FC2ブログ
2018. 8.31 金曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


先日、車中泊の時以外はほとんどすることがない、苦手な調理に挑戦した。

某メーカーのCMで流れる料理が、おいしそうだったからだ(記事にリンク)。

某調味液で簡単にできる「手羽元のさっぱり煮」をつくり、美味しく食べることがで来た。

そのことをブログで記事にすると、早速ブロ友からコメントを頂いた。

「同社のCMの、ナスと豚肉サッパリ炒めも簡単で美味しかったですよ」と。

そして、「麺つゆに同量の味醂で作る煮物の味がお気に入り」とあった。



そのコメントを見た愛妻が、先日買い物に行った時、そのレシピ用の豚肉を買って来た。

何しろ今は自家製のナスが豊富なので、豚肉が有れば出来る料理だ・・・。

そして昨日、愛妻が「今日はあの豚肉とナスの料理が食べたい」とおっしゃった。

その話の流れから、「このシリーズ料理は、男の一品料理」と決めているらしい(笑)。

ご要望があればとばかりに、昨日は再び男の手調理をすることにした。



まず、買って来た豚肉を見ると、レシピより5割増しなので、量に不足はない。

レシピの量目は、お上品なご家庭向けで、男の一品料理としてはもっと多くて良い。

ナスも2本となっているが、少し大きめのナス3本を洗い、適当に切った。

結局ナスは、2倍以上入ったことになるが、ナス好きの我が家にはぴったりだ。

20180831 (1)R

フライパンで豚肉をごま油でいため、色が変わったらナスを入れた。



前回の「手羽元のさっぱり煮」は、某商品を1本全て使って、鶏肉より高いものに(笑)。

ブロ友からいただいたコメントをヒントに、今回は醤油とみりんを大サジ3杯ずつ・・・。

それに食酢を大サジ2敗弱(適当に)入れ、甘いもの好きなので砂糖も少し入れた。

20180831 (2)R

調理時間も短く、簡単に作れたので、これは男料理にぴったしだと思う。



以前にもブログで報告したが、完全にリタイアしてから、食器洗いを自分の仕事とした。

そのかいあって、調理しながら洗い物を同時に進めていくことが出来た。

フライパンで肉を炒めている間に、まな板と包丁を洗った。

調味液を入れて炒めている間に、調味料を片づける。

段々と、料理人のように立ち回りも(笑)、上手になってきたようだ。

20180831 (3)R

出来上がった料理を皿に盛ったら、フライパンを洗ってしまうのも忘れない。



適当に味付けしたのだがなかなか美味しく、奥様からお褒めの言葉をいただいた。

愛妻は以前から、足腰に不安を覚えていたが、最近特に足腰が痛いようだ。

台所に長い間立っているのは辛そうで、立たなくて済むのならそうしたいようだ。

そんな意味からも、多少なりとも炊事の手助けになるのならそれに越したことはない。

某調味料液のレシピを覗くと、「サーモンのバタぽん焼き」「お好み焼き」もある。

「豚肉と大根のさっぱり炒め」なる料理も紹介されていた。

某メーカーの調味料を使うのもよし、醤油をベースに手作りするのもよし・・・。

少しずつ男の一品料理を学んでいき、少しでも手助けできるようになりたい。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.08.31 Fri l 老後の普段の生活 l コメント (14) l top
2018. 8.30 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


