2017. 5. 6 土曜日    

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

 宿泊地   立ち寄り地  ■最新行程   ■今回行程  ■過去行程



出発地点  北海道苫小牧市 道の駅 ウトナイ湖 

到着地点  北海道ニセコ町 ニセコアンヌプリゲストハウス 

本日走行距離     124 km     累計走行距離     212 km

20170506 (0)

早朝5時半過ぎに目を覚ましたが、車内は16.5度で屋外は11.0度だった。

20170506 (1)R

正月の1月1日に根室に初日の出を見に行った時や、3月の函館に比べ、断然暖かい。

ウトナイ湖畔の入り口のゲートには、こんなスズメに着物を着せている。

20170506 (2)R

だが、3月6日に来た時にはふかふかなものを着ていたが、今回は春めいた服だ。

平成29年3月6日の写真
20170306 (6)R

昨夜苫小牧の道の駅で車中泊した車は、約50台ほどで、福岡やつくば№もあった。

20170506 (3)R

我がハイエースの窓は、シェードや銀マットなどが外から見えるのが苦手でカーテン。

20170506 (6)R

運転席も手作りカーテン(黄色)で、マジックテープ止めなので引っ張れば取れる。

尚、ハンドルの赤〇は洗濯ばさみで、テレビアンテナの縮め忘れの防止だ。

道の駅の横にも、こんな桜が咲いていたが、まだつぼみが多く5分咲きか。

20170506 (4)R

20170506 (5)R

土曜日なので、朝の旅番組の旅サラダもゆっくり見て、11時頃の出発となった。



愛妻が、道の駅の向かいにある三星のパンが食べたいと言い出したので、寄った。

20170506 (8)R

初めて立ち寄ったのだが、店内にはイートスペースがあり、昼には早いが店内で頂いた。

20170506 (7)R

コーヒーの無料もあり、今朝の朝食にも飲んだが、せっかくなので飲ませてもらった。

20170506 (9)R

4個を買って、愛妻とシェアして頂いたが、どのパンも美味しく充分に満足した。



最初に立ち寄ったのが、苫小牧市の桜の名所として紹介していた緑ヶ丘公園。

見渡しても桜が見えないので、まずは展望台で周りを見渡すが、桜は見当たらない。

20170506 (15)R

展望台からは、我がハイエースの雄姿が見える(赤〇)

20170506 (11)R

展望台の1階には、北海道新幹線を歓迎する模型が走っていた(緑色の新幹線)

20170506 (14)R

係の人に聞いたのだが、この辺りはまだ早いようでつぼみがほとんど。

20170506 (16)R

諦めて、次の目的地に向かった。



トイレ休憩に寄った「道の駅フォーレスト276大滝」。

20170506 (19)R

ここのトイレには、1億円といわれる自動演奏のピアノが置いてある。

20170506 (18)R

誰もいないのに、確かに鍵盤が動いていて、音楽が奏でられている。



ニセコへの途中で、こんな山が見えて来たので、愛妻に「羊蹄山だ」と言ったのだが・・。

20170506 (20)R

いつもだますので、愛妻も慣れたもので、これは「尻別岳」とバレてしまった。

もっと奥に行くと、コニーデ型の蝦夷富士の羊蹄山が見えてくる。

20170506 (23)R

今日は宿を予約しているが、着く前に温泉に入ることにする。



立ち寄ったのは、演歌歌手の細川たかしの出身地で知られる真狩村の温泉へ。

20170506 (21)R

人が多く浴室の写真は撮れなかったが、脱衣室にはこんな看板が・・・。

20170506 (22)R

黄色の破線の中は、日本語としておかしい気がするのだが・・・。

「お預かりください」ではなく、正しくは「お預け下さい」が正しい。



今日の宿は、ニセコ町のニセコアンヌプリゲストハウスで、この名前には初めて泊まる。

20170506 (24)R

だが、よく見ると、看板が2枚掲げてあるのだ。

ゲストハウスとユースホステルで、元ユースで今は名前が変わってゲストハウスだ。

20170506 (25)R

ここは元ニセコアンヌプリユースホステルで、その前はペンション明るい農村だった。

ゲストハウスに泊まるのは初めてだが、ユースや明るい農村はお得意さんである。

ここをネットで予約した時は、「たびいくひと」名で予約したが通じていた(笑)。

オーナーと顔を合わせるなり「いらっしゃいたびいくひとさん」と言われた(嬉)。

夕食は、こんな感じで、夕食代は1,200円で、冬期間では夕食は無くなった。

20170506 (31)R

その後メイン料理も出されて、ご飯やコーヒーはお代わり自由だ(セルフ)。

20170506 (35)R

今日は魚料理だったが、もちろん肉料理の時もある。

夕食を共にした名古屋の男性は、スキーをしに飛行機で良くここに来るらしい。

年に数度来ると言うから驚きだが、安くておいしく、オーナーは気さくで居心地がいい。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.05.06 Sat l 車中泊 予行演習 l コメント (8) l top