2017. 4.29 土曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


昨日は、前編で食の好き嫌いは、育った環境が影響することを述べた

自分が育った環境は、魚の骨と格闘しながら育ったので、骨を気にせずに食べる。

自分らの子どもの世代では、魚の骨が苦手なので魚を食べない世帯も多いそうだ。

さらに孫の世代は食卓に魚が出てこないので、刺身しか食べれない子も多いとか(笑)。

我々の戦中戦後に育った今の高齢者は、食卓にのぼる品数も少なかった。

それを嫌いだからと言って食べなければ、食べるものがない世界だった。

今の若い世代は食べ物が豊富で、苦手なものは食べずに生きていけるのだろう。



だが、多品種の食料ををまんべんなく食べることは、絶対体にとっては良いはず。

何でも食べれる方が幸せで、栄養も偏らないですむと思う。

だが、我が娘もそうだが、子どもには嫌いなものは食べさせないようだ。

娘らも嫌いなものは口にしないで育っているので、子らに(孫)無理強いはしていない。

そして我が孫、特に3号は幼児の時から食が細く開ける口も小さかった。

食べるのも時間がかかるせいか、いらないと言えば食べなくても良いという。



食育で農業体験をしてから、収穫した野菜を食べれるようになった話がある。

最近修学旅行で農家に泊まり、農業体験するグリーン・ツーリズム活動が盛んだ。

そうすることで本当に野菜が食べれるようになったと、親から礼の手紙もあると言う。

そこで孫の好き嫌いで出番が回って来るのは、近所にいる我ら祖父母だ。

家庭菜園もあるので、野菜もせっせと食べさせる。

窓3号の苦手だった食べ物は、つぶつぶのある・・例えばとびっことか胡麻とか・・・。

20170429 (3)R

果物では子どもの好きそうなイチゴも苦手で小さい時は食べなかった。

我が家でもイチゴは植えてあったが、近所の孫が食べないので処分してしまった。

小学校2年生の去年、校長先生の家でイチゴのもぎ取りをしてから、イチゴを食べる。

校長先生からイチゴの苗をもらってきて、植えるところがないと我が家に回って来た。

ところがもらってきた苗は時期が悪かったのか、植えるのが遅かったのか枯れた。

先日千歳の娘1号の家に行って来た時、苺の苗をもらってきて植え替えた。

20170429 (1)R

勿論孫3号には内緒なので、植え替えて知らぬ顔をしている(笑)。



苦手な胡麻は、愛妻のアイデアで、喜んで食べるようになった。

そのアイデアとは、子どもの喜びそうな遊び感覚の胡麻すりをさせたのだ。

20170429 (2)R

それ以来胡麻すりをしたいと言うようになり、胡麻すりをさせては野菜の胡麻和えだ。

最初はつぶつぶの残らないように丁寧にすっていたが、だんだんと粒が目立ってきた。

それでも美味しいと喜んで食べ、すっていない胡麻も徐々にOKになった(笑)。



そして娘の家では魚を調理しないので、我が家に来て魚料理を食べさせる。

おかげで「おばあちゃんの魚の煮つけはおいしい」と喜んで食べる。

骨があるかも知れないというと、骨を取りながら食べるようになりつつある。

ご飯もお代わりをさせようと、初めは少ない量を食べさせていたのだが・・・・。

お代わりの楽しさからか、お代わりしながら食べるようになり量も増えた。

やはり食べることにほったらかしでは、好き嫌いをするようになるのだろう。

苦手な食べ物を克服するように、親(祖父母)と子(孫)が工夫をしなければならない。

地道で時間がかかるかもしれないが、段々と食べれる品数が多くなっている。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.04.29 Sat l 祖父母と孫 l コメント (2) l top
2017. 4.28 金曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今日のブログの課題は、食に関することで、ブログ仲間の話題を見て思いついた。

イチゴジャムを作ったと言う話題から、不思議だった「食の好き嫌いはなぜ」に発展した。

そもそも自分は嫌いなものは、きっとマツタケ(食べたことは無いが)だとおもう(笑)。
                20170428 (2)
それ意外は何でもおいしく食べれて、世界一幸せな食生活を送ると自負する(笑)。

