2017. 5.10 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


父は55歳定年の1年前、定年後を過ごす土地を当地に2区画買い求めていた。

家を建てている最中に病気で他界し、自分は東京の勤務先を退職して帰って来た。

自分は母と同居していて、母はその1区画で野菜づくりを進めていた。

自分は家庭を持ち、子どもが生まれ、子どもを連れてキャンプや車中泊を始めた。

自分が家庭菜園を始めたのは、高齢になった母の菜園を引き継いだのがきっかけ。

今になっては、リタイアを間近に控え、車中泊と家庭菜園を両立して楽しんでいる。



このブログを始めて、ブログのカテゴリーでのせいか、車中泊のブログ仲間も多い。

家庭菜園もカテゴリーに選んでいるので、その仲間も多いのは当然だと思う。

しかし、定年後のカテゴリーでは、車中泊と家庭菜園を両立している人も多いようだ。

先日、桜の季節でもあり、車中泊に行って来て、楽しませてもらった。

3泊4日だったが、桜も地域のおいしいものにも出会い、満足な数日だった。

だが、季節的には家庭菜園の季節でもあり、遊んで来たあとは野良仕事もある。

今日は仕事が休みだったので、家庭菜園にも汗を流した。



午前中は家庭菜園とは関係ないが、貧乏草なども目立ち花畑の草取りから始めた。

草取りに飽きたら、丁度昼だったので、昼を食べてからトマトの定植をする事にした。

今年はトマトの接ぎ木にも挑戦し、多くは無いが何本かは成功した。

20170510 (2)R

接ぎ木トマトも、接ぎ木で無いトマトもまだ少し小さいが、明日は雨なので定植した。

そして、今までも植えていたトマトの品種甘太郎の接ぎ木(割り継ぎ)した所がこれ。

20170510 (1)R

下の写真は、元木と相性のいいとの事で購入した桃太郎系の穂木との呼び継ぎ。

20170510 (3)R

両方とも穂木はすっかり太くたくましくなってたが、接ぎ木の成功率はまだ低い。

定植する際、農家から炭を入れると耐病性が良くなると聞き、買ってきた炭を入れた。

20170510 (4)R

空けた穴に炭をいれて、混ぜずにその上にトマトの苗を入れると良いらしい。

そうしながら、とりあえずトンネルを張ってある定植場所に、トマト20本を定植した。

20170510 (7)R

苗がまだ少し小さいので、定植してもボリュームが無く少し寂しいが・・・。

他には、トンネルの無い露地にもトマトを植える予定だが・・・。

それはもう少し暖かくなってから、定植しようと考えている。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.05.10 Wed l 自産自消の少農生活 l コメント (12) l top