2017. 9.30 土曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今日は2017年9月30日(土)、いよいよ寒い日が続いて来た。

一昨日の最低気温は5.4度で、昨日も4.4度、間もなく零下を記録するのだろうか。

そんな今年の9月末日は、人生でもきっと忘れられない日となるのだろう。

決して今朝の時間のない中で参加した、町内会のクリーン作戦の事ではない(笑)。

人生に一度しか経験出来ない日となり、感無量で過ごす日となったのだ。



今日は正式に完全リタイアする日であり、初めて後任者の仕事を見守った。

先日は仕事の流れを見てもらい、今日は逆に後継者のする初めての仕事を見守った。

先輩の指導が良いかったせいか(笑)、無事に調査を終えるのを確認した。

この後は、後継者が報告書を書くこととなり、自分は家に帰っても書かなくてもいい。

要するに完全に仕事から解放されることとなり、リタイアした記念日でもある。



家に帰って玄関に入ると、午後に退院して来る娘2号の靴があった。

きっと婿殿2号が、病院に「妻と生まれたばかりの娘を迎えに行く」準備だと思ったが。

電話があって、最後の仕事に出かけている間に娘2号と赤ん坊を迎えに行ったようだ。

20170930 (5)

孫4号を出産した娘の帰還日と、自分の離職日が重なることになったのだ。

男の子のような顔つきやまぶたが赤くなっているのも、孫3号に似ている(笑)。

その内まぶたの赤みも消え、実に女の子らしくなって来るのだろう(嬉)

最初に「終わったッ!終わったッ!終わったッ!」と、生産人生の終焉の叫び(笑)。

次に「来たッ!来たッ!来たッ!」と孫4号の我が家初上陸で感動の叫びだ。



長い間働いて来て、仕事人生を終えたことを、仏壇の両親に報告に行ったのだが・・・。

20170930 (1)R

見かけない花盛があって、どうして、なぜここにあるのか不思議だった。

20170930 (0)

長い間勤務してリタイアした、自分への贈り物の様なのだが・・・。

聞いてみると、花キューピットが届いたようで、送り主は今までの事務所の方達。

先日歓送迎会を開いてくれた方達で、事務所を間借りていた所からだった。

多少関係あるとは言え事務所を借りている間柄なのに、心温まる贈るものだ(嬉)。

思いがけない贈り物で、「退職」「孫4号」に続き、3つ目の感動となってしまった。

今晩は、退職と退院のお祝いをしてくれるらしいので楽しみにしていよう。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.09.30 Sat l 普段の生活 l コメント (24) l top
2017. 9.29 金曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


自分の仕事は、依頼主から委託を受けて行うが、具体的な仕事は情報で動く。

情報の頂けるところは特定多数だが、情報をもらえるかは相手任せとなる。

情報元はたくさんあるが、情報を多くいただけるところは限られてくる。

たくさん連絡が来るところと、めったに来ないところがあり、仕事量は安定しない。

当然自分たちの所得は、仕事量によって多少左右されるので多い方が良い。



初めてこの仕事に就く者にとっては、仕事の量や所得の多い少ないは二の次だ。

まずは携わったことのない仕事が、無事こなせるか、慣れれるかが問題だ。

北海道の同じ仕事をする仲間には、この仕事になじめず3カ月ほどでやめた人もいる。

北海道の広大な範囲を、地域で担当割りしているので、普段仲間とは顔を合わせない。

従って悩みや仕事の仕方、疑問点などを相談する相手がいないのだ。

当然仕事を引き受けるか否かを判断する上で、仕事に就く確固たる決断がいる。



自分がこの仕事をリタイアするに当たり、仕事を引き継いでくれる人は重要だ。

引き継いで順調に仕事が進められないと、安心してリタイアできない(笑)。

そんな意味からも、充分な引き継ぎをして、後任者の不安を除いておく必要がある。

今までは数日間掛けて、事務的な仕事の流れややり方を引継ぎして来た。

自分の場合もそうだったが、果たして仕事の連絡が来るかも心配だった。

自分の当時の依頼主のトップから「最低限を目指してすればいい」と声かけられた。

そのアドバイスで、自分の心配の気持ちの半分は解消されたっことを思い出す。



新任者にとっても、仕事がこなせるかもそうだが、情報が来るかも心配だろう。

そんなことを考えて、主だった情報発信先へ、退任と就任のあいさつ回りをした。

中には11年前から情報を発信してくれた人もいて、大変お世話になった。

今日廻った情報発信先は、特に多くの情報を発信してくれて、お得意様と言ったところ。

守備範囲の端から端までの主だったところを回り、場所と担当者を覚えてもらった。

それ以外の所は、おいおい一人であいさつや情報の依頼で回ることになる。



限られた時間で最大限の情報を集めるために、今日は2人で長距離を走った。

走行時間中に色々と話しをし、後任者も車中泊を目的にミニバンを買ったと言う。

未だ始めたばかりで、座席をフラットにすることと窓の目隠し程度から入門。

電気にテレビ、食事などについて聞かれ、道中は車中泊の話題で盛り上がった。

どうやら仕事だけでなく、車中泊まで引き継いでくれる後継者が見つかったようだ(笑)。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.09.29 Fri l 普段の生活 l コメント (2) l top
2017. 9.28 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


