FC2ブログ
2018. 9.30 日曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


現在、台風24号が非常に強い勢力で沖縄地方を襲い、西日本に上陸しようとしている。

上陸後速度を上げて北東に進み、北日本に向けて日本を縦断しそうだ。

暴風や高潮、高波、大雨洪水、土砂災害などに厳重な警戒を呼びかけている。

10月1日の午前中に北海道に近づく予想で、今日は居住地でも弱い雨が降っている。

北海道も広いが根室沖を通過しそうで、この辺りよりも大きな被害が予想される。



最近の気象予報では、台風進路の予想が正確でほとんどコースをはずれない。

今回の台風24号も、太平洋側にずれてくれと願うが、当初の予想通りの進路らしい。

私感によるものだが、最近の台風の発生は多いようで強い気がするが。

先日テレビで、近年の台風の規模や発生数を分析していたのだが・・・。

昭和時代よりも発生数は少なく、規模も気圧が低くないとのことだったが・・・。

「非常に強い勢力」などと表現され、局地的豪富での被害が大きな気がする。

我が居住地でも、今夜から明日に掛けての台風通過に注意が必要だが・・・。

水害や家の被害に、どう注意をしたらいいのかは教えてくれない。

せいぜい、外にある飛ばされやすいものを固定し、避難を考えるしか方法はない。



先ほど台風情報を見ていると、台風24号の発生付近に台風25号が発生した。

20180930(1).png

進行予想は西北西のようで、24号の経路と並行して進み、その後かぶさるようだ。

気圧配置が大きく変わる気配が無ければ、24号の後を追うことになるのか・・・。

24号でも各地に大きな被害が心配されているが、その直後に25号が来れば・・・。

被害がさらに大きくなることは容易に予想でき、さらなる心配には耐えがたい・・・。

願わくば、ダブルパンチにならないように、台風の規模も小さくなってほしいものだ。

まずは24号に耐えるため、明日は一歩も家から出ないようにしたいと思う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.09.30 Sun l 老後の普段の生活 l コメント (4) l top
2018. 9.29 土曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


北海道の片田舎町だが、いつのまにか文化的な生活を過ごしている。

戦後っ子なので、電気や水道は物心の付いた時からすでにあったのだが・・・・(笑)。

テレビや洗濯機、冷蔵庫は、一気に我が家に入ってきて近代化したのを感じた。

電話は成人してからで、親がこの地に越してきた昭和47年に、初めて電話を引いた。

だが・・・所詮田舎町なので、水洗トイレは平成に入ってからのことで、さほど古くはない。

水洗トイレの設置で悩んでいたその時、愛妻が入院したので、平成6年だと思う。



水洗トイレを設置した時から、すでに世界も驚く(笑)ウォシュレットになっていた。
       20180929 (3)
それでもリモコン付きではないので、〇印のような手動のレバーが付いている。

最先端が良いと言う訳でもなく、先日の地震の時は水も出たのでトイレが使えた。

ウォシュレットこそ電気がいるが、水を流すのにはレバー方式で助かった。

〇っとんトイレからの変化は、生活にも大きな近代化(笑)をもたらした。
       20180929 (2)
すでに24年が経過しているが、まだ10年ほど前の事のように思えるのだが・・・。



我が家に近代的な私生活をもたらしていた(笑)水洗トイレだが、先日・・・アレ・・・。

トイレのマットの一部が濡れていて驚き、早速電話して業者に見てもらったのだが・・・。

20180929 (1)

