2017. 1.31 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


2017年がスタートして、すでに 1 カ月が過ぎようとしている。

すでに1カ月と言いたい人と、まだ1カ月と言う人の双方がいると思うが・・・。

「すでに」と「まだ」では、人それぞれの事情によって違っているのだと思う。

自分の経験でいうと、待ちわびるときは遅いと感じ忙しい時は早いと感じる。

そして、若い時(10代まで)は遅いと感じ、年を重ねてからは早く感じる。



本来、この年齢になると、時がたつのは早く感じるものと思うのだが・・・。

今の自分は、今年待ち遠しいことが有るので、やっと1カ月が過ぎたとの思いだ。

8月末に完全リタイアを控えているので、たった8分の1が経過したに過ぎない。

又、10月初めには旅に出かける楽しみがあり、まだ9分の8も残っているのだ。

そうとは言え、時計は確実に時を刻んでいるし、針はとまってはいない。

時の進むのが遅く感じても早く感じても、太陽が昇らない日もなく確実に時は流れる。

その時が来るのをじっと待ち 準備を進めながら早く来いと叫んでいる(笑)。

自分もあせらずに、その日がくるのを楽しみに 1日1日と待っているのだ。



1月26日に世界の終末時計が、30秒も一気に進んだとするニュースを見た。

米科学誌が、核戦争などによる人類の絶滅(終末)を午前0時とした時計だそうだ。

たかが20秒と思ったが、その残っている時間が2分30秒と言うからただ事ではない。

その原因は、トランプ氏のアメリカ大統領就任だと言うから驚きだ。

トランプ大統領の核に関する発言が、人類の最後に影響を与えると言う物騒な話。

この残り2分30秒が、どれだけの猶予なのかは分からないが、人騒がせな話だ。

この時計は、後戻りも可能なのだから、ぜひとも平和な世界が実現してほしいものだ。



世界の終末は、実際にあと2分30秒で迎える訳ではなく、永久に来ないかもしれない。

だが、我が(万人だが)人生の終末は、確実にやって来る。

生まれてから死亡するまで、何年何日と何時間生きるかは人それぞれだ。

短い人もいれば長い人ともいて、我が父は54年、母は92年だった。

果たして自分の終末時計が、あとどれだけ残っているかは神のみぞ知るところだ。

そんなことを考えると、今年に入って間違いなく1カ月が過ぎたことは大きい。

今のところ終末が早くなる理由はないが、あと5年、10年・・・せいぜい20年か。

20年だとすると87歳なので、男としてはそれでも十分なのだろう。

その残りの人生では、出来るだけ長く、自分で食事やトイレ、風呂だけはして行きたい。

そう考えると、20年=240カ月の内の 1カ月が過ぎたのは、とても大きい事だ。

「リタイアしてからが我が人生」の持論は大袈裟だが、残り少ない人生を謳歌したい。

リタイアまで、あと7カ月だ。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.01.31 Tue l 普段の生活 l コメント (4) l top
2017. 1.30 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


我が夫婦は似た者同士で、腰痛持ちで苦労している。

寝込むのは、風邪かインフルエンザと、腰痛と決まっている(笑)。

愛妻も度々(というか最近は無いが以前はしょっちゅう)、ギックリ腰に見舞われていた。

愛妻の場合は、遺伝としか言えないようで、母親(自分の義母)も度々ギックリ腰に合う。

割と若い頃からギックリ腰に見舞われ可愛そうだが、そのうち自分が襲われた。

自分よりも愛妻の方が頻度は高く、シップを貼ったりチューブで巻いたりと忙しい。

20170130 (1)

