椅子代わりとしては腰を掛けづらい。

〇 チップの事は知っていたが、忘れそうになるのでかなり神経を使った。

〇 食事のバイキングは品数が少なく、あまり特徴がない(何処も同じようなもの)

〇 バスで移動したところは、一部を除いて 木 が少なく、しかも広葉樹が無いため遠くまで見渡せる。

〇 観光地のせいなのか、飲料(ペットボトル入り)が高く、空港などでは2.99ドルもした。

〇 アメリカもカナダも、高速道路(フリーウエー)には、何処に行っても
    小動物侵入防止のため、1メートルほどの高さの柵が延々と続く。

〇 パスポート持参の旅は、神経を使う。



このほかまだまだ細かいところでは書き足りないことがあると思うが、おいおい記して行くこととする。



また機会があったら、海外の旅にも挑戦したいが、最終目標は「全国一周の車中泊の旅」に変わりはなく、これからも計画や実施に向けた準備を進めたい。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「日本一周」「車中泊の旅」「ブログ初心者」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村




2014.10.14 Tue l 2014年カナダ・アメリカ旅 l コメント (0) l top
2014.10.13 月曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


2014.10.3 金曜日  出発8日目


朝は カナダ ナイアガラ  グランドオブザフォールズビュー で迎える。


今日は、とうとう帰路につく日となった。

7:00 に、トランクケースをホテルの部屋のドア外側に置く。

その後 朝食に出かけ、終了後の 7:55 ホテルのロビーに集合し 8:00 にバスで出発。

1時間30分ほどかけトロント市内へ。

トロント市内ではCNタワーや州議事堂を観光しながら、最後の土産店に寄り トロント空港に到着。

出国審査やチェックインを終わらせ、14:05 発の エアーカナダの 0001便で 成田へ出発。

成田までは 約13時間のフライトで、仮眠したりテレビやビデオを見ながら時間を過ごした。


出発地  カナダ ナイアガラ  グランドオブザフォールズビュー
宿泊地  成田行き エアーカナダ 0001便の機内


ーーーーーーーー 日 付 変 更 線 を 通 過 ーーーーーーーー


2014.10.4 土曜日  出発9日目


朝は 成田行き エアーカナダ 0001便の機内


機内には、13時間ほど閉じ込められ?、往路の飛行機より3時間ほど長い。

何とか無事に成田空港に 15:30 頃到着して安堵。旅行仲間とは成田空港で解散した。

ただ、荷物を受け取ってみると・・・。

20141004 (1)

トランクに、15センチほどのひびが入っていた。

添乗員が手配してくれて、エアーカナダの担当者が ケースの修理を約束してくれて書類をもらった。

娘からの借り物だったので(我が家にずーっと置いてあったのだが)、修理してもらえると聞いて安心した。



添乗員が北海道の人だったので、北海道から参加した我ら夫婦2人と一緒に、成田 18:45 発のJAL便で千歳空港へ。

千歳空港では、千歳在住の娘夫婦と2人の孫が迎えに来ていて、9日ぶりに再会し、添乗員とはそこで別れた。

良い添乗員に恵まれ、海外の旅も大満足だった。

娘は「遅いので千歳に泊まらない」と言ってくれたが、翌日仕事が入っていたので帰宅。

自宅に 23:00 に到着し、7泊9日の アメリカ・カナダの旅は終了した。



出発地  成田行き エアーカナダ 0001便の機内
到着地  自宅



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「日本一周」「車中泊の旅」「ブログ初心者」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



2014.10.13 Mon l 2014年カナダ・アメリカ旅 l コメント (0) l top
2014.10.12 日曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


2014.10.2 木曜日  出発7日目


朝は カナダ ナイアガラ  グランドオブザフォールズビュー で迎える。

今日は一日徒歩で、 昼間の アメリカ滝 と カナダ滝 を観光する。



8:00 に朝食を食べて、 9:00 に集合しホテルを出発する。

滝を見に行く途中で何かをくわえているリスを見つけてパチリ。カナダでは多くのリスを見つけた。

20141002 (46)20141002 (47)

左の写真は、ナイアガラで一番高いスカイロン・タワーで、外側に黄色いエレベータがついている。




ホテルを出て3分ほど歩き、道路を横断すると滝の一部が見えてきた。  そばまで行くと・・。
 
20141002 (5)

アメリカ滝だ。  水しぶきがこんなに高く舞い上がっている。



ナイアガラの滝は、 アメリカ領にあるアメリカ滝 と カナダ領のカナダ滝 の2つに分かれている。

写真は 左にある滝でアメリカ滝。 幅260メートル 落差56メートル。

20141002 (10)

