FC2ブログ
2015.11.13 金曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



ここ数日、北海道の空知地方は、最低気温がマイナスの気温となっている。

今日と昨日は快晴だが、この地域の昨日の最高気温は、8度程度となった。

私的感覚だが、初雪は早かったもののその後はさほど厳しい日はなく過ごしやすい。

その分冬眠の準備はのんびりしていていながらも進み、徐々に終了に近づいていた。

明日以降は雨模様の予報で、快晴の今日は最後の冬支度を終わらせた。




最後の越冬のための作業は、残りの白菜収穫と紫蘇や豆類の殻を埋めた。

残渣の殻類は、花の残渣と一緒に穴を掘って、その中に入れていた。

最後の残渣を穴に入れ、上に20センチほど土を掛けた。

春にはそこをトラクターで起こすが、起こしても中からは何も出てこない。




白菜の収穫は、早いものはすでに終わらせていたが、定植遅れのものが残っていた。

20151113 (2)R

早い定植と10日ほどしか違わないのだが、生育は極端に違い、収穫は約1カ月遅れ。

全く巻いていないものや巻の弱いものがあったが、それでも30個ほど収穫した。

20151113 (3)R

一部はご近所さんに御裾分けし、20個ほどは冬眠用の地下食料庫に収めた。




収穫までには至らない巻の弱い白菜を3個選び、初めての試験をすることとした。

今年初めて行なうもで、白菜を雪の下で越冬させたらどうなるかを確認したかった。

収穫せずにそのまま雪の下にしただけならば、春の雪解け時には形は無い。

上から雪が積もって白菜は開いた状態で押しつぶされてしまうのだが・・・。

20151113 (4)R

白菜をひもでしばり、開かないようにぐるぐる巻いた。

このまま雪の下にして、春んはどんなになっているか興味深い実験だ。

地下に貯蔵している白菜は、外葉が乾いてくるので、葉をたくさん取り除いて食べる。

春まで置くと、白菜はやせ細ってみじめな姿となるが、それでも大事な食料だ。

雪の下にした白菜が、春に瑞瑞しい状態であったなら、さぞかし美味しかろうにと思う。

そんな淡い期待を抱きながら、ひもでしばった白菜の行方を観察しようと思う。




白菜を収穫していると、エンドウの野良ばえを見つけた。

毎年秋には、植えてあった場所に、落ちた種が芽を出してくる。

20151113 (5)R

こんなに寒い霜の降りる季節でも、元気でいる姿には植物の力強さを感じる。




虫の嫌いな孫には見せられないが、こんなな虫を見つけた。

窓ガラスの外側にあまり見かけない2センチほどの虫がいて、尾の先が長い。

20151113 (1)R

尾の先は卵管だと判断して 「昆虫 長い卵管」で検索するとすぐにヒットした。

昆虫ブログ むし探検広場

コマユバチの仲間で、カミキリムシの幼虫に寄生する寄生蜂だそうだ。

この長い産卵管を、カミキリの幼虫が潜む穴に深く刺し込んで産卵するらしい。

虫に1センチほどまでに近づきすぎて、卵管の先っぽは写真に写っていない。

しかも逆光で色なども良く分からないのだが・・・。

虫の嫌いな孫は、こんな虫を人一倍早く発見しては大騒ぎする。

先日は通学中に、道路にミミズがいると大騒ぎし、上級生に助けられたそうだ。

どんな大人になるかを見届けるため、長生きしなくてはならない。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2015.11.13 Fri l 北国特有の暮らし l コメント (6) l top