こんなチューブは、整体師の方に教えられて以来、ホームセンターで購入。

腰に巻くのではなく、下腹部やお尻のあたりに巻いて絞めると楽なようだ。

腰を痛めた時の辛さは、なった人にしか分からないのは、尿管結石と同じだ。

食事の準備もトイレも風呂にも影響し、要するに日常生活が出来なくなるのだ。

多い時には月に2度の時もあり、そんな時にはもちろん相方の自分にも影響して来る。

あまり大きな声では言えないが、そういえばここ1年ほどは無事でいるようだ。

「しばらくない」と口に出したとたん、すぐになってしまうなんてこともあり内緒の話だ。



自分の場合は、腰を感じ意識し始めたのは40代後半の頃だろうか。

その時は痛いと言うより、左腰に違和感があって1点に何かが埋まっている感じだ。

鉄棒にぶら下がると引っ張られて、気持ちよくなるのではと感じていた。

腰に負担がかかると、段々と痛みに変わるようになり、立ちっぱなしが腰に悪いようだ。

以前の仕事は、1日中立っている時もあり、歩いている時より負担がかかった。

最初のギックリ腰は、孫2号が2歳くらいのときに抱き付かれた8年ほど前・・・・(笑)。

まだ若いつもりで受け止めた時にそれは突然やって来た。

その後大したことをしていないのに、急に痛くなることがあった。

いままでギックリ腰に4~5回襲撃され、その度に2~4日ほど寝ていた。

ひどい時は歩くことも出来ず、階段は這って上がり、便器から立ち上がれない(笑)。

20150831 (1)R

母のために取り付けた手すりが、自分を助けてくれることになった。

たいていの場合は、「やってしまった」引き金や認識があるはずなのだが・・・。



先週の金曜日くらいから、何だか立ち上がる時に腰が痛い。

ギックリ腰かは分からないが、寝込むほどではないので腰にベルトを巻いて過ごした。

畑仕事や中腰の作業など、腰に負担がかかった翌日も痛くなるが、そんな感じだ。

20170130 (2)

買って持っていたものはこんなベルトの白いもので、ホームセンターで購入。

こんなベルトを腰に巻くだけで、腰の負担軽減になるので愛用している。

今日は少し腰痛も軽減したようで、これから楽になっていくようだ。



実は、去年の12月30日に初日の出を見に行った時、車に乗っていて腰が痛くなった。

根室到着時には、ハイエースの座席に座っているだけで痛みを感じていた。

車から降りた時は腰が真っ直ぐに伸びず、やっとの思いで真っ直ぐにした。

帰路に就くときには我慢して座ってられず、クッションを腰に当てて調整した。

ハイエースのシートに、薄い座布団を2つ折りにして隙間を埋めると楽になった。

ワゴンRのシートは何でもないのだが、ハイエースのシートと腰部分の形状が違うのか。

今後の長旅を考えると、腰用クッションが必需品となり、現在探しているのだが・・・。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.01.30 Mon l 普段の生活 l コメント (14) l top
2017. 1.29 日曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今年の北海道の天気も(全国的か?)、本当におかしい日が続く。

今年の当地の雪は非常に少なく、雪はねに楽しているがこのまま冬が終わるのか。

はたまた この反動で、2~3月が大雪に見舞われはしないか心配になって来る。

ここ1週間でも安定しない天気が続き、猫の目のようにくるくると色が変わる。



今月25日の水曜日までは、しばらく氷点下10度を下回る最低気温が続いた。

ある意味安定した低温だったのだが、その後は日毎に気温が上がったり下がったり。

翌26日は気温が戻ったものの、27日には雨が降ってしまった。

1月27日(土)の写真
20170127 (5)R

そして28日には今度は低温と雪、風がひどくなり、外に出るのもはばかられる日となった。

台所の窓から外を眺めると、雪が窓ガラスに吹き付いていて、風の強いのが分かる。

20170129 (1)R

除雪に出なければ、車も家の前に入れれなくなるし、長靴でなければ歩けない。

20170129 (2)R

ドアを開け閉めしているので雪は落ちたが、玄関の状態を見ても吹雪いたのが分かる。

20170129 (3)R

除雪をしたのにもかかわらず、夕方には再び歩く道だけを除雪した。



そして、さらに一日明けた今日29日は、再び気温が上がって穏やかな天気だ。

朝から好天が続き、車庫の屋根の雪もきれいに落ちた。

20170129 (4)R

明日以降は又、気温が下がり、明後日からは氷点下10℃を下回るらしい。

そんな天気の繰り返しをしているうちに、冬が去っていくのだとは思うが・・・。

局地的な大雪や大雨が増えているようで、地球は変わりつつあるような気がする。

去年の台風も今までと軌道がちがっているようで、今後の天候が気になるところだ。

何だか、知らず知らずうちに地球が変な方向に進んではいないかと感じる。

二酸化炭素の排出が、地球温暖化を生んでいるとか、いや違うとか・・・。

素人にはその辺の仕組みは分からぬが、異常気象が多くなっているのは肌で感じる。

真綿で首を絞められるように、気が付かないうちに地球が壊れて行くのか・・・。

茹でカエルのように、人類も気が付いたら死んでいたとか(死んだら気が付かないが)




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.01.29 Sun l 普段の生活 l コメント (6) l top
2017. 1.28 土曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


