FC2ブログ
2016. 1.18 月曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



今朝の我が地方は低温に包まれ、車のウインドガラスには霜の花が咲いた。

少ないと言われた雪も、いつの間にか降り積もり、屋根の雪を降ろすのも大変だ。

20160118 (2)R

今日は朝から仕事が入っていて、冬で1時間ほど(夏では40分)の所へ出かけた。

20160118 (3)R

道路はこんな感じの圧雪氷の状態で、ブレーキを踏むと「カリカリカリ」と振動がする。

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)が働き、タイヤがスリップしているのが分かる。

路面が滑りやすい状態で、運転していてもスッーとタイヤが横滑りするのが分かる。

最も注意して走らなければならない道路状況で、スピードダウンと慎重運転だ。




写真右側の壁は、風雪を防ぎ吹き溜まりをなくすため、風の強い所に設置している。

20160118 (4)R

これが無いと吹雪の走行時に、吹き溜まりに突っ込んで、車が動かなくなる。

最悪の時は、後ろから追突され、北海道の冬にはなくてはならないものだ。




昨日は放射冷却で気温が下がり、水の温度より気温が下がり川霧が発生していた。

肌を刺すような気温のときなどで発生し、朝夕に霧が周りを包み一冬に数度発生する。

こんな霧の発生した翌朝は、厳しい北海道の寒さを和ませる風景が見られる。

20160118 (12)R

まるで桜が満開となったような風景で、木々が白く化粧をしてしまう。

20160118 (13)R

本当に見とれてしまうような風景で、道産子でもじっと見入ってしまうほどだ。




木々の白い化粧を、拡大して見ると・・・。

20160118 (17)R

さらに拡大すると、枝の一本一本に何やら付着しているのが分かる。

20160118 (19)R

霧となった水蒸気が枝に付着して凍り、その上にさらに霧が付着しながら成長する。

白い化粧に見えるのは、何やら角ばった氷の結晶が集まっているのが見えるだろうか。

いやいや、木々だけではなく、電線にも白い結晶が付着しているのが分かるだろう。

20160118 (21)R

まるで水墨画かモノトーンの世界で、厳しい寒さの北海道でも和める景色が存在する。

20160118 (24)R

こんな景色を数回見ながら、徐々に春に近づき、雪が融け ほんものの桜が咲く。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.01.18 Mon l 北国特有の暮らし l コメント (10) l top