2016. 4.18 月曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



今年の3月に、ハイエースのセカンドシートを外し定員を減らして車検を受けた。

定員は5人から2人となったが、セカンドシートがなくなり車内が広くなった。

まるまる300センチの荷台の長さが利用出来るようになったため、ベッドを改造した。

ソーラー発電の充電コントローラーが誤配送だったため、その時間が十分にあった。

今日、その作業がほぼ終了し、車内の木くずを掃除して完成とした。




今回の改造工事は、前回のベッドを基本に一部を延長して、後方を荷物置き場にした。

20160418 (8)

上の図が車検前の配置で、下の図がセカンドシートを外した配置図。

基本的にはベッドの大きさは変わらず、後方に荷物を置く場所を増やした。

荷物置き場は30センチほどで、その分ベッドをフロント方面に移動させた。

骨組みは同じものを使い、延長した部分の30センチは別に付け足した形だ。

ベッドに寝る時の頭は運転席側で、バック方面の二階建て部分が足元となる。

2階の有るところの下に足を突っ込んで、寝るので、2階の荷物は移動不要。

足元は日中押し入れとして使用し、寝具(基本布団)を折りたたんで入れて置く場所。

日中は椅子の前にテーブルがあるが、寝る時は跳ね上げて壁側に固定する。

20160418 (4)R

写真の右側にテーブルが跳ね上げているのが、お分かりいただけるだろうか。

右下のクーラーボックスは、夜はベットの一部になり、クーラーの置き場所を倹約した。

クーラーボックスの方が多少高いが、夜は布団を引くので段差は無視した。




バックドアを開けるとこんな感じで、2階は荷物置き場で地下にも荷物が置ける。

20160418 (1)R

地下には、サブバッテリーのほか、椅子の下には衣類や温泉用グッズを入れる。

テーブルの下には、調理器具や食材が入る予定で、食器類は2階のケースに入れる。




今回のベッド改造に付随して、テレビの設置場所も30センチほどフロント方面に移動。

椅子の位置が30センチずれたので、それに伴いテーブルも30センチずらした。

椅子には背もたれもついているので、その背もたれも20センチほど移動した。

椅子に座るときは、ベッドの真ん中をはね上げて、足を降ろせるようにしてある。

素人の手づくりなので、見かけは悪いが、機能的には十分満足している。

ベッドの上には長座布団を敷くので、座り心地も悪くない。

写真には写っていないが、流し台も手作りで、流し台に3枚の壁を作って煮炊きも。

3枚の壁はキッチンパネルで、耐火性も耐水性も抜群で、防火も水はね防止も兼用。

レンジフードも兼用にしたため、ファンと100ミリのアルミのパイプで室外に排気する。

テレビリモコンやティッシュなどは、手の届く範囲に置きたくて天井に止めた。

全ての設備は、車体に固定せずに、簡単に取り外しできるのが特徴だろうか。

明日は、雨降りでも窓を開けて雨が入らぬように、着脱フードを作りたいと思っている。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.04.18 Mon l 車の改造 ベット作り l コメント (8) l top
2016. 3. 8 火曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



