FC2ブログ
2015. 6 .21 日曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



新芽や脇芽の先端がポリシートに接触するほど大きくなり、悲鳴を上げていた。

1週間前の14日にトマトとキュウリのトンネルを取り外した。

トマトやキュウリは狭い牢獄から?解放され、のびのびと天に向かって伸び始めた。

キュウリの背丈は1週間ほどでかなり伸び、胸のあたりまでになった。

20150621 (2)R

待望のキュウリのベビーも、15センチほどの大きさまで生長し、初収獲も間近だ。

20150621 (3)R

何よりうれしいのは、トマトの第1花房に、多くのトマトが着果したことだ。

20150621 (4)R

先日も触れたが、音叉による振動受粉のおかげだと思っている。




玉葱も肥料が効いているせいか、8~10葉で茎の太さも15ミリほどとなった。

20150621 (1)R

我が家自慢の在来インゲンも つるが伸びて、立てた手を昇り始めた。

20150621 (9)R

豆の生長も早いが、地上の草も負けていないようだ。






種から育てたナスも、多少葉に穴があるものの、今のところ順調だ。

20150621 (11)R

だが、我が家のナスは、満足するほど収穫が出来たことはない。

暑くなると葉がしおれて落ち始め、花も付けず枯れて行くような様子となる。

聞いたところによると、ナス科の病気で土壌菌のせいらしい。

半身萎凋病ではないかと、農業技術の専門家が教えてくれた。

早く開いた花は、収穫までたどり着くが、遅い花はナスが大きくならず固くなる。

土壌殺菌するしかなく、素人には手におえないので、収穫できるものだけ食べている。

訪れているブログにも、最近その旨の悩みが記されいるのが目立つ。

秋になると多少は回復して花も付けるのだが、その間のロスは大きい・・・・。




トウキビも、ますます大きくなっている。

20150621 (12)R

そして、第2弾として10日前に植えたトウキビも発芽が順調だ。

20150621 (14)R


だが、我が家の畑で一番心配なのは、馬鈴薯。

20150621 (15)R

左側の2列は 普通に土寄せしている馬鈴薯だが、右の2列はマルチ栽培。

マルチの方は 明らかに発芽が遅く、発芽していない株も結構ある。

1株の収量や芋の大きさは分からないが、欠株となっているということは減収だ。

土寄せしない分 体は楽だが、減収するのなら問題であり、来年の課題だ

いずれにしても、全作物よ 「早く来い来い 収穫期」 と言ったところか・・・。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします


2015.06.21 Sun l 自産自消の少農生活 l コメント (4) l top