2017. 3.30 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


北海道の冬と言えば、雪に囲まれた厳しい寒さは、誰しもが想像できるものだ。

冬はいつ終わるのかと心待ちにしているが、あるブログに「寒の明け」とあった。

今年の寒の入りは1月5日の「小寒」、寒の明けは2月4日の「立春」とあった。

もちろん北海道には当てはまらず、暖かい地方の事なのだろう(笑)。

そして、北海道の我が地にも、やっと春が訪れ、積雪がゼロとなった。
付近の観測所の積雪量
月日3/123/133/143/153/163/173/183/193/203/213/22
残雪43㎝42㎝41㎝39㎝37㎝34㎝31㎝28㎝25㎝21㎝26㎝
月日3/233/243/253/263/273/283/293/303/314/14/2
残雪29㎝20㎝20㎝16㎝11㎝8㎝4㎝    

気象庁の発表でのこの地域は、昨日の時点で残雪が4センチとなっていたが・・・。

昨日のラジオでは、「積雪がゼロとなった」と話題になっていた。



我が居住地は、気象庁の発表している都市よりも山側に有るので、もう少し雪が多い。

20170330 (1)R

黄色い四角内は、育苗トンネルのために除雪した場所で、赤○は畑の雪の量を見る穴。

あとわずかとなったが、やはりいつもの年よりも雪解けが早く、嬉しいものだ。

暖かくなってきたと言えども、周りに雪がある限り、やはり春ではない。

厳しい冬を耐えて来たからこそ感じる春は、厳寒地の者でなければ理解できまい。

水墨画の世界だった風景から、白が少なくなってやがて消えていく。

無機質色の木々の表情にも、徐々にではあるが緑化して行き、緑の美しさを感じる。

そんな意味からも、待ちに待った雪解けの完了(積雪ゼロ)で、心ウキウキしてくる。

本当の春の到来で、北海道の景色も色付いてきて、日々の平穏にも楽しさを感じる




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.03.30 Thu l 北国の冬の暮らし l コメント (1) l top
2017. 3.29 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


朝起きて外を眺めると、ご近所さんの庭の木に見慣れない鳥が数羽とまっている。

愛妻が見つけて、「見かけない鳥だが何という鳥だろう」と話しかけて来たのだ。

早速カメラを構えて映像に収め、ネットで調べてみた。

20170329 (1)R

頭を横切る鳥の名前を検索すると、すぐにわかった。

家庭菜園をなさっている方のブログで「ヒヨドリ」の名を聞いていたので・・・。

この鳥が集団でやってきて、野菜までついばむのだからたちが悪い。

今はついばまれる野菜もないし、夏場は見かけないので心配いらないと思うが・・・。



今日は朝から気分がすぐれないが、体調が悪いわけではないので原因を考えてみた。

昨日初めて挑戦した接ぎ木の作業の結果が、思わしくないからだと気が付いた(笑)。

「呼び継ぎ」の2株は今朝も元気が良いが、「割り継ぎ」の成績は最悪だ。

朝から「果たしてこの中で助かる苗は有るのか」などと、考え巡らせている。

もう少し苗を大きくしてから「呼び継ぎ」にすればよかったと反省しきりだ。

この気分の落ち込みは、そのままにしておくと一日中憂うつとなりそうで・・・。

思い切って、茄子の接ぎ木作業にも挑戦することとした。



茄子の接ぎ木は、「挿し継ぎ」の方法でと言うので、台木はポットに鉢上げしていた。

20170329 (3)R

上の写真は台木の「耐病VF」で、下の写真は穂木の「筑陽」と「黒陽」。

20170329 (2)R

「挿し継ぎ」の方法は、台木の種を買ったときに種苗店が知らせてくれた。

20170329 (7)R

そして、その方法で、「筑陽」「黒陽」に、普段作っている中長なすの接ぎ木も実施。

20170329 (4)R

20170329 (5)R

「割り継ぎ」と違って作業しやすかったが、こんな継ぎ方で果たして大丈夫なのか。

昨日接ぎ木したトマトのうち、赤〇のように干からびた台木を利用して・・・。

20170329 (6)R

良いのか悪いのかは知らぬが、トマト(黄色〇)も1株だけ「挿し継ぎ」を試してみた。

この方法が、2日後にはどんなふうになっているかで、成功か失敗かが伺える。

作業しやすかった接ぎ木を終えた時点で、あの落ち込んだ気分が改善されてきた。

単純な性格なので、明日の朝、やはり落ち込んでしまうかもしれないが・・・(笑)。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.03.29 Wed l 自産自消の少農生活 l コメント (1) l top
2017. 3.28 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


