FC2ブログ
2018. 5.31 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


昨年10月に完全リタイアしてから、年金生活が始まった。

ありがたいことに68歳までセミリタイア生活が送れて、年金以外の収入もあったが・・・。

今となっては少ない年金しか収入はないが、ちまちまと年金暮らしを進めていく。

もともと、質素な生活が似合う家庭で、節約生活はいつものことで苦にならない(笑)。

時間は有り余るようになったが、家庭菜園もしているので、ヒマは持て余していない。

そう考えると、リタイア生活に適合した半農生活で、今のところ理想の生活だ(笑)。



退職して仕事の時間がいらなくなり、自由な時間を謳歌している。

先日も紹介したが、午前中は畑に出て草取りや野菜作りに精を出す。

午後からは何をしてもいいので、テレビを見たり昼寝をしたりするのもいい。

わずらわしい人間関係は苦手だったので、最低限の人付き合いで済む今が天国。

ご近所さんとの家庭菜園の情報交流や、ブログの交流で気ままに過ごせるのが良い。

労働と言えば家庭菜園や家の周りの整理で、他に体を動かす事がないのがネック。

散歩もランニングもしてないので、今後は何かを考えた方が良いのだが・・・。

そのうちやりたいことも出てくるのだろうが、いまはとりあえず農作業だけをこなす。



退職してから、いろいろな書類を書く際に、職業欄の記載に戸惑う。

無職と書くのになんだか抵抗があり、退職した皆さんはどうしているのだろう。

セミ農業なんていう職業はないだろうし、霞を食べる仙人とも言えない。

ある意味、年金暮らしなので公務員(国から支給)と言えなくもないだろうか(笑)。



野菜をたくさん自産自消しているので、生活の足しになっているのは間違いない。

家庭菜園の作業を進めていると、天気が気になる。

もちろん家庭菜園で作業をするためには、晴れているのが良いが・・・。

必ずしも晴ればかりを望んでいられない…雨もほしい…これって農家みたい?。

5月に家庭菜園を初めて、2~3日は雨が降ったが、水分は足りない。

雨が上がってすぐでも畑の通路を歩けるので、間違いなく雨が足りない。

やっと活着してきそうな玉ねぎの苗も、ギリギリ生きている状態なので雨がほしい。

今日は朝から久しぶりの雨の予想だったのだで、かなり期待していたのだが。

なかなか降ってくれないので、雨ごいでもしなければならないのか・・・。
20180531.png
予報では日中は雨で、昼ころには少し強い雨が降るとのことだが・・・。

毎朝仏壇と神棚に手を合わせているが、所詮は不信心者なのだが・・・。

野菜が取れないと生活していけないかもしれないので、こんな時だけ神仏に頼ろう。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.05.31 Thu l 自産自消の少農生活 l コメント (2) l top
2018. 5.30 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


3ケ月の車中泊長旅から帰ってきて、早1ケ月が経過した。

去年の10月までは、セミリタイアといえども仕事で出かけることも多かった。

プライベートでの走行も含めてだが、一ケ月で2000~3000キロを走っていた・・・。

リタイアした今は、買い物や通院でしか車を使うことがなく、一ケ月に300~500キロ。

それでも今日は車で1時間以上かかる長沼町に、用事を足しに行ってきた。

そしてしばらく気にしていなかったが、この近辺は田植えのピークを過ぎていた。

20180530 (1)

田舎道を走っていると、ほとんどの水田が田植えを終えていた。

水の張ったこれからの水田もあったが、今年は天気も良く進み具合が順調のようだ。



1月29日に北海道を出発して、水田を意識したのは三重県の熊野市の丸山千枚田。

2月25日だったが、あの小さな棚田の水田に、すでに水を入れているのを見かけた。

いくらなんでもすぐに田植えが始まるとは思わなかったが、田植えを意識した。

そして、自分の目で田植えを最初に見たのは、出発して51日目の宮崎県日南市。

雨もようの日だったが田植え作業を進めていて、北海道との時期の違いを痛感した。

宮崎県から桜前線を追うにしたがって、田植え戦線も北上して行き東北まで続いた。



我が家の地域は米どころで、旭川地区と共に我が国の食料基地と位置付けられる。

昔の道産米は「やっかいどうまい」と揶揄され、おいしくない米とされていたのだが。

その風評が変わったのは、「きらら397」の品種開発がきっかけだという。

業務用米として重宝されたが飯米としても利用され、道内で多くの「きらら397」を栽培。

その後次々とおいしい道産米の品種改良がなされ「ほしのゆめ」「ななつぼし」が誕生。

そして道産米の極め付きは「ゆめぴりか」や「おぼろづき」「ふっくりんこ」だろう。

もちろん品種改良もそうだが、農家の米生産への努力と情熱が美味しくさせている。

特に「ゆめぴりか」は、日本一おいしい「○○ヒカリ」の食味を超えたとさえも聞こえる。

地元のJAでは、安くておいしい「JAななつぼし」を独自ブランド化している。

我が家ではいつもその「JAななつぼし」を愛用していて、その米に満足している。

             20180530 (2)

