FC2ブログ
2016. 1.23 土曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


普段の寝具は、当然四季によって変わると思うが、暑がりや寒がりで個人差もある。

地域によっても違いはあるし、個人の好みも違うし風習によっても違うのか・・・・。

ベット派も有れば布団派も有り、羽毛布団や綿花布団好み、寝袋派?も有るのか。

20160123 (1)

我が夫婦でも好みの違いで、それぞれのスタイルを守っている。




自分にもあった若かりし頃の独身時代は、ベットを利用していたが今は布団派。

夏冬通して5ミリのマットレスの上に、布団を敷いて寝ている。

自分は丹前派で、愛妻はタオルケットと毛布派で、好みの寝具を使っている。

若い頃の厳寒期は、自分は丹前の上に毛布を1枚、普通の布団を1枚乗せていた。

20160123 (2)

子どもの時から丹前派で、今の愛妻の母(義母)が買ってくれた丹前がお気に入りだ。




ところが、今季の冬はなんだか少し涼しくなり、年を重ねていることを実感している。

年齢を重ねるごとに、間違いなく基礎代謝は少なくなっているのが分かる。

食べる量を少なくしても体重は減らないし、あまり空腹も感じない。

代謝が減ると発するエネルギーも少なくなり、今までの寝具では涼しいのだと解釈。

肌布団を一枚多くすることで、快適な安眠ができ、ぐっすり眠ることが出来ている。

現役の時と違って(今はセミリタイヤ)、朝の起きる時間は目覚ましが要らなくなった。

寝る時間が短くなっていて、5時半から6時ころには自然と目を覚ます。

これも新陳代謝が少なくなっていることを示し、今後も避けられないのだろう




暖かくなるにつれて、使う寝具は少なくなってくる。

丹前がタオルケットに変わり、肌布団、毛布無しと順次変える。

愛妻の現在は、タオルケット2枚の上に毛布1枚、羽毛布団の夏・秋2枚セット。

暖かくなるにつれて、羽毛布団が1枚になり、肌布団、毛布無と順次変わる。

2人とも最も暑い時期は、タオルケット1枚で過ごす。




去年ハイエースを購入してから、車中泊の寝具についても試験してきた。

車内に長椅子兼ベットを設置したので、敷布団として長座布団2枚を重ねている。

その上には、寝袋2枚に毛布、肌布団を季節に合わせてアレンジする。

トイレに行くときにはパジャマはまずいので、パジャマ代わりにトレーナーなど着用。

もちろん、、冬は2枚重ねなど厚着で調整し、夏は毛布だけにしている。

12月の中旬の車中泊では、寝袋2枚に毛布、肌布団で何とか過ごせた。

北海道の12月を過ごせたのだから、九州や本州の1,2月は楽勝ではないかと思う。

ただ、寒くて寝れないのは困るので、もう少し防寒対策をしたいと考えている。




4ナンバーの毎年車検ハイエースを買って、後で気が付いたことがある。

全国一周の車中泊の旅は、10月から5月上旬までを予定している。

車検は2月末だが、その時期には北海道にいないので車検は受けれないのだ。

したがって、今年の車検を2月に受けないで、5月末にずらそうと考えている。

その時、5人乗りを2人乗りにして、セカンドシートを取り払って車内を広くする。

日本一周を終えたら、5人乗りに再度変更してもいいと思っている。

今年の雪解け頃には、車検が切れているので車中泊はお預けとなるのだが・・・。

大きは夢の前には、我慢はいくらでもして行くつもりだ・・・。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.01.23 Sat l 車中泊のその他装備 l コメント (10) l top