FC2ブログ
2018.10.23 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


我々の年代では、学校で集団健診や予防接種などが行われた記憶が有るのだが・・・。

今も行なわれているかは、自分の情報収集不足で分からないのだが・・・。

小学生ころまでは注射で泣く子も見られ、苦手だった御仁もいらっしゃると思う。

自分はと言うと・・・・忘れてしまったが・・・。

20181023(3).png

大人になったもので、この年では献血や注射で針を刺すところを見るのも平気だ(笑)。



孫1号はすでに中学2年になっているが、小さいころは病院嫌いで有名だった。

病院に入ることは至って平気だったが、診察室に入った途端に暴れ出す(笑)。

幼かった孫1号が、病院内と診察室を頭の中で区別できていたのがすごいと思う。

注射となったら、手や足をばたつかせるので、2~3人がかりで注射をしていた。

孫1号の名誉のために行っておくが、小さいころに限った話だ・・・。

看護師さんもそんなことを知っていて、慣れた手つきで注射を終える。



そんな孫1号が、注射に我慢強くなったのは、妹である孫2号の御蔭かもしれない。

孫2号が点滴を受けた時の写真と記憶しているが、兄と違って泣かずにいたらしい。

20181023R.jpg

それ以来、兄は、妹に負けじと注射でも泣かなくなったと娘から聞かされている・・・。

やはり幼くても、年下には負けれないとの兄根性を見せたのに違いないと思う。



孫4号は9月に1歳を迎えたので、最近予防接種が多く病院に送って行っている。

1回目の予防注射が何カ月前に受けたかは知らぬが、その時はやはり泣いた。

ここ2~3カ月で、3回の予防接種を受けているのだが・・・。

2回目の予防接種の時から、泣かずにいい子にしていたそうだ。

20181023(1).png

医者も上手にシールを渡して、シールに気を奪われている時にチクリと終わらせる。

たまたま運よく、泣かずに済んだと思ったのだが、2回目も、数日前の3回目も・・・。

嘘か誠か知らぬが、恐竜は図体が大きく、神経信号の伝達が遅いと聞いたことがある。

痛さを知るのが遅すぎて、絶滅したとの説もあるとかないとか・・・。

孫4号はまだ体は小さいが、神経信号の脳への伝達が遅いのか・・・(笑)。

小学校に入ったとたん、泣くようになる事は無いようにと願う祖父であった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.10.23 Tue l 祖父母と孫 l コメント (6) l top