2017. 3. 4 土曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


車検に出すため、2月27日にハイエースに積んでいた荷物を降ろした。

一番大変だったのは、車の天井に取り付けていたソーラーパネルを外すことだった。

車庫の天井に滑車を取り付け、ソーラーパネルを吊るして1人で降ろせるようにした。

そして翌日の2月28日に車検に出した車が、その日のうちに出来上がって来た。

3月2日に、下した荷物を積み始め、ややに積み終わっていたのだが・・・。

今日、残りの荷物を積み込み、ソーラーパネルも1人で設置してみた。



ソーラーパネルは、4本の足をそれぞれ4個の滑車で吊り上げてある。

まずはハイエースをおおよそのソーラーパネルの下に止めた。

20170304 (3)R

パネルを吊り上げた時も、滑車の真下に車を止めていたわけではないので・・・・。

まず、助手席側の後ろの1本目の足を(黄色い丸の右奥の足)を車の上に置いた。

20170304 (4)R

多少の位置の違いは修正しながら車の屋根の上に降ろし、ロープを外した。

今度は、バランスが取れるように運転席側の後方の足を降ろし、車の上に乗せた。

上の写真の黄色の丸の左側の足でもバランスは取れるが・・・・。

その後は運転席側の前方の足を降ろすことが出来た。

20170304 (5)R

最後には助手席側の前方の足を降ろし、全ての足を降ろせた。

20170304 (6)R

ソーラーパネルを乗せた後は車を車庫から出して、ソーラーパネルの位置を微調整。

20170304 (7)R

最後に、スキーキャリアのネジを締めて、車に固定して終了。

その間、作業服に着替え始めてから、約20分ほどで終了したと思う。

ソーラーパネルと発電コントローラーを先につなぐのだが・・・・。

コントローラーとサブバッテリーはすでに接続してしまっているので・・・・。

安全のため、暗くり発電しなくなってから、コントローラーとパネルをつないだ。



最後に、先日車載用アンテナが、電波チェッカに接続しても無反応だったので・・・。

もう一度アンテナを、チェッカーに接続したが、やはり無反応。

アンテナをばらして確認したが、プリント基盤は分からないが断線はなさそうだ。

フィーダー線も家庭のアンテナで確認すると、電波チェッカは作動し赤いランプがつく。

やはりアンテナ自身の、プリント版の故障としか思えない。

アンテナの基本構造も知らないが、家庭用アンテナにも電子基板が付いているのか。

素人ではもう対処できなさそうで、安いアンテナを探すことにしようと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.03.04 Sat l 車の改造 ソーラー設備 l コメント (4) l top