我が家の家庭菜園の畑は、土に菌を持っていて、野菜は病気になる。

半身萎凋病にかかり、対策は土の消毒しかないのだが、大がかりで素人は無理。

ナスが一番ひどくあまり収穫できないくて、他にもトマトもキュウリも病気になる。

ナス、トマト、キュウリの全ては自分で苗立てをしているが、接ぎ木ではない。

接ぎ木の方が病気にかかりにくい(あくまでにくい)との話を聞いていたのだが・・・。

今年は思い切って(いたずら程度なので全量ではないが)、接ぎ木に挑戦してみた。



挑戦するのは、当初ナスだけと思っていたが・・・「ふくちゃん」さんの影響を受けて・・・

自分もキュウリとトマトの接ぎ木も進めて来た。

ナスを一番早く接ぎ木しようと種をまいてきたが、経験不足から成長が遅れた。

その分、トマトは苗が徒長しすぎて、接ぎ木を延長できないと、今日接ぎ木を実行した。

20170328 (1)R

左の2列が台木で、甘太郎と桃太郎系の2品種を穂木に選択した。

甘太郎は普段使っている品種で、桃太郎は台木の種のメーカーの推奨品種だ。

台木は2月22日、穂木は3月1日に播種してあった。



接ぎ木の方法は、「呼び継ぎ」と呼ばれる方法で考えていたのだが・・・。

20170328 (2)R

接ぎ木後には、接ぎ木クリップなるもので動かないようにしばらく止めておく。

20170328 (4)R

実際に「呼び継ぎ」をしてみると、経験不足からか、切り過ぎてしまい失敗が多い。

頭がもげてしまった物も多く、切れた苗は仕方なしに「割り継ぎ」とした。

20170328 (3)R

苗は台木も穂木も徒長し過ぎで節間が長く、全体が細くてすぐ切り過ぎてしまう。

家の中の育苗なので、徒長は避けて通れないのだろうか。

結果的には、「呼び継ぎ」が2株・・・。

20170328 (5)R

残りの9株が「割り継ぎ」となってしまった。

20170328 (6)R

全部で12株の台木の種を植えたが、1本は発芽しなくて、合計11株だけとなった。

このうちどれだけ成功するかは分からないが、すでに頭を垂れている株も見られる。

これはきっと助からないのだろうと、あきらめるしかないのだろうか。

果たして半数が生き残れるのかは、数日たってからでないと分からない。

初めての経験で、1株でも成功したら、良しとすることにした(笑)。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.03.28 Tue l 自産自消の少農生活 l コメント (4) l top
2017. 3.27 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今日は仕事の予定はなかったが、一応事務所に様子を見に行って来た。

予想通り、特に何もなかったので午前11時までには自宅に帰って来た。

先週は一時降雪や寒さのぶり返しがあって、雪解けも一時後退した。
付近の観測所の積雪量
月日3/123/133/143/153/163/173/183/193/203/213/22
残雪43㎝42㎝41㎝39㎝37㎝34㎝31㎝28㎝25㎝21㎝26㎝
月日3/233/243/253/263/273/283/293/303/314/14/2
残雪29㎝20㎝20㎝16㎝       

昨日からしばらく暖かい日が続くみたいで、雪解けは進む気配だ。

20170327 (20)

雨や雪のマークは有るが、氷点下がなくなり日中も気温が上がりそうだ。

仕事の予定も無く、天気もいいので、じっとしていられなくなって来た。



まずは、家の前の車庫の屋根から落ちた雪が残っているので、除雪機で飛ばした。

20170327 (0)