以前からブログで交流している「ブロ友」が、夢に向かって前進した。

今月、サラリーマンを退職して、「森カフェ」オープンに向けて歩き出している。

岩手県で物件探しをしていたが、初夏の頃に「物件が見つかった」と・・・ブログに・・・。

「今秋の開店に向けて物件の購入」となったが、事情で開店が少し遅れるようだ。

秋出発予定の「2018年後半旅」には間に合わないようだが、いつか寄らせてもらう。

ぜひとも成功してもらいたく、影ながらではあるが応援したいと思う。



そのご夫婦は、2人で別々のブログを運営していて、自分はブログで出会った。

まずは旦那様の温泉旅のブログを拝見し、写真に目が止まった。

「cowkotone」さんが書いている「道標-みちしるべ」のテンプレート写真に魅かれた。

温泉旅を中心に書いていて、その濁り湯の写真の場所をお聞きしたほどだ。

ブログにお邪魔しているうちに、奥様のブログにもたどり着いたのだ。

「ことふる」さんが書いている「ことふるのお部屋工房」も、楽しく読ませていただく。

旦那様は「パンダ」、奥様は「魔女」を愛称(自称?)としている。

お二人で旅に行き、2つの視点で別々のブログに書かれている旅日記もおもしろい。

「パンダ」さんはコーヒー自家焙煎の記事もあり、趣味だと思っていたのだが・・・。

「魔女」さんは、物作りも手掛けていて、凝り性なのではないかと想像している。



6月のブログで急に、自営を目指していることがわかった。

それも「カフェ」で、すでに物件を探し当てていて、かなり具体的に進んでいるようだ。

ここまで来て、「コーヒー焙煎=カフェの開業」 が初めて結び付いたのだった(笑)。

自分のサラリーマン時代も「自立」を夢見たことはあったのだが・・・。

行きつけのペンションのオーナーが「〇〇さんなら××××万で譲るよ」・・・。

などと冗談で言われたが、自営より遊びに行く方が良かったので・・・(笑)。

それでも、セミリタイアの受託の仕事での最後は、個人事業主に成れたのだが。

それは仕事環境の変化で、仕事は全く同じで、サラリーから報酬に変わっただけ(笑)。

それでも一応、事業主で生産人生を終えたことになるのだろう。



ブロ友が目指すカフェは「森カフェ」と言うらしく、それこそ森に囲まれた場所のようだ。

旅好きに多い自然派らしく、名前を聞いただけでも行って見たい気がする。

「森カフェ」の開店までの様子は、お二人で更新する「森カフェDiary」に記録している。

当初は盆前に退職して、秋にはオープンする予定だったらしいのだが・・・・。

勤務先のボスから、「退社は盆過ぎにしてほしい」と頭を下げれられたらしい。

経験から「盆地獄」の大変さを知っているので、「パンダ」さんも断れなかったのだろう。

結局は「森カフェ」の開店は、来春に延期となったようで・・・。

2018年後半旅は、10月出発予定だったので、寄れると思ったのだが・・・。

残念ながら旅期間中に合わず、次の機会となってしまったのだが・・・・。

オープンまでまだ結構月日が必要だが、是非成功してほしいと思う。

旅好きとして、ブログ仲間として、色々な場面で応援していきたいと思っている。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.08.30 Thu l PC・FC2との戦闘記 l コメント (8) l top
2018. 8.29 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


居住している我が市では、古くから生ゴミを分別収集して「たい肥化」を進めていた。

わが市のゴミ捨て場から生ものが激減したころから、段々とカラスも食料不足に。

そのうちゴミ捨て場のある山に帰らなくなり、最近は朝夕も近所でカーカーうるさい。

カラスも命がかかっているので、隣の市のごみ捨て場まで出張するようになった。

     20180829(10).png

カラスもそのころから、農作物を荒らすようになって来たそうだ。



我が居住地は住宅地だが、たまにキツネがうろついている。

近くでも、アライグマによる農作物への被害はが叫ばれてはいるが・・・。

我が菜園のご近所さんの畑では、数年前から、ハトによる大豆播種への被害もある。

だが・・・我が菜園での被害は、最近までなかったのだが・・・。

数年前辺りから、トウキビが食い散らかされたり、トマトに穴をあけられ始めた。

何の獣か鳥による被害かは分からなかったのだが・・・今年はっきりと目撃した。

トウキビやトマトに、カラスが食らい付いていたのを確認したのだ(笑)。



かーこ、かんくろう、かんさぶろう、かんたろう・・・カラスはこう呼ばれるのだろうか。

近所の公園にカラスが巣を作っているのか、カラスに襲われる話も聞いた。

20180829(15).png

先日トウキビの被害があった時に、かーこ・かんくろうの対策で暴風網を設置した。

20180829(7)R.jpg

こうやって周囲にネットを施すだけで、カラスが警戒して被害が無くなった。

ところが、最近、暴風網の設置していないトマトなどが被害に遭い始めた。

20180829(4)R.jpg

そうなると、トマトも守らねばならぬとばかりに、周囲にキュウリネットを設置した。

20180829(5)R.jpg

だが、被害はトマトやトウキビだけでは留まらなくなってしまった。



子どもが嫌う野菜の中心でもあるピーマンも、被害に遭っていたのだ。

20180829(1)R.jpg

しかも、貴重なナスまで、つまみ食いしてしまっている。

20180829(3)R.jpg

こうなると、畑全体を囲わなければならないだろうが、それは無理な話だ。

これ以上被害が進まないことを祈りながら、少しずつその対策を考えていこうと思う・・・。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.08.29 Wed l 自産自消の少農生活 l コメント (8) l top
2018. 8.28 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


45年以上前に、亡き父がこの地に住宅を建てて、他市から引っ越してきた。

引っ越してきた際には、以前から家にあった庭木を、この地に持ち運んだ。

オンコ(イチイ)の木やツツジ、シャクナゲ、ボケなどの木が主体だった。

その木はそれぞれ大きくなったため、ツツジやシャクナゲは枝を払って小さくした。

ボケは毎年適当に枝を切り落とし、最小になるように刈り取っている(笑)