長い人生の中では、その立場や環境に応じて、それぞれ生活パターンがあった。

年齢や勤務地、家族など、様々な要因で人それぞれの違ったパターンがある。

家族内においても、自分の役割によって、立場によって複雑なパターンとなっている。

起きる時間、出かける時間、帰宅時間、食事時間、風呂時間などがパターン化される。

そして今、自分の生活パターンが大きく変革の時を迎えているが、どうもしっくりしない。



若い頃は7~7時半には仕事に出かけ、帰宅時間は午後8時頃だっただろうか。

勤務先は歩いて7分くらいで、長い時間仕事していたが、残業代はゼロだった(笑)。

当時は企業戦士のそんな働きが、社会を支えてきたと自負している。

帰宅したら遅い夕食を食べ、子どもらと風呂に入り、多少のテレビ番組を見て寝る。

中堅になるとなったで、責任や専門的仕事も増え、余裕など出来るはずが無かった。

役職を拝命しても、最初から最後まで職場にいることも多く、仕事パターン一辺倒だ。



大きく変化したのは、セミリタイアして、時間に余裕が出来てからだろう。

そのころになると、時計無しでも目覚めが早くなり、1日の時間が長くなってくる(笑)。

つい最近までは、朝6時に目を覚まし、2時間はブログを徘徊して、それから朝食だ。

日中は仕事や家庭菜園、夕方にはブログアップし、夕食後はテレビを見るパターンだ。

ブログを始めて3年以上だが、そんな生活パターンが身に付いていたのだが・・・。



今週の月曜日で、実務の仕事から離れ、今月末で完全リタイアとなる。

今までとは完全に違ったのパターンの、これからの生活が待っているのだろう。

しかも、孫4号が誕生し、婿殿2号と孫3号がその日から我が家で生活している。

これまた婿殿2号は7時には出勤で、7時半には孫3号が学校に行く時間だ。

朝のあわただしさと言ったら、ここ10年以上のセミリタイア生活パターンを壊す(笑)。

それでも自分の生活パターンは、今のところ6時に起きて8時までブログ徘徊だ。

今週末には娘2号と孫4号が退院してくる予定で、その後2週間ほど我が家で生活だ。

新生児の生活パターン(授乳、オシメなど)も有り、家の中は複雑なパターンになる。

しばらくは、自分自身の生活パターンも自分の物にはならず、落ち着かない生活となる。



リタイア前から、退職したら生活パターンを変えようと考えていたのだが。

家庭菜園の作業は、起床後すぐに涼しいうちにと思っていたが、まだ実行していない。

2時間ほど家庭菜園で作業し、その後朝食、ブログ徘徊のパターンにしたいのだ。

特別なことが無ければ、通院や買い物しか、外出の予定は今のところ考えられない。

リタイア後はそんなことを考えていたのだが、強制的な外因修正パターンが色濃い。



2~3週間は娘2号家庭による、襲撃的な外因修正パターンに合わせるしかない(笑)。

リタイアしての静な生活パターンは、それから模索していくしかないと覚悟を決めた。

その間はにぎやかさを楽しみ、愛妻にもドリンク片手に頑張ってもらおう(笑)。

子供が増えて、娘2号の家庭も大きく生活パターンが変わったのだろうが・・・。

もう一人の娘である千歳の娘1号も、10月から生活パターンが変わるらしい。

娘1号がアルバイト先をやめ、仕事探しに入ると言うからだ。

婿殿1号も朝は早いし、小、中学生の子もいて、自分の出勤も大変だっただろう。

我が2人の娘家族も含めて、3家庭とも生活パターンが変わる事になる・・・・。

どの家庭が、新しいパターンを見つけて、最初に落ち着く事になるのだろうか。

若い方が早いのか、はたまた単純な年よりの生活パターン定着が早いのか・・・。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.09.28 Thu l 普段の生活 l コメント (10) l top
2017. 9.27 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


