FC2ブログ
2016. 1.28 木曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



この度の全国的な低気圧の後遺症は、車の渋滞だけではなく水道にまで発展した。

除雪体制の整っていない地域では、5センチの積雪でも交通の寸断が有るのだろう。

九州方面などを中心に、水道凍結被害は17県もに、大きな被害をあたえたようだ。

テレビニュースを見ていると、北海道では見かけないことに気が付いた。

水道管が地面から屋外に立ち上がってから、屋内に引き込まれていた。

               20160128 (5)R

北海道では、屋内用水道は家の中から立ち上がって、不凍栓も屋内にある。

したがって、家の中が暖かかったら外はどんなに寒くても凍らない。

もちろん屋外の水道は、冬の前にしっかり水抜きしている。




今日は雪も風も有ったが、仕事で車を走らせた。

北海道の冬道の運転は、スリップだけが危険なわけではない。

まずは視界だが、風の強い道路ではこんな防風壁が設置されている。

20160128 (3)R

道路左側の構築物が防風壁で、風を防いで雪を道路の中に運ばないようにしている。

それでも少し風が強くなると、防ぎきれないし、間から風が入って雪を運ぶ。

20160128 (1)R

もっとひどくなると、防風壁も役には立たず視界が効かなくなる。

雪が風で道路に吹き溜まりになると、視界が効かないだけに吹き溜まりも見えなくなる。

20160128 (4)R

そうなると吹き溜まりに車を突っ込んでしまい、全く動けなくなったり追突されたりする。

赤○印の矢印は、除雪幅を知らせるマークで、ひどい時にはこれを目当てに走った。




もう一つの危険は、新雪で覆われた雪道は道幅が分からないことだ。

20160128 (2)R

中央線をまたいで走っているのか、路肩間際を走っているのか見当が付かない。

これに雪が降ってくると、なおさら道路幅が見えず、路肩に突っ込んでしまう。

北海道の雪道は危険がいっぱいで、我々も慣れてはいるが安全運転に徹している。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.01.28 Thu l 北国特有の暮らし l コメント (8) l top