イラストのように、たくさん濡れていたわけではないが・・・・。

見てもらった結果は、ウォシュレットから水が漏れているようで・・・・。

部品はすでに無く、ウォシュレットを買い換えるしか無いようだ・・・。

10年ほど前だと思うが、ウォシュレットの臭気抜きが故障したことがあったのだが・・・。

メーカーのアドバイスでは、ウォシュレットはホームセンターのものが安いと・・・。

さらにメーカーの助言で、人感式の換気扇を付けることで安上がりに終えた。

何と良心的なメーカーだと、感心したのだった・・・。



今回の場合はメーカーが来たわけではなく、業者なのだが・・・。

トイレが26年も持ったのは幸運だと言い、トイレ本体も含め買い替えを勧められた。

自社の安いウォシュレットにメーカー品のトイレを付けて、10万円超え。

便座に布カバーが付かないので・・・カバーの着くメーカー品で17万円を超える。

夫婦そろって布カバー付きの便座が良いのだが・・・7万円の差は考えてしまう。

来た業者の自社のウォシュレットは4万円弱と言い、計算してもよくわからない(笑)。

考えて見るとのことで、帰ってもらった(出張料、見積料などは一切なし)・・・。

迷っているのだが、よく見ると水漏れは便座の横から雫となって落ちてくるようだ。

プラスチックの小さめのゴミ箱を雫の下に置いていると、とりあえず水がたまる。

床まで雫が落ちなくなり、とりあえず床が濡れずに済んでいるが。

かといって、このまま自宅で過ごせる間の約20年?も、置いておく訳にも(笑)。

年金生活者にも容赦の無い、トイレの反乱(氾濫) だが、どうしたものか迷う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.09.29 Sat l 老後の普段の生活 l コメント (12) l top
2018. 9.28 金曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


昭和47年7月末に、この地に家が完成し母が越して来た。

父は家の完成を見ずに、基礎が出来た時点で他界してしまった。

引越しに合わせて、自分は東京の就職先を退職し、北海道に戻ってきた。

家財道具だけでなく、庭木なども越してきてて、オンコの木も7~8本あった。

大きな木の冬囲いは大変で、ツツジなどだけに限定したので・・・。

オンコの木は段々と枝が折れて切り倒したり枯れたりして、今は1本半だけとなった。

半本と言うのは、上の枝は枯れて下から芽が出てきた小さい枯れ木があるからだ。



オンコと呼ぶのは北海道の方言らしく、「イチイ」とか「アララギ」とか呼ばれている。

北海道しか知らないが、北海道の家庭ではオンコが人気で庭木として植えられる。

初秋に赤い実をつける木もあり、アスパラガスのように、雌と雄が別な株が多い。

20180928(2)R.jpg

雌株には直径1センチほどの赤い実を着け、食べるとほんのりと甘い。

今まさに赤い実をつけていて、見てもきれいだし、子どもの頃はよく食べた。

20180928(4)R.jpg

ねっとりした果肉で、子どもは満足できる甘さだが、この年齢になるとあまり食べない。

実の底に穴が開いていて、中に種が見えるのも面白い(右の黒いのは種)。

20180928(5)R.jpg

この実が自然と落下し、気が付くと稀に株の回りに新芽が出ることも楽しみだ。



我が家の窓から見える街路樹が、すでに紅葉(黄葉)し始めているのがわかる。

20180928(13)R.jpg

山に紅葉を眺めにも行きたいところだが、腰痛者もいて今年は我慢だ。

お隣さんからもらった低木の菊木が、たくさんのつぼみを着けていて間もなく開花する。

20180928(14)R.jpg

一斉に咲くと、葉が見えないくらいびっしりと黄色い花が咲き、きれいだ。

今年は同じような白やピンクの菊ももらったので、さらに楽しみが広がった。

最近菊に目覚めた(笑)ようで、来年は少し手間をかけて増やしてみたいと思う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.09.28 Fri l 北国特有の暮らし l コメント (6) l top
2018. 9.27 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今年もすでに9月下旬に入っているのが、不思議な気がするのだ。

