FC2ブログ
2018. 3.31 土曜日        出発   62 日目

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


          

出発地点  大分県 竹田市 道の駅 すごう  

到着地点  大分県 国東市 道の駅 くにみ  

本日走行距離   168 km   累計走行距離  7,594 km

本日の旅の行程地図  Bは出発点   Aは到着点  
20180331(0).png


今朝は、大分県 竹田市 道の駅 すごう で目覚めた。

気温はそこそこなのだが、天気予報で気温は低いと聞いてたせいか涼しい感がした。

20180331(2)R.jpg

今日は、愛妻のご命令で、再度国東半島に向かうことにした。



九州も引き上げる時期に来たのだが、愛妻がもう一度行きたいと・・・。

大分県を「温泉県」と言っているが、もう一つ「からあげ県」と言っていいほど。

フェリーで観光パンフをゲットし、からあげの看板があちらこちらにあって・・・。

九州に上陸した翌日、パンフレットに乗っていた「からあげ花ちゃん」を見つけた。

早速購入したが、からあげが好きな愛妻がすっかりその味に魅せられて・・・。

「帰りにもう一度食べたい」と申されて、最後にもう一度「花ちゃん」に向かった。



豊後高田市の昭和の町に寄りたいのも会って、からあげを食べに向かったのだ。

その前に、せっかく別府を通るので、まずは無料手形で入浴を終わらせ・・・。

少し遠回りだが、からあげ花ちゃんによって、以前の量よりも多い量をぺろりと。

20180331(3)R.jpg

国東市武蔵町古市の「からあげ花ちゃん」はこちら(リンク)。

飛び込みで購入したのだが、出来上がりを待っている間に、何人も店に入って行く。

もちろん注文を受けてから揚げてくれるので、アツアツジューシーでおいしい。

昼食代わりにおにぎりと一緒にいただいて、遠回りしてでも大変満足した。



そこからさらに向かったのは、大分県豊後高田市にある熊野磨崖仏。

向かう途中で偶然見つけた桜の満開の場所、安岐ダムいこい広場で一休み。

20180331(13)R.jpg

そばには菜の花も咲いていて、黄色とピンクのコントラストが素晴らしい。

20180331(9)R.jpg

20180331(10)R.jpg

20180331(6)R.jpg

今日も素晴らしい花見をさせてもらい、一番いい時期?の九州を満喫している。



熊野磨崖仏は、今熊野山胎蔵寺の奥にあり、平安時代後期の磨崖仏らしい。

20180331(18)R.jpg

国の重要文化財で史跡にも指定されている。

胎蔵寺の350メートルほど山の上にあり、階段や最後の石段がきつい。

20180331(14)R.jpg

2体の7~8メートルほどの半身像が岩に刻まれていて、その横には熊野神社もある。

20180331(15)R.jpg

20180331(16)R.jpg

20180331(17)R.jpg

その後は時間も遅くなりそうで、今夜は最も近くの道の駅くみにでお世話になる。

この地域は、四国からフェリーで上陸した地域があり、2度目の立寄りとなる。




尚、旅中はみな様のブログにお邪魔できなかったり、コメントの返信
  が遅れたり出来なかったりすることが有ります事をご了承ください。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.03.31 Sat l 全国一周 2018年前半旅 l コメント (8) l top
2018. 3.30 金曜日        出発   61 日目

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


          