オンコの木は6~7本あったが、冬囲いが面倒になり、ほったらかしにしていると・・・。

枝が折れたり・・・枯れたり・・・邪魔になったり・・・ほとんどを切り倒した。

今残っているオンコの木は、唯一枯れかけながら生き延びた1本だけになった。

庭木には大した思いもなく、なければなくても良いと言ういいかげんな思いだ。



この地に庭木を引っ越した際、黒土を客土して、さらに盛土してその頂上に木を植えた。

20180828(10).png

それから長い年月が経ち、雨も降ったし、草取りのためクワで土をかっちゃいて来た。

毎年徐々にではあるが、その盛土は低くなり、以前の盛土とは明らかに様子が違う。

そして最後まで生き延びたオンコの木の現在は、こんな姿になっている。

20180824(5)R.jpg

生き延びただけあって、最後に伸びて来た枝は伸び放題のままになっている。



盛土が低くなり、草が生える度に根元の土をクワでひっかくので、土は段々除かれる。

20180824(3)R.jpg

最近は根元の土が益々取り除かれ、今では向こう側が見えるまでになってきた。

まるでマングローブの木のように、木が根を足にして地面から立っているようだ。

20180824(4)R.jpg

向こう側が見えてくるようになると、草が根の奥まで入り込むのでさらに・・・。

土をかき出して草を取るので、ここ最近はさらに足が長くなり、高根の松となった。

このままこんな草取りを続けていると、何時しか枯れるか倒れるとは思うが・・・。

それでも草を生やして置く訳にはいかないので、さらに高根にしていくしかない。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.08.28 Tue l 老後の普段の生活 l コメント (8) l top
2018. 8.27 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


各家庭での家族による仕事の分担は、各家庭の事情により様々だと思う。

子供がいれば、子供の分担もあるようで、孫1号2号は風呂掃除らしい(ほかにも?)。

自分が家庭を持って子どもが生まれ、愛妻がパートで20年ほど共働きしたので・・・。

自分の家庭での仕事の分担は、いつからか子どもの寝かしつけ、子どもの入浴・・・。

他にも現役時代は、ゴミ出し、風呂掃除、布団の上げ下ろしにも貢献(大げさ)してきた。



家の仕事で苦手なのは、掃除、洗濯、調理で、これらは全く進出する気配はない(笑)。

セミリタイアしてからは、母分担の家庭菜園を引き受け、草取りにも追われている。

これが結構な仕事量で、少ない勤務をしながらであっても、片手間になってしまう。

そんな草ボウボウの畑の状態が、セミリタイア期間の11年半続いていた。

完全リタイアしてからの今年は、ほかにすることもなく(笑)、以前よりも時間が取れる。

完全リタイアしたとき、家事の中から「食器洗い」だけは受け持つと宣言した。

鍋などは遠慮なせいか、愛妻がさせてくれない?ので(嬉)、見て見ないふりをしている。



車中泊の旅では、愛妻は「旅に行ってまで調理しない」を宣言しているのが・・・。

経費を掛けないようにしたいと、自炊を前提に車内の生活空間を作ってきた。

車中泊を始めたころから、車中泊の調理担当は自分が受け持っている。

車内に流し台も手作りしてしまい、旅中は苦労でもあるが楽しみながら調理してきた。

昼は外食や中食、断食するし、夕食も外食・中食することもあり、気ままに食事する。

車に冷蔵庫がないので、食材の買い物時にメニューを考えるのも自分だ。

調理や後片付けで結構な時間を要するが、秋の後半旅も自炊していくつもりだ。



東京の学生時代、やはり自炊していて、とりあえず数年間を生き延びてきた。

それでも家では卵焼きは自分の仕事だが、それ以外は調理することはない。

最近のテレビCMで、某メーカー調味液と水で簡単にできる手羽元料理が紹介される。

美味しそうに思えて、以前から「これ食べてみたい」と、見るたびに言っていた。

そしてある日、手羽元の安売りがあったので、調味液と共に買って来た。

言い出しが自分だったし、愛妻は夫が調理するものと思っているので作ってみた(笑)。



先日、ネットで某メーカーのCMを検索し、レシピを確認しながら挑戦してみた。

本当に簡単で、調味液と水の 1 対 1で 、手羽元を20分ほど熱を通すだけ。

甘いのが好きなので、少し砂糖を入れて完成したのがこれ・・・。

20180827(6).jpg

CM映像の出来上がりは、もっと照りがあって美味しそうに見えたのだが・・・。

ニンニクは苦手な愛妻がいるので使わず、パプリカがないのでピーマンを使用した。

それでもなかなかおいしく出来上がったので、充分夕食の一品となった。

煮た調味液がたくさん残ったので、愛妻が翌日に豚肉やイモ、ニンジン、筍を調理。

これから、調理部門の分担が増えていくのだろうか・・・。

毎日はともかく、週一(月一?)ででも、調理部門にしていくのも悪くないかな・・・。

そのうち 男の手料理での夕食の日が、出来るかもしれない・・・。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.08.27 Mon l 老後の普段の生活 l コメント (4) l top