2016. 7.31 日曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



本州方面では、真夏日が続いている地域もあるようだが、北海道は涼しかった。

北海道を訪れている旅人からは、寒いくらいだとのブログ記事もあったほどだ。

確かに暑いと感じたことは少なく、暑くても窓を開けると涼しい風が入って来た。

夕方では入ってくる風が冷たいくらいで、窓を閉めることもあった。

7月の末には、北海道にも雨雲が襲い数日雨模様だったが、今日は朝から快晴。

天気予報ではまだ雨雲も残る地域もあるのだが、我が居住地は急に暑くなった。

湿度も上がって蒸し暑く、チョット動くと汗ばんでくるほどだ。




我が愛妻は特に暑がりで、今日はさすがに扇風機の準備を要求された。

北海道の一般家庭にはエアコンは普及しておらず、せいぜい扇風機を利用する。

今日の今日まで扇風機の必要がないほど涼しく、今まで納戸に入れたままだった。

20160731 (4)R

20年以上使ているが、まだまだ現役で故障したことがないのは使用期間が短いからか。

愛妻は凄い汗かきのようで、洗濯や掃除をするときは、半ズボンで活動する。

頭にはタオルを巻き、まるで「ランボー」のように、勇ましい姿を見せ暑さと戦っている。

その愛妻は「朝から暑い」と言いながら、スイカに心を奪われてしまった。

20160731 (2)R

あっという間に水分を補給し、8分の1を平らげてしまった。

20160731 (6)R

だからなのだろうか、我が家はメロンよりも水分の多いスイカを購入する。




この暑さも手伝ってか、我が家の40本のトマトの玉も急におおきくなってきている。

20160731 (10)R

今まで赤くならなくてやきもきしたトマトが、赤みがさして来てあと数日で収穫か。

20160731 (8)R

12本のキュウリも収穫を続けているが、ここにきて1日に大きくなる速度を増した。

20160731 (11)R

病気も害虫もまだ初期のようで、葉もまだまだ緑で花も多く小さなキュウリも多い。

種から育てた12本の内、初めから1本の木が、明らかに他の木と違う葉だった。

そして生長も違ったが、やっとこんな太キュウリが採れた。

20160731 (12)R

長さは5分の3で、太さが2倍ほどある(下のハサミは20年ほど前から使う年代物)。

毎年キュウリは1段目と2段目に分けて育てていて、2段目もこんなに育ってきた。

20160731 (15)R

今日2段目のキュウリを定植したので、採れ始めると去年に続き大豊作になるのでは。

その豊作のキュウリは、こんな風に10本ほど切って塩を振るだけでしばらく置く。

20160731 (31)R

水分がにじんできた頃、下の漬物器に入れ暗くなるまで加圧する(写真は撮り忘れ)

20160731 (32)R

寝る前にはこのようにビニール袋に入れ、冷蔵庫で保管する(写真は食して減っている)。

20160731 (33)R

10本ほどだと、夫婦2人で2日間ほどでなくなるので、2日毎に漬ける必要がある。




もう1カ月以上も前から皆さんのブログで紹介されている紫陽花も、大きく開いて来た。

20160731 (16)R

4種類ほどのアジサイが満開で、娘1号と2号が母の日に愛妻に贈ったもの。

20160731 (17)R

我が実姉が、母に贈って来たものも入っている。

これだけ暑くなって、アジサイが似合うかに合わないかは地域によって違うが・・・。

今が一番アジサイが元気なようだが、アイサイはこれからへばっていく季節だ。






最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.07.31 Sun l 普段の生活 l コメント (12) l top
2016. 7.30 土曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



今日は、去年亡くなった母方の叔母(母の義妹)の一周忌法要が札幌で営まれた。

   20160730 (2)

母の兄弟は、長女、次女(母)、長男(40代で他界)、次男(今年の正月他界)の4人。

それぞれの相方も含め8人の おじ・おば だが、すでに全員この世を去っている。

同じ町にいて良く行き来していた次男である最期に残された叔父が、今年他界した。

今日の法事は、自分が中学生の時に、若くして他界した長男の連れ合い。

叔母は母の2年と3日後にこの世を去り、その5カ月後に次男である我が叔父が他界。

40代で亡くなった長男と、54歳で他界した我が父以外は、90まで長生き出来た。

やはり長寿世界と言っても、間違いではないのだろう。



その法事に集まったのは約25人で、子どもが3人、2~30代が4人で、後は高齢者。

母の4兄弟の子供に当たる 我が従妹連中も9人集まったが全員が60代又は70代。

自分が67歳で、年下が2人、それ意外は年上の者ばかりで、まるで老人クラブだ。

     20160730 (1)

