FC2ブログ
2018. 1.25 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


長い間家を空けるのは、色々と影響があり、出発まで心休まらない。

夏ならまだ知らず、氷点下が続く北海道での留守宅は、あれこれと考えることが多い。

大したものではないが、我が家にも植木が数鉢あるが、方法がないのであきらめる。

暖かいのなら外で雨に当てるのも方法だが、冬では屋内でも屋外でも凍結してしまう。

ハイビスカスやシクラメンなど今は元気だが、寒さと水不足で生きてはいけない。

仕方なしに断捨離するが、外に放り出すわけには行かず、自然に任せるしかない。

育て方が悪いが枯れるでもなく、花も遠ざかっているがけなげに生きていてくれた。

今まで永い間青い葉や花を見せてくれていたので、なんだか忍びないのだが・・・。



厳寒期に出かけるにあたり、ズ~~ット心配していたことがある。
              20180125 (2)
なんといっても氷点下が続く北海道の冬なので、水道の凍結がある。

各水道に凍結防止の止水栓があるが、屋外の水道水しか止めていない。

人が住んでいる限り少なからず暖房はあるので、無い部屋でも氷点下にならない。

仏間は、暖房のある居間から一番遠い部屋だが、せいぜい 0度にしか下がらない。

家の中なら、凍結の注意は氷点下4度を目安にをすると良いとされている。

         20180125 (1)

不純物の入った調味料などの液体は、ほとんど大丈夫と言っていい。

我が家にある水というと、神棚の仏壇の花などの水も注意しなければならないが・・・・。

北海道に居ながら、台所やトイレ、風呂のボイラーは、止水栓を作動させたことはない。



正月に娘1号家族が来た際、婿殿1号が「業者に落水を依頼した方が」と助言をくれた。

結婚したてのとき娘の家で、水抜きをしたのだが、配管を凍結・破裂させた。

大きな修理代がかかり、ボイラー自身が破損すると取り換えに20万円ほどかかる。

不安はず~っとあったが、何とか自分で出来るのではと思っていたのだが・・・。

今日のラジオで「水抜きを失敗してボイラーを凍結させた」話題が放送された。

修理代に7万円以上かかったと聞いたとたん、業者に電話をしていた。

ボイラーを取り付けてもらった業者で、昔から世話になっている人が責任者だ。

2つ返事で、出発2時間ほど前に来てくれて、ボイラーの水抜きをしてくれるという。

ついでにトイレも同様の処理をしてくれないかと思っているが、だめなら自分で・・・。

一部便器に残った水を凍結させないために、車用の不凍液も買って来ている。

         20180125 (1)

心配しながらの旅よりも、安心して旅するに越したことはなく、万全な体制を取りたい。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.01.25 Thu l 全国一周 関連その他 l コメント (4) l top