この世に生を受けて、人様の役に立って来たとは思わないが、疎外もしていない。

20歳から68歳まで勤めて来て、我が国のGDPの爪の垢には貢献して来た。

2日前には、とうとうと言うかやっとと言うか四十数年間の自分の生産人生を終えた。

残りの人生は、GDPのマイナス要素しかないが、多少なりとも消費活動を続ける。

少なくても人様に迷惑はかけない事を念頭に、邪魔をしないように生きて行こう。



最後の仕事を終えて、我が家の隣にある畑に、大きな墓穴を掘った。

20170927 (2)R

分かりにくい写真だが、結構深く、墓穴には最適な大きな穴を掘ったのだ。

我が家の畑は粘土質で、赤い線のところはスコップ1個分を掘った辺りの深さだ。

20170927 (4)R

地上から25センチほどのところで、多少色が違うのが分かってもらえるか。

毎年多少の有機物の肥料を入れ起こしてもらっているから、色が違うのだろう。

穴を掘っている途中で、こんな昆虫を見つけた。

20170927 (3)R

54歳で他界した父が、勤務地でこのコオロギを飼育して孵化を繰り返していた。

自分は東京から帰って来て、この地の家を引き継いだ時は新築で、飼育をやめた。

当時の若い自分に、エサをやったり、水や湿気を与えたりすることが出来ないからだ。

家は父の勤務地ではない町に建て、この地に元からコオロギが居たかは分からない。

コオロギを解放したのは越してきた年なので、その年からコオロギの音が聞こえる。

いまだにコオロギが繁殖しており、多くのコオロギが今頃になると優しく鳴く。



墓穴は、長さ約5メートル、幅約90cm、深さ約70cmと結構な大きさだ。

いやいや、いくら生産人生を終えたからと言って、決して自分の墓穴ではない。

20170927 (1)R

役目を終えた家庭菜園の残渣物を入れるために、植物の墓穴なのだ。

上の写真は、掘った墓穴の半分に残渣物を投げ入れたところで、まだまだ入る。

キュウリやトマトの残渣物は、病気が付いているので「気は心」でゴミに出した。

他の残渣物は、こんなに深く埋めて有機物肥料になるのかは分からないが・・・・。

ゴミに出すのにも市で指定されたゴミ袋代が有料なので、埋めるのは無料だ。

深く埋めるのは、来年トラクターで起こしても、残渣物が刃にかからなくするためだ。

従って、多少太いブドウや藤の枝なども、埋めることにしている。

畑の地面に散らかしておくと、畑が乾かず春に起こせなくなるので、埋めた方が良い。

この墓穴一つで、全ての残渣を埋めることが出来るので、2日間かけて掘った(笑)。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.09.27 Wed l 自産自消の少農生活 l コメント (4) l top
2017. 9.26 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


昨日は、自分の次女に待望の次女が生まれ、4人目の孫が誕生した。

人並み以上の大きさのようで、元気に生まれて来てくれて一安心した。

ブログを訪れて頂いた方からたくさんのお祝いの言葉を頂き、有り難く思っている。

孫誕生は、自分の人生の中でも、指折り数える中に入る大きな出来事だ。

自分の学校入学や卒業、就職、結婚、子どもの誕生なども、大きな出来事になる。

それに、自分の退職や再就職、完全リタイアも、自分の人生の重要な出来事だ。

そんな意味からは、昨日は孫4号の誕生の他に、もう一つの大きな記念日でもあった。

我が人生で、最期の仕事を終わらせた記念すべき日となったのだ(嬉)。



9月で今のセミリタイアから、完全なリタイア生活となるのだが・・・。

月末でリタイアなのだが、昨日の仕事が人生最後の仕事となったのだ。

20歳の時就職して以来、1年半ほど空白があるが、3カ所でず~っと働いて来た。

最初は東京で2年半、コンピューターの仕事をしてきたが、父の他界を機に北海道に。

半年後に地元で再就職して33年ほど勤めて、12年前の56歳の時に早期退職した。

その後は1年間充電期間を置き、現在の職に就いて11年半となる。

そして今月末に、完全な隠居人生となり、諸国を漫遊できる身分となるのだ。



最後の仕事は終わったが契約期間は今月末で、今日は最後の処理をし報告した。

今月末までは仕事の予定が入っていないので、有休をとっている感じか・・・・。

もちろんサラリーマンではなく個人事業主なので、有休などはないのだが(笑)。

自分の気持の中では、今日から非生産人生に入ってしまい、後は年金生活者だ。

委託先からの支給パソコンはデータ消去し、ポケットWi-Fiと一緒に返却した。

月末までは、後任者とスムーズに仕事を移管できるように引継ぎや指導をするだけ。

昨日は、我が人生の大きな出来事が2つ重なった日となった。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.09.26 Tue l 祖父母と孫 l コメント (6) l top