近況や最近の出来事などを報告し合い、しばらく会わなかった空白の情報を埋めた。

当然リタイア又は自分のようなセミリタイア組みばかりで、なんだか陰気くさい(笑)。

従兄連中の子どもたちは当然巣立っていて、今は全員が夫婦2人だけで暮らす。

法事での話題と言えば、老後の暮らしや体調の不良、薬の話が主体。

まだ明るい話題としては、孫の話と家庭菜園、趣味の話で一息ついた。



その従妹連中は、体のあちこちに心配を抱えている。

ピロリ菌は退治したのに、胃潰瘍だとして一昨日胃カメラと組織採種をした従兄。

「悪性が考えられるのでは」話し、その結果を心配していて元気がない。

20年経過したらみんな90代になりそうなお年頃で、老後の心配には事欠かない。

自分のように娘だけの従兄もいて、仏壇や墓守の心配も・・・。

    20160730 (3)

あと、5年や10年は元気でいたいなど、消極的な話題が多いのも確かだ。

自分はと言うと、75歳まで元気でいれればいいと思っている。

来年は日本一周の旅を実行する予定で、5年ほどその余韻に浸りたいと考える。

時間もあるし道具(車中泊用ハイエース)があり、今まで頑張って来た分遊び回る。

その後は、ポックリ逝っても悔いは残さないつもりだ。

だが一番悔いが残るのは、体に自信がなくなり、ぐずぐずといつまでも逝けないこと。

そんなことを考えさせられた一日だった。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.07.30 Sat l 普段の生活 l コメント (12) l top
2016. 7.29 金曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



7月27日のブログで「トウキビの 種取りと 発芽試験」なるものを書いた。

それには、「自分は子供の時からトウキビ」と読んでいると記した。

「北海道、東北、四国、九州、沖縄ではこう呼ばれているらしい」とも記した。

「ひでさん」から「石川でもとうきびと言います」とのコメントをもらった。

20160729 (1)R

我が家の畑のトウキビで、植える日は同じで黄色線はマルチを敷いている差だ。




親から譲り受けた土地があるので、10年ほど前から家庭菜園を引き継いだ。

丁度現役をセミリタイアした時だったので、時間も以前より余裕が出来た時期だった。

それ以来、見よう見まねで母から家庭菜園を引き継ぎ、今日に至っている。

従って、家庭菜園の話題には耳をとがらせ、目を皿にすることが多い。

先日、ある研究機関のイベントに参加し、ブログ話題にも成り得る情報を収集してきた。

そのイベントで、「とうもろこしとは」の情報を得たのだ。

農林水産省では、「スイートコーン意外をとうもろこし」と定義するそうな。

スイートコーンを「未熟な状態で、収穫する甘味種」としていて、それ以外とのこと。

つまりは、「とうもろこしとは実を完熟・乾燥させて収穫するもの」らしい。

普通にゆでて食べればスイートコーン、乾燥させればとうもろこしと言うことか?

我々素人が分けて呼ぶ名前とは、少し次元の違う分類のような気がする。



そのイベントでは、肥料によるトマトの生育差も紹介していた。

窒素肥料を2倍     窒素肥料与えない   適正肥料(pH6) 強酸性土壌(pH4)
20160729 (2)R
葉過繁茂尻腐れ    生育悪葉色薄い     適正生育    Ca吸収できず尻腐れ

肥料や酸性度 が、いかに植物に影響を与えるかが分かったのだが・・・・。

それでもきっと、適当に肥料や石灰をやりながら野菜づくりをするのには違いはない。   




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.07.29 Fri l 自産自消の少農生活 l コメント (10) l top
2016. 7.28 木曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →




下の記事は、ブログを始めた1ページ目の記事だ。

201. 7.28 月曜日  記念すべき1ページ目

FC2を始めましたが、掲載方法は何も分からずしばらくは「建築工事中」となりますのでご了承ください。

旅行のページにしたいのですが、どのようなページになることやら。

2016年ころの紅葉と共に南下し、桜と共に北上する 「夫婦2人での車中泊 日本一周200日の旅」 に向けて、現在車中のレイアウトを考えたり、観光地の資料集めたりしている。

白地図に観光予定地を記入したり、Googleマイマップにマッピングしたりして、すでに心は旅立っている(この世にいるが)。

ブログを始めたきっかけは、「深谷ねぎさんの 日本一周 たそがれの旅」 (リンクしてます) に出会ったため。
同じように日本一周の車中泊の旅を計画中で、旅日記をアップしようとHPを建設中だったが、パソコンも変わりHP用のソフトを購入しなければならないのが面倒だった。