1時間もすると飛ばした雪も融け初め、今日中にはほとんどが消えてなくなるだろう。

20170327 (13)R

時間は十分にあったので、少し早いが庭木の雪囲いをほどき始めた。

20170327 (12)R

雪が残っている方が、脚立を使わずに手が届き、作業がはかどるのだ。

小さい木は雪が解けても出来るので、とりあえず手が届きそうもない木を中心に。

添え木は、もっと雪が消えてからの方が外し易いので、しばらくこのままにしておく。 



昨日の夕方、下の写真の赤い印のところを除雪機で雪を飛ばした。

20170327 (10)R

すでに土が見え始めているようで、ここには、野菜の育苗用のトンネルを設置する。

まだまだ氷点下も考えられるので、まだ半月ほどは設置できないが・・・。

ビニールトンネルの中に、ポリのトンネルを施し、2重のトンネルにする。

野菜の苗は、外に出すと急に緑色が濃くなり、丈夫そうな苗に変身していく。

家の中の苗は、か弱く徒長しているので、早くトンネルに入れたいのだが・・・。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.03.27 Mon l 北国の冬の暮らし l コメント (4) l top
2017. 3.26 日曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


月日が経つのは早いもので、今年の6月には68歳になってしまう。

高校生の時、近所の子供に「おじさん」と言われたことは結構ショックだった。

愛妻もパートをしていた若い時に、高校生に「おばさん」と呼ばれた事があるとか。

呼ばれたにも関わらず、自分の事とは気が付かなかったそうだ(笑)。

結婚してしまうとおのずと「おばさん」になってしまうが、自分は高校生の時だ。

ちょっと「おじさん」と呼ばれるには早すぎだと思うが・・・。



物心ついてから高校を卒業するまでは、随分と長い月日を過ごしたと思っていた。

就職して、結婚して、子どもを育てて、セミリタイアするまで 45年ほど経過したが・・・・。

その間、駆け足だった訳ではないが、そのスピードはすさまじいく早いと感じる。

あっという間に68歳を迎えようとしていて、孫もいて、完全リタイアは間近だ。

20歳の頃の見えた風景や感覚、考えというか、今と大差無い気がするが・・・。

こんな考えが、「若い者には負けない」などと強気なことを言わせるだろうか・・・・。。

確実に年を取って来たし、年金ももらっているし、孫も増えつつある・・・。

気持ちは同じでも、周りは認めないし(笑)、現実では若者と程遠いのだ。



体力は無くなっているし、体は固くなっているし、あちこち痛くなるし・・・・。

年を取って一番感じることは体で、こればかりは元通りにはならないし悪化の一方だ。

長期の車中泊を予定しているが、果たして耐えられるのかも心配なところだ。

孫が9月に一人増えるので、当初の延7カ月の旅は、前半と後半に分けることになった。

ひょっとしたら旅の適期を考えると、前半と中盤、後半と3回に分けるかもしれない。

体力や気力を考えると、年寄りにはその方が適しているのだろう。



畑仕事では、近年は作業しても体力が無く、休んでいる姿の方が多いと愛妻は笑う。

確かに力作業はしんどくなり、休み休みの作業を自覚せざる負えない。

それでも、「あそこまで進めたら一休み」と、目標を作りながら頑張ってはいるが(笑)。

これからも段々と作業がしんどくなっていき、全部の畑に野菜を植えれなくなるのか。

その内、家庭菜園もリタイアすることが必要になることも考えられるのだろう。

年を取って一番大変なのは、今のところ体で、今後もその傾向が強くなっていく。



年を取って心配なのは、今は症状はない(ホント?)が認知症も避けたい。

もの忘れなどは年を取るのだから仕方なく、上手に付き合いたいと思うが・・・。

家族のものに「どちら様ですか」とは、絶対言いたくない。

そうなると、車中泊や家庭菜園どころではくなり、家族にも迷惑をかけてしまう。

そんなことを考えると、高齢者の年寄りとしての症状の重さは  

  体(体力)>頭(記憶)>心(気持)   となると考えるが・・・。

最も避けたい症状は  頭(記憶)>体(体力)>心(気持)  。

自分の思い通りにはなってもらえないとは思うが、心休まる老後を過ごしたいと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.03.26 Sun l 普段の生活 l コメント (8) l top