出発地点  福岡県 久留米市 道の駅 くるめ  

到着地点  大分県 竹田市 道の駅 すごう  

本日走行距離   163 km   累計走行距離  7,426 km

本日の旅の行程地図  Aは出発点  Bは到着点
20180330(0).png


今朝は、福岡県 久留米市 道の駅 くるめ で目覚める。

今日は気温も高くなりそうで、朝から暖かく日中は暑かった。

20180330(1)R.jpg

朝の作業をしていると、きれいな太陽が昇っていて、夕焼けみたいだが朝焼けだ。

20180330(2)R.jpg

今日の行動は、昨日テレビで決めたもので、行き当たりばったりの行動となった。



昨日のローカルニュースで、朝倉市甘木公園の4000本の桜が満開と放送していた。

桜を見る旅なので、無視するわけにはいかず、今日は早めに甘木公園へ向かった。

写真には写っていないが、9時だというのにもう多くの人が桜を見に来ている。

20180330(6)R.jpg

20180330(16)R.jpg

20180330(13)R.jpg

ピンクの桜もあって、ひときわ注目を浴びていた。

20180330(19)R.jpg

20180330(18)R.jpg

出店も出ていて、その中に広島焼き(お好みやき)を売っていたので・・・・。

広島県で友人と食べたお好み焼きが忘れられずに、つい買ってしまった(笑)。

20180330(29)R.jpg

朝食を食べたばかりなで、午前9時半なのにすでに美味しくいただいてしまった。



朝倉市と言えば、近くに3連水車があるとのことで、見に行ったのだが・・・。

20180330(31)R.jpg

確かに3連の水車らしきものがあるにはあったが、情けない姿だった。

荷車の車輪のような物があるだけで、水の力を受ける板が全くない。

映画のフイルムのリールのような、外枠と心棒だけになっていた。

昨年大雨による災害が発生したようで、水車が破損したのだろうか。

説明看板によると「国指定史跡」とあるのに、そのまま放置されているのか・・・。



残念な気持ちで、今度は日田市の豆田の町並みを見学しに車を走らせた。

途中で見かけ菜の花の風景も、桜と共に春を演出している。

20180330(34)R.jpg

豆田地区の駐車場に車を止めて、町並みを探したが人の動きで方向がわかった。

20180330(37)R.jpg

雪国の商店街等で見られる雪よけの雁木のような屋根が連なっている。

九州で雪よけではあるまいが、雨よけとして造られたのだろうか・・・。

20180330(38)R.jpg

レトロ感のある店構えで、箸とか下駄などが売られていて、観光客も多い。

20180330(39)R.jpg

この道の道幅は結構広いが、昔風な町造りのため小路も多く、車の行き来が大変だ。



折角九州に来たが、地震などで修復中の道路が多いのかと阿蘇入りを断念していた。

九州での残り時間が少なくなるにつれて、せっかく来たのにとの思いが・・・。

一昨日熊本市に、通行止めの道路状況などを問い合わせてみた。

想像していたよりも通行止めは少なく、小国町から阿蘇方面は支障がないとのこと。

それならばと、思い切って阿蘇山周辺まで車を走らせた。

まず寄ったのは、大観峰で、その山肌と車の多いのに驚いた。

20180330(46)R.jpg

駐車場わきでは、猿回しの芸が実に見事に行われていて、子供らの人気だった。

20180330(41)R.jpg

山肌は焼かれていて木がなく、荒々しい地肌がむき出しになっていた。

20180330(43)R.jpg

景観は素晴らしいが残念ながらガスっていて、遠くの見通しが利かない。

20180330(49)R.jpg

甘いもの好きとしては、名物のプリンソフトは見逃せない。

20180330(45)R.jpg

米塚までの道は通行止めだったが、道路脇から十分な雄姿が見れた。

20180330(62)R.jpg

下の写真は草千里だが、米塚も草千里も、やはり緑が似合う。

20180330(57)R.jpg

阿蘇山の噴火口は深そうだが、それでも想像よりも噴煙が少なかった。

20180330(56)R.jpg

今日は、道の駅阿蘇でお世話になるつもりだったが、時間も早かったのでさらに先へ。

テレビの映りを考えて、最後に選んだのは、大分県まで足を延ばし道の駅すごうへ。

今日は満月らしく、そういえば先月も満月時は快晴で、月を写真に残した。

20180330(80)R.jpg

今夜は少し涼しくなるようだが、道の駅すごうでお世話になる。



尚、旅中はみな様のブログにお邪魔できなかったり、コメントの返信
  が遅れたり出来なかったりすることが有ります事をご了承ください。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.03.30 Fri l 全国一周 2018年前半旅 l コメント (4) l top
2018. 3.29 木曜日        出発   60 日目

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


          

出発地点  佐賀県 唐津市 道の駅 厳木(きゅうらぎ) 

