FC2ブログ
2014.10.11 土曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


2014.10.1 水曜日  出発6日目


朝は アメリカ セドナ キングスランソンホテルアンドイン で迎える。



今日の行程は、ホテルを出発してフェニックス空港からカナダのトロント空港に移動し、ナイアガラの滝に行く。



セドナ のホテルを 6:30 に出発。

一路、フェニックス空港に向かう。

その距離、約200キロで 時間は約2時間。

フェニックス空港までの風景も、昨日とは変わり、サボテンが自生している。

20141001 (3)

今までのグランドキャニオンの風景なども、やはりアメリカは砂漠地帯を思わせてきたが また違った風景だ。

最初に見えたのは、丈が低く葉っぱの小さくて薄いサボテン。

写真にたくさん写っているものだ。

時間が経過してくると、写真左側の背の高い 「いかにもサボテン」らしきものが徐々に多くなってくる。



さらにフェニックス空港に近くなると・・・。

20141001 (10)

背の高いサボテンが群生してきた。

ガイドの話によると、この背の高いサボテンは、1つの枝を伸ばすのに100年ほどかかると言う。

生きていけても、砂漠では成長は遅いということか・・・。

それでもの背の高さは大きくなると、家の高さを超え5メートルを越しているようだ。




フェニックス空港の道路をバスで走っていると、道路の上に橋がかかっていて飛行機が橋を渡っている。

搭乗口と滑走路の間に道路(低いところに)が走っていてその上を飛行機が移動する橋をかけてある。

なんだか違和感を覚えた。



空港のカウンターで荷物とパスポートを提示すると、飛行機のチケットを渡してくれた。

それが出国審査だったのか・・。アメリカは、入国には厳しいが出国は淡々ということなのだろうか。

10:45 の予定を15分遅れて空路トロントへ出発し、約4時間かかる予定だ。



天候は快晴で、しばらくすると飛行機の窓から 眼下にこんな模様が見えてきた。

20141001 (12)

砂漠地帯なので、農作物に水をやっているためこんな模様となる。

円の中心から円の外周までホースを伸ばして、コンパスのように中心を固定してホースを移動するらしい。

ホースにはたくさんの穴があいていて、水を落としながら移動することで広い面積に水を与える。

作物の種類や生長具合で、円になったり半円になったり、コントラストが出来るようだ。

実に面白い、人工的な幾何学地上絵だ。



そのうちにこんな地上絵に変わった。

20141001 (15)

川が流れているように見えるが、だから円の模様が減ったのだろうか?

そんなことを考えていると、カナダのトロント空港に着陸した。

カナダの入国審査も厳しいと脅かされていたが、全員無事入国で一安心。

アメリカの出発地とカナダの現地の時間差は、3時間あり、日本とは13時間の時差。

空港を出てしばらく走って、夕食タイム。

20141001 (19)

旅行に出発して初めての和食。スタッフの人も日本人で、言葉がよく分かってうれしい。

そして醤油もうれしい。

20141001 (17)



夕食後も1時間30分のドライブで、ナイアガラのホテルへ。

到着後、明日もナイアガラ観光するが、夜の照明されているナイアガラも見ようと10時すぎだが徒歩でナイアガラの滝へ。

20141001 (23)

しばらくすると、照明の色が変わった。

20141001 (29)

ただ、この写真は照明の色を強調したが、実際には暗い照明であまり感動はない。

明日の昼間のナイアガラに期待して、11:30 頃にホテルに戻って就寝。

ナイアガラのホテルは、今日と明日の2連泊だ。




出発地  アメリカ セドナ キングスランソンホテルアンドイン
宿泊地  カナダ ナイアガラ  グランドオブザフォールズビュー



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「日本一周」「車中泊の旅」「ブログ初心者」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



2014.10.11 Sat l 2014年カナダ・アメリカ旅 l コメント (0) l top