FC2ブログ
2014.11.11 火曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



11月も半ばに突入し、今日の朝の温度は2度まで下がり寒い朝になった。

日の出前から快晴になったが、朝9時でも気温はあまり上がらず6度。

しかし太陽がまぶしいほどに照り、直射日光は照射物の温度をぐんぐん上げた。

そんな状況下の中で、朝8時30分ころ事務所に出かけた。

途中の景色は、この近辺でもあまり見かけない風景となっていた。
20141111 (1)

朝霜が、季節外れの強い朝日に熱せられ、水蒸気と化している。

これが春先だったら、湿った地面が春の日差しに熱せられこんな風景も見られるが・・・。

高速道路の下をくぐる道路はこんな状態。

20141111 (2)

交差点の先は、100メートルほどの視界しか確保できない。

20141111 (3)

このような風景を境に、季節が急激に変わっていく。

自宅に戻る午前10時頃(そんなに早く帰れるの?)には、気温も上がり霧の状態は見られなかった。




今日と明日の夕方までは、何とか天気もよさそうだが・・・。

明日の夜には雨となり、金曜日からは雪だるまのマークが見られる。

急いで冬眠の準備をしなければ、冬の食料が確保できない。

仕事の帰りも早かったので、漬物用に先取りした大根の残りを収穫することにした。

家に帰って早速、大根を抜き10本ずつの山にした。

20141111 (4)

太いのやら小さいのなど合わせて、こんな山が14ほど出来た。

大根についている葉を切り、その葉で大根の泥をぬぐって落とした。

越冬用の食料としては例年より多く、ご近所さん4戸ほどに合計30本ほどお裾分けした。

残りは冬中の貴重な食料として、一輪車で3回家の近くまで運び地下室に入れた。

こんな足みたいな二股大根もある。

20141111 (6)20141111 (7)

我が家は家の基礎が高く、居間の地下には 腰をかがめると歩ける程度の地下がある。

冬はしばれず(凍らずあたたかい)、夏は涼しく野菜の保管には最適。

20141111 (9)

このぐらいの大根が2箇所にできた。

しばらくは裸でねかせて置き、後半は乾燥しすぎないようにビニールで覆う。

下の写真は、5日に収穫して地下に入れた白菜約70個。

20141111 (10)

今年は、ダイコンも太く白菜も固く巻いていて、お裾分けしたご近所さんからもお褒め頂いた。

玉ねぎも馬鈴薯も用意したし、ゴボウも準備して地下に入っている。

これで冬眠用の越冬食料は万全で、いつ雪が降っても餓死することはない。

これも少しの畑と、太陽の光、きれいな水と空気がなせる業。

原子力発電所が事故を起こすと、おちおち冬眠もできなくなる・・・。

多少の電気料金の値上げ容認で原子力発電所を動かさなくてもすむのであれば、子や孫が住める環境への保証ではないのか。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」「ブログ初心者」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

2014.11.11 Tue l 自産自消の少農生活 l コメント (1) l top