地域でも田植えが終盤に入り、今年も豊作でおいしい米になるように願っている。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.05.30 Wed l 老後の普段の生活 l コメント (10) l top
2018. 5.29 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


昨日の月曜日は、土曜日の孫3号の運動会の振り替え休日で学校は休み。

したがって今日の火曜日は、孫3号が運動会後初めての登校だった。

運動会の日がどれだけうれしかったのか、孫3号を見ていると動き回っていた。

孫3号は応援団で最前列にいて、いやおうなしにその姿が目立(笑)。

元気で良いと言えばそれまでなのだが、祖父の血をひいているので仕方ないのか。

そういえばこの自分も、行事があると実力以上に張り切り、今考えればおかしい。



午前中は野菜の世話などをしていて、水やりや葉物野菜の定植で時間がつぶれた。

昼食後は、いつもの通りにテレビを見て過ごしていた。

今日は気温が高く、愛妻が「アイスを安売りしている」とチラシを見て言う。

昨日「アイスでも食べたいが在庫がない」と話していたばかりだったのだ。

甘いもの好きとして定評のある夫婦なので(笑)、自分がアイスを買いに出かけた。

すぐに帰ってくると家には誰も居ず、間もなく愛妻が娘の家から孫4号を抱えて来た。

話を聞くと、学校から「〇〇ちゃんのおばあちゃんですか」と電話があったという。

「お母さんに電話をしたがつながらないので、おじいちゃんの家に電話しました」と。

緊急連絡先として、我が家の電話番号を登録していたための連絡だった。



連絡の内容は「〇〇ちゃんが頭を打ったので、迎えに来てほしい」と言われたようだ。

愛妻は娘の家に知らせに行ったが、「電話はかかってきていない」とのこと。

孫4号を連れても行けずに、我が家に預かってきたというのだ。

一カ月前に旅から帰って来た時は、「この人だれ」とばかりに孫4号に泣かれた(笑)。

さすが今では、母がいなくても、留守番していられるまでに祖母として認められた。

娘を乗せて学校に急ぐ途中、娘は電話が来ていないことを確認。

きっと先生らは慌てていて、電話番号を間違えたのだろう。

孫は親の顔を見て安心したのか、目に涙をためて学校から出て来た。

顔を見ると右目の瞼が擦過傷でアイシャドーのように赤く、額に大きなこぶが・・・・。

大したことはなさそうだが、そのまま病院に直行した。

脳神経関係は午後から休診だったが、先生がいて診てくれることとなった。

CTを撮った結果特段の異常はないが、しばらく注意して観察が必要だという。

頭痛や手足のしびれ、吐き気などがあったら、すぐに病院へと言われた。



自分は10年ほど前に、しばらく頭痛が続き、脳神経科に行ったが「異常なし」と・・・。

もちろんCTをとっても異常がなかったようなので、しばらく様子を見ていた。

それから一カ月後くらいに、頭痛や平地でのつまづき、脱力感があり再度病院へ。
20180529 (1)R20180529 (2)R

今度は検査の結果「慢性硬膜下血腫」と言われ、そのまま入院して即手術だった。

頭骸骨の内側にある硬膜と脳の間に血腫(液体)がたまっていた。
    20180529 (1)
しかも左右の両方に血腫があり、脳を圧迫していての症状だったのだ。

頭を打った原因が多いと言われたが、それ以前に頭を打った記憶はなかった。

手術と聞いたが、その心配よりも、原因がわかってほっとした記憶がある。

手術は、(目尻の上)額と髪の毛の生え際に、ドリルで左右に頭蓋骨に穴をあける。

その穴からチューブを入れ、血腫を吸い出し、その後塩水を入れ血腫をきれいに洗う。

麻酔から目覚めた時から、頭痛も倦怠感もなく気分爽快となった。

一週間ほどの入院だったが、何もすることがない。

報告書提出が溜まってっていたので、PCを持ち込み、Wi-Fiを使って仕事をした(笑)。

今でも生え際を触ると、変なでこぼこした穴と思えるのが左右に2カ所ある。



孫の頭を打ったことを聞いて、とっさにそんな事を思い出したのだが・・・。

子供は頭を打っても、硬膜下血腫になりにくいと聞いてはいたのだが・・・。

額のこぶは少しずつ小さくなっていたが、検査するのに越したことはない。

ぶつけた痛みも和らいだのか、孫3号は結構元気で、普段と変わりは無い様子だ。

ただ、医者からは「一週間ぐらいは体育は見合わせた方が良い」と言われた。

なので、一週間はおしとやかに・・・静かに女の子らしくしているのか・・・。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.05.29 Tue l 祖父母と孫 l コメント (10) l top
2018. 5.28 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