滝の下には観光船 (旧霧の乙女号)が見える。  その船に乗った。

舟に乗っている人が赤いポンチョを着ているので、カナダから出航したことがわかる。



左の写真はアメリカ滝を低い目線で見たところで、流れ落ちる川の水が 水しぶきで隠れている。

20141002 (16)20141002 (17)

左の写真は、勢いよく川の水が岩にたたきつけられるため泡になったもので、船着場まで流れてただよっている。



観光船に乗ると、使い捨てのポンチョを渡してくれて、濡れないように全員が着ている。

20141002 (18)

奥に見えるのが カナダ滝で、 幅674メートル 落差が54メートルあり、馬蹄型をしている。

天気がいいと、こんな虹も現れる。

20141002 (23)




アメリカ滝を右側から見ると・・・。左に突き出して見えるのは、アメリカにある滝の見晴らし台。

20141002 (25)



観光船から カナダ滝を見ると・・・。 写真に見える青いポンチョを来ている船はアメリカ側から出航。

20141002 (30)



この橋は、アメリカ領とカナダ領にかかる レインボーブリッジ。

20141002 (39)


観光船から上がって、今度はカナダ滝の裏に回った。

20141002 (54)20141002 (55)

滝の裏にトンネルが掘られていて、2つの窓?が設けてあり、滝の裏がみえる。

しかし、ただ水が落ちていくだけで、何の感動もない。

20141002 (56)20141002 (58)

左は、未完成のトンネル? 勝手な想像だが、もう一つの滝の裏を見る窓?を開けようとして失敗したのか・・。

右の写真は、滝の裏に入るトンネルの入り口付近から滝の側面をパチリ。これの方が迫力が・・。



カナダ滝の脇に、今はくずれたそうだが平らな岩があったそうだ。

今もテーブルロックと呼ばれる、コンクリートでつくられた滝見場所がある。

そこから見る滝は、馬蹄型の滝底に大量の水が吸い込まれる滝見の絶好ポイント。

20141002 (61)




滝見観光の後は、滝の脇に立つレストランで昼食をいただく。

レストランの建物から見た、 左がアメリカ滝 右がカナダ滝。

20141002 (73)20141002 (74)



食事はこんな感じ。デザートも出された。甘党にはたまらない。

20141002 (77)20141002 (79)



レストランの席からでも、こんな迫力のあるカナダ滝が見られる。

20141002 (81)



食後は、カナダのギフト店に買い物に行くため、ゴンドラに乗車。

20141002 (83)

さらに高いところから見るカナダ滝は、一段と素晴らしい景色だ。



ギフト店での買い物後は自由行動となり、オプション組はカナダワインを堪能しに出かけたが、下戸な(酒の飲めない)自分は、愛妻と二人でレインボーブリッジに行ってみた。

カナダ領を出国し(と言っても、ゲートで50セントを投入口に入れると、回転式のバーが動き1人が通れるだけ)、レインボーブリッジの中央まで歩き、そこから滝を見ると・・・

20141002 (84)

左が アメリカ滝で 、 右が カナダ滝。

左側に見える滝見台をアップして見ると・・・・。

20141002 (91)

滝見台の下には、網やらロープが垂れ下がっていて、なにやらみっともない感じが・・・。

ガイドから、「帰ってこれなくなる可能性もあり厄介だから、アメリカ領には渡らないように」と、固く言われていたので、途中から引き返した。

ところが、橋のカナダ側の端まで行くとゲートがあり、厳しい目をした人が一人・・・。

冷静に考えると当たり前だが(カナダを出国しているので)カナダに入国をしなければならないのだ。

突然訳の分からない言語で(英語だが)話しかけてきた。パスポートとの言葉だけ聞こえた。

肌身離さず持ってきていたので、パスポートを見せると何か話しかけられたが、「行って良い」ような反応があり(言葉の通じない日本人にはあきらめたのだろう)通してくれた。



近くにコンビニがあると聞いていたので行ってみることにした。

信号を2つ渡ったところを少し探すと、それらしい店が見えた。

店には菓子や系飲料などが並んでいて、その中からアイスを発見。

クッキーやビスケットに挟まれたアイスを見つけ、珍しいので食べることに・・。

お金を払って、「店内で食べていいか」身振りで聞き。OKをもらいその場所で袋を開け写真にパチリ。

20141002 (94)20141002 (95)


若い女性の店員さんが珍しそうに見ていたので、愛妻と2人で並んで食べるところを、これも身振りでお願いし写真に写してもらった(非公開写真だが・・・)。




ホテルに帰る途中、ホテルの近くのスイーツ屋を見つけて中に入ると、歯車のディスプレーが。

おもしろかったのでパチリ。

20141002 (97)



