FC2ブログ
20190101.gif2019. 2. 6 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


昨日の記事で、シンギュラリティと言う言葉を初めて知ったことを紹介した。

要するに、 A I は人間の知性を超える ことらしいのだ。

その年の予測が2045年と言われているので、後25年ほどだというのだ・・・。

まるで S F の世界のような話だが、現実の世界となりそうなのを感ずる。

人間の仕事が、AIや機械に代わって行く事は、間違いないのだろう。



子どもの頃、チャップリン映画で、オートメ化で人が機械に使われる映画を見た。

今度は、人間の仕事を、完全に機械が代わってすることになるのか・・・。

人間の仕事として無くなる職業も、色々ささやかれているが・・・。

今でも、交通機関の自動改札、ATMでの入出金、セルフレジなども、そのたぐいだ。

きっと自分の知識では理解できないほどの機械化が、急速に進むのであろう。

機械が人を支配するかは、電源を絶てば良いで、その話しは置いておくが・・・。

車の運転する仕事や、接客の仕事、行政の仕事も機械が出来るようになるとか・・・。



プログラマーや経理事務員、新聞関係、調理関係などの職業も無くなりそうだ。

人間の仕事が減ると、人間はどう行動するのだろう・・・どんな世界になるのだろう。

年金の問題や介護問題は、医療費問題などはどうなるのだろう・・・。

生きて行ける人間と、そうでない人間が大別される世界になりそうだ。

どんな職業が残りそうかと言うと、医療や教育、旅行、音楽関係者などらしい。

人間の体や感性に関する職業や、表現、快適生活を支える職業が残るのか。



自分はその時代まで生き延びれるかは、これからの節制した生活次第だろう(笑)。

子の時代もすでに生産年齢は過ぎるので、自分が心配することも無かろうが・・・。

孫の時代はまさに、その時代の幕開けで、どんな職業を選択するのだろうか。

無くなる職業もあれば、これから生まれる職業もたくさんあるとは思うが・・・。

今でも格差社会になっていて、片や富の中で生き、片や貧困に近い生活者も多い。

職業の選択次第では、生き抜くことの難しい人が大勢生まれる時代になるのか・・・。

人間は必要なくなると言う事か・・・でも世界では、いまだに爆発的に人口が増える。

まず食料生産に関する職業は絶対なくならないと思うが・・・。

今世紀に入り、食料や水の不足しているの問題が浮上してはいるではないか・・・。



現役時代の、今から20年ほど前、中国を研修させてもらった時の話だが・・・。

日本ではすでに農業は機械化されていていたが、中国ではまだまだ・・・。

どこを見てもトラクターが少なく、近代農業とは言えない地域が多かったのだ。

その時、現地の説明では「機械化すると人間がする仕事がなくなる」と聞いた。

ちょっと信じられない話だと思ったのだが・・・こんな時代になるとは・・・。

自分は急激な近代化の世界を生きてきて、昔と今のギャップを痛感している。

願わくば、機械が人間を超える世界も生きてみたい気もするのだが・・・・。

いやいや、人間くさい世界を生きれたことに、感謝するべきかもしれない・・・。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2019.02.06 Wed l 老後の普段の生活 l コメント (4) l top