到着地点  福岡県 久留米市 道の駅 くるめ  

本日走行距離   80 km   累計走行距離  7,263 km

本日の旅の行程地図  Aは出発点  Bは到着点
20180329(0).png


今朝は、佐賀県 唐津市 道の駅 厳木(きゅうらぎ) で目覚める。

日に日にあたたかくなっていくのを感じていて、今日も快適な朝を迎えた。

20180329(3)R.jpg

道の駅の裏手は崖になっていて、段々畑に花を植えている。

20180329(4)R.jpg

昨夜道の駅に到着したときからこんな佐用姫像があったが、伝説の美人像らしい。

20180329(6)R.jpg

今朝気が付いたのだが、この像はゆっくりではあるが回転している。

20180329(7)R.jpg

回転時間は書いていなかったが、15~20分ほどで1回転しているのか?。

あまりにもゆっくりだったので、昨夜は気が付かなかったのだが・・・。



ここのところ天気続きで、「雨降り時」と決めている洗濯の機会がなく、そろそろ。

今日も晴天だが、思い切ってどこかでコインランドリーを見つけ洗濯と決めた。

毎日何か所もコインランドリーを見つけているので、どこかで発見できるだろう。

まずは地図を眺めていて、佐賀県神埼市の背振渓谷の桜マークを見つけた。

今日も桜を見たいと渓谷に向かい、桜を見つけたが、さほどの規模ではなかった。

20180329(12)R.jpg

だが、桜のそばにある「眼鏡橋」の看板を見つけ、立寄って見た。

橋を見に行くと、なんだか欄干の下あたりから、水が3本吹き出していた。

20180329(11)R.jpg

20180329(15)R.jpg

眼鏡橋というからには2連の石橋かと思いきや、1アーチしかないのだが?。

20180329(13)R.jpg

説明看板が無かったが、なぜ、どうやって水を吹き出させているかは不明。

ネットで調べると、恵みの流水(噴水)は訪れる人たちへの贈り物 だとか・・・。




次に立ち寄ったのは、吉野ヶ里遺跡公園で、そこも桜がきれいに咲いていた。

20180329(27)R.jpg

20180329(19)R.jpg

2月には、風景が殺風景な色しかなかったのだが、3月に入ると有色となった。

特に最近は、赤や黄色、白、青といった鮮やかな景色が見られるようになっている。

20180329(17)R.jpg

同じ花が並んでいると思っていたが、よく見るとチューリップと水仙だった。

20180329(22)R.jpg

この公園は弥生時代からの遺跡に基づき、当時の生活ぶりを再現しているが・・・。

規模はとてつもなく大きく、足腰の心配な我々には、手に負えないと判断。

しかも今日は、洗濯もしなければならないし時間が必要だ・・・(笑)。

20180329(25)R.jpg

20180329(24)R.jpg

20180329(26)R.jpg

入り口の施設を若干見せてもらい、全てを見学したつもりで、車を先に進めた。



温泉を探したりして車を進めていると、突然コインランドリーを発見し洗濯した。

洗濯に結構時間もかかり、入浴もしたので、これ以上先に進めなくなってしまった。

今日は近くにある、久留米市の「道の駅くるめ」で、お世話になることにした。




尚、旅中はみな様のブログにお邪魔できなかったり、コメントの返信
  が遅れたり出来なかったりすることが有ります事をご了承ください。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.03.29 Thu l 全国一周 2018年前半旅 l コメント (4) l top
2018. 3.28 水曜日        出発   59 日目

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


          

出発地点  長崎県 東彼杵町 道の駅 彼杵の荘(そのぎのしょう)  

到着地点  佐賀県 唐津市 道の駅 厳木(きゅうらぎ)   

