2015. 6 .29 月曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



10年前のワゴン車の時も(今は軽)、車中泊を楽しんでいた。

その時も 流しもどき の物を作って積んでいた。

使用する時だけ台の上に置いて、寝るときは棚の上に移動した。

いわば、移動式の流し台で、狭い車内には有効だった。




今回は固定式の流しだが、お金はかけずにDIYするのでその時の流しを活用。

流し槽に使用したのは、前回使ったこんなプラスチックの箱。

ホームセンターで安価に販売しているものだ。

20150626 (10)R20150626 (2)R

その箱の底に、部品のパッキンに合わせて穴を開けた。

20150626(4)R.jpg20150626 (4)R

パッキンの部品は、10年前に買って使っていなかったこんな金具のもの。

これもホームセンターの水道部品で、売っている。

その部品を取り付けると、右の写真になる。

前回のときは、ドリルで底に5ミリほどの穴をいくつか開けて水を流した。

だが、ごみが取りにくいため、改造のために揃えて有った部品だ。

水を流さずに溜めたり、ごみを集める部品もついている。

ただパッキンが厚いため、1㍉のゴム板を購入して薄いパッキンを作った。




今回購入したのは、その金属部品にホースを取り付ける部品とホースバンド。

左の写真の2つの部品でてきていて、組み立てると右の写真に。

20150626 (1)R20150626 (3)R

それを、以前も使っていた排水用のホースに取り付けた。

20150626 (5)R20150626 (6)R

組み立てたホースを、プラスチックの流し槽に取り付ける。

20150626 (7)R

排水ホースの先は、汚水タンクへと導く。

まだ使用していないが、流し槽の底が平らなため、金属の部品が底面より1ミリほど高くなり、少し水が残るのではと心配でもある。

そうなるのであれば、熱湯かドライヤーなどで熱して変形させ沈み込ませようかと考えている。

次の 車中シンク記事は、給水や蛇口をかんがえている。 


最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします


2015.06.29 Mon l 車の改造 シンク作り l コメント (1) l top
2015. 6 .27 土曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



ここにきて、畑の様子が変わって来た。

と言うか、次の段階にステップアップした気がする。

畑には雑草が多くなり、定植した野菜には花が咲き、花が付いた野菜には実がなる。

当然野菜によって 生長のタイミングや過程は違うが、自産から自消へと自段階に進んでいる。




すでに ニラ(今年植えたものではないが)やホウレン草は収穫済み。

今回は新たに、キュウリを初収穫した。

20150627 (1)R

我が家のキュウリは 自己主張が盛んで、自分の名前を叫んでいる。

  (キュウリ)と・・・(笑)。

それとは別に、キュウリとの朝漬け相手に植えていたカブの収穫も始まった。

20150627(2)R.jpg




馬鈴薯の「キタアカリ」にも、やっと花が咲いた。

20150627(4)R.jpg

今まで緑一色だった エンドウにも、色がついてきた。

スナップを含めた 3種類のエンドウを植えている。

20150627 (10)R

20150626 (8)R

20150626 (12)R

白い花が2つあるが、1つはスナップエンドウだ。

20150626 (14)R

最後に、ブドウの花房の花が開いた。

この花一つ一つが、あのつぶつぶのおいしい実になるのを想像すると心が弾む。

こうして、播種から定植、生長、開花、結実、収穫と 段階を踏んで 命を頂き命を育む。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします


2015.06.27 Sat l 自産自消の少農生活 l コメント (4) l top
2015. 6 .25 木曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



時間が足りな~い ‼

高齢者の仲間入りをしたのに、今週は時間が足りない。




定年を少し前に、自主退職し11年目を迎えた。

現在66歳だが、今は第2の職場で10年目の仕事をしている。

20150925 (2)

もちろん所得は、現役時代の3分の1程度だが、年金も頂きありがたい。

受託のような仕事をしていて、件数で数えて評価される。

遠いところで片道1時間半、現場で約1時間程度の仕事だ。

往復で3時間+現場仕事1時間に、事務処理1時間で約5時間になろうか。

もちろん、近間もあり、移動時間をさほど必要としないのも多い。

事務処理は、事務所でも自宅でも出来、月平均30件ほどの仕事だ。




今週の仕事量はやけに多く、1週間に11件を抱えていて忙しい。

この仕事の魅力は、仕事をこなしていれば時間を束縛されいないところだ。

仕事がなければ 休みに決めていて、もちろん近場の仕事であれば早く終わる。

後は畑仕事や買い物など、自由にできるところが気に入っている。

現役時代の半分ほどの時間しか働いていないのだろう。。

したがって、ブログを書く時間もあるはずなのに、今週は時間が足りない。




野菜たちは今成長期で、ぐんぐんに伸びている。

キュウリやトマトは、1週間ほどで整枝や誘引しなければならなくなる。

畑の草も、野菜に負けずと頑張っていて、草取りをしなければとあせる。

20150925 (3)R

追肥もやりたい、マルチをはがしたいなど、気が気でないが今週は時間がない。

ましてや、先週から、車中のシンクづくりを手掛けている。

のんびりと老後を過ごすには、もう少し年を重ねねばならないのか。




などと、悩みを言うのは年寄りの贅沢なのだろう。

少ないながらも仕事にあり付き、ある程度の時間が持てる。

いわば好きなことをしながら、時間も持て余さないのはうれしいはず。

少し仕事をしながら小遣いを稼ぎ、家庭菜園を楽しみ、孫らと遊びたいのが本音。

20150925 (1)R

多少仕事が多くなり 時間が足りないというのは、贅沢な悩みなのだろう。

そう思いながら、もう少し時間がほしいとなと思う年寄りであった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします


2015.06.25 Thu l 祖父母と孫 l コメント (12) l top
2015. 6 .23 火曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



10年前にも、移動式流し台(使用後は棚の上に移動した)を使っていた。

今回の流し台は固定式で、清水タンクは20リットルを用意した。

さて、前回の時は汚水タンクが10リットルだったが、今回は20リットルにするか迷った。

いざシンクの外形を決めようとしたとき、やはり結果的に20リットルにする余裕がない。

清水は米を炊いたりコーヒーやお茶を入れたりと、体内で消費してしまう水もある。

今までの経験から、洗い水など汚水となるのは、使用する清水の半分だった。

結果的に今回も、古い汚水タンクの10リットルをそのまま使うこととした。




古い汚水タンクは、こんな感じの10リットルの物を使っていた。

20150619 (2)R

汚水タンクの水を処分するのに、いちいちタンクを取り出すのは結構大変だ。

そこで、タンクを取り出さずに汚水をすてれるように、工夫していた。

底に近い部分には、こんなコックの水を止める部品とホースを取り付けていた。

20150619 (3)20150619 (4)

コックをひねって 汚水を出し、バケツなどで受け止めて処分出来るようにした。




流し台からの水を汚水タンクに入れるには、タンクに付属のホースを利用。

20150619 (6)20150619 (7)

付属のホースを短く切って、排水用蛇腹ホースをぴったり差し込んだ。

20150619 (9)R

もし水が漏れたり悪臭がしたりした場合は、ビニールテープで密閉出来る。


この次の 車中シンク(3)は、流し台の工夫を記事にしたい。


最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2015.06.23 Tue l 車の改造 シンク作り l コメント (2) l top
2015. 6 .21 日曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



新芽や脇芽の先端がポリシートに接触するほど大きくなり、悲鳴を上げていた。

1週間前の14日にトマトとキュウリのトンネルを取り外した。

トマトやキュウリは狭い牢獄から?解放され、のびのびと天に向かって伸び始めた。

キュウリの背丈は1週間ほどでかなり伸び、胸のあたりまでになった。

20150621 (2)R

待望のキュウリのベビーも、15センチほどの大きさまで生長し、初収獲も間近だ。

20150621 (3)R

何よりうれしいのは、トマトの第1花房に、多くのトマトが着果したことだ。

20150621 (4)R

先日も触れたが、音叉による振動受粉のおかげだと思っている。




玉葱も肥料が効いているせいか、8~10葉で茎の太さも15ミリほどとなった。

20150621 (1)R

我が家自慢の在来インゲンも つるが伸びて、立てた手を昇り始めた。

20150621 (9)R

豆の生長も早いが、地上の草も負けていないようだ。






種から育てたナスも、多少葉に穴があるものの、今のところ順調だ。

20150621 (11)R

だが、我が家のナスは、満足するほど収穫が出来たことはない。

暑くなると葉がしおれて落ち始め、花も付けず枯れて行くような様子となる。

聞いたところによると、ナス科の病気で土壌菌のせいらしい。

半身萎凋病ではないかと、農業技術の専門家が教えてくれた。

早く開いた花は、収穫までたどり着くが、遅い花はナスが大きくならず固くなる。

土壌殺菌するしかなく、素人には手におえないので、収穫できるものだけ食べている。

訪れているブログにも、最近その旨の悩みが記されいるのが目立つ。

秋になると多少は回復して花も付けるのだが、その間のロスは大きい・・・・。




トウキビも、ますます大きくなっている。

20150621 (12)R

そして、第2弾として10日前に植えたトウキビも発芽が順調だ。

20150621 (14)R


だが、我が家の畑で一番心配なのは、馬鈴薯。

20150621 (15)R

左側の2列は 普通に土寄せしている馬鈴薯だが、右の2列はマルチ栽培。

マルチの方は 明らかに発芽が遅く、発芽していない株も結構ある。

1株の収量や芋の大きさは分からないが、欠株となっているということは減収だ。

土寄せしない分 体は楽だが、減収するのなら問題であり、来年の課題だ

いずれにしても、全作物よ 「早く来い来い 収穫期」 と言ったところか・・・。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします


2015.06.21 Sun l 自産自消の少農生活 l コメント (4) l top