小・中学校を通して、唯一残した給食は、松茸風のお吸い物の2回だけであとは完食。

勿論学校給食に松茸なんぞが出るはずもなく、マツタケの風味のお吸いものだが・・・。

きっと量を入れ過ぎたのか、「今日の給食変なにおいがする」と高確率で残した。

それ以来、〇〇園の松茸のお吸い物は、食べたことが無いしほしくないのだ(笑)。



この自分でも、御幼少のころ(入学前)は体が弱く、幼稚園にも行かせてもらえない。

食も細く食事時などは、完食するまで円形テーブルを断たせてもらえなかった。

食事時間は1時間ほどかかり「早く食べないと片付けれない」と良く催促された。

小学校には普通に入学出来て、そのころから人格(骨格)が変わったのか・・・。

結構な量を食べるようになり、小さい時の完食主義が好き嫌いを無くした。

54歳で他界した父親が、魚釣りが唯一の楽しみで、大量に釣ってきてよく食べた。

昔あった石炭ストーブの上で魚の骨も焼いて、ポリポリと食べさせてくれた(笑)。

ニシンなど骨の多い魚でも平気で、サンマなどは背骨ごと丸かじりする特技もある。
           20170428 (1)
魚の骨や頭を入れたあら汁も大好きで、しゃぶるように美味しく頂いている。

おかげでこの年代でも身長は170cmになって、弱かった体を丈夫にしてくれた。



終わるまで食卓を立たせてもらえなかったのが、好き嫌いの無い人生にしてくれた。

愛妻もあまり好き嫌いは無い方だが、自分ほどではない。

しかし愛妻の母(自分の義母)は、焼肉はいらないし刺身や寿司もいらない派。

それでいて旅に出ると「山菜ばかりの料理では残念」と申されるからおもしろい。

以前にも話題にしたが、食欲すなわち人生の食の楽しみや喜びでを放棄している。

自分が「人生の半分は損をしている」と愛妻に話したのだが・・・。

愛妻に「嫌いなものを食べるのは酷」と、すぐに切り替えされ、なっとくしてしまった。



自分の体験から言って、子どもの育った食環境は、そのまま食の好き嫌いにつながる。

食べていないものは嫌いで、普段家庭で食べている物だけが好きになってしまうのだ。

つまり、食べたことが無いから食べない・・・食べずきらいが多いことに驚く。

最近は、野菜嫌いな子ども多いと聞くが、特にピーマンきらいが多いとか・・・。

               20170428 (1)

我が子は小さい時、畑で生のピーマンを食べて以来、今でも生のピーマンが好き。

そのDNAは孫3号にも受け継がれ、生のピーマンは喜んで食べるのだ。

好き嫌いの主張がないうちに、食べるという既成事実を作っておくことが大切だ。

初めは嫌がっても、舌はその内慣れてくるので、だましながらでも食べさせる。

「物心付いた時に食べていた」は、嫌いなものをなくす大きな力になる。

続きは「食の好き嫌いは環境で決まる 食の克服は家庭の食育で(後編)」で。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.04.28 Fri l 祖父母と孫 l コメント (4) l top
2017. 4.27 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今年の当地の降雪量は本当に少なく、特に1月から3月の雪が少ない。

雪が少ない上に好天も多かったようで、その分雪の解けるのも早い。

3月も暖かい日が多かったので、融雪は進み3月中に雪が消えたのは紹介した。

雪解けが早いと、全ての春の作業が前倒しとなっている。

庭木の雪囲いを解くのも早かったし、タイヤの交換もいつもより数段早い。

気持が常に前のめりとなっていて、いつもより軽やかな春を迎えている。

西日本では遅かった桜の開花もすでに終わったところが多いのだろうが・・・。

東北や北海道の桜の開花は、例年より早いようで、連休前には咲きそうだ。



そしてなんといっても、春が早そうだったので、自産自消の少農生活の作業も早い。

3月を待たずにトマトやナスの種を植えて、今年は接ぎ木にも挑戦している。

成功率は低いものの、数本のトマトやナス、キュウリの接ぎ木苗もたくましくなった。

そして25日には、頼んであった家庭菜園の肥料がJAから届いた。

親しくさせて頂いているご近所さんの畑には、先週末にはすでに肥料がまかれた。

20170427 (1)

