FC2ブログ
2018. 1.16 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


3カ月の長旅に出る準備として、昨日は個人的に欠かせない手続きについて記した。

健康保険と、町内会の街灯電気料助成請求についての手続きはどうしても欠かせない。

その他に 新聞や郵便物の処理についても、手続きを終わらせた事を報告した。

だがすべきことはこれだけではなく、電気や水道・ガスを止めていくことも可能だが・・・。



家に誰かが残っている時は何もしなくて済むが、われら夫婦は2人暮らし。

2人で出かけ誰も残らないのであれば、コスト削減をするのに越したことはないが・・・。

光回線は黙っていても毎月6,000円ほどかかるのだが、休止はできないそうだ。

解約して再度契約するのに費用が掛かるらしく、しかも3カ月ならメリットは少ない。

それ以上に休止できない理由が家の防犯システムで、電気も電話も使うのだ。



以前から長期間家を空ける旅を計画していたため、留守宅の防犯対策を考えていた。

〇コ〇などのホームセキュリティーは、完璧なのかもしれないが、毎月の費用が大きい。

色々調べていると、20,000円ほどで毎月の費用が掛からない防犯グッツを見つけた。

    20180116 (1)

その商品は「ホームウォッチャで」、ブログに詳しく紹介した(リンクしている)。

人感センサーやドア開閉センサーで感知し、電話回線で「異常を」教えてくれる。

  20180116 (2) 20180116 (3)
     人感センサー              ドア開閉センサー        

センサーが感知すると、本体へ無線で異常を発し、あとは本体の仕事だ。

その知らせてくれた電話で、室内の音を拾うこともでき、警告音を流すこともできる。

しかも、自分にだけではなく、近所の娘にも同じ電話で異常を知らせるのだ。

センサーは電池を使用し、まだ電池の残量はあるが、念のため電池を入れ替えた。



水道やガスはどうするかまだ検討中で、娘らが用事で来るかもしれない・・・。

用事で来ると、寒いのでストーブは付けるだろうし、水を飲むかもしれない。

お湯を沸かすかもしれないので、水道もガスも止めるのに抵抗がある。

残念ながらトイレは凍結対策で落水する(結構面倒)ので、簡単には使えない(笑)。

そんなことを考え、「凍結する心配の対策をするだけでいいのでは」と愛妻が言う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.01.16 Tue l 全国一周 関連その他 l コメント (2) l top