本日走行距離   134 km   累計走行距離  7,183 km

本日の旅の行程地図  Aは出発点  Bは到着点
20180328(0).png


今朝は、長崎県 東彼杵町 道の駅 彼杵の荘(そのぎのしょう) で目覚める。

暖かい朝を迎え、だんだん毛布類を少なくしたくなったが、置く場所がない(笑)。

20180328(4)R.jpg

昨夜は10台ほどの車中泊車があったが、中に札幌ナンバーのキャンカーがあった。

ナンバーを見ると、九州に渡った初日の国東市の道の駅でご一緒したキャンカーだ。

これで今朝までに3か所の道の駅で一緒になり、よほど縁が有るのかと思った。

今日は九州をさらに北上し、佐賀県に行く予定を立てた。



さすが九州は桜の季節で、どこへ行っても桜が満開だ。

通りすがりの公園でも、こんなに桜がきれいで、つい立ち止まってしまう。

20180328(7)R.jpg

まだつぼみもあり、この辺りではもう少し桜を楽しめそうだ。

20180328(12)R.jpg

最初に立ち寄ったのは、伊万里 有田焼 伝統産業会館。

さすが焼き物の里だけあって、案内板が陶器でできているのがすごい。

20180328(14)R.jpg

橋の欄干も陶器の破片を使ってあり、欄干の中心には壺が鎮座している。

20180328(16)R.jpg

20180328(15)R.jpg

20180328(17)R.jpg

20180328(18)R.jpg

トイレの壁にも陶器が張り付けてある。

20180328(20)R.jpg

絵付け体験の仕切り板にも、陶器が使われていた。

20180328(24)R.jpg

伝統産業会館にあった、登り窯の模型。

20180328(23)R.jpg

付近の窯元の町並みも、すごくすっきりして生活感がないが、直売は営業している。

20180328(28)R.jpg

20180328(29)R.jpg

下の写真は、あの「さかなクン」の作品だとか。

20180328(31)R.jpg

焼き物の里を跡にして、今度は呼子大橋に向かった。



海岸の道路に出てカーブを曲がると、いきなり呼子大橋が現れた。

20180328(34)R.jpg

あまり大きくない加部島と結んでいる橋だが、立派な橋が架かっている。

20180328(37)R.jpg

鳴子大橋から、さほど遠くない七ツ釜にも立ち寄った。

途中で見かけた赤やピンク、白のきれいな花が咲いていたが、桜?梅?桃?は不明。

20180328(39)R.jpg

七ツ釜に到着し、まずは案内板を確認。

20180328(43)R.jpg

このあたりの海岸は、柱状節理が目立ち、さけるチーズを連想する(笑)。

20180328(44)R.jpg

20180328(45)R.jpg

20180328(46)R.jpg

五つの釜しか確認できないが、きっと七ツの釜が有るのだろう。

20180328(47)R.jpg

20180328(48)R.jpg

20180328(51)R.jpg

岸壁の上からじっと海を見守る乙姫大明神の像も立っている。

20180328(53)R.jpg

七ツ釜からは、虹の松原にも寄って見た。

中心に見える松の枝は、駐車場に向かって伸びていて、ハイエースは下を通れない。

20180328(54)R.jpg

色々な松の姿が見られ、どれほどの松があるか見当もつかない。

20180328(56)R.jpg

20180328(57)R.jpg

虹の松原を後にして、今夜は唐津市の道の駅 厳木(きゅうらぎ)でお世話になる。



尚、旅中はみな様のブログにお邪魔できなかったり、コメントの返信
  が遅れたり出来なかったりすることが有ります事をご了承ください。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.03.28 Wed l 全国一周 2018年前半旅 l コメント (8) l top
2018. 3.27 火曜日        出発   58 日目

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


          

出発地点  長崎県 南島原市 道の駅 みずなし本陣ふかえ  

到着地点  長崎県 東彼杵町 道の駅 彼杵の荘(そのぎのしょう)  