最後の夕食は 7:00 からホテルの10階レストランで・・。

窓超しに写したため反射光が見えるが、レストランから見た、夕暮れのアメリカ滝もまた良い。

20141002 (101)

写真を写すのを忘れたが、サーモンの料理で魚好きの自分にはうれしい夕食だった。

明日は帰路に就くため、夕食後は荷物の整理。

結構強硬なスケジュールだったため、寝不足ぎみなので早めに床に就いた。





出発地  カナダ ナイアガラ  グランドオブザフォールズビュー
宿泊地  カナダ ナイアガラ  グランドオブザフォールズビュー




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「日本一周」「車中泊の旅」「ブログ初心者」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



2014.10.12 Sun l 2014年カナダ・アメリカ旅 l コメント (0) l top
2014.10.11 土曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


2014.10.1 水曜日  出発6日目


朝は アメリカ セドナ キングスランソンホテルアンドイン で迎える。



今日の行程は、ホテルを出発してフェニックス空港からカナダのトロント空港に移動し、ナイアガラの滝に行く。



セドナ のホテルを 6:30 に出発。

一路、フェニックス空港に向かう。

その距離、約200キロで 時間は約2時間。

フェニックス空港までの風景も、昨日とは変わり、サボテンが自生している。

20141001 (3)

今までのグランドキャニオンの風景なども、やはりアメリカは砂漠地帯を思わせてきたが また違った風景だ。

最初に見えたのは、丈が低く葉っぱの小さくて薄いサボテン。

写真にたくさん写っているものだ。

時間が経過してくると、写真左側の背の高い 「いかにもサボテン」らしきものが徐々に多くなってくる。



さらにフェニックス空港に近くなると・・・。

20141001 (10)

背の高いサボテンが群生してきた。

ガイドの話によると、この背の高いサボテンは、1つの枝を伸ばすのに100年ほどかかると言う。

生きていけても、砂漠では成長は遅いということか・・・。

それでもの背の高さは大きくなると、家の高さを超え5メートルを越しているようだ。




フェニックス空港の道路をバスで走っていると、道路の上に橋がかかっていて飛行機が橋を渡っている。

搭乗口と滑走路の間に道路(低いところに)が走っていてその上を飛行機が移動する橋をかけてある。

なんだか違和感を覚えた。



空港のカウンターで荷物とパスポートを提示すると、飛行機のチケットを渡してくれた。

それが出国審査だったのか・・。アメリカは、入国には厳しいが出国は淡々ということなのだろうか。

10:45 の予定を15分遅れて空路トロントへ出発し、約4時間かかる予定だ。



天候は快晴で、しばらくすると飛行機の窓から 眼下にこんな模様が見えてきた。

20141001 (12)

砂漠地帯なので、農作物に水をやっているためこんな模様となる。

円の中心から円の外周までホースを伸ばして、コンパスのように中心を固定してホースを移動するらしい。

ホースにはたくさんの穴があいていて、水を落としながら移動することで広い面積に水を与える。

作物の種類や生長具合で、円になったり半円になったり、コントラストが出来るようだ。

実に面白い、人工的な幾何学地上絵だ。



そのうちにこんな地上絵に変わった。

20141001 (15)

川が流れているように見えるが、だから円の模様が減ったのだろうか?

そんなことを考えていると、カナダのトロント空港に着陸した。

カナダの入国審査も厳しいと脅かされていたが、全員無事入国で一安心。

アメリカの出発地とカナダの現地の時間差は、3時間あり、日本とは13時間の時差。

空港を出てしばらく走って、夕食タイム。

20141001 (19)

旅行に出発して初めての和食。スタッフの人も日本人で、言葉がよく分かってうれしい。

そして醤油もうれしい。

20141001 (17)



夕食後も1時間30分のドライブで、ナイアガラのホテルへ。

到着後、明日もナイアガラ観光するが、夜の照明されているナイアガラも見ようと10時すぎだが徒歩でナイアガラの滝へ。

20141001 (23)

しばらくすると、照明の色が変わった。

20141001 (29)

ただ、この写真は照明の色を強調したが、実際には暗い照明であまり感動はない。

明日の昼間のナイアガラに期待して、11:30 頃にホテルに戻って就寝。

ナイアガラのホテルは、今日と明日の2連泊だ。




出発地  アメリカ セドナ キングスランソンホテルアンドイン
宿泊地  カナダ ナイアガラ  グランドオブザフォールズビュー



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「日本一周」「車中泊の旅」「ブログ初心者」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



2014.10.11 Sat l 2014年カナダ・アメリカ旅 l コメント (0) l top