2016. 1.31 日曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



突然ですが、今日 北海道上川郡美瑛町の白金温泉に来ている。

有名な青い池のすぐそばにある温泉地だ。

突然と言っても、5日ほど前に31日から2月1日まで仕事に空白が出来て決めた。

愛妻に声掛けすると、二つ返事でOKが出て、2泊で温泉に行くことにした。

何処に行こうかと色々考えたり調べたりしたが、突然のことであまり費用はかけれない。

安く泊まれてさほど遠くなく、好きな濁り湯と言ったところが選択条件だろう。

結果は、以前にも行った事のある、白金温泉を選んで2泊予約した。

ホテルは 上川郡美瑛町の白銀温泉 四季の森 ホテルパークヒルズとした。




昼前にホームセンターやドラッグストアーに立ち寄って買い物して出発した。

途中で昼食用にと、コンビニによって弁当を購入。

自分の弁当                    愛妻の弁当
20160131 (1)R20160131 (2)R

コンビニ前で弁当を食べ、空き弁当箱をコンビニのゴミ箱に廃棄して車を走らせた。

三笠市にあるの桂沢湖の脇を通って、富良野を経由して行く路線を選択した。

20160131 (0)




桂沢湖で、夕張市に行く道にかかる橋の上で、湖の写真を1枚。

20160131 (3)R

湖と言っても完全に凍っていて雪がかぶさり、湖か野原かは分からない状態だ。

この写真を撮っていると、橋の下の方から人の声が聞終えて来た。

橋の上から下を覗いて見ると・・・・。

20160131 (6)R

ワカサギ釣りの人が居て、テントが見えた。

20160131 (5)R

テントの中にも人が居て、少なくても4人がいるようだ。




富良野市のAコープ店で菓子や果物、飲料水を買い温泉へ。

愛妻用の雑誌を買ったが、メガネを忘れてきたとのことで、車内用のメガネも購入。

途中で、こんな雪止めにどっしり雪の載っている景色も見られた。

20160131 (7)R

木の上に重そうに雪が乗っているが、これでも折れないで頑張っている。

20160131 (9)R

少しずつ雪の重さに木が曲げられて、まるでイナバウアーみたいな木も有った。

20160131 (10)R

ホテルには2泊するので、ホテルの様子は、明日以降に譲ることとした。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.01.31 Sun l 車中泊 予行演習 l コメント (8) l top
2016. 1.30 土曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



昨日(29日)は一日中、多くは無いがちらほらと雪が降り、まだまだ冬真っ最中だ。

昨日の夜の写真だが、夜中じゅう降りそうな気配だ。

20160129 (1)R

この写真、良く見ると、細い十字のスリットがたくさん入っているのが分かるだろうか。

今日写真を取り込んで気が付いたのだが、網戸をしたままの窓から写してしまった。

秋に汚れを洗った網戸を、再度着けておいたのだが、夜中なので気が付かなかった。

外灯の当たりを見ると、強く降っているの様に見えるが、しんしんと静かに降っていた。





そして今朝の外の風景はこんなにまぶしい。

20160129 (2)R

五日ぶりの晴天で、風もなく穏やかで、直射日光が室温をあげている。

起きてから家の前の除雪を終わらせ、久しぶりの仕事の無い日をゆっくり過ごす。

吹雪の日と穏やかな日を交互に繰り返し、段々と春に近づくのを期待する。




北海道の雪は、特に多いのが、12月から半ばから2月下旬までの期間だ。

3月にも雪は降るが、総体的にはさほど多くない。

気持ち的には1月を過ぎると、あと2月だけ冬眠をしていれば春がやって来ると思う。

そんな意味では冬も半分は過ぎ、雪解けが待ち遠しい時期がそこまでやってきている。

20160129 (3)R

折角作った孫用のそり滑り坂なので、雪に埋もれさせないように除雪も行った。

あと1カ月もすると、長ネギなどの育苗が始まり、春への胸の高まりを感じる。

20160129 (4)R

今後は荒れることなく、いつも間にか春になってほしい。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.01.30 Sat l 北国の冬の暮らし l コメント (4) l top
2016. 1.28 木曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



この度の全国的な低気圧の後遺症は、車の渋滞だけではなく水道にまで発展した。

除雪体制の整っていない地域では、5センチの積雪でも交通の寸断が有るのだろう。

九州方面などを中心に、水道凍結被害は17県もに、大きな被害をあたえたようだ。

テレビニュースを見ていると、北海道では見かけないことに気が付いた。

水道管が地面から屋外に立ち上がってから、屋内に引き込まれていた。

               20160128 (5)R

北海道では、屋内用水道は家の中から立ち上がって、不凍栓も屋内にある。

したがって、家の中が暖かかったら外はどんなに寒くても凍らない。

もちろん屋外の水道は、冬の前にしっかり水抜きしている。




今日は雪も風も有ったが、仕事で車を走らせた。

北海道の冬道の運転は、スリップだけが危険なわけではない。

まずは視界だが、風の強い道路ではこんな防風壁が設置されている。

20160128 (3)R

道路左側の構築物が防風壁で、風を防いで雪を道路の中に運ばないようにしている。

それでも少し風が強くなると、防ぎきれないし、間から風が入って雪を運ぶ。

20160128 (1)R

もっとひどくなると、防風壁も役には立たず視界が効かなくなる。

雪が風で道路に吹き溜まりになると、視界が効かないだけに吹き溜まりも見えなくなる。

20160128 (4)R

そうなると吹き溜まりに車を突っ込んでしまい、全く動けなくなったり追突されたりする。

赤○印の矢印は、除雪幅を知らせるマークで、ひどい時にはこれを目当てに走った。




もう一つの危険は、新雪で覆われた雪道は道幅が分からないことだ。

20160128 (2)R

中央線をまたいで走っているのか、路肩間際を走っているのか見当が付かない。

これに雪が降ってくると、なおさら道路幅が見えず、路肩に突っ込んでしまう。

北海道の雪道は危険がいっぱいで、我々も慣れてはいるが安全運転に徹している。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.01.28 Thu l 北国の冬の暮らし l コメント (8) l top
2016. 1.27 水曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



