FC2ブログ
20190101.gif2019. 1.26 土曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


少なくても75歳までは、元気に運転が出来て、老後の生活を楽しみたいと思う。

もちろんその後も、心身ともに健康でいたいが、あまり欲張ってもいけない(笑)。

毎年人間ドックを受診していて、一応合格体だと思ってはいるが、指摘事項もある。

血圧は10年ほど前から少し高目で、最も少量の降圧剤を飲んでいるのだが・・・。

他にも腎臓や脂肪肝の数値が、標準を若干反れているが、経過観察と言われる。



1 月の正月早々に、人間ドックを受けたので、標準を外れた数値が気にする。

普段の生活で、これらが解決に向かうのが一番いいのだが・・・。

いつも言われる「運動不足」は、ウオーキングを1回始めたところでギックリ腰だ(笑)。

もう少しで腰は良くなりそうで、良くなり次第、再スタートしようと思っている。

不精なので大した努力も出来ないが、付近を散歩するクセ位は付けたいものだ。

普段から他に気にしているのは、体重と糖分、塩分のとりすぎだが・・・。

気にするだけで実行はなかなか進まないのだが、今だけ?でも何とかしたい。

煮物の汁は飲まないし、好きな漬物も抑制、間食も控えているのだが・・・。



今日は愛妻が、消費期限を1日過ぎた牛乳を持ってきて、味見を強要した(笑)。

味はなんともないので(愛妻は牛乳が苦手)、シチューに入れる魂胆らしい。

若い時は牛乳が好きで、我が家にも子供がいたので結構在庫していたが・・・。

20190126(3).png

年を重ねるにつれて夫婦2人暮らしとなり、いつしか冷蔵庫に牛乳を見かけなくなった。

最近は近所に孫もいるので、再び牛乳を切らさないように低脂肪を用意している。

それでも余し気味で、消費期限もあるため、無駄にならないように料理などにつかう。

年寄りはカルシウム不足になりがだし、好きなので牛乳をもっと飲みたいのだが。

メタボや脂肪肝が脳裏をかすめ、ヨーグルトは摂るものの牛乳は遠ざかる。

もっと牛乳を飲めれば、消費期限を過ぎることはなくなるのだが・・・と考えた・・・。



牛乳と脂肪肝の関係を、ネットで調べて見たら・・・・アララ想像とは違う結果だ。

たどり着いたサイトは「生活習慣病と牛乳」(リンク)の記事だった。

「メタボリックシンドロームと牛乳」「高血圧と牛乳」などの関係が、詳しく書かれている。

「脂質異常症と牛乳」「糖尿病と牛乳」「動脈硬化、心疾患と牛乳」についても・・・。

牛乳乳製品がメタボリックシンドロームを抑制する」というのだ。

20190126(2).png

乳製品の摂取は血圧を低下させる効果があり 減塩にも有用だというのだ。

さらに、食後血糖値の上昇を抑え、体脂肪の蓄積を抑制すると言う優れものだと言う。

先日も嘆いたが、年をとると基礎代謝が低くなり、少量の食べ物でも太る。

それが、牛乳で脂肪が分解される方向へシフトし、基礎代謝が高くなるという(嬉)。

老体には牛乳を控えていたが、これほど牛乳の効果は高いのか・・・。

これからは少し牛乳を飲んで、脂肪や血圧の改善に取り組もうかと思う。

『ミルクランド北海道』と言うほど北海道は酪農王国(ホクレンの回し者?)
20190126(4).png
北海道にいるのだから、美味しい牛乳をたくさん飲もう・・・。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2019.01.26 Sat l 老後の普段の生活 l コメント (8) l top