FC2ブログ
2018.10.16 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今年の家庭菜園では残すところ、漬物用や越冬用の秋野菜の収穫作業を待つだけ。

庭木の冬囲いはまだまだこれからだが、菜園や花畑の片づけは少しずつ進めている。

アスパラの残骸や、春の花の残骸など、切り倒して掘ってある穴に入れた。

最初の紹介は野菜ではないが、百日草の花の種子取りをした。

長い間花が咲いていて仏花に重宝しているので、色別に何種類か収穫した。

20181016(10)R.jpg

まだ乾燥させた花の頭しか取っていないが、いずれ種子だけをきれいに選別したい。



ここの地に越してくる50年以上前から、我が家に伝来している大切なインゲン。

20181016(5)R.jpg

種の大きさが不ぞろいだが、まだ乾燥していない種は大きくて模様の色も薄い。

この種はご近所さんにも渡っている豆で、「さや」が柔らかくすこぶる評判良い。

この種を切らしてしまうと、近所からクレームが来るのではと絶滅させれない(笑)。

このインゲンは、さやを煮ても、煮豆としてでもおいしく食べれるので重宝している。

種子をご所望の方がいらっしゃるのであれば、ブロ友限定でお送りも出来る(笑)。

この豆を収穫するには日数がかかるので、収穫の早いインゲンも種子取りしている。

20181016(8)R.jpg

この豆は若いさやしか食べれないが、伝来のインゲンが出来るまでのつなぎに良い。

今年のこの白い豆は発芽が悪く、1粒しか発芽しなかったので種子を取っただけだ。



去年初めて種子取りした白いトウキビは、今年の播種時に黄色い事に気付いた(笑)。

20181016(20).jpg

白い種を、黄色い種のトウキビのすぐ隣に植えたので、花粉が飛んで黄色くなった。

来年用の種として植えた白い種は、今年黄色い種と10mは離したが一部が黄色い。

20181016(21).jpg

10メートル離れても、花粉が飛ぶことがわかったのだ。

このトウキビを乾燥させて、黄色くなった種だけ除いて、白い種だけにした。

20181016(6)R.jpg

来年は白いトウキビだけ植えて(黄色い種は植えない)、全部白いトウキビにする。

正月には欠かせない黒豆も、数年前から種子取りも続けている。

20181016(4)R.jpg

この豆はいつもの場所に植えているが、同じ種を別な場所にも植えてみたのだが・・・。

いまだに葉が青々していて、さやを割ってみるとまだ真っ青だ。

一瞬、種を間違えたのではないかと思うほどで、まだまだ収穫はできない。

後日又結果を報告しようと思うのだが、認知症になったかと思うほど不思議だ。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.10.16 Tue l 自産自消の少農生活 l コメント (6) l top