FC2ブログ
2018.10.15 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


本来だと、今頃は車中泊の後半旅で、紅葉を見に全国を廻っているはずだが・・・。

旅へ出る前には、長い冬を迎える準備を終えて出発しているいるはずだったが。

愛妻の腰痛で、紅葉前線を追う旅は、残念ながら延期したのでのんびりしている。

時間がたっぷりあり、冬支度のエンジンもかけずにいたのだが・・・。

思いかけずに孫が集合し、外仕事を放り出して、週末を過ごしてしまった。

秋野菜の収穫や漬物、冬囲いを終えなければ、雪深い冬を越せないことになる。

すでに10月も半ばで、そろそろ冬を迎える準備をしなければと、重い腰を上げた。



秋野菜の収穫にはもう少し時間がありそうなので、庭木の処理からと考えた。

庭木の雪囲いは2~3日で終わるのだが、まずはその下準備作業から行なった。

親のやっていた冬囲いの仕方をまねて、藤の木の葉を、全て取ってしまうのだ・・・。

20181015(2).jpg

雪が降るようになってから、葉がパラパラと散り出すと、散らかってしまうからだ。

2箇所にある「藤の木」の葉を、丁寧に取って丸裸にしてしまう。

20181015(0).gif

藤の木には棚を作っておらず、中心にパイプを立てて枝を吊るしているのだ。

古い紫色の藤の木(右側)と、すぐ横に植えた新しい(左側)白い藤の木だ。

もう一か所も紫の花なので、将来的には白い藤の花だけにしたいと思っている。

藤の木の葉の付け根はこんなになっていて、すでに来年の準備のつぼみがある。

20181015(10)R.jpg

藤の木の葉を取るにはコツがあって、単に引っ張っただけでは取れないのだ。

根本の方面(写真では→)に引くと簡単に取れるので、葉の向きを確認しながら取る。



藤の木を見ただけでは分からないと思うが、これを見るとマメ科だと言う事がわかる。

20181015(9)R.jpg

花の後には、所々にこんな実の「さや」ができていて、豆だと言う事がわかる。

20181015(13)R.jpg

切ってみると、中には確かに豆が入っていて、これを植えると芽が出てくるのか。

取り除いた藤の木の葉は、埋めるため以前に掘った穴に入れた。

20181015(15).jpg

取った葉は、大きいゴミ袋に4~5杯になり、結構な量になっている。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.10.15 Mon l 北国特有の暮らし l コメント (6) l top