2017. 3. 7 火曜日    /

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

 宿泊地   立ち寄り地  ■最新行程   ■今回行程  ■過去行程



出発地点  北海道知内町 道の駅しりうち 

到着地点  北海道伊達市 道の駅だて歴史の杜 

本日走行距離     259 km     累計走行距離     730 km

20170307 (0)

今朝は寝袋も使ったので、昨日よりは暖かく眠れて、目を覚ましたのが6時47分。

昨日も寒い訳ではではなかったが、足元が多少涼しく、丸まった。

20170307 (1)R

目を覚ました時は朝日が差していたが、車内の温度が1.0度で、車外は-4.6度。

20170307 (4)R

昨日の夜は、道の駅しりうちで就寝したが、トイレもきれいで過ごしやすい。

20170307 (5)R

登りはしなかったが、道の駅の横には新幹線展望塔が建っていた。

20170307 (11)R

今朝の朝食は、ご飯に目玉焼き、みそ汁、トマト、ウインナー、漬物。

20170307 (7)R

ところが今朝は、アクシデントがあった。

ご飯を炊いている途中に、電圧計が電圧が下がった時に警報を鳴らした。

エンジンをかけて発電しながら、何とかご飯をたいたが、1時間以上かかった。

サブバッテリーはまだ3年目なので、へたっている訳ではないと思うが・・・。

最初の電圧は13Vほどあるのだが、すぐにバッテリー電圧が下がるようだ。

電気でご飯が炊けないのであれば、ガスで炊くしかないのだが・・・。

時間がかかり過ぎて、今日の出発は11時頃になってしまった。



開陽丸が江差町にが設置されていると言うので、初めて見に行った。

駐車場近くから見えるかもめ島を見ると、面白いトンネルがあった。

足元が良かったら、行って見たいところだが、時間もないので断念した。

20170307 (17)R

その横には、バランスが悪く今にもくずれそうな岩が立ていた。

20170307 (18)R

いよいよ開陽丸の中に入ったのだが、いかにも当時の軍艦と言った風体だ。

20170307 (22)R

まずは、開陽丸の全体像で、100年以上前に大掛かりなものが建造されたのに驚く。

20170307 (15)R

本物の人間と見間違うような人形が、大砲を撃っている(初め人間だと思った 笑)。

20170307 (24)R

トンカツやキャビアなど、当時から、こんなに高級なものを食べていたのだろうか。

20170307 (26)R

開陽丸の沈没が、暴風雨によるものの説明がなされていた。

20170307 (31)R

開陽丸を見終わった後、駐車場の車に帰って来た時の車のドアの氷。

20170307 (19)R

以前も紹介したことがあるが、いつ見てもすごい自然の芸術だ。

20170307 (20)R

今度は、江差町の「いにしえ街道」に立ち寄ってみた。

20170307 (32)R

ひときわ「横山家」の歴史を表す建物には目を奪われるが・・・

20170307 (33)R

他の建物は、形こそ昔の建物に似せて作っているが、どう見ても新しすぎ。

20170307 (34)R

車で通りながら視察しただけで、見学は終わらした。



今日は、朝方晴れていたが、日中は雪も舞前が見にくい位の時もあった。

明日の帰る距離も結構あり、自宅方面に向かうことにした。

海も荒れていて、水しぶきも結構なものだ。

20170307 (13)R

帰りがけの長万部で、いつも利用している系列店があったので給油。

20170307 (36)R

そのまま本日の車中泊場所の、道の駅だて歴史の杜 に向かって今日を終わらせた。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.03.07 Tue l 車中泊 予行演習 l コメント (10) l top