2017. 8.13 日曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


我が家の墓には、父と母の2人が眠っていて、自分が墓と位牌を守らせてもらっている。

自分は、兄と姉がいる末子だが、母と同居していたので、いわば本家なのだ。

家を建築中だった父は54歳で急死し、自分は北海道に帰郷し母と同居した。

その母は4年前に93歳で他界し、我が家に近い墓に2人で眠っているのだ。

今日は、姉一族の大勢が我が家の墓参りに来て、その後仏壇もお参りしてくれた。

一族は18人だが、都合が付かなかった2人を除いた16人がお参りしてくれた。



姉一族は、今まで正月と盆の年に2度、みんなでお参りに来てくれていたのだが・・・・。

母が他界して、姉が「みんなで押し寄せるのは気の毒だ」と言うようになった。

「墓参りの時でも寄ってもらいたい」との愛妻の声で、盆には寄ってもらっている。

その日が今日なので、我が家には娘2号家族も入れて21人が集合した。

20170813 (1)

普段は狭いと思わなかった玄関も、隙間がないほどの靴が並んでいる。

子どもらが小さい時は靴も小さかったが、今となっては大人の靴と判別しずらい。

夏靴なのでまだ隙間もあるが、冬靴になると並びきらずに我が家の靴は引っ込める。



今となっては1年で最もにぎやかな日なのだが、人の発生熱も大きく窓は全開にする。

大勢なので会話が聞き取りにくく、話し声はさらに大きくなってしまう(笑)。

窓を開けているので、近所迷惑を気にするほどみんなの声が大きい(苦笑)。

それでも子どもが聞分けが良くなる年なので、叱る声も少なくて助かる(嬉)。

いつもの通り出来合いのものだが、みんなに昼食を食べてもらった。

これだけ集まるが、酒をたしなむ人は婿殿だけで、しかも小さい缶ビール2本だけ。

あとは大人も子供も、清涼飲料水で宴会を始めた。

正直全員がテーブルに着くだけの広さが無く、いつも数人は席に着けない。

いつもの事なのでみんな勝手を知っていて、最初は子どもたち優先。

空いた席に大人たちが座れるだけ座り、子どもが終わると残った大人が席に着く。

食べたり話したりしているうちに時間が経過し、台風一族が一斉に去っていく。

それぞれ我ら兄弟が一族を率いるの年齢になるとなかなか近くても会えない。

こんな時を利用した一族同士の交流は、大切にしたいものだと思っている。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.08.13 Sun l 普段の生活 l コメント (10) l top