FC2ブログ
にほんブログ村 にほんブログ村へ2020. 7.30 木曜日


      ← 古い記事へ      新しい記事へ →


■ 秋野菜の作付け作業を本格化

7月の末には、本格的な秋野菜の作業が始める予定で、今日始動した。

その前に準備として、7月4日にキャベツの苗立て24株分の種を蒔き。

生え切れや苗の大きさに違いはあるが、今はこんなになっている・・・。

20200730(10)R.jpg

多少穴が開いているのは、素人の苗立ての愛嬌として許してもらう・・・。

そして7月21日には、ハクサイの苗立てのため160株分の種を播種して来た。

20200730(1)R.jpg

1株分の生え切れは移植をしたので、160株の苗が出来そうで、本葉も出て来た。

間もなくキャベツの定植をしたいし、8月5日頃には大根の播種をしたい・・・。

そしてお盆前には、白菜の定植を終わらせる計画でいるのだが・・・。


■ 今まで秋の畑は起こさなかった

秋野菜の面積は、図は正確ではないが、菜園約100坪の内およそ30坪ほど・・・。

20200730(21)R.jpg

トウキビの場所は変わっているが、薄いグリーンの部分が秋野菜の場所だ。

今まではスコップで起こす気力は無いので、春起こしたままで秋野菜を植えていた。

畑は固くなっているが、せいぜい 手ぐわで7~8センチの穴を掘るだけ。

だが、今年は今までと事情が違う・・・フフフフ・・・(嬉)。


■ 今年導入の新兵器活躍

今年の春に、500円玉でミニ耕運機を購入している(その時の記事にリンク)。

20200730(3)R.jpg

チラシにはこんな柔らかい畑で運転している写真だが、現実は違いかなり固い(笑)。

20200730(22)R.jpg

実際にはこんなに綺麗な畝立ては出来ないが、スコップよりも苦だ(笑)。


■ 馬力がないので2度起こし

5月上旬にトラクターで起こしてもらっていたが、すでに畑は固くなっている。

草取も随時行っていたが、見えにくいが2週間もするとあちこちに草が目立つ。

20200730(2)R.jpg

安いミニ耕運機なので馬力がなく、畑の土が硬くて一度に深く起こせない。

2度起こしをしたので何とか起こせたが、準備から終わるまで1時間半ほどかかった。

20200730(4)R.jpg

深くないはが歩いた足跡が付くので、起こさないよりも良いのだろう(笑)。


■ ついでに長ネギの土寄せも

今年の畑は、雨降りと起こしてもらったタイミングが悪く・・・。

湿ったままで起こしたし、その後の雨のタイミングでいつもの年よりも畑が硬い・・・。

馬鈴薯は黒マルチ栽培なので、土寄せはいらないが・・・。

長ネギは、今まで何とか固まった土を砕きながら、深く掘った穴を埋めて来た。

だが、これから山にしていくのに大変な時が来ているので・・・。

ミニ耕運機を動かしたついでに、初めて長ネギの土寄せも行なってみた。

20200730(6)R.jpg

初めてにしては、まずまず何とか土寄せが出来ているようだが・・・。

今後も機械頼みにしないと、硬すぎて土寄せは出来そうもない・・・。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2020.07.30 Thu l 自産自消の少農生活 l コメント (10) l top