FC2ブログ
2017. 5.25 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


5月2日に、4月下旬にネット注文していたドライブレコーダーが届いた。

20170525.jpg

長期間知らない土地を旅するため、何かあった時の証拠を残すのが目的だ。

万が一の事故の時にでも、原因をはっきり(自分の過失も)させたいと考えている。

土地勘もないところで夫婦が事故死し、一方的な悪者にされるのが許せない(笑)。

子どもらも、両親がどんな事故で死んだのか知りたいと思うのだ(思わない? 悲)。

振動を感知して、撮影を開始する(駐車時の当て逃げを撮影)のも安心だ。



先日レコーダーの本体だけを取り付けて、試験していたが・・・・。

取り付けたと言っても、フロントガラスに吸盤で付けシガーソケットに差し込んだだけ。

その後は、バックレンジを取り付けるのに、配線などを自分で出来るか心配だった。

まず第1に、レンズの配線コードがハイエースには短く、足さなければならなかった。

以前に、マウスが断線で使えなくなった時、あの細い線を何とかつないだ(笑)。

ホームセンターで細いコードを購入してきて、継ぎ足すことにしたのだ。

配線コードは4芯線らしく、2芯線を2本使って4芯線に使おうと計画していたが・・・。

切断して見ると、5芯線だったので、まずは電源線らしい赤と黒の2線を延長。

残りの白と黄色の線を延長し、最後の緑も自宅に有ったコードでつないだ。

レンズを仮留めして接続して見ると、何とかバックカメラとして作動したので一安心。



本来このレコーダーは、バックシフトに入れた時だけ、ディスプレーに後方が映る。

バックランプの電源に接続して、バックにするとモニターに映る仕組みだ。

この機種を選んだ理由の一つに、ディスプレーが4インチと大きかったからだ。

ハイエースのバックドアの前には、棚を作ってあって後方が全く見えない。

今まではサイドミラーを頼りに運転していたが、後続車も常に確認しておきたい。

ACC電源を利用すると、キーを回している時はいつもバックが映ると考えた。

いわば、バックミラーとしても使えるのではと考えていたのだが、思い通りうまくいった。

走行中でも後方を映し出していて、バックミラーとしても使える。

ただ その状態でも、前方の録画をしているかはまだ確認できていない(笑)。



写真でも分かる通り、バックレンズにはLEDが付いていて、作動していると光る。

普段の走行で使うには、LEDが邪魔なので、テープででもふさごうと思っていた。

電源線と画像線だけでは4芯線で良いはずなのだが、5芯線を使っている・・・。

そんなことを思って、電源と思われる赤線と黒線以外を外してみようと考えた。

普段の行ないが良いようで、自宅に有った線を使って接続した緑線を外してみると・・・。

偶然にもLEDが消えて、思う通りになってくれた。

素人なのでそれらの配線は露出配線だが、その辺は気にしないことにしている(笑)。

あとは試験走行して、きちんと録画がされていることを確認するだけだ。

これから取扱説明書を読んで、再生する方法を確認することにする(笑)。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.05.25 Thu l 車中泊のその他装備 l コメント (14) l top