FC2ブログ
2017. 5.21 日曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


腰の痛い67歳の老体に鞭打って、この数日間、我ながら良く働いたと思う(笑)。

しばらく雨や曇りが続いていて、畑に入れなかったので出来るときに作業した。

18日のナスの定植や伝来の在来種インゲン種まき、マルチ敷きに続いて菜園作業。

19日(金)と20日(土)は一部仕事だったが、帰って来てからも野良仕事をしてきた。

勿論今日の日曜日も、午前中から作業に出かけ、とりあえず一段落までこぎつけた。



まずは黒大豆をいつもの肥料の当たらない畑の端に植えた。

酒は飲まないので、コーヒーのつまみとして、枝豆を食べるのを楽しみにしている(笑)。

食べきれなかった黒豆は、正月用の黒豆料理にも使うので一石二鳥だ。

今後 ご近所さんから、収穫は遅いがおいしい青い枝豆の種をもらって植える予定だ。

先日やり残した、菊の植え替えもして、6株定植した。

20170521 (25)R

秋になると、こんなにびっしり黄色い花が咲くので、毎年植え替えしている。

2015年10月の写真
20170521 (30)

菊は花の命が長いので、霜の降りる遅くまで楽しむことが出来る。



5月3日に、畑を起こしてもらって最初に植えた馬鈴薯「キタアカリ」が芽を出した。

5月3日の写真
20170503 (3)

芽が小さいうちに、馬鈴薯に土寄せする代わりの黒マルチを施した。

20170521 (2)R

黒マルチで覆った後、芽が出ているところに穴を開け、芽をクロマルチの外に出した。

20170521 (5)R

初めから穴を開けている訳ではなく、これから手探りで芽が出たところに穴を開ける。

芽が出てマルチを押し上げたところは、手で押すと弾力があり、なんとなくわかる。

種イモを等間隔に植えているので、芽が出そうな場所は本能的?に分かるのだ(笑)。

5月5日に、去年種取りしたサヤエンドウを植えていて、芽が5センチほどに伸びた。

今のうちに倒れないように、手を立ててあげた方が良いと判断し手を立てた。

20170521 (1)R

去年悟ったことだが、エンドウのつるを絡ませる1段目のヒモは、低い位置に設置した。

そうすることで、エンドウの茎が倒れないで、うまくつるが絡み上に這いあがっていく。



昨日は、接ぎ木のしていない露地用の残りのトマト10本ほどとナス20本も定植。

20170521 (6)R

掘った穴に「炭」を入れたところと入れないところも作り、炭の効果も試験する。

これで 全部で、トマト30本、ナス30本、キュウリ10本となった。

トマト好きの愛妻は、「今からでも種をまいたら」と、トマト30本では足りないと言う(笑)。

今年は接ぎ木で収量が増えるのではないかと期待しているので、30本でやめておく。



今日の大仕事は、苗を立ててあった長ネギの定植だ。

少しでも白い部分を長くしようと、15センチほど溝を掘って植えた。

生長に合わせて盛り土して15センチほど山にすると、30センチ近い白長ネギになる。

畑は湿気っていて、溝を掘るのも大変だったが、これをしないとねぎは短くなる。

20170521 (3)R

根性が曲がっているのか、植え終えて見ると、曲がって定植している(笑)。

20170521 (4)R

定植した長ネギの左側は、溝を掘った時に出たゴロゴロとしたかたまりで埋めた。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.05.21 Sun l 自産自消の少農生活 l コメント (8) l top