FC2ブログ
2018.12.10 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


愛妻が実の妹(義妹)から、高校生レストランの話を聞いた。

妹はお産扱い中なので、その旦那(義弟)が婿さんと2人で行って来たようだ。

この高校生レストランは、道内唯一の食物調理科をもつ市立高校が運営する。

土曜・日曜・祝日の昼に、調理や接客、経営の実習のためレストランを開いている。

今年建物が完成し、それまでは休業日に市内の食堂を借りて実習していた。

結構雪が降っていたが、義妹にも勧められたので、初めて食事に行ってきた。



レストランに着くと、駐車場に雪山もあるが、空きは少ないほど車が停まっていた。

20181209(9)R.jpg

レストランのほか、地元の特産品の売店、高校生の作った加工品売り場もあった。

高校生店員は、厨房や接客の役割に応じた制服を身につけ、なかなか凛々しい。

20181209(8)R.jpg

レストランまごころきっちんに入ると、接客係の生徒が席まで案内してくれた。

20181209(5)R.jpg

時間帯は昼頃だったが、客は30人ほどいて、なかなか繁盛しているみたいだ。

レストランはオープンキッチンになっていて、厨房にも多くの高校生シェフがいた。

指導がよろしく、挨拶も大きな声でしっかり出来ていて、若者らしい好感を持った。



メニューは2人とも、最初から決めていた人気の「青春御前」を注文した。

20181209(7)R.jpg

出汁巻き卵も暖かく、お品書きも添えられていて、確認しながら美味しく頂いた。

20181209(6).jpg

この御前が1,200円のようだが、市民には今のところ半額補助があるようだ。



愛妻がレストラン横にある売店で、アップルパイとシュークリームを買った(写真忘れ)。

混雑を防ぐため、売り場の入場制限をしているのだが・・・。

実習をするならば、売り場に一組の客しか入れないのは、いかがなものか・・・。

ある程度の入場制限は仕方ないが、数組の対応も実習には必要だと思うが・・・。

三重県にも高校生レストランがあり、その高校を参考に学校運営しているようだ。

調理部のほか製菓部もあり、市外からの入学者もかなり多く寮も準備されている。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2018.12.10 Mon l 老後の普段の生活 l コメント (6) l top