FC2ブログ
2015.11.11 水曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



寒い冬が近づいている北海道だが、初雪こそ降りたがまだ雪野原ではない。

いつ雪が降ってもおかしくない時期だが、年末ぎりぎりまで根雪にならない年もある。

そのような状況の中で、昨日から灯油漏れで大騒ぎをしている。

と言っても自分の住んでいる家ではないが、自宅の隣の隣の自分名義の家だ。

そこには娘家族が住んでいて、娘からは家賃をもらっている。

田舎町で古い家だが、戸建の5LDK+αで、年間400,000円の家賃は安いはず。

十数年ほど家賃を頂き(購入金額ほど)、名義を書き換えてあげようと思っている。




そんな家(もちろん中古購入)だが、家の中が灯油臭い日が続いた。

北海道の暖房灯油は、こんな490リットルほど入るホームタンクを利用する家が多い。

         20151111 (2)

このホームタンクから家の中に配管を廻し、暖房機やボイラーに灯油を供給する。

業者に調べててもらうと、ボイラーのコックのところから若干灯油漏れが有った。

ところがそこの部品を取り替えてもらっても、配管内の加圧試験すると圧が抜けて行く。

業者が色々調べると、ボイラー付近の銅パイプがぐらぐらしていたそうだ。

さらに調べると、壁から出された銅パイプに亀裂が入っていた。

今度は床下に潜らなければならず、時間も遅かったので翌日(今日のこと)にした。

ストーブが使えず、風呂にも入れないので、娘家族は急きょ我が家に泊まった。




そして今日は、我が家から灯油を20Lポリタンクで娘宅で使おうと灯油を抜いた。

          20151111 (1)

我が家のボイラー付近には、二又にして灯油を取りだすコックとホースを付けている。

タイマーをセットしてタンクに灯油を取り出し、約15分ほどで灯油量を見るのだが・・・。

残念なことに、愛妻がタイマーセットを忘れた。

今度は我が家のボイラー設置場所で、灯油をタンクからあふれさせてしまった。

         20151111 (5)

正確ではないが、こんなな感じなのか・・・。

自分は仕事に出ていたが、それはそれで愛妻も大変な思いをしたようだ。

どのくらい灯油がこぼれたか分からぬが、灯油は裏口から外に漏れ出しもした。

腰に爆弾を抱える愛妻は、重いタンクを移動したり、灯油を拭きとったりと大活躍?

そんな大変な思いをしながら、娘宅ではポータブルのストーブが使えるようになった。




昼から業者が来て、地下に潜り亀裂の入っていた銅パイプ部分(一部)を交換した。

にもかかわらず、加圧試験をすると、やはりまだどこかで圧が漏れているらしい。

床下には、不思議は方向に灯油配管が走っていて、業者も困惑している。

2系列のパイプが走っているとも話している。

その家は娘が入る前に、建て主の後にもう一人が入っていた。

ひょっとすると、ホームタンク(大きい灯油タンク)を移動して、配管し直したのか?

娘宅のボイラー設置場所の外側壁の基礎部分は、灯油でしみていた。

業者の説明では、今回の灯油漏れとは違う漏れが有ったのかもしれないとのこと。

配管そのものが信用できないと判断し、明日は新しく配管をし直すこととなった。

結局、孫らは連泊することとなった。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2015.11.11 Wed l 老後の普段の生活 l コメント (6) l top