FC2ブログ
20190101.gif2019. 2.23 土曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


10日前には、近所の測候所で今季最高の132cmの深雪だった。

ここ数日の好天と高温により、昨日までに97センチとなり、冬の終わりが近づく。

9日間で35cmも積雪が少なくなり、3割近くも雪が解けたことになる。

もちろん、このスピードで冬は終わらないが、三寒四温を繰り返し春を呼び寄せていく。

今まで雪で隠れていた庭木の冬囲いも、添え木の頭が見えだして来た。

20190222(9)R.jpg

除雪した雪が影響しにくい場所の庭木だが、そのうち徐々に姿を大きく見せてくる。



暖かくなってくると、我が家の玄関の階段も、雪との隙間が出て来る。

20190222(11)R.jpg

真上から見た階段の写真だが、上が階段で下が雪、隙間から石が見える。

ご近所さんの家だが、屋根の雪が落ちる軒先は、こんなに雪山が出来ていて・・・。

20190222(8)R.jpg

これでも、幹下の雪が屋根とつながるので、雪を除いているのだが・・・。

我が家では、基礎が高いが軒下に窓があるので、もっと除雪しなければならない・・・。



この家は空き家になっていて、屋根の雪が落ちにくいが、暖気で雪が滑り落ちた。

20190222(6)1.jpg

滑り落ちた雪(黄色〇)は板状のままで、軒下の雪につっかえて下まで落ちない。

赤〇の部分は空間が出来ていて、向こう側が覗けて見え、軒先に大きな負担がかかる。

20190222(6).jpg

これが、人が住まなくなると、家が傷んでくる原因ともなるのだろう。



物置の屋根に乗っている雪(黄色〇)だが、この位置からは分かりづらいが・・・。

20190222(10)R.jpg

傾斜のゆるい屋根で、少し横から見てみると、屋根の雪は固まってそっくり滑っている。

20190222(5).jpg

そして、数時間後には、雪の重みで途中で折れて、飛び出た部分が下に落ちた

20190222(0).gif

雪が落ちた衝撃と風圧で、愛妻が「余震か?」と思うほど家が一瞬揺れたと言う。

こんな状況が、少しずつだが冬を終わらせることになり、来る春が待ち遠しい。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2019.02.23 Sat l 北国特有の暮らし l コメント (8) l top