徐々にFC2を使えるように設計を勉強中だが、しばらくは建設場所の整地に努める。


2年前の今日、こんな書き出しでブログを始めた。

「日本一周の旅は2016年の秋に」としているが、2017年の1年先に延ばした。

当初の予定より、長く仕事が出来るようになり、伸ばすことで軍資金が獲得できる。



当初は、全国一周車中泊の旅日記の予定で始めたブログだが、出発はその3年後。

結局それまでに時間があり過ぎ、ブログの話題も家庭菜園や老後の生活にも広げた。

2年間で書いた記事の本数も、528件となり、10日で7件ほどの割合で更新。

多いか少ないかは人それぞれだろうが、途中でブログ依存症なるものにもなった。

それでも放棄することなく、カウンターを外したり、カテゴリーの配分率を変えてきた。

おかげで依存症は何とか克服することもできて、楽しみながらブログを更新している。



何といっても、本来の旅はまだ1日も始まっておらず、旅行記も記していない。

確かにその準備やお試し車中泊記は、その前段としてアップしてきたが・・・。

言うならば、本来の目的は何一つとして達せれていないのだ。

ブログを始めてから、昨年の春に車中泊車となるハイエースを購入した。

その後はハイエースを改造したり、定員を減らしてセカンドシートを外したりした。

ベットを作り、流し台を作り、テレビを設置(壊れてしまったが)したりと、準備は進む。

サブバッテリーもセットし、ソーラーパネルシステムから充電も出来るようにした。

立ち寄り先をリストアップしたり、Googleのマイマップに旅の行程も記す準備も出来た。

留守宅の防犯設備の設置も終わり、除雪対策を依頼する事も考えている。

少しずつではあるが、着々と準備は進んでいる。



日本一周の出発は、2017年の9月末の 大雪山の紅葉から始める予定だ。

紅葉と共に南下し、沖縄県や九州の桜と共に北上するのが旅の目的だ。

春の連休までの200日ほどの旅行記をリアルタイムで書くのは、大変だと思う。

お試し車中泊でも書いてきたが、結構な時間がかかる。

これには、写真での紹介を主体にした旅行記の構成で、時間をかけないブログに。

Excelにデータを残そうと思っているが、そのデータを直接ブログに反映させる。

そんな方法も考えながら、まだ14カ月もある時間を、さらなる準備に当てたいと思う。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.07.28 Thu l FC2との戦闘記 l コメント (12) l top
2016. 7.27 水曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



世間ではスイートコーンとかトウモロコシと呼ばれるが、自分は子供の時からトウキビ。

調べて見ると、北海道、東北、四国、九州、沖縄ではこう呼ばれているらしい。

従ってブログでもトウキビと呼んでいて、我が家庭菜園には毎年なくてはならない。

3回ほどに分けて植えているが、約200粒ほどの種をまいている。

全てが発芽するわけではなく、発芽しても実を付け無かったり小さかったりと色々。

遅く蒔き過ぎて全くダメだったりしたこともあり、食べれるようになる量はしれている。



当然種は1袋では足りず、安い種を買っても結構な価格となる。

そこで去年の秋に、種が取れるのではないかと、採種試験をすることにした。

20160727 (10)

こんな小さく、ハネ品のようなトウキビだが、物は試しにと乾燥させたのだ。

ところが今年、その乾燥したトウキビの種が、蒔くときにどこにしまったのか失念した。

この歳になるとチョクチョクあることなので、あきらめて買ってきて蒔いたのだ。

     20160727 (5)

マルチ有りと無しが有ったので、結局4段階のトウキビが生長している。



ところが、ひょんなことから、乾燥させた種取用のトウキビが見つかった。

もう種まきには遅い時期だが、果たして発芽するのか知りたく試験することとした。

試験を始めたのは、24日。

20160727 (1)

20160727 (2)

これだけの種を取って、湿らせた紙の上に並べた。

20160727 (3)

その上から同じ紙を乗せて・・・。

20160727 (4)

20160727 (0)R

こんな風に、乾燥しないようにどんぶり(畑作業用に100均で買ったもの)を乗せた。

そして今日、そのどんぶりを取って、上にかぶせていた紙を取ってみると・・・。

20160727.jpg

何と、こんなに早く発芽を始め、芽と根も出ているものもある。



家庭菜園をしている方では、種取は当然のように行っている方もいるようだが・・・。

自分はミニトマトの種取りをしたことはあるが、他のものは皆無だ。

今年はサヤエンドウも種を採りたいと目論んでいて、収穫していないエンドウがある。

20160727 (12)

種にもF1種と言って一代交配の種があり、種取には向かない品種もあると聞く。

種取をしても同じ品種のものにはならず、原種に戻ってしまうからだ。

赤く細長い「あいこ」の種取を数年続けると、丸いミニトマトの実が付いたのが証拠。

同じ品種にならないのかもしれないのだが、貧乏セミリタイア生活の家庭菜園だ。

経費を掛けない野菜づくりも、今後のリタイア生活を考えると、必要になるのだろう。

自分で種取をして行なう家庭菜園も、これまた楽しみなものだ。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.07.27 Wed l FC2との戦闘記 l コメント (10) l top