FC2ブログ
2015.11.17 火曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



北国の住民と「蟻」にとっては(?)、冬眠に耐えられる越冬用の食料が必要だ(笑)。

今日は先日の固い話題から一変して、「ゆるい」話題で許していただこうと思う。

「ゆるい」と言っても、食料はすべての人間や動物にとっては重要な物で欠かせない。

もちろん我が夫婦や、取り巻く者たち(娘家族ら)も同様で、冬の食料は死活問題だ。

寒い地域(だけではないが)の、保存食として一番にあげられるのは、漬物だろう。

今日の話題は、我が家の漬物事情を紹介するコーナーだ。





春が訪れ最初に漬けるのは、キュウリとカブの浅漬け。

もちろんキュウリは生でも食べるが、大半は漬物として食する。

今年のキュウリは 前半と後半2作に分けて植え、重複している期間は豊作だった。

        20151117 (1)

2日毎に、ボールに切ったキュウリ1杯分を浅漬けにして食べたが、それでも余した。

大した量ではないが、今年初めて置き漬にしようと、しっかり樽に塩漬けにした。

近いうちに、粕漬けにしようと計画していて、2度漬けする酒粕を用意している。




さらに、秋に収穫した大根や白菜、キャベツを使って、5種類の漬物を漬けた。

最初に漬けたのは、我が家では黄色い酢漬けと呼んでいる早く食べれるもの。

生大根を4分割に細長く切り、酢や沢庵の素、砂糖などで味付けした。

2週間ほどで食べ始め、あまり多く漬けていないので、すでに樽を空にしてしまった。

次は白菜の塩漬けで、収穫日の10月23日に2斗樽に山盛りにして重石を載せた。

     20151117 (3)

もちろんすぐに締まって減って来るので、その分を見越して別な樽に白菜を用意した。

白菜の塩漬けも、黄色い酢漬けと並行して食べ始め、もう半分ほどになったのだろうか。





次は大根で、沢庵となまくら漬で、120本ほど大根を干して準備した。

20151117 (2)

沢庵には60本ほど、3斗樽にあふれるばかり入れ、しっかりと重石を載せた。

沢庵は最後に食べ始め、味が変わっても4月の中旬ころまで食べることが出来る。

次はなまくら漬(そう呼んでいる手抜きの漬物)で、残りの大根をただ樽に寝かせた。

上まで重ねた大根に、味噌と酒粕、醤油、砂糖などを混ぜ合わせた液体を流し込んだ。





最後はニシン漬けで、大根や白菜、キャベツを切って、ニシンや麹と漬け込んだ。

これも1度に樽に入らないほど多くの材料を用意し、重石を乗せ減らして追加した。

全て愛妻が亡き母のメモと経験を頼りに漬け、自分は場所の移動と石乗せだけだ。

20151117 (6)

漬物樽は台所の窓下(家の陰で積雪が少ない)場所に置き雪よけにシートを掛けた。

我が家は丑と午の夫婦で、共に漬物が大好きで自分もせっせと漬物を出してくる。

「牛と馬ほどたくさん食べる」と、二人で笑いながらおいしい漬物を頬張る。

時々(しょっちゅう?)漬物付きの娘らも、口を開けて寄って来るので消費ははかどる。

今年も冬の長い期間を、漬物が食卓をかざってくれるのだろう。

おいしい漬物に感謝し、愛妻に感謝、自然に感謝、畑に感謝、動ける体に感謝だ。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2015.11.17 Tue l 北国特有の暮らし l コメント (7) l top