2017. 5.11 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今日、農業者に農業技術を指導する立場の人から、家庭菜園の話を聞いた。

と言うよりも、家庭菜園の愛好者に、安心できる野菜づくりのセミナーでの指導だ。

20170511 (4)

我々素人にも分かるように、おいしい野菜づくりの基礎知識を教えてくれた。

今日聞いた話は、なんとなくは聞いて知っている話題だが、自分には説明できない。

その「指導者が教える家庭菜園の話(1)」として連作と輪作の話題を提供したい。

あくまでも素人に教えてくれた話しなので、詳細ではなく概要しかないのだが・・・。

これからの紹介は、あくまでも資料に基づいた抜粋なので、質問はお断りする(笑)。

ただ、間違いがあったら、連絡ご指摘頂きたいと思う。



最も大切なことは、「畑のどこに何を植えるかは計画的に」とのことだった。

      20170511 (3)    20170511 (2)

日当たりや(特に午前中の)水はけと風通し、輪作のすすめを強調していた。

畑の管理記録や作業歴は素人でも必要で、いつ何を何処に植えたかを記録する。

連作は同じ所に同じ野菜(仲間も)を作ると、特定の病害虫や雑草が増え収量が減る。

従って作物(仲間もふくめ)を毎年変えて、病害虫の影響を少なくすることが必要。

ただ、我々の家庭菜園で多品種の野菜を作ると、輪作しきれないのだが・・・(笑)。



野菜の分類には、仲間分けがあって、その仲間は同じ科の野菜で病害虫も共通する。

ナ ス 科  トマト、ピーマン、バレイショ、ナス など

ウ リ 科  キュウリ、スイカ、カボチャ、メロン など

セ リ 科  ニンジン、セルリー、パセリ、ミツバ など

アブラナ科 大根、キャベツ、白菜、ブロッコリー など

ユ リ 科  タマネギ、ネギ、アスパラガス、ニンニク など

マ メ 科  サヤエンドウ、サヤインゲン、エダマメ など

ちなみに、我が家で作っている野菜は、赤字で記してみた。

我が家の畑で作っている野菜の科を、大まかに言うと・・・・。

ナス科は全体の30%、アブラナ科は40%、他は30%ほどか・・・。



それぞれの科を3年に1度作れば良いはずなのだが、そうは問屋が卸さない。

タマネギ、ネギ、カボチャなどは、連作も可能だと言うが・・・。

大根やニンジン、インゲンなどは、同じ場所に1~2年を休んだ方が良いとか・・・。

だが、トマト、ナス、白菜、キュウリなどは3~4年休んだ方が良いそうだ・・・。

エンドウなどは4~5年休むとされ、そんなことを総合的に考えると頭が回らない。

野菜をどうレイアウトしたら良いものかと考えているが・・・・最後は適当だ(笑)。

   20170511 (1) 20170511 (1)
 
しっかりと教えてもらったが・・・やはり最後は自己流の輪作体系にしかならない・・・。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.05.11 Thu l 自産自消の少農生活 l コメント (6) l top