本日走行距離   107 km   累計走行距離  7,049 km

本日の旅の行程地図  Aは出発点  Bは到着点
20180327(0).png


今朝は、長崎県 南島原市 道の駅 みずなし本陣ふかえ で目覚める。

気温は暖かめで、心地よく眠れすっきりと目覚めた。

20180327(1)R.jpg

家にいる時よりも若干早く寝るためか、在宅時よりも夜トイレに1回多く目覚める。

トイレに行くときも寒くはなく、よく寝れるのがありがたい。

道の駅では、北海道で見かけることが無い こんな花が出迎えてくれる。

20180327(9)R.jpg

20180327(10)R.jpg

これは花ではないが、やはり北海道では見かけない新芽が赤い葉の植物。

20180327(12)R.jpg

道の駅の建物の横には、普賢岳の噴火で被災した土石流被災家屋公園がある。

一般家庭の家屋が、何軒も土石に埋まっていて、被害の大きさがわかる。

この家などは、軒下まで土砂に埋まってしまっている。

20180327(8)R.jpg

こうやって普賢岳を見上げると、荒々しいが凛とした山で、見守ってくれているようだ。

20180327(13)R.jpg

道の駅を出発して最初に向かったのは、折角来たのだからと雲仙温泉に。

20180327(16)R.jpg

その途中の公園で、満開の桜にも出会えてうれしい。

20180327(17)R.jpg

雲仙温泉に到着し、選んだ温泉は雲仙小地獄温泉館。

20180327(21)R.jpg

温泉を選んでいるうちに、13年前に入った小地獄温泉を思い出したのだ。

回りにこんなにたくさん建物がなかったような気がしたが、思い違いなのか・・・。

受け付けは確かにこんな感じだったが、階段があった気がしたが・・・。

20180327(20)R.jpg

貸し切りなら浴室の写真を撮りたかったのだが、人気温泉なのか客が絶えない。

建物は古いが湯は硫黄泉で、自分好みの濃い乳白色なので満足して高温の浴槽に。

20180327(22)R.jpg

浴室は左右にあるような六角形?の木造で、なかなか秘湯感がある。



次に立ち寄ったのは、雲仙市の淡島神社で、場所を見つけるのにネットで調べた。

カーナビにもヒットしなかったので、おおよその場所をセットして出発。

あいまいな住所だったが、愛妻が遠くから桜の集団を見つけて・・・。

きっとそこが神社だと想定して進むと・・・ぴったしかんかん(古)。

境内には桜や赤い花が咲いていて、やはり見とれてしまう。

20180327(23)R.jpg

ここに寄ったのは、特徴ある神社だと聞いていたので・・・。

この鳥居も他の神社から比べると、結構小さいようだが・・・。

20180327(24)R.jpg

この鳥居の小ささがお分かりになるだろうか・・・。

20180327(27)R.jpg

日本最小クラスの鳥居で、縁結び・安産・子育てと女性にご利益があるとして知られる。

この鳥居の中をくぐると安産のご利益があるとされているが、子供でも大変そうだ。

20180327(28)R.jpg

これは桜の花ではないと思うが、桃の花?

20180327(25)R.jpg

淡島神社を後にして、次に進もうとして、ナビ指示を間違って進んでたら・・・。

たまたま雲仙市神代小路(こうじろくうじ)に、迷い込んでしまった。

20180327(30)R.jpg

重要伝統的建造物群保存地区で、鍋島邸を中心に古いまちなみがある。

20180327(32)R.jpg

うろちょろするのも良い事もあうようで、なんだか得したような気ががした。



13年前に来たとき、諫早湾の水門が見たくて探したが見つけれなかった。

今回も水門が見たかったのだが、調べると今は堤防の道路になっているらしい。

ならばと、その諫早湾干拓堤防道路(雲仙多良シーライン)を通ってみた。

両岸からの中間地点近くには休憩所が設けられていて、花が植えられていた。

20180327(33)R.jpg

水鳥も生息しているうようで、サギ?と思われるが、別な種類か。

20180327(35)R.jpg

休憩所の道路上には陸橋が設けられていて、その南側・・・。

20180327(36)R.jpg

北側も直線道路で、全長が8.5kmというのもうなずける。

20180327(37)R.jpg

今日はさらに車を進めて、道の駅 彼杵の荘(そのぎのしょう)でお世話になる。



尚、旅中はみな様のブログにお邪魔できなかったり、コメントの返信
  が遅れたり出来なかったりすることが有ります事をご了承ください。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.03.27 Tue l 全国一周 2018年前半旅 l コメント (6) l top