2017. 7. 3 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


人生の長さは人それぞれだと思うが、個々の人生にそれぞれの節目がある。

万人に共通して言える人生の節目は、就職、結婚、子どもが生まれる、退職・・・。

進学や転勤、住宅建築、子どもの結婚、孫誕生、将来の家族との別れなどもある。

自分に当てはめれば、転勤はなかったが転職、住宅建設は親が・・・と多少違うが。

退職もしたが、その後仕事に付いたので、セミリタイア身分と言ったところだ。



今年に入り、完全リタイアの準備を進めて来て、10月には無職となる予定だ。

       20170703.png

すでに、仕事の後任者も決まっていて、あと3カで完全に年金生活者となる。

60歳前にリタイアする人、60歳を境にリタイアの人など、リタイアに個人差はある。

自分は68歳でリタイアになることとなり、それなりに長い間働かせてもらった。

そしてあと3カ月で、気持よく仕事を終え、人生の大きな節目を迎えることになる。



仕事は会社での仕事と違って、依頼主からの委託を受けて仕事する個人事業主。

組織に属さないが、依頼主との強いきずながあり、それなりに安定している仕事だ。

自分が退職するに当たり、当然仕事を引き継いでくれる人が必要で、すでに確保した。

だが、後継者はこの仕事では全くの素人で、退職したから「ハイさよなら」とはならない。

自分が前任者から仕事を引き継いだ時には、全て前任者に仕事を教えてもらった。

自分のような仕事をしている者は、北海道に自分を入れて6人の仲間がいるのだが・・・。

その仲間に聞くと、前任者との引き継ぎが無かった人もいると聞く。

仕事は依頼主の会社の人から、教えてもらった人がほとんどと聞いている。



先日、依頼主に、引き継ぎなどの進め方の方法を投げかけてみた。

まだ後任者も、別な職場で現役で仕事をしているので、そんなに急ぐ必要もないが・・・。

「飛ぶ鳥跡を濁さず」の格言もあり、スムーズに引き継ぎぎできるように計画したい。

依頼主が仕事の流れや仕方を教えてくれるのか、自分が伝えるのか・・・。

それほど複雑な仕事でもないので、パソコンさえ扱えれば、あとは要領を教えるだけだ。

どちらでもいいのだが、自分の経験からも、後任者はきっと不安に思っている。

それは仕事の内容だけではなく、仕事以外の個人事業主としての不安も大きい。

依頼主に聞いても、仕事以外の事は教えてくれる人がいないのも事実だ。

後任者と会って、出来るだけ不安を解消で来るように協力する意思も伝えたい。

あと3カ月だ・・・・あと3カ月で完全リタイアだ。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.07.03 Mon l 普段の生活 l コメント (2) l top