昨年の大みそか12月31日に、去年最後で今年最初の車中泊に行って来た(笑)。

結構早く到着したが、アンテナの方向を色々試したが、テレビが映らなくて早く就寝。

電波の方向が分からずアンテナを回転させたが、結局「電波が弱い」と警告出た。

日中だと民家の屋根のアンテナで方向が分かるが、夜だと見えないのだ。

民家の無い所での車中泊もあり得るので、本当は無指向性のアンテナが良いのだが。

もうすでにアンテナを購入して設置したので、高価な無指向性のアンテナは考えない。



テレビはDC12V用なのだが、アンテナのブースターはAC100V。

無題

12Vのスイッチ一つでテレビもブースターも電源が入れれるようにしてある。

だが大みそかの日は、インバーターの接触が悪かったのだとあとで気が付いた(笑)。

電波の強さも方向も分からないのが原因で、今までもこんなことがあったのだ。



先日、昨年お会いした以前から親交のあったブロ友「気旅」さんからメールが来た。

車中泊を愛好するブログの方からで、テレビ電波に関する事のメールだった。

バッテリーや荷物で工夫し、手作りベットなどを作っている気旅さん(リンク)

「手元に電波チェッカーがあるが全く使っておらず、今後も使うことが無い」とのこと。

「これを良ければ、たびいくひとさんに差し上げます」との嬉しい申し出だった。

ブロ友とは言え本当に頂いていいものかと思ったのだが、有り難く頂くことにした。

先日その電波チェッカーが届き、雪が融けたら取り付けようと考えている。

       20170128 (2)

左の黒い商品が贈って頂いた電波チェッカーで、まだ新品のようだ。

右はその後買って来た、電波チェッカーにアンテナ線を取り付けるためのコネクター。

    20170128 (3)

箱からそれぞれ取り出したのが、上の写真となる。

   20170128 (1)

良く調べていないが、右の端子にアンテナ、左の端子にテレビを取りついけるのか・・・。

アンテナの向きを調整することで、電波の強さのレベルがランプで知らされるようだ。

これがあると、電波の向きにアンテナを向けることが出来て、電波の強さも分かる。

有り難く頂いたので、有効に利用してその後の利用情報もブログで発信したい。

気旅さんありがとうございました。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.01.28 Sat l 車中泊のその他装備 l コメント (2) l top
2017. 1.27 金曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


ここ1週間ほど寒い日が続き、娘2号の家の水道が凍結して水が出ないほどだった。

当地でも最低気温 △10℃以下 が6日続き、昨日やっと△6℃に上がった(笑)。

特に24日の火曜日には、当地の今季最低気温△19.5℃を記録した。

雪の多さは、見た目にはいつもの年の3分の1ほどしか無いようだが・・・。

除雪作業が少なくて楽だが、孫のそり用の坂が造れないのは寂しい(笑)。

本当は、今年の秋の冬期間、旅に出る時にこんなに雪が少ないと助かるのだが。

今年の反動で 来年は大雪になったらどうしようと考えてしまう。

大雪となり、途中で除雪に引き返して来なくてはならない事の無いように祈るだけだ。



ところが今日は一変して、日照は無いものの朝から暖かい日となっていた。

1月だと言うのに朝6時にはプラス3度の気温で、朝から一日雨の状態だ。

20170127 (1)R

窓ガラスには雨が当たっていて、風も強いことが分かった。

今日は2件の仕事が入っていて、車を走らせたが、道路は水浸しのところもあった。

20170127 (5)R

道路の脇の排水口がふさがってあるところは、水が溜まっている所もあった。

こうなると、タイヤで水を跳ね上げるので、通行には注意が必要だ。

20170127 (10)R

下手すると、通行している歩行者に、バッサリと汚い水を掛けてしまうこともあり得る。

車同士でも大量の水を跳ね上げてしまうと、一瞬前が見えかくなって危険だ。

こんな時は、水溜りはのろのろと走る車が多く、いつもより走行に時間がかかる。

我が家の立て付け道路の前にも、水が溜まっていて、長靴でないと歩けない。

20170127 (12)R

スーパーなどの前の駐車場でも、氷の上に水が溜まっていて、滑りやすく慎重に歩く。

水たまりの深さが分かりずらく、革靴だと上から水が浸入して来ることもある・・・。

そうなると冷たい水で靴の中がぐちゃぐちゃになり、一日がブルーとなり最悪となる。

寒けりゃ寒いなりに、暖かければ暖かいなりに、これが雪国北海道の宿命だ。

あと2カ月間じっと我慢していて、冬眠して過ごすことになる。

春になるとこっちのもので、冷涼で快適は日々を過ごすことができる。。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.01.27 Fri l 北国の冬の暮らし l コメント (8) l top