FC2ブログ
2017. 5.31 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


札幌市と旭川市の間にある岩見沢市は、農業が基幹産業なのだろう。

北海道で指折りの玉ネギの生産地帯で、GPSを活用した先端農業でも知られる。

トラクターなどにGPSや自動操舵装置を付けて、1人で数台のトラクターを操る先進地。

コンピューターを使い、同じところは2度と起こさない効率の良い作業が出来る。

真っ暗な夜中でもあの広大な農地を、正確に作業が出来ると聞いたので驚いた。

まだまだその規模は少ないだろうが、今後一気に面積が増えることが予想される。

乾田(乾いた田んぼ)に直播(直接種まき)する農業では全道一の規模だ。

これが出来るようになると、田畑輪換(水田と畑を入れ替える)が可能になるらしい。

町の名前、岩見沢の名前の由来は、浴澤(ゆあみさわ)から来ていると聞くが・・・。

そんなに有名な温泉地ではない(笑)。



その岩見沢市の特産品に、キジラーメンなどの高麗キジの製品が知られる。

以前から野生のキジがいたと聞くが、実際に道路を走行中にキジを見た事がある。

調べて無ると、農業の害獣となる野ネズミやヘビ等の駆除を目的にキジを放したとか。

そして今、市内の就労継続支援施設では、高麗キジを生産している施設があるのだ。

                  20170531 (20)

その施設の中に、喜地丸燻(きじまるくん)という食堂があり、キジ肉メニューがある。

食べに行ったことは無かったが、キジの親子丼が食べられると聞いていた。

                  20170531 (21)

一度話のタネに、親子丼を食べてみたいものだと思っていた。



先日たまたまその機会があって、初めてキジ肉と卵のキジ親子丼を食べた。

20170531 (4)R

やわらかいキジ肉としっかりした味の卵3個を使っているようで、味付けも絶妙。

価格は800円(プラス税)だったと記憶しているが、サラダやみそ汁、漬物が付いた。

近くをお通りの方は、おいしい親子丼なので、ぜひ話しのネタにでも味わってほしい。

場所は、岩見沢市日の出町604番地1  喜地丸燻(リンクしている)

岩見沢市の宝水ウィナリーから北にほど近い山(丘?)の上にある施設だ。



我が家の5月25日に種をまいたカブも、やっと芽を出してきたのだが・・・。

今朝発芽を発見したばかりなのに・・・もう赤〇印には小さな虫が6匹?。

20170531 (2)R

これだから、気が付いた時には、葉に小さな穴がビッチリあいているのもうなづける。

穴が多くなり葉が無くなるのが先か、生長してどんどん葉が伸びるのが先かの戦いだ。

あわよくば、農薬に頼らず自力で勝ってほしいのもだといつも思う。



ほったらかしの自生だが、我が家の紫蘇の畑も、にぎやかになって来た。

20170531 (1)R

皆さんの家だと1~2本のシソがあれば十分なのだろうが、我が家は全く違う。

なすと味噌を使って、紫蘇巻にするので、一回に100枚くらいの葉を使うらしい(笑)。

しかもシーズンには数回、紫蘇巻が食卓をかざり、食べ始めたら止まらない。

元々自宅にはなかった紫蘇だが、ご近所さんの自生苗を毎年頂いているうちに・・・。

我が家でも自生を始め、今度は逆にご近所さんにも苗のお裾分けもしている。

自生させるコツは、種が落ち始めると、茎を刈り取って茎を落ちた種に被せる。

このフタがないと、雀が群れでやってきて、種を食べつくすのが分かったのだ(笑)。

そして終わりかけて来たが、北海道の花畑は一年で一番いい季節を過ごしている。

20170531 (3)R

今年の花付は悪いが、藤の花も満開で、見るたびに癒されている。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.05.31 Wed l 老後の普段の生活 l コメント (12) l top