今年は車中泊の後半旅に行く予定だったので、北海道の秋は迎えれないと思っていた。

出発が10月半ばなので、気持ちの上では秋は他府県でと思っていたので・・・。

その後半旅を延期したことで、北海道の秋が急に深まっていくのを感じるのだ。

本来はあたふたと旅の準備をして畑を片づけ、いそいそと旅に出かけるはずが・・・。

大根の大きくなってきたのを確認し、白菜が巻き始めたのを感じる。

すでに大雪山では初冠雪も終わり、紅葉も深まっているはずだ。

昨日のOB会では、山好きの先輩が写した、15日頃の山の紅葉風景を見せてくれた。



昨日はたのしみにしていたOB会を楽しんできたので、少し労働をしないと・・・。

今朝は若干ながら、家の周りの草取りをしたが、厄介な草もあって苦労している。

20180927(5)R.jpg

左には自分の人差し指を置いてあり、大きさがわかると思うが小さい草だが・・・。

楕円の赤丸にあるのは、種の入った莢(さや)だ。

こんなに小さいのに、すでに種を抱えていて、見つけた時には子孫を抱えている。

この草を触ると、莢から種を放出して飛ばし、辺りに種を蒔き散らすのだ。

軽く40~50cmは種を飛ばし、顔にも当たるのがわかる。

普段から厄介なスギナとも戦っているが、非農耕地では液体除草剤が使えるが・・・。

この草は発芽して間もなく種を持つので、厄介極まりないのだ。

20180927(1)R.jpg

見逃していると、こんなに大きくなり(と言っても7~8センチ?)・・・・。

種入りの莢もたくさん持っており、絶滅はさせれないように思う。

去年までは草も目に入らなかったので、気にならなかったのだが・・・。

今年は退職して暇なしに草取りをしていると、その厄介さが身に染みて感じる。

それでも取り続けていると、そのうち無くなるのだろうか・・・。

この草は夏にも見られ、随分やっつけて来たつもりだが・・・次々と押し寄せる。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.09.27 Thu l 老後の普段の生活 l コメント (6) l top
2018. 9.26 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


昨日は洞爺湖温泉で、全員が退職後の第2の職とした仕事仲間のOB会があった。

仲間と言っても、全員別々の場所で仕事し、同じ場所で一緒に仕事したことはない。

午前10時に約束通り、北見地区の先輩が我が居住地にやってきた。

我が家に先輩の車を置いて、我が愛車(ワゴンR)で洞爺湖まで走った。

北海道7地域から9人が参加し、同じ地域の先輩後輩の2代が参加する地域もある。

最年長の80歳を頭に最年少は65歳で、自分は下から3番目に若輩。

自分はOB新入生だが、OBになる前から出席を許されていたので我が物顔だ(笑)。

今年第6回開催(第5回は中止)で、2年ぶりの開催なので待ち焦がれていた。

午後3時半に湖畔のこんなホテル(本日撮影)に集合し・・・。

20180926(7)R.jpg

まずビールなどを飲みながらしゃべくり回り、一段落して夕食前に温泉に浸かった。



6時からの夕食では、北海道らしい鮭燻製の作成現場前を通り、夕食会場に入る。

20180925(4)R.jpg

2テーブルをつなげて9人が座り、それぞれバイキングで好みの物を食べる。

食べながら2時間ほど歓談し、さらに部屋に戻って1部屋に集まり話し始める。

手術を受けた話や、意識を失って病院にかかりそれ以来断酒している話。

ドクターストップの人もいて、5人が酒を飲まない集団になっていた(笑)。

私の車中泊旅行程地図を印刷して来た人もいて、旅の話でも盛り上がった(笑)。

地震の話や、仲間が行う熊や鹿を居止めて老後の生活に潤いを持つ狩猟話など・・・。

途中で、洞爺湖花火を見ながらさらに話は続いたが、早めの11時に解散した。



今朝は天気も良く、満月が西の空に見え、いい雰囲気で一日が始まる。

20180926(2)R.jpg

洞爺湖の湖面前のホテルはで、天気が良くその眺望も素晴らしい。

20180926(5)R.jpg

右手の島は洞爺湖の中島で、左奥に見えるコニーデ型の山は羊蹄山(蝦夷富士)だ。

20180926(6)R.jpg

羊蹄山の下には、裏洞爺の集落も見える。



朝食後は少し早めに清算して、時間もあるので昭和新山に行く。

OB会の会費は、部屋での食べ・飲み物込みで、通信費も含めて1万円で済んだ。

平成18年の有珠山噴火の関連で、畑が突然盛り上がり昭和新山が誕生した。

昭和新山の土地の持ち主(個人が山の持ち主)の三松正夫氏の記念館へ。

記念館には山の誕生や、昭和52年の有珠山の噴火の写真も展示してあった。

     20180926(18)R.jpg

温泉街のすぐそばで噴火が始まり、近所の人(下側)も落ち着いて見つめるのがすごい。

三松正夫記念館のそばには、アイヌの英雄シャクシャインの像もある。

20180926(19)R.jpg

茅葺きの屋根の建物は、床は板張りのアイヌの人たちの住居を展示している。

20180926(26)R.jpg

中には、手書きではあるが、アイヌ語の単語も紹介してある。

20180926(24).jpg 

昭和新山の山腹からは、いまだに噴煙が立ち込めている。

20180926(13)R.jpg

昭和新山の前で、OB会に参加した9人の仲間が記念撮影。

20180926(10)R.jpg

その後一度ホテルに戻り、来年の5月に変更したOB会での再会を約束して解散した。

先輩を乗せて我が家に着いたのが昼ころで、先輩は車を乗りかえて帰っていった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.09.26 Wed l 老後の普段の生活 l コメント (2) l top