今日は仕事で、車を現地に片道1時間半ほど走らせた。

到着して 何気なく見ると、こんな形のものに出くわした。

20160127 (11)R

訪問頂いている方が、北国の方なら、目にしているかもしれないのだが・・・・。

これは自然に出来たもので、見て「ざわっとする」と言う人もいるほど醜いかもしれない。

少し引いて写真を写すと、お分かりになっただろうか。

20160127 (9)R

見ていると目がチカチカするのだが、ピントが合っていないようで申し訳ない。




これは車を走らせていると、車に付着した水滴が凍って、こんな突起物になる。

今日は、助手席側だけにしかできなかったが、状況によっては運転席側にもできる。

暖かくて道路の雪が解け、走行中に水しぶきを受けたのだが、車に付いて凍った。

運転席側に付かなかったのは、片側2車線の左側に水たまりが多かったから。

風邪を受けて車体温度が低くなり、助手席側だけに水しぶきを受て凍ったのだろう。

下の写真は、8年前の2月25日の写真で、以前使っていた車。

20160127 (12)R

この時の方が突起の背が高く、ピントも多少はあっているが、やはり目がチカチカする。




行った先の建物に、こんな芸術品もあって、目の保養となった。

20160127 (5)R

はっきりは分からないが、市議会議員の人が氷を彫って作ったそうだ。

そういえば、去年も別な形の彫刻が有ったような記憶がよみがえってきた。

北海道の屋外ではしばらく融けないが、素人の人がつくったとしたら大した力量だ。

これも北海道の魅力なのだろう。




最近愛妻は病院の指示で、朝起きて血圧をはかっている。

多少高いとの事で、注意のためしばらく続けて血圧手帳なるものに記入している。

この血圧計は、自分が「硬膜下血腫」で手術をした後に、血圧が高くなって購入した。

頭蓋骨の内側で脳を包む膜(硬膜)と、脳の表面との間に血液が溜まったのだ。

左右のこめかみの上の髪の生え際の当たりに、左右共に血腫が溜まった。

あまり頭を打った記憶はないが血が溜まったようだ。

自分は記憶にないが(笑)頭蓋骨の左右に、ドリルで穴を開け血を抜いた。

それから血圧が高くなり、今は薬を飲み続けている。

手術と血圧が、関係あるのかは分からぬが、上で140程度だから大したことは無い。

愛妻と血圧の話をしていると、「私はここも高いから」とお尻を指さした。

普段 冗談の言わない愛妻だが、「尻圧」と掛けたみたいで意外だった(驚)。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.01.27 Wed l 北国の冬の暮らし l コメント (10) l top
2016. 1.26 火曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



2年前の我が家に、農業高校の鉢花即売会で買ったシクラメンがやって来た。

真っ赤なシクラメンを選んで買い、愛妻へのお土産としたが 安いプレゼントだ。

2014.11.22 土曜日
20141122 (2)

その後 去年の2月に、知り合いから別な種類のピンクのシクラメンをもらった。

2015. 2 .22 日曜日
20150222 (2)R

春が深まるにつれて、花のつきが少なくなったので、5月頃に水を断って枯らした。

葉の枯れたシクラメンは、乾燥させて土を除いて球根だけにして保管した。

ネット情報などで、シクラメンの再生(と言うのか?)の仕方を知ったのだ。




情報で知った通り、再生を試みて9月上旬に再度鉢植えして、水を与えた。

数日たつと、下の写真の通り芽が出て来た。

2015. 9 .16 水曜日
シクラメン A                    シクラメン B
20150916 (1)R20150916 (2)R

もうすでに 印 のところは葉の形をしている。

シクラメンAは、球根の数カ所から発芽しているが、 Bは1カ所からの発芽だ。





その後、一カ月ほど経過したシクラメンはこんなに生長した。

2015.10 .18 日曜日
シクラメン A                    シクラメン B
20151018 (2)R20151018 (4)R

今度は、小さいつぼみも見えていて、クリスマスころが楽しみに思った時だ。




その後の生長が、思ったよりも遅く、12月でこんな感じ。

2015.12 .12 土曜日
シクラメン A
20151212 (2)R20151212 (7)R

シクラメン B
20151212 (3)R20151212 (8)R

クリスマスが近づいてくるが、つぼみは一向に大きくならず花は咲かないのかと思った。




その一カ月ほど後、クリスマスには間に合わなかったが、1月中旬ころから花が咲いた。

現在のシクラメンの鉢はこんな風で、まだつぼみがたくさんついている。

2016. 1 .26 土曜日
シクラメン A
20160126 (2)R

シクラメン B
20160126 (1)R




シクラメンがクリスマスの花だとは思わないが、ホワイトクリスマスに色を添える。

資料通り9月に植えたのに、クリスマスに間に合わなかったのは、北海道ならではか。

北海道の秋は早く、しかも寒い部屋に長く置き過ぎたためではないかと思われる。

考えて見ると、ネットの情報は 北海道向けの情報ではないのだろう。

少なくても半月、クリスマスに満開にするためには1カ月早く植えなければならない。

「失敗は成功の基」として、今年のクリスマスには、満開に咲かせようと思う。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.01.26 Tue l 普段の生活 l コメント (8) l top