13年前にもなるか・・・第一の職場(正確に言うとその前の職場もあるが)を退職した。

4年後の定年を待たずに何も考えずに早期退職したが、一年後第2の職場に再就職。

そのセミリタイア生活を11年以上続けて、昨年の10月末で完全卒業した。

その間仕事もしていたが、時間的には余裕があって家庭菜園の作業が出来た。

だが草取りなどは追いつかずに、「退職したら草一本はやさない」と豪語した(笑)。

完全にリタイアしたのは去年の10月末で、孫が生まれたり収穫作業などで忙しい。

すぐ雪の季節になり、そして今年の1月末に桜前線を追う2018年前半旅に出かけた。



旅から帰ってくると、すぐ家庭菜園が始まり、そこそこ忙しい日を送っている。

我が家は「土日以外は午前中はテレビをつけない」をモットーに生活してきた。

旅から帰ってきて1カ月を経過したが、そのことはきっちり守っている。

そうなると午前中を中心に、家庭菜園に精を出すのが自然体となる。

作業が無くても外に出ていると、結構しなければならない事が目について来る。

その一つは、畑や花畑のほか、耕作地以外の家の周りや通路の草が目につく。

           20180528.png

1日少しずつ草取りをしていると、(今までよりも)結構全体がきれいになっている。



豪語していた「退職したら草一本はやさない」とまではいかないが・・・。

親から家庭菜園を引き継いで13年になるが、今までにないほど草は少ない(笑)。

野菜畑よりも花畑の草取りが苦手(取りにくい)だが、毎日少しずつ進めている。

草がひどい状態になる前に草取りする方が、時間もかからずきれいになりやすい。

ヒマなので、午前中にぶらぶら畑を見回ると、これまた小さい草も目に付く(笑)。

今のところ退職してから始めた趣味などもなく、しばらくこんな生活が続くのだろう。

今のところは、目に留まる草はその時退治しているが・・・。

いつまでこんな状態が続くかは分からないが、秋まで続けば自分をほめてあげよう。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります



2018.05.28 Mon l 老後の普段の生活 l コメント (10) l top
2018. 5.27 日曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


最近見かけるスズメバチの対策として、安全のためハニートラップを設置した。

一昨日の5月25日(金)夕方に作成し、ブドウ棚の下につるした(記事リンク)。

そして翌日である昨日の朝、最初の一匹のスズメバチの捕獲を確認した。

5月26日(土曜日)の朝
20180526(33).jpg

あの大きさから見ると、オオスズメバチと思われる(正確には分からない)。

さらに、昨日の5月26日(土)夕方確認すると、2匹目の大きな蜂が捕獲されていた。



その翌日となる今日の5月27日(日曜日)の夕方(先ほど)、確認するとすごい・・・。

丁度、ペットボトルの捕獲器(ハニートラップと命名)入り口に、蜂が止まっている。

20180527(3)R.jpg

しばらく様子を伺っていると、自らの意思でトラップ入口から入っていった。

20180527(4)R.jpg

その後、ペットボトルの中を上がったり下がったりしながら、結局秘薬の中に入った。

20180527(6)R.jpg

秘薬の液面を見ると、黄色と黒のストライプのスズメバチが数匹浮いている。

数を数えようとしたが、良く見えなくてカウントできない。

底の方から見てみると、側面から見るよりも個体数がわかりやすいようだ。

20180527(8)R.jpg

少なくても9匹入っているように見えるが、正確には分からない。

もちろんそのほかには、ハエなども入っているが・・・。



25日夕方から27日夕方までの丸2日間で、これだけ捕獲できるのは効果絶大。

資料によると、スズメバチは春に女王蜂が冬眠から目覚め、巣をつくり始めると言う。

働き蜂が生まれ、巣として本格的に活動を始めるのは4月頃かららしい。

春先に活動しているスズメバチは、女王蜂と聞いていたが・・・・。

今の時期には、すでに働き蜂が飛び回っているのかもしれない。

これだけの数が捕獲できるのなら、女王蜂としては多すぎるのか。

女王蜂だとしたら、捕獲した女王蜂の数だけ巣を退治したことになるのだが・・・。

来年はもっと早い時期に、捕獲器(ハニートラップ)を仕掛けてみようと思う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.05.27 Sun l 自産自消の少農生活 l コメント (4) l top