いつもだと我が家が家庭菜園の作業の指針となっているのだが・・・・。

ご近所さんも、雪解けが早かったので今年は待てなかったのだろうと推察している。

我が家とご近所さんとその両隣りの4軒で、共同で農家に畑起こしを頼んでいる。

4軒が肥料準備を終わらせないと、起こしてもらえず、我が家も 今朝 肥料をまいた。

まずは粒状生石灰(消石灰の代わりでまきやすい)を1袋まくところから始めた。

その後は米ぬか1袋をまいて、最後は鶏糞を3袋散布した。

20170427 (0)

果たして肥料設計がこれで良いのかは分からぬが、いつものように適当散布なのだ。

これはあくまで基肥で、畑を起こしてもらい定植する前に作物ごとにも肥料を与える。

明日から2日間は雨だがその後は晴で、乾いたら農家にトラクターで起こしてもらう。

いつもだと連休明けの畑起こしとなるが、今年は連休中に起こしてもらえそうだ。

自分の連休は仕事の予定も無く、もっぱら家庭菜園の作業となりそうだ。

畑が起きたら、まずは馬鈴薯の植え付けから始めようと思う。

ポテトチップ原料の馬鈴薯が不足しているが、種イモはすでに準備している。

明かりの入る物置に入れてあるので、紫がかった馬鈴薯の芽も出始めている。

馬鈴薯が終わったら、さっそくマルチやトンネルを施し、トマトやナスを植える準備だ。

愛妻が「早く美味しいトマトが食べたい」と叫んでいるのが、まだまだ時間がかかる。

叫びながらも、それまで待てないようで、すでにトマトの箱買いをしている(笑)。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.04.27 Thu l 自産自消の少農生活 l コメント (4) l top
2017. 4.26 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


相変わらず、高齢者を狙った詐欺が横行していて、その被害額は甚大だ。

これ程騒がれているのに、無くならない特殊詐欺は人の弱みを悪用するからか。

特殊詐欺は一般的な詐欺と違って、非対面性で匿名性の特徴を持つと言う。

電話やFAX、メールなどを媒体にして、合わずに騙すのが特殊詐欺だと言う。

それでも最近は、受け子なるものが接近するのも横行していて注意がいる。

自分は絶対騙されないと思うが、だまされた人でもそう思っていた人も多いだろう。

15年ほど前に始まった「オレオレ詐欺」は、現在では犯行手口も多様化している。

   20170426 (1)
架空請求や還付金の詐欺、金融商品名目やギャンブル必勝関係の詐欺もある。



北海道における特殊詐欺の実態は、一向に無くなっていないようだ。

平成26年から28年の3年間では、725件の詐欺被害が報告されているという。

その金額たるや、26億円を軽く超えているらしいのには驚いた。

しかも、子どもに分かると叱られると、被害を出さない高齢者も相当数いるらしい。

そんなに騙されるお金があるのなら、少しこちらに融通してくれてもいいのだが(笑)。

北海道の平成28年度では、女性の被害が63%で男性の37%を大きく超える。

年齢では65歳以上が62%で、それ以下が38%を占めるようで、高齢者が多い。

必ずしも一人暮らしの人が標的になっている訳ではなく、家族と同居が6割以上だ。



騙されやすい人を自分なりに分析して見ると(もちろん想像)、信じやすい人なのか?

