2017. 4.28 金曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今日のブログの課題は、食に関することで、ブログ仲間の話題を見て思いついた。

イチゴジャムを作ったと言う話題から、不思議だった「食の好き嫌いはなぜ」に発展した。

そもそも自分は嫌いなものは、きっとマツタケ(食べたことは無いが)だとおもう(笑)。
                20170428 (2)
それ意外は何でもおいしく食べれて、世界一幸せな食生活を送ると自負する(笑)。

小・中学校を通して、唯一残した給食は、松茸風のお吸い物の2回だけであとは完食。

勿論学校給食に松茸なんぞが出るはずもなく、マツタケの風味のお吸いものだが・・・。

きっと量を入れ過ぎたのか、「今日の給食変なにおいがする」と高確率で残した。

それ以来、〇〇園の松茸のお吸い物は、食べたことが無いしほしくないのだ(笑)。



この自分でも、御幼少のころ(入学前)は体が弱く、幼稚園にも行かせてもらえない。

食も細く食事時などは、完食するまで円形テーブルを断たせてもらえなかった。

食事時間は1時間ほどかかり「早く食べないと片付けれない」と良く催促された。

小学校には普通に入学出来て、そのころから人格(骨格)が変わったのか・・・。

結構な量を食べるようになり、小さい時の完食主義が好き嫌いを無くした。

54歳で他界した父親が、魚釣りが唯一の楽しみで、大量に釣ってきてよく食べた。

昔あった石炭ストーブの上で魚の骨も焼いて、ポリポリと食べさせてくれた(笑)。

ニシンなど骨の多い魚でも平気で、サンマなどは背骨ごと丸かじりする特技もある。
           20170428 (1)
魚の骨や頭を入れたあら汁も大好きで、しゃぶるように美味しく頂いている。

おかげでこの年代でも身長は170cmになって、弱かった体を丈夫にしてくれた。



終わるまで食卓を立たせてもらえなかったのが、好き嫌いの無い人生にしてくれた。

愛妻もあまり好き嫌いは無い方だが、自分ほどではない。

しかし愛妻の母(自分の義母)は、焼肉はいらないし刺身や寿司もいらない派。

それでいて旅に出ると「山菜ばかりの料理では残念」と申されるからおもしろい。

以前にも話題にしたが、食欲すなわち人生の食の楽しみや喜びでを放棄している。

自分が「人生の半分は損をしている」と愛妻に話したのだが・・・。

愛妻に「嫌いなものを食べるのは酷」と、すぐに切り替えされ、なっとくしてしまった。



自分の体験から言って、子どもの育った食環境は、そのまま食の好き嫌いにつながる。

食べていないものは嫌いで、普段家庭で食べている物だけが好きになってしまうのだ。

つまり、食べたことが無いから食べない・・・食べずきらいが多いことに驚く。

最近は、野菜嫌いな子ども多いと聞くが、特にピーマンきらいが多いとか・・・。

               20170428 (1)

我が子は小さい時、畑で生のピーマンを食べて以来、今でも生のピーマンが好き。

そのDNAは孫3号にも受け継がれ、生のピーマンは喜んで食べるのだ。

好き嫌いの主張がないうちに、食べるという既成事実を作っておくことが大切だ。

初めは嫌がっても、舌はその内慣れてくるので、だましながらでも食べさせる。

「物心付いた時に食べていた」は、嫌いなものをなくす大きな力になる。

続きは「食の好き嫌いは環境で決まる 食の克服は家庭の食育で(後編)」で。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.04.28 Fri l 祖父母と孫 l コメント (4) l top