土曜日の3月5日、ハイエースが車検から戻ってきて、2人の定員に変更になった。

車検に出すまでは、ベットなどの装備や布団などの荷物を積んだままにしていた。

しかし、今回の車検では5人乗りだったのを、セカンドシートを外して2人乗りにした。

そのために荷物をすべて家の中に入れ、ベットなどを解体して車庫に入れていた。

車検から戻って来たハイエースの荷台には、外したセカンドシートだけが乗っていた。

車庫のベットなども邪魔になるので、セカンドシートを降ろしてベットを積むことにした。

セカンドシートはもういらないので、投げる(捨てるの北海道弁)予定だったのだが・・・。

投げるのは勿体無いとのコメントも頂き、どうしたものか現在思案中だ。




車内の手作りベットなどは、道具を使わずに組立や解体できるように作成した。

車検から戻って来たハイエースの荷室は、全てのものを降ろして何もない状態だ。

20160222 (1)R

この状態に、ベットの基礎となるろう両サイドの柱を積み込み、一部の横木で固定した。

20160308 (1)R

この両サイドの柱を基に、中の柱(足)を組み立てると、こんな感じとなる。

20160308 (5)R

上の写真の赤矢印から写した写真が、下の写真。

20160308 (3)R

左を丁番で折りたためるようにしてあり、右側は外せる丁番を使い組み立てた。

20160308 (4)R

外せる丁番をアップにすると、見たことのある物だと思う。

20160308 (6)R

柱に横木を乗せて、ベットの天板を置けるようにした。

ベットの材料は、我が家を改装した時の材料の残りと、1×4、2×4材 などを利用した。

他には、子どもたちが使ていた2段ベットを大事にとっておいたものを使った。

床材を使っているのも分かるだろうか・・・・。




このベットの柱に、天板を敷くとこんな感じとなる。

20160308 (7)R

この天板を敷くと、立派な(?)ベットとなり、その上に布団を敷くと安眠できる寝床に。

20160308 (8)R

矢印の天板を倒すと椅子になり、テーブルは跳ね上げ方式となっている。

天板には塗料も塗ったが、薄いせいかムラになっているが構わない。

普段は椅子になるこの上に長座布団を敷き、外から見えないことが多い。

テーブルだけは普段目立つところなので、ニスを塗るかビニールで巻くか考える。

テーブルの下には、鍋や台所用品、食器類などを格納するため、折れるようにした。

椅子となる天板の下には、衣類関係を格納するように作った。

バックドアの前は、布団を折りたたんで収納し、その上は荷物置き場の棚とした。




この辺りまで作業した時に雨が降り始め、この後の作業は後日とした。

セカンドシートを外したことで、運転席後ろを、加工することが出来る。

大したことは考えていないが、靴を置く場所やクーラーの置き場所を整理したい。

流し台も運転席の後ろに付けることが出来、流し台の足もとが広くなる。

車検時に外したサブバッテリーを、再設置しなければならない。

去年4日間の車中泊で、サブバッテリーの電圧が11Vを下回った経験がある。

200日もの旅を計画しているので、電気は欠かすことが出来ない。

ソーラーパネルの設置も検討していて、少し費用も掛かるがその当てもある。

雨が降っている時でも、窓を開けられるように雨除けも付ける予定だ。

春のゴールデンウイークまでにこれらの対策を施し、又、お試し旅に出る予定だ。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.03.08 Tue l 車の改造 ベット作り l コメント (8) l top
2015. 3 .29 日曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



車内のベット構造のは、夜はベットで日中は椅子代わりに使う事を基本にした。

平らな床にして昼は正座やあぐらの方法もあるが、やはり足を降ろして腰かけたい。

平らな床方式は加工も簡単で、テーブルは安くて小さい4本足が色々販売している。

椅子方式にすると、テーブルは座卓にするわけにはいかない。

テーブルの脚が邪魔にならずに、簡単に格納できる方法を 一心に考えていた。




いろいろ考えたあげく、体から遠い方の脚はベットの柱にパイプで止めた。

ホームセンターで販売しているこんなパイプと部品を購入。

20150325 (6)R

必要によってはテーブルは着脱可能で、何かと便利だ。

テーブルを使わないときは、こんなふうに跳ね上げて上を固定するようにする。

20150329 (3)R

テーブルの裏に取り付けているのは、残りの手前側の脚。

20150329 (4)R

最も苦労したのはその脚の固定で、単なる板の脚では触っただけで倒れてしまう。

大袈裟に言うと、数年頭の中では考えていたが、良い案が浮かばない。

脚に相当する板を、溝にかませても前後の固定はできる。

しかし、体に引っ掛けてテーブルが上に持ち上がるとすぐ外れる。




ところが、ベット作りに手をかけ始めたある日、突然良い案が浮かんだ。

脚のほかにもう1枚の板を付け上をビス止めし、板バネのような働きをさせた。

上の写真では、上の4本は丁番用のネジ、下の2本のねじが板バネ化ネジだ。

その板ばねにレールを抱える爪を取り付けた。

20150325 (2)R20150325 (3)R

20150325 (4)R20150325 (5)R

うまく爪がかみ合い、上下も前後も力をくわえても爪を外さないと足が外れない

結果的には、こんなテーブルが出来上がり、20キロの重さには耐えるだろう。

20150329 (9)R

端材で細工した為加工の仕上がりは感心しないが、自分のしたことで我慢する。

仕組みは我ながら、アッパレをあげたい。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」「ブログ初心者」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