割と余裕のある人で、子どもらとの交信の少ない人なのだろう・・・。

自分のように疑り深く、納得するまでに時間のかかる者は被害に合いにくいと思う。

以前義母宅に「オレオレ」で電話が来たが、自分と一緒で娘2人では騙され無い(笑)。

しかも間もなく年金生活者で、細々と生活するの者は騙されても奪われる物もない。

借金してまで騙される事も無かろうし、親戚に警察関係者もいて騙されてはまずい。

家はリホームした後なので、あと死ぬまでリホームしないのでリホーム詐欺もない。
   20170426 (2)
そんなに儲け話がそこら中にころがっているはずはないし、儲け話には耳を傾けない。

「絶対もうかるのなら、人に教えずあんたがすれば良い」派だ(笑)。

自分なら儲け話は、人には絶対教えない。



今まで爪に火を点しながらやっと生活してきて、リタイア後の旅が待っている。

アンテナを張って騙されないように最大限の注意を払うだろう。

名義貸しで「警察に捕まる」と言われて騙されるのならが、自分は捕まっても良い。

などと・・・大きなことを言っているのは今のうちで、そのうち思考力も衰えてくるのか。

そうなれば、自分で何事も判断せず、誰かに相談するのが賢明なのだろう。

働けるのも今のうちで、今年の秋には完全に仕事からあふれてしまう。

そんな時期に、騙されてはいられないのだ。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.04.26 Wed l 普段の生活 l コメント (12) l top
2017. 4.25 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


12年前の平成17年3月31日、定年まで数年残して早期退職した。

翌々日の4月2日には、以前から計画していた車中泊全国一周に出発した。

家庭菜園の始まる連休頃には帰ってくる予定の、40日弱のせわしない日本一周だ。

車は日産ラルゴで、車内の加工はフラットにした後部座席の上に棚をつくっただけ。

流しもサブバッテリーも無く、水タンクと寝具、衣類、ガスコンロと食器や鍋を積んだ。

3日に一回は安宿に泊まり、日本海側を南下し、九州や四国を回り5月上旬に戻った。

そんな旅だったので、本州の太平洋側が回れず、全国一周とは言えなかった。

そして同様の方法で、その年の8月には1カ月ほどの東北を一周する旅も楽しんだ。

外食はほとんどせず、米を炊いての自炊と宿食だけで生き延びてきた。

そんな旅だったので、ゆっくりと全国を回りたいと紅葉と桜前線を追う旅を夢見で来た。



サブバッテリーも積んでいなかったので、室内灯を利用せず、明るいうちに夕食。

テレビもないので、午後8時には床に就いて、朝作業のパソコンもないので朝も遅い。

そんな旅をしていて、四国の四万十川を南下していた4月25日のことだ・・・。

唯一の情報源であるラジオから、尼崎で起きた悲惨な列車事故が聞こえて来た。

ラジオのニュースでは、どんな状態で事故が起きたか分かりにくく落ち着かない。

これ程テレビの存在の必要性を、思い知らされた日がないほどだったのだ。



それからちょうど12年目となり、今日はあちこちで尼崎田事故を振り返っていている。

この12年間に、東日本大震災と福島の原発事故、熊本地震など大きな災害もあった。

ここ最近、北朝鮮の情勢や不可解な強奪事件など、大きなニュースが後を絶たない。

特に道路を寸断され進路を断たれる可能性のある情報は、絶命にもつながる。

やはり長期間の旅では、新聞がないだけにテレビは外せないと痛感したのだ。

そのテレビの必要性は、サブバッテリーの必要性やソーラーへとつながった。



今年出発予定だった当初の7カ月間の旅の計画は、ひょんなことで計画を延期。

結果的には桜を追う前半旅と、紅葉を追う後半旅に分かれてしまったのだが・・・。

長期間の旅をするのには間違いはなく、今までのハイエースの加工は役立つはず。

サブバッテリーもソーラーも設置し、お試しの旅も進めて来た。

1週間に1度は、安宿を探す予定だが、基本は車中泊だ。

最初のテレビとアンテナは壊れてしまったが、すでに新しいものを設置した。

今は、旅中のネット環境の整備で頭を悩ませているが、いずれは解決する。

テレビやパソコンでの情報収集の重要性を、知らされた出来事だった。

そんなことを思い出しながら、12年前に犠牲となった107名の冥福を祈りたい。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.04.25 Tue l 全国一周 10年前を回顧 l コメント (10) l top