2015.03.29 Sun l 車の改造 ベット作り l コメント (2) l top
2015. 3 .22 日曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



ハイエースが我が家にやってきたのは、今月の1日。

それ以来、7日に一部材料を購入してきてからベットの創作を始めた。

約2週間、ぼつぼつとベット加工を続け、ほぼ基本的なところを仕上げた。

塗装もまだしていないが、とりあえずどんな感じになったかを紹介する。

そうそう、素人細工なので、加工の乱雑な仕上がりは先に申し上げておく。




最初は、後部シートをセットしている写真と、シートをたたんだ状態。

20150322 (6)R20150322 (8)R

左の写真はベットの重要な左右の梁に、右の写真は足元の板を置く台をセットした。

20150322 (9)R20150322 (10)R

20150322 (12)R20150322 (13)R

手前の方は、椅子にもするためこんは形にして床板を置いたところ。

床板を全面に置き、200センチ×150センチのベットとなる。

20150322 (14)R20150322 (15)R

右の写真は椅子の形にしたところで、足を降ろせるようにした。




ベットの完成写真で、ペットボトルを置いてあるのは、着脱式テーブル。

20150322 (18)R

テーブルの片足は、まだ付けていないが、跳ね上げ式にもなっていて壁に固定出来る

テーブルを広げるときは、椅子形式にするが、写真では座卓形式となってしまっている。

下の写真は、床下格納庫を開いたところ。

20150322 (21)R

テーブルの下の格納は、台所用品のため2つ折りにしてテーブルが邪魔にならない。

左側が椅子席で、その下は衣類の格納庫。



解体にも組み立てにも、道具を使わないのがコンセプトでベットを考えた。

ブログ用の写真を写しながら、ベットを組み立てるのに15分ほどかかった。

したがって、組み立てには6~7分あれば十分なのだろう。

足元の棚は、孫たちのベットも想定して、乗っても折れないように丈夫にした。

その棚の下は押し入れとして、布団を格納する場所。

さらにその下は、サブバッテリーや釣り竿、しばらく使わないものの格納庫。

コンパネの上には、数年前に1枚500円で買った長座布団を敷く。

このため用に3枚買って保管してあり、なんと気の早い事か。

その長座布団の上に布団を敷くことで、安眠でき長期間の車中泊が出来るはずだ。

この後にはコンパネなどに塗装を施し、多少見栄えを良くしてささくれ防止にもする。

そのうち全国一周用にシンクも考えているが、まだまだ時間のあることだ。

とりあえずは以前に作った代用で間に合わせる事にして、車中泊試験を考えたい。

今回のベットつくりは、10年ほど前から考えていていたが、設計図は頭の中。

作ってみると、どこで間違えたっか、ベットの左右で長さが2セントほど違う。

それも愛嬌として、そのまま使用することとした。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」「ブログ初心者」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

2015.03.22 Sun l 車の改造 ベット作り l コメント (10) l top
2015. 3 .15 日曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



現在 2台の車が有り、ワゴンRの仕事車と ハイエースの遊び車。

我が家にハイエースがやってきて、ワゴンRは車庫から追い出されている。

5日ほど前から、暇を見つけては車内の車中泊工事に取り掛かった。

2日前からは、ハイエースを車庫から出し、車庫内でベットの加工を始めた。




作業の進み具合は、加工の雑さが分かるので、完成してから紹介したい。

ベットの全景は、こんな感じにしたい。

20150315 (9)
        ←  リヤ側                    フロント側 →

これは3年ほど前に、以前から考えていた内容を記録用として作ったもの。

100均から材料を買ってきて、楽しみながら作ったもの。

下の左は、普段の居間用の形。  右は、蓋を開けると格納場所に。

20150315 (10)R20150315 (11)R

ブログに利用するとは、当時は全く考えていなかった。





実際作り始めると、頭の中の設計図は結構乱暴で想像通りにはならない。

車内の大きさや出っ張りが、想定を超えていて、現場に合わせた変更をする。

特に、2列目シートを定位置にセットして、残った荷室の大きさに合わせてベットをつくる。

当初考えていた テーブル は、格納場所も含め再考を強いられている。

改造用の材料は、1×4を4枚、12ミリ合板3枚、6ミリ合板1枚を購入した。

後は、娘が子どものころ使っていた2段ベットを解体して材料としている。

そうそう 5年ほど前に自宅を改装した時、残った材料の半端物も重宝している。





カーテンは、ワーヤーの取り付けに荒技だが木工ボンドの可能性を見つけた。

まだ2枚分したミシンをかけていないが、一部を取り付けてみると、少し小さいか。

明かりが漏れていいかで、カーテンの大きさが今のままでいいか分かれるところ。

光漏れも有りとしながら、もう少し確実なカーテンの制作と、取り付けを考えたい。

今から又、ベット創作の作業に取り掛かる。






最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」「ブログ初心者」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

2015.03.15 Sun l 